第18回 3D & バーチャルリアリティ展が6月23~25日の3日間、東京ビッグサイト東1ホールで開催された。このコンベンションは、これまで産業用バーチャルリアリティ展(IVR)として行われてきたもの。今年から、ステレオスコピック3D(S3D)関連分野についても出展範囲を広げ、略称のIVRは残しつつ展示会名称を変更した。

今年のIVR 2010だが、展示スペースは昨年より狭くなった印象だ。展示ホールの長辺方向1/4ほどをパネルで仕切り、実際の展示スペースは3/4ホールほどしかない。しかし、会場内の雰囲気は昨年までとは大きく異なるものとなった。これまでは、「産業用」としてのバーチャルリアリティ(VR)に力を入れて来たことから、開発向けや研究向けのシミュレーション分野でのVR表示に関するものが多かった。例えば、車の実寸大の表示であったり、没入感を得られる操縦シミュレーターであったりといったものだ。近年、こうした分野で活用が広がって来ていたのがS3Dであり、裸眼立体ディスプレイやフレームシーケンシャル方式3D対応ディスプレイなどを使用して、奥行き感を正しく表現しようという方向になって来ていた。

このように、IVRではこれまでもS3D関連を扱って来たが、今年から展示会名称を変更してS3D分野を推し出したことで、出展社や来場者にも変化が出て来たようだ。S3D分野を推し出した初年度ということもあり、まず気付くのは、S3D収録に関するブース出展が登場したことだ。シミュレーションの表示部分のS3D利用だけでなく、S3Dコンテンツを作るための収録部分にも焦点が当たり始めた。

この変化は、来場者にも変化を与えた。これまでは「産業用」として、社内の研究開発者やCADデザイナーといった参加者が多かったが、S3Dを推し出したことでエンターテインメント分野全般から来場したようだ。IVRは毎年取材しているが、今年ほど、通路で擦れ違うのも、製品に近づくのも大変だというほどの混み具合は、過去に経験がないほどだった。

S3D収録関連ソリューションの関心高まる

●ソニービジネスソリューション

ソニービジネスソリューションは、収録から視差調整、表示までの取り組みを紹介。コンパクトなHDC-P1を使用して収録し、マルチイメージプロセッサーMPE-200による視差調整、業務用3D対応液晶モニターLMD-4251TD(42型)/LMD-2451TD(24型)によるプレビュー、4KプロジェクターSRX-Tシリーズを活用した3D上映システムによるプロジェクション環境を提案。S3Dコンテンツをしっかり作り込めるトータルソリューションを構築できることを示した。

IVR2010_SONY1.JPG IVR2010_SONY2.JPG IVR2010_SONY3.JPG IVR2010_SONY4.JPG

●パナソニック

パナソニックは、3Dプロダクションシステムとして、一体型2眼式3DカメラレコーダーAG-3DA1と3D LCDビデオモニターBT-3DL2550を出展。AG-3DA1の出力をBT-3DL2550に表示してデモしていた。ソニービジネスソリューションも同様だが、今回IVR 2010にはビデオスイッチャー関連の展示はしなかった。パナソニックの3Dプロダクションシステムのラインアップされている3D対応デジタルミキサーAG-HMX100についてたずねたところ、同時期に東京・池袋で開催されたケーブルテレビショーのスイート展示で紹介していると話していた。

IVR2010_Panasonic1.JPG IVR2010_Panasonic2.JPG

WRITER PROFILE

秋山謙一

映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。