6月21日はアメリカでは「First Day of Summer」と呼んで、夏の始まる最初の日と言う事になっています。 日本では同じタイミングの6月22日が夏至ですが、太陽が北回帰線上に来て年間でアメリカや日本のように北半球に位置する国々では昼の時間が最も長くなり夜の時間が最も短くなる日であり、いよいよ季節も本格的な夏の季節に入ります。

コロラドでは6月18日(土)、19日(日)の週末には多くの地域で華氏80度(摂氏27度)台や華氏90度(摂氏32度)台の気温を示して夏の様相の週末となりましたが、翌6月20日(月)にはこの陽気が一変して雲に覆われ、デンバーでは日中の最高気温も華氏66度(摂氏19度)と急低下して町中を行く人達もあわててコートを引き出すと言った気候に変わりました。

コロラド州の南部の農業が盛んなSan Luis Valley地区には霜害警報が発せられ、また、ロッキー山脈の山岳地帯では5インチ(13cm)から6インチ(15cm)の降雪があって、そうでなくても、この冬のシーズン中は例年の1.5倍から2倍の積雪量であった事から雪解け水によって各所に設けられている貯水池は皆満水で、これからの気温の上昇によって洪水となる心配がされているところへ、今回の降雪はそれに追い打ちをかける心配が出て来ています。

コロラドはこうした夏の初めの雪解け水による河川の増水を利用して「Rafting」いわゆるゴムボートやいかだ形式の船による急流下りがいくつかの河川で盛んで昨年の記録では50万7000人の人達がこのラフティングを楽しんで、観光事業としても総計1億5000万ドル売り上げをもたらしており、この時期の観光の名物となっていますが、こうした増水が著しい事から今年は川下りによる事故が発生しています。

6月23日(木)の午後にはコロラドの北の町Fort Collinsから25マイル(40.2km)程上流のCache La Poudre川で営業しているラフティングの観光客4人が水中に投げ出されて、その内の1名が死亡、他の2名が脚を骨折すると言った事故が起きています。 この川の同地点では昨年も4名の死亡者が発生しているところで、今年はその水量も通常の276%と多くかつ急流となっていて、川幅も狭まっている地点となっています。

ラフティングはそのスリルを楽しむスポーツの一種ですから今シーズンはそうした目的にはぴったりなのですが、命と引き換えとなってしまっては元も子もありません。 各河川の地区担当シェリフ達はそれぞれ警戒の体制に入っています。

WRITER PROFILE

萩原正喜

米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。