PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ヒラタモトヨシ > [Point of View]Vol.65 パリコレクション4K収録&インターネット4K公開実証実験~デジハリ×パナソニックLUMIX GH4活用産学連携プロジ…

News

[Point of View]Vol.65 パリコレクション4K収録&インターネット4K公開実証実験~デジハリ×パナソニックLUMIX GH4活用産学連携プロジェクト~

2014-11-11 掲載

pov65_Hirata_top

産学連携「ファッション×4K高精細映像表現FIT INNOVATION LAB JAPANプロジェクト」とは?

POV65_02b

2014年9月23日~10月1日にかけて開催されたパリコレクション(以下、パリコレ)において、デジタルハリウッド×パナソニックの産学連携「ファッション×4K高精細映像表現実証実験FIT INNOVATION LAB JAPANプロジェクト」として日本発ファッションブランドをLUMIX DMC-GH4(以下、GH4)で収録し、現地で編集 / YouTubeを通じて即時4Kクオリティでグローバルに「見える化」をする取組みを実施した。

筆者は、海外で活躍する日本発のブランド / 人 / カルチャーを、より高品質にライブ感を持った形で共有し、出来るだけコンシューマーに近い機材やネットインフラを活用した形で、グローバルにユーザーに届くようなフローを確立したいという想いから、2014年3月の東京ファッションウィーク、6月のPITTI(フィレンツェ)に引き続き、パリコレでの取組みを進める事にした。事前にリサーチした所、パリコレクラスのイベントでも4Kの高精細映像を活用したりインターネットやソーシャルメディアと連動した拡散は、まだ一部のラグジュアリーブランドしか本格的に活用しきれておらず、実際YouTubeに公開されている日本ブランドのオフィシャル動画も480Pサイズというもったいない状況だったので、春先からブランドとの交渉を進め実証プロジェクト実現に至った。

6月に行われたPITTI

具体的には

  • ファッションショーの最前線で空気感や素材感をも捉える4K映像の表現力を実証する
  • 収録からなるべく時間を置かずに現地で編集した映像を4Kクオリティでインターネット公開し世界に拡散する
  • 様々な制約のある海外においてコンパクトなGH4の機動力を活かした4K収録のワークフローを確立。課題も同時に洗い出す
  • 産学連携プロジェクトとして収録や編集は学生を中心としたメンバー構成で臨む

という点を目標とした。

4Kで収録されたブランド

(YouTube画面右下のボタンから4K / 2160pが選択可能)
■ISSEY MIYAKE
■ANREALAGE
ANREALAGE MAKING MOVIE

ANREALAGEメイキングはTOKYO FASHION FILM中心に収録・編集実施
■TSUMORI CHISATO

パリでの4K収録とワークフロー

POV65_03

1ショーにつき4~6台のGH4でQFHD 4Kデータマルチカム収録を行った。レンズはPanasonic製の35-100mm F2.8、12-35mm F2.8をメインショットとして、広角側で7-14mm F4.0、望遠側で100-300mm F4.0-5.6、状況によって25mm F1.4、14-140mm F3.5-5.6、42.5mm F1.2あたりを活用した。今回海外環境でなるべく機材をコンパクトにしたいという事もあり、外付けIFユニットと外部レコーダーを使った4:2:2 10bitでの収録は行わず、GH4本体に格納したUHS-I対応パナソニック社製SDカードに4:2:0 8bit MOV QFHD 4K 29.97p 100Mbps収録を行った。

GH4の特筆すべき点として4Kデータの圧縮率が挙げられる。記録部分だけでもモジュール化し、SDカードに4K記録が出来る外部レコーダーとして売り出して欲しい位である。データサイズはおよそ20分のショーで1CAMあたり15GB程度。64GB 1枚でも余裕がある圧縮率はGH3から引き継いだバッテリー持続性と併せて現場でとても有難い。プロジェクト全体としてもパリコレデータ総量は2TBのHDD1つに収まった。

http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2014/11/POV65_04b.jpg ※画像をクリックすると拡大します

収録したデータはMacBook Pro(Mid 2014)に取り込み、カラーグレーディングにはMagic Bullet Looksを活用。編集ソフトはFinal Cut Pro XとLooksとの相性に不安定性があったのでAdobe Premiere Pro CCを選択。MacBook Proの6ライン4K編集はプレビューがカクついたり快適とまでは言えないが、使えるレベルで動作し、宿泊先のネット回線も安定していたのでショー終了の翌日位にはYouTubeで4K公開が実現できた。

4K収録時の課題

POV65_05

パリコレのショーカメラブースでは、最前列のグラウンドに配置できない事が多く、カメラマンで埋め尽くされた台上からの撮影になった場合は、振動により映像にブレが生じてしまう事も多かった。ソフト側の補正は、4K解像度という事もあるかもしれないが違和感が出てしまったので、収録時に本体側でもう少し吸収できるようになってくれると有難い。

POV65_06

4K収録時の課題として挙がる事の多いフォーカスについても、オートでは対応できない場面が多いのですべてマニュアル操作で臨んだ。GH4から実装されたピーキング機能は4K収録の強い味方になったが、パン・チルト・ズーム・光量が極端に変わる場面の絞り調整と並行操作する場合等に画が甘くなってしまう場面が発生してしまった。熟練度の問題もあるが、固定パンフォーカス以外の構図では、従来のビデオカメラのように長尺でも滑らかなズームや動きのある安定した画を収録するのはまだ難しいと感じた。今後の機能の進歩にもよるが、ショーの一眼4K収録ではなるべく振り回さず済むようにカメラ台数を増やしFIXにして操作も最低限にするなど、収録方法の工夫が必要であるように思う。

バーチカル4Kの可能性

POV65_07

筆者は、ファッションのコレクションフォトは殆ど縦位置なのにムービーは横位置収録である事への疑問を持っていた。現地Yohji Yamamotoアトリエでの打合せでこの疑問を投げかけた事から、急遽コレクションショーとルックブックのバーチカル4K動画収録実験が実現する事になった。最近ではブランドショップ店頭でも縦位置に配置されたデジタルサイネージも頻繁に見かけるようになり、ユーザー側もスマートフォンの普及で縦動画に慣れてきたが、ショー等の実写投影に関してはおそらく横位置で収録した素材のサイドをトリミングして縦位置で表現していると思われるので、縦型4Kディスプレイの性能をフルに活かした映像を見たことがなかった。

ショーの直前にヨウジさんご本人とも4Kの可能性について話をする事ができ、パリコレの最前線で活躍するデザイナー側でも高精細映像の可能性には非常に高い興味を持っておられ、光栄な事に今回の縦4K映像は、 Yohji Yamamotoオフィシャル映像として採用していただく事になった。パナソニックが提唱している4K映像素材から写真を切り出す「4Kフォト」という分野もアスペクト比の自由度が増すなど対応幅も広がり普及してきそうなので、ショーやイベント等の収録ワークフローは今後大きく変わる可能性がある。

■Yohji Yamamoto(Vertical4K収録。縦収録した映像をあえてその向きのまま公開)
■Y’s(Vertical4K Video LookBook実験 2スタイル)

総括〜4K高解像度映像の可能性

POV65_08

筆者は、このプロジェクトに携わる以前、4K動画は4Kモニターで見ないとあまり意味がないと思っていた。ところが4K動画は解像度が4K以下のMacBook ProやAirで見ても明らかにキレイだった。GH4のようにコンパクトかつこなれた価格帯でありながら、設定次第で驚くほどの画が収録出来てしまうカメラの登場で、手軽に4Kコンテンツを創るユーザーの裾野が広がり、YouTube等のネットを通じて4K普及は思ったよりも早く到来するかもしれない。

人間の感覚は贅沢なもので、一度高精細な映像を観てしまうと以前の画質が荒く感じてしまい、感覚の後戻りができない。特に素材や色の鮮やかさ、ディテールが重要なファッション等の特定分野のコンテンツでは更に高精細映像の需要は広まっていくだろう。海外のイベント会場や宿泊施設はここ数年でネットインフラ整備が大分進んできた印象があるので、今後はネット経由で映像やテクノロジーを駆使した表現幅も広がってくるだろう。課題や超えるべきハードルもまだまだ残っているが、今回パリコレの最前線に携わる事ができ、4K高解像度映像の可能性をさらに感じたので、最新の機材を活用し、引き続き未来への様々な可能性を追求していくつもりである。


WRITER PROFILE

ヒラタモトヨシ ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。


[ Writer : ヒラタモトヨシ ]
[ DATE : 2014-11-11 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

pov73_TAKENAKA_B_top

[Point of View]Vol.73 タケナカが創り出す月光に漂う海の世界〜新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」

txt:岩沢卓(バッタネーション) 構成:編集部 えのすい×タケナカが表現する“相模湾”とは? 相模湾ゾーン/岩礁水槽「魚たちとの夢がはじまる」 7月16日か... 続きを読む

POV72_top_0818

[Point of View]Vol.72 Netflixサービスイン直前グレッグ・ピーターズ社長インタビュー

txt:太田禎一 構成:編集部 いよいよ来週9月2日にサービスを開始するNetflix。世界50ヵ国以上で6,500万人を超える会員を抱える月額定額制インターネット映像配信サ... 続きを読む

71_netflix_4310_top

[Point of View]Vol.71 この秋に上陸するNetflix、日本での戦略は4Kコンテンツの充実

txt:猪蔵 構成:編集部 テレビが変わる?黒船Netflixがやって来た! 2015年秋に日本でのサービスインを予定しているNetflix株式会社が6月18日、青山の自社... 続きを読む

ATOMOSReview_03_top

[ATOMOS Review]Vol.03 “4Kなのに美しい”画を求めて〜ATOMOS SHOGUNの堅牢性と安心感〜

txt:ふるいちやすし 構成:編集部 映像制作は道具選びから 「どのカメラを買えばいい?」とか「新発売のあのカメラっていいの?」とか、ザックリ聞かれることがよくある。よ... 続きを読む

POV_70_Autodesk_top

[Point of View]Vol.70 制作プロジェクトの流れを円滑にするSHOTGUN〜進行状況を整理/確認しながら、各DCCツールと連携

オートデスクが提供するプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」。2014年7月、オートデスクは米Shotgun Softwareを買収。クラウドベースのソフトウェアで実現していた制... 続きを読む

WRITER PROFILE

ヒラタモトヨシ ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ヒラタモトヨシ > [Point of View]Vol.65 パリコレクション4K収録&インターネット4K公開実証実験~デジハリ×パナソニックLUMIX GH4活用産学連携プロジェクト~