PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.46 ミドルレンジにジャストサイズなTriCaster Mini登場!

News

[岡英史のNewFinder]Vol.46 ミドルレンジにジャストサイズなTriCaster Mini登場!

2015-02-13 掲載

NewFindertitle_top

Powered by TriCaster!!

NF_vol46_Tri_Hula_05

ライブ配信等で、「Powered by TriCaster!!」というタイムラインの書き込みを見た方も少なくないと思うが、これはTriCasterと使用した現場の告知でよく使われるフレーズだ。筆者もたびたびこのフレーズに遭遇する、というわけでもないが、今回はいつもとは趣向を変えて、TriCaster(トライキャスター)についてだ。TriCasterの説明は要らないぐらい日々現場では見かけるようになった。門外漢の筆者がいうくらいだ。そんなTriCasterは、番組制作に必要なスイッチャー、テロッパー、クロマキーヤー、バーチャルセット、ノンリニア編集、ライブストリーミング映像配信など一揃いになったオールインワンパッケージでの映像制作システムだ。

ラインアップはハイエンドの8000番から最安価格の40番まで6種類が揃っている。この型番の頭数字が、ライブカメラ入力数である。基本はSDI入力になるが、TriCaster 40はコンポーネント入力で、その価格は格段と安いので初心者向けともいえる。確かにコストパフォーマンスが良いTriCaster 40なのだがその上のプロラインと比べると流石に機能が少ない。更にコンポーネント入力なのでカメラを選んでしまうのも確かだ。購入するにはミドルレンジにはやや敷居が高いと思われていたが、そんな中でTriCaster上位機種とTriCaster 40の間を埋めるべき登場したのが今回紹介する「TriCaster Mini」である。

TriCaster Miniの特徴

NF_vol46_trycaster

一言で言えばTriCaster 40のコストパフォーマンスに上位機種の機能が盛り込まれたと言う事だろうか。しかも入力は全チャンネルデジタルI/O(HDMI)のため最近のハンドヘルドタイプのカメラならHDMIケーブルを買ってくれば最大4カメでの運用が出来る。音声入力は2chのフォーン(TRS)タイプを使用、入力レベルはラインとマイクで変えられるためにPAから直で貰うことも可能だ。

もちろん各HDMIに繋がってるカメラからのエンベッド音声も使用することが出来る。Mini純正のコントロールパネルはTriCaster 40と共有のもので必要にして十分であり、スイッチャーの一番のキモであるTバーは確実にチャンネルの切り替えポイントが解る。

NF_vol46_Tri_Hula_03 NF_vol46_Tri_Hula_04 純正コンパネは40番台と共通だが上位機種の接続も可能だ

もう一つは本体に液晶モニターを備えたこと(ラインアップによる)で、PGMアウトのモニタリングに別途モニターを現場に持ち込まなくても済むと言う事だ。そもそも小さい筐体と相まって小型のコンパネを使用しているためにそのハンドリングはかなり高い。航空機持ち込みOKのトランクなら全てを入れて(別途19inch外付けモニターも含む)現場入りというのも可能かも知れない。

初めてのTriCaster Mini~初期セッティング~

TriCasterはバーチャルセットも含めてPCソフトを別途介する事無くグローバルに配信をする事が出来る。一言で言えばマルチコントロールスイッチングレコーダーと言う事になるが「それは難しくて解らない」「覚えるのが大変そう」という意味で遠慮してきた方も多いのではと思う。実は、筆者も基本はカメラマンが本職。通常TriCasterに関しては任せっきりだ。今回どうしても自分でスイッチングを行う現場があったため、実際に使用した実感を元にレビューしたい。

これが非常に簡単。初期段階まではあるが少なくともスイッチングを切ってレコーディングする事は簡単に出来る。言わばLIVEスイッチャーとしての使用方法なら何も難しいことはない。今はTriCasterもレンタル屋に置いてあるのでスイッチャー現場での収録で機材をいろいろと借りるよりは、TriCaster1台の方が手間が省けて安全かも知れない。それでは見てみよう。

1、セッション作成
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/02/NF_vol46_01-sessionmake_b.jpg ※画像をクリックすると拡大します

電源を入れるとWindowsが立ち上がり、しばらく待つと最初の画面が登場する。要するに最終的な出力を決める、ノンリニア編集で言うなれば、タイムラインのような物。ここでセッション名やドライブ等も決める。ミドルレンジの現場なら1080iが標準だろう。

2、起動初期画面
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/02/NF_vol46_03-startingscreen.jpg ※画像をクリックすると拡大します

セッションを設定しそのままスタートすると、見慣れた初期画面になる。この際にカメラが繋がっていればブルーバックの部分がLIVE映像になっている。また外付けドライブが付いているならこのセッション開始前に本体に接続し認識させておく方が良い。

3、ソース4CAM表示&カメラ名称変更
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/02/NF_vol46_04-source4CAM.jpg ※画像をクリックすると拡大します

ソース画面等のレイアウトは何パターンかに変更は可能なので自分の見やすいレイアウトにする事が出来る。その際にカメラプレビューをクリックすることにより、カメラ情報(カメラ番号やカメラマン名)を書き込むことが出来る。1カメ・2カメと番号で読みにくいときは中々便利だ。

4、マルチREC設定
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/02/NF_vol46_06-multiREC.jpg ※画像をクリックすると拡大します

TriCasterはHDD1台に付き2ソースのRECが可能だ(諸条件あり)。例えば4カメ収録の場合、外付けに2台HDDを接続すれば、内部にPGMと白モノ、外部に各カメラのスルーを収録できる。もちろん収録するフォーマットとHDD回転数によっては転送速度エラーが出るときも在るがMPEG2での収録ならほぼ大丈夫だろう。

5、4CAMスイッチング操作画面
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/02/NF_vol46_05-4CAMswitching.jpg ※画像をクリックすると拡大します

実際の運用はこの様な感じになる。見にくいが各々のプレビューには「カメラナンバー/カメラマン名」が書かれている。下のオーディオパネルでどの音声をPGMに収録するか否かを決めることが出来る。各カメラのパラ収録はカメラに入ってる音声がエンベッドされて各々録音されている。

6、セッション終了操作
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/02/NF_vol46_07-sessionfinish.jpg ※画像をクリックすると拡大します http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2015/02/NF_vol46_sessioninput_b.jpg ※画像をクリックすると拡大します

収録が終わって撤収時はメニュー左上からEXITを選び、後はセッション終了を選ぶだけ。翌日同じ設定で良いなら立ち上げ後そのセッション名を選べば同じ設定で立ち上がる。

NF_vol46_Tri_Hula_08

本来なら更にバーチャル空間の設定や、グローバル配信での設定等が必要になるが単純にLIVEスイッチャーとしてならこれだけで運用が可能になる。なお映像出力は2ch分のみなので映像リターンは別途分配機を使用する方が良いだろう。

NF_vol46_Tri_Hula_10

実際にTriCaster Miniを運用してみる

NF_vol46_Tri_WED_01

まずはフラダンスの舞台だ。横浜のとある1,000名オーバーのキャパを持つホールでの収録に4カメを入れての現場だ。ホールセンターの一番後ろにスイッチャー卓を組み、その脇に設置した2台分は3mのHDMIでの接続、ホール前方の上手・下手2台のカメラはHD-SDIをベース卓でHDMIにコンバートしての収録。2ch分がHDMI直で入力し、残りの2台がSDIからのコンバートなのでその分の遅延が気になる所ではある。

NF_vol46_Tri_WED_05

次に使ってみたのがブライダルの現場。これはとある会場のデモ映像にもなるため、色々な物にトライしてみた。ベースとなるカメラはENGカメラにIDXのワイヤレス伝送で入力、高砂にはiVIS miniを仕込み、会場後方にはTriCasterからのリモートが可能な旋回カメラを使用し、スイッチング後は会場への大型モニターへの出力だ。

NF_vol46_Tri_WED_06

ブライダルの現場でスイッチャーを導入する事で一番の問題は、会場に引き回されるケーブルによる事故だ。それは会場サービスだったりゲストだったりするが脚を引っかけて転倒と言うのが一番怖い。その部分をワイヤレス伝送させる事によりそれを回避、旋回カメラを使うことでコンパクトでスマートに使うことが可能となる。

総評

正直、コンパクトなスイッチャーは他にも存在する。適材適所と言う言葉の通り、現場によって使い分けるのが一番スマートではある。また安くなったとは言え販売価格で100万円を超す機材は他の小型スイッチャーと比べると2倍近い価格差になるモノもある。

その中で筆者が選ぶとすれば、やはり全てが平均点以上でオールインワンのTriCaster Miniを選択するだろう。但しこの機種にもやはり使いにくい所はある。それはHDMIでのI/Oだ。やはりSDIをHDMIに変換するリスクもあると言える。TriCaster MiniはHDMIで完結できる、つまりはベース基地から最長5m迄のカメラ配置が出来る様な場所でなら最高のパフォーマンスを発揮するスイッチャーだと感じた。ともかく一度使って見るとその安定度と使いやすさは体感できる機材だった。


WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


[ Writer : 岡英史 ]
[ DATE : 2015-02-13 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.59 KONOVA SUN JI S400スモールパッケージこそミニJIBだ!

txt:岡英史 構成:編集部 カメラを載せる 大判撮像素子のカメラが一般的な価格になり業務レンジでも普通に使われるようになってから、カメラを載せるガジェット、いわゆ... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.58 ミドルレンジの為のコンパクトCINEズームレンズ

txt:岡英史 構成:編集部 EFズームレンズ Canon CN-E18-80mm T4.4L IS KAS S。C100/300にマウントする時は一応レンズサポートをした... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.57 ミドルレンジに最適な伝送。IDX CAM~WAVEシリーズ

txt:岡英史 構成:編集部 ワイヤレス化へと向かう伝送の世界 カメラからワイヤーが消えると、その行動範囲は広がり、撮影に関しても解放されることを想像するのは簡... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.56 待望のバージョンアップ!EDIUS Pro 8の可能性

txt:岡英史 構成:編集部 EDIUSって何?〜思えば長く使って来たなー 今回のイチオシ機能、プライマリーカラーコレクション ※画像をクリックすると拡大します ... 続きを読む

NewFindertitle_cp2016_top

[岡英史のNewFinder]Vol.55 元祖業務用ハンディカム4Kの回答 Sony PXW-Z150

txt:岡英史 構成:編集部 映像に関わる人間がCP+2016を楽しむ方法 Sony PXW-Z150 国内における映像の祭典がInterBEEなら、CP+は... 続きを読む

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.46 ミドルレンジにジャストサイズなTriCaster Mini登場!