PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.47 NEO Wedding Movieに思う

News

[岡英史のNewFinder]Vol.47 NEO Wedding Movieに思う

2015-04-21 掲載

NewFindertitle_top

ターニングポイントがやってきた

NF_vol47_Solo_11 大判センサーカメラはEOS C100だけではない。EA50ならENGになれたカメラマンなら直ぐにしっくり来るはずだ

ここ最近のブライダル撮影は従来のスタイルと比べて大きく変わり始めている。いわゆる“シネマスタイル”とか“シネマチック”と言う名称が付くようになった。EOS 5D Mark IIが登場した頃が始まりかと思う。個人的には否定をしていたが、ブライダル業界では着実に浸透して来たのも事実だ。

映像表現の一つとして被写界深度のコントロールも含まれ大判センサーカメラをメインカメラに使うようになってきた。今回はそんな変わりゆく”NEO Wedding Movie時代”の機材的な話を書いてみたい。

必要な機材とは?

ds2015_18_20

個人的には、従来のシステムに大判カメラを1台付加して状況の変わり目のインサート用と言う考えで十分であると思っている。しかし現状ではスライダーやスタビライザーを駆使しているが、経験値の浅さを道具でカバーしているようにしか見えない方が多いような気がする。

場面毎に適正な画角を築くのはセンスより経験値の方がブライダル撮影では多い。結婚式そのものの邪魔をせず最適なポジションとアドリブを見抜けるのはやはり経験値のあるベテランが強い。タイミングは、経験値がモノを言う。

だが、機材に関してはその選択は様々だろう。筆者が考える機材としてはスタビライザー、スライダー、それに一脚があると良い。一脚は三脚でも十分に代用できると思うが、従来の全収録とは違いダイジェスト収録を考えるなら一脚でも十分に保持は可能。

しかし、今までは三脚が1本在れば事足りた収録に、スタビライザー・スライダー・一脚などを持ち込まなきゃならないのは流石に厳しい。その中で筆者が注目したのはSteadicam Soloである。

Steadicam Soloの可能性

ds2015_18_20
Soloのエルゴノミックハンドルは三脚の75mmボール穴にぴったりと合うのでこの様に調整が可能となる

スタビライザーと言えば小型軽量なSteadicam Merlinを一番に思い浮かべるが、一脚と併用も考えると厳しい。他にもグライドカムや中華製のフライカムと言う安価な物もあるが、どれも動きは比較するに値せず、長さ的にも一脚で運用するには短すぎる。その点Soloは最初からそのような使い方を想定している為に長さも十分。しかしそのままのストック状態での一脚運用は難しい。その為にステージの上に軽量な雲台をセットし、折りたたみ可能なミニ三脚をセットする事によりSolo自体が自立することが可能となった。

この上に載せる雲台だがあくまでもカメラのパン・チルトの補助的な役目と言う事を考えて完全にゼロバランスまでは視野に入れなくて良いだろう。今回はマンフロットMVH500AHをチョイスした。フラットヘッドタイプが条件なのでLibec ALLEX Hも視野に入れる事が出来る。

この辺は上に載せるカメラの重量も含めて総合的なバランスで選べば良い。石突き部分の三脚は出来るだけ小型で軽量な物、しかし上の重量物を支えられる物を選べば良い。今回はBENRO製品を選んだがスチル三脚メーカーでも小型の物は沢山あるのでカタログから重量を調べて決めれば良いだろう。


ds2015_18_20
Soloのステージに軽量な油圧雲台をセット

この二つをSoloに取り付ける事により、スタビライザーがかなり高性能な一脚へと変身出来る。スタビライザーとしての動きは折り紙付きのステディカムなので何も問題はない。良く言われるのが「重くないのか?」だが、確かに軽くはない。だがこの状態のままスタビライズ運用をするとしても連続では大体5分弱、この位なら重さも苦にならない。

逆にこの重さがスタビライザーとしての安定感を増している。軽すぎるスタビライザーほどベテランパイロットでもコントロールは難しいが、このSolo改なら最初のゼロバランスを取りドロップタイム2秒位に設定すれば、1日1時間程度の練習で5日もやればかなりの動きをマスター出来る筈だ。それ以上の技術をマスターしたいならステディカムのセミナーに参加するのもアリだ。基本をしっかり覚えると画作りが絶対的に向上するのでお勧めだ。

NF_vol47_NEO_07 石突き部分は3/8inchネジが切ってある為にこの様な軽量なミニ三脚を取付可能(写真はBENRO製品)

その他の機材

ds2015_18_20
スライダーの他、3-AXIS系のガジェットや広い会場ならミニJIBもアリだ

正直上記のSolo改が一つあればスキルにもよるが、かなり映像のバリエーションは増える。上下逆さまにする事により、ローアングルの撮影も可能だし確実に保持をする筋力があればスライダーの様に平行移動する事も可能だ。

とは言え現実的に流石にスライダーの代わりはかなり厳しいので、ココはしっかりと使いたい。その際の長さだが何を撮るかによって、又は動かす方向や、レンズの焦点距離によって選ぶ長さは決まってくる。特に前後で移動距離を表現するなら短いスライダーは長い焦点距離、逆に長い焦点距離ならワイドレンズが適している。しかしながら120cmのスライダーと言うのは流石にワンマン運用は厳しい物で、三脚運用も一緒に兼ねるなら写真の様なしっかりとしたメーカーの40cmを選ぶと良い。


総評

NF_vol47_NEO_16

これらの機材を全て使い切るのは最初は難しい。もちろん使わなければ駄目なわけでもない。前からENGを担ぎブライダル撮影を行って来たベテランならこの様な機材を使わなくても効果的な映像は切り取れるはずだ。

大判センサーカメラに変わりピントがシビアになってくると小物のインサート等なら対象距離が変わらないスライド映像もまた面白い。スタビライザーを使ってのSTOP&GOは当に機材ありきの表現だろう。アシスタントがいるならば三軸スタビライザーやミニJIBも今までのブライダルでは見られなかった映像表現が出来る。

もちろんこれらの機材を使ったからと言って映像のグレードが上がるわけではないが、チョットだけ印象的なカットが入るだけでも違うのは確かだ。自分の引き出しを増やす事になるので、「食わず嫌い」で大判センサーを否定しない(笑)で、良い物は積極的に取り入れると言うスタンスがこれからのブライダル収録には必要になってくるだろう。もちろん基本は忠実に!

…えっ、お前が言うなって?各方面から、そんな声が聞こえてきそうだが、技術論で否定した覚えは一度もない。より良い映像を求めてのことである。


WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


[ Writer : 岡英史 ]
[ DATE : 2015-04-21 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.59 KONOVA SUN JI S400スモールパッケージこそミニJIBだ!

txt:岡英史 構成:編集部 カメラを載せる 大判撮像素子のカメラが一般的な価格になり業務レンジでも普通に使われるようになってから、カメラを載せるガジェット、いわゆ... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.58 ミドルレンジの為のコンパクトCINEズームレンズ

txt:岡英史 構成:編集部 EFズームレンズ Canon CN-E18-80mm T4.4L IS KAS S。C100/300にマウントする時は一応レンズサポートをした... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.57 ミドルレンジに最適な伝送。IDX CAM~WAVEシリーズ

txt:岡英史 構成:編集部 ワイヤレス化へと向かう伝送の世界 カメラからワイヤーが消えると、その行動範囲は広がり、撮影に関しても解放されることを想像するのは簡... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.56 待望のバージョンアップ!EDIUS Pro 8の可能性

txt:岡英史 構成:編集部 EDIUSって何?〜思えば長く使って来たなー 今回のイチオシ機能、プライマリーカラーコレクション ※画像をクリックすると拡大します ... 続きを読む

NewFindertitle_cp2016_top

[岡英史のNewFinder]Vol.55 元祖業務用ハンディカム4Kの回答 Sony PXW-Z150

txt:岡英史 構成:編集部 映像に関わる人間がCP+2016を楽しむ方法 Sony PXW-Z150 国内における映像の祭典がInterBEEなら、CP+は... 続きを読む

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.47 NEO Wedding Movieに思う