PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 稲田出 > [Report NOW!]アストロデザインプライベートショー2015〜4Kから8Kへ繋がるソリューション展開

News

[Report NOW!]アストロデザインプライベートショー2015〜4Kから8Kへ繋がるソリューション展開

2015-07-02 掲載

txt:稲田出 構成:編集部

4K8Kの他にも最先端の機器が数多く見られる展示会

去る6月18、19日、東京・南雪谷のアストロデザイン本社において「アストロデザインプライベートショー2015」が開催された。同社は世界に先がけてプログラマブルビデオ信号発生器を開発し、パソコン用のディスプレイがマルチシンクになってきた当時、ディスプレイのテスト用測定器として活躍した。そうしたハイレゾの技術がNHKの目にとまりハイビジョン機器を手がけるようになった。

その後も4Kのカメラを業界でいち早く商品化し、現在の8Kへと繋がっている。すでに4K放送も開始され、8Kの試験放送が来年に迫った今、カメラをはじめとした8K対応機器が多数披露されたほか、4K機器や伝送機器、測定器など様々な先端機器が出展された。8K対応のカメラは同社以外にも手がけているメーカーがあるが、同社は周辺機器にも力を入れているのが特徴といえるだろう。また、数年前からラウドネスメーターも商品化し、現在では映像系の測定器だけでなく、オーディオなどの放送機器も手がけるようになり、放送機器のメーカーとして認知されるようになったといえよう。毎年大手の放送機器メーカーがあまり手がけない最先端の機器が数多く出展されるアストロデザインプライベートショーは、放送業界の未来が見える貴重な展示会だ。

8Kカメラの周辺機器が充実

様々なメーカーの8Kスーパーハイビジョン対応のカメラの中で最も小型化されたカメラヘッドを製品化しており、マルチカメラやスタジオ使用に欠かせないCCUやコントロールパネルのほか、RAW記録が可能なSSDを採用したレコーダーや8K対応VF、モニターなどが揃い、スタジオライブやロケなどの制作に対応。様々な8K収録に対応できるようになった。参考出品として水中カメラなども披露されていた。また、8K、4K、HDに対応したコンバーターや信号発生器なども披露された。8K対応のテロップシステムやカラーグレーディング装置などもあり、制作に必要な機材が充実した。

ASTRO2015show_3452 単板式8KスーパーハイビジョンカメラAH-4800と光伝送装置アダプターAT-4803。NHKエンジニアリングシステムが開発した3300万画素のセンサーを搭載した単板式カメラAH-4800はドッカブル方式で、写真の伝送アダプターAT-4803を装着することにより、光ファイバーでCCUと接続可能 ASTRO2015show_3432 8KスーパーハイビジョンRAWレコーダーHR-7516。AH-4800に装着可能なSSDレコーダーで、カメラからのRAWデータを非圧縮で収録可能。モニター用にHD出力が可能なほか、記録メディアのホットスワップ、本体側面のLCDモニターに入力や再生画面表示ができる ASTRO2015show_3442 CCUアダプターAR-4804(写真上)と8KスーパーハイビジョンカメラCCU装置AC-4802(写真下)。8Kはもちろん、HDや4Kの出力も可能となっており、CCUアダプターAR-4804にコントロールパネルを接続することでアイリスやゲインなどの制御が可能。インカム、送り返しなどにも対応 ASTRO2015show_3440 8KスーパーハイビジョンカメラコントロールユニットAC-4802用マスターコントロールパネル ASTRO2015show_3426 8K対応スーパーハイビジョンSSDレコーダーHR-7512-C。8K/4K非圧縮レコーダーで、8K60pで最大100分の記録が可能。4台同期運転で4:4:4/60i記録ができる ASTRO2015show_3443 国立研究開発法人海洋研究開発機構の無人海洋探査機PICASSに搭載するために開発中の8K水中撮影カメラ ASTRO2015show_3457 フルHD電子ビューファインダーDF-3515。HD-SDIおよびHDMI入力に対応したビューファインダー。2倍4倍の拡大表示、ピーキング、マーカー表示が可能で、従来より小型化された ASTRO2015show_3447 参考出品の8Kスーパーハイビジョン55型液晶モニター ASTRO2015show_3429 8Kバックパック装置TB-8101。タッチパネル式LCDモニターに表示されるサムネイルで簡単に操作が可能。クリップの選択やIN/OUT点の設定も可能 ASTRO2015show_3435 8Kバックパック装置TB-8101に採用されていたテープメディア。IBMのエンタープライズテープで最大10TBのバックアップが可能 ASTRO2015show_3423 8K対応クロスコンバーターSC-8209-A。8K、4K、HDを相互にアップ/ダウンコンバート可能。4K切り出し機能も搭載している ASTRO2015show_3369 デジタルビデオ信号発生器VG-876。HDCP2.2対応のHDMI 6Gユニットや外部同期ユニットMXが新たに加わり、対応インターフェイスのバリエーションが増えた

8Kだけじゃない!4K対応機器や各種測定機器も多数出展

すでに4K放送が開始されているが、それに伴いモニターや測定機器も必要となってくる。カメラやモニターといったメインの機材は各社から発売されているが、実際に放送として運用していくには様々な周辺機器や測定機器が必要になる。同社ではこうした需要にいち早く対応し、4KからHD画像を切り出す機器や伝送装置、DSK、スキャンコンバーターなど様々な製品を開発している。

ASTRO2015show_3389 4K-HD低遅延切り出し回転・ブレ補正装置GP-4020。4K映像からHD映像に任意の位置で切り出すことか可能なほか、画像の回転やブレの補正が可能。日本テレビとの共同開発により商品化されたもの ASTRO2015show_3394 4KウェーブフォームモニターWM-3206-A。3840×2160専用の波形モニターで、ベクトルやヒストグラム、xy/uv色度図、ピクチャ表示などが可能。画面を分割して一度に表示することもでき、自由にレイアウトすることも可能。ACとDC12Vモデルが用意されている ASTRO2015show_3409 波形モニター/ラスタライザーHW-7065。2系統の映像と波形を同時に表示可能なほか、編集前後の映像や波形の同時確認、3D素材の確認、ヒストグラム表示などが可能。DVI出力により、PCモニターに接続できる ASTRO2015show_3398 HDTVインサーターHD-1678。4K対応DSKで、ライン入力2系統、キー入力8系統に対応しており、2系統の出力に対して同期信号を個別に設定可能。SDメモリーカードからの静止画を読み込むスーパー素材として利用することやネットワークからの設定、カット/フェードなどのトランジション、表示位置調節などが可能 ASTRO2015show_3386 マルチメディアスキャンコンバーターMC-2085。3640×4320または7680×2160に対応しており4K×2画面をリアルタイムで処理することができる。システム構成に合わせて入出力インターフェイスボードを実装することができ、多画面表示や拡大表示、マルチ表示などに対応可能。インターフェイスは3G/HD/SD-SDIのほかDVI/VGA/VBSなどに対応可能 ASTRO2015show_3401 字幕モニターDM-3019-G/DM-3021-G。字幕表示に特化したモニターで、HD/SD-SDI、アナログ、携帯の各種字幕を選択可能なほか、CSパケットモニターを搭載しており、送出部や素材ベースでの字幕運用規格の確認が行える。ヒストリー表示、字幕&アンシラリ表示、CMチェックなどの機能を搭載している ASTRO2015show_3381 MMTレコーダー&プレーヤーCP-5541。4K/8K放送規格であるMMTに対応しており、IPパケットデータをイーサネットフレーム単位で収録可能なほか、収録入力IPデータフローのフィルタリングや収録時のタイムスタンプに沿ったストリーム再生、送信元/宛先IPアドレス/MACアドレスを付け替えての再生などが可能。NHKとの共同開発 ASTRO2015show_3383 MMTレコーダー&プレーヤーCP-5541による解析表示 ASTRO2015show_3474 放送バックパック伝送システムCB-5542。地上デジタル放送で用いられる204byteのMPEG-2 TSの帯域を圧縮してIP伝送する装置で、放送局から送信所までの伝送路をIP回線でバックアップすることができる。双方向伝送が可能となっており、素材の伝送などにも利用できるほか、同時に複数の拠点に伝送することもできる ASTRO2015show_3412 ラウドネスメーターAM-3807-A。3G/HD/SD-SDIに多重化されたエンベデッドオーディオ信号やAES/EBU音声信号のラウドネス値を計測することが可能。ラウドネス値はARIB TR-B32に対応しており、ラウドネスレンジ、サラウンド波形、リサージュ波形、針式メーター表示、スペクトラムアナライザー表示などが可能。画面内に複数の表示を同時表示するマルチレイアウト表示ができる ASTRO2015show_3371 プロトコルアナライザーVA-1842。HDMI2.0/HDCP2.2に対応しており、エミュレート機能や映像/音声モニタリング機能、ログトリガー機能、コンプライアンステスト機能、アナライザー機能などが搭載されている。DisplayPortモデルVA-1835やGVIFモデルVA-1839などがラインナップされている

こうした機材のほか、最新の技術動向のセミナーが開催された。主なセミナーとしては、ITUやARIB、SMPTEなどで策定された8K規格の概要として、「最新8K規格の動向とアストロデザイン製品のロードマップ」が、4K/8K衛星放送の多重化方式として採用されたMMT規格の解説「次世代多重化方式MMTの概略と当社の取り組み」など。7月16、17日には大阪・大阪メビック扇町にて「アストロデザインプライベートショー2015」が開催される予定となっている。


WRITER PROFILE

稲田出 映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。


[ Writer : 稲田出 ]
[ DATE : 2015-07-02 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Report NOW!]アストロデザイン プライベートショー2017~4K/8K、HDRなどの先端技術に対応した各種測定器や映像機器を展示

txt:稲田出 構成:編集部 4K/8K、HDR対応の各種測定器や映像機器の展示、セミナーを開催 2017年7月13日と14日の2日間、東京・大田区南雪谷にあるアストロ... 続きを読む

[カンヌ・ライオンズ2017] 日本からの秀作も好評〜 後編

txt:河尻亨一(銀河ライター/東北芸術工科大学客員教授) 構成:編集部 引続きカンヌ受賞作を紹介! 前編に続いて、世界のクリエイティブ祭「カンヌ・ライオンズ2017」... 続きを読む

[カンヌ・ライオンズ2017] 人間味あふれるプロ・フィルムへの回帰?〜 前編

txt:河尻亨一(銀河ライター/東北芸術工科大学客員教授) 構成:編集部 世界の広告が一堂に介するカンヌ・ライオンズ2017 世界の広告キャンペーンの“てっぺん”を決め... 続きを読む

[Report Now!]速報:第2回関西放送機器展〜新製品が勢揃い!関西が今熱いで〜!

txt:岡英史 構成:編集部 関西地区の放送機器展が今年も開催! 昨年とは違い来場者多数 今年も初日は雨模様の中開催された関西放送機器展(Kansai Bro... 続きを読む

[Report Now!]パシフィコ横浜で「PHOTONEXT 2017」開催。フォトグラファーやフォトビジネスの展示会から動画の最新動向をチェック

フォトグラファー注目の展示会が今年も開催 6月20日から6月21日に神奈川県横浜市にあるパシフィコ横浜にて、プロフェッショナルフォトグラファー向けの展示会「PHOTONEXT... 続きを読む

WRITER PROFILE

稲田出 映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
柳下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 稲田出 > [Report NOW!]アストロデザインプライベートショー2015〜4Kから8Kへ繋がるソリューション展開