PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.49 リニューアルLIBEC ALLEXシリーズ登場!

News

[岡英史のNewFinder]Vol.49 リニューアルLIBEC ALLEXシリーズ登場!

2015-07-10 掲載

NewFindertitle_top
txt:岡英史 構成:編集部

LIBEC ALLEXとなって新たに登場

NF_vol49_ALX_03 写真手前からALX S4(40cm)、ALX S8(80cm)、ALX S12(120cm)。捻りの無いネーミングは解りやすい

今やカメラを載せるガジェットを製作販売するグローバルなメーカーへと躍進を遂げたLibec。Libecと言うブランドがメジャーになって既に数年が経っているのは誰もが異論が無いだろう。ユーザーが欲しい物をちゃんとユーザーの声を聞いて製品化している姿勢は本当に素晴らしい。その中の立役者的な名物社員が居ると言うのもその一旦を担っているのでは(KOH.S氏の事)。

NF_vol49_ALX_02

冗談はさておき、昨年Libecの油圧ヘッドと組み合わせるとパン方向とスライド方向の力のベクトルが同じ方向になり誰もがパン&スライドが可能になるスライダーを販売開始した。その長さ80cmと言うのは小型スライダーの中では標準的な長さなのだが、筆者を含め自分が本当に欲しい長さというのは撮影形態によって異なるはず。とは言えそれを全部聞き入れるのは不可能。

NF_vol49_ALX_01 今回テストした全ての機材。これだけの機材が台車一台で済む

そんな中で一番要望が多かった3種類が先日ALXブランドに名前も変わりリニューアル発表があった。今回はその全てを試してみた。

LIBEC ALLEXベーシックシリーズ

今回長さ違いで3種類のスライダーシステム(ALX S4/S8/S12)が発売されたのは前記した通り。では実際にその長さはどうやって分けるのがベストなのかと言うと、大は小を兼ねるの言葉通りS12を買うのが最良の…と言う訳にはいかない。確かにS4ではどんなに頑張っても40cmしか動かないが、S12なら最大120cmまでの距離なら無限に使うことが出来る。

NF_vol49_ALX_07

ではS12がマストなのかと言えば、今度は持ち運びが大変になる。一番良いのはレンズの焦点距離に合わせて選ぶ事だ。ワイドレンズほど長距離移動、テレレンズほど短距離移動という感じだと思ってほしい。前モデルから定評のあったスライダーの動きは今回リニューアルしており、より扱いやすくなった。スライドの粘りも更に自然になり、これなら少しの練習で本番での使用が可能だ。

NF_vol49_ALX_08 載せるカメラの大きさにもよるが、S8はシングルレッグでも対応可能で、S12はダブルレッグでの運用が必須だ

また今回のモデルから寒冷地仕様が登場した。気温の低い冬場にはグリス自体も抵抗が多くなるので、特に寒いオープンでのロケには寒冷地仕様をお勧めしたい。

SLAID&PAN

今まではスライドだけ滑らかに動けば良かったスライダーも、今はプラス三脚ワークが必要となるシーンが多い。S8はシングルレッグでの運用も十分に可能だが、重心の高いカメラなどで運用する場合はS12と同様にダブルレッグでオペレートをした方が確実だ。

NF_vol49_ALX_10 長いスライダーには電動移動装置がよく似合う

ALX KIT&Syrp Genie

筆者の身長は165cmと今の平均的な男性としては低い方だろう。日常的には不便は無いのだが、スライダーを動かすときには腕の長さ=絶対的な移動量となる為、特にS12モデルを滑らかにフル活用するというのは結構苦心する。

NF_vol49_ALX_05

それを補うために電動移動装置であるSyrp Genie(以下:Genie)を組み合わせてみたがこれが丁度良い。Geine自体はスライドとタイムラプスの両方に対応しているが、そのプリセットが移動距離85cmでS12だと前後のマージンを入れると完全にポン付け出来る。動き自体もスタートから定速で走るモードと徐々にMAXスピードまで走るモードがある。この時スライダーの台車には標準仕様よりも寒冷地仕様を使うことでより軽く動く分、モーターの負担は少なくなるはずだ。

ALX S12&Syrp Genie(タイムラプス)

タイムラプスにはオプションのカメラコントロールケーブルを使うことで、フルオートで撮影が可能になる。殆どのDSLRならGenieからコントロールが可能だ。ただ一部のカメラやミラーレス用に赤外線での接続が可能なオプションもあると言う事は殆どのカメラで誰でも設定値通りのタイムラプスが出来る。また平行移動だけではなく、標準装備のアタッチメントを付け替えることにより回転運動も可能になる。

NF_vol49_ALX_14

ALX H&Syrp Genie(SK8dolly)

このガジェットは前後に張ったロープを巻き取りながら移動するので、土台が動く物なら何でも良い。今回はSK8dollyとの組み合わせでサンプルを収録したが、ワイヤーを2本空中線に張ることで不整地でも使用が可能になる。またオプションで最大100mのロープが用意されているので、長めの移動台車と組み合わせれば100mの長距離を引っ張ることも可能だ。

NF_vol49_ALX_15 この様な場所でも移動は可能だ

Genie&SK8dolly

Genieは巻き取りトルクが意外と大きい為、中型ハンドヘルド位の重さなら大体40°前後の坂は上れてしまう。今回はこの様な不整地において実験してみたが多少の障害物での乗り越えて行く位にトルク感は強い。

NF_vol49_ALX_16 このサイズのカメラとS4の組合せなら常に付けっぱなしでも全く問題がない。えっ、それよりも乗っかってるカメラが気になるって?それは次号で!

総評

今年の秋頃には、マンフロットからNABで出品していたスライダーが登場予定だと聞いている。実際にNABで見た物が登場するなら間違いなくALX KITとはガチで同じ土俵に載ることになる。双方色々と長所・短所があると思うが、撮って出しが増えたミドルレンジの現場では何を買って良いのか、不思議と自問自答を繰り返している。

しかし、現状では価格帯もさることながら価格以上の性能を発揮しているのはLIBEC ALLEXでしか無い。少なくとも雲台との連携性を考えるなら現状ではALXシリーズだろう。更にS4は常時三脚に付けっぱなしで運用しても全く気にならない。この先、更に色々な製品も考えているらしいので非常に楽しみな一品になってきた。


WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


[ Writer : 岡英史 ]
[ DATE : 2015-07-10 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

Libec ALX S12 スライダーシステム(120cm) [SYSTEM5]
Libec ALX S12 スライダーシステム(120cm) [SYSTEM5]
販売価格: ¥52,704(税込)
Syrp 0030-0001 モーションコントロール・イメージキャプチャーデバイス Genie(ジーニー) [SYSTEM5]
Syrp 0030-0001 モーションコントロール・イメージキャプチャーデバイス Genie(ジーニー) [SYSTEM5]
販売価格: ¥124,416(税込)
Syrp(シロップ)社のGenie(ジーニー)は、今までありそうでなかったタイムラプスビデオ用のモーションコントロール・イメージキャプチャーデバイスです。360度のパンニング、スライダーやワイヤーと組み合わせてのスライドを簡単に実現できるほか、スチルカメラのシャッター制御までを行なうことができます。

関連のコラム一覧

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.56 待望のバージョンアップ!EDIUS Pro 8の可能性

txt:岡英史 構成:編集部 EDIUSって何?〜思えば長く使って来たなー 今回のイチオシ機能、プライマリーカラーコレクション ※画像をクリックすると拡大します ... 続きを読む

NewFindertitle_cp2016_top

[岡英史のNewFinder]Vol.55 元祖業務用ハンディカム4Kの回答 Sony PXW-Z150

txt:岡英史 構成:編集部 映像に関わる人間がCP+2016を楽しむ方法 Sony PXW-Z150 国内における映像の祭典がInterBEEなら、CP+は... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.54 「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」m4/3ミラーレスはムービーカメラとしてイケるのか?

txt:岡英史 構成:編集部 あけましておめでとうございます 昨年はIBCを境に色々なカメラ、特にミドルレンジには頭を悩ませるラインナップが登場した。もはやミドルレンジでも... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.53 使って初めて分かる”赤いヤツ”の衝撃!〜Panasonic AG-DVX200ミドルレンジ的レビュー

txt:岡英史 構成:編集部 赤いヤツの衝撃 本年NAB2015で初めて見た時にこの「赤(クリムゾンレッド)」は中々衝撃的な色だった。それまではカメラ=黒と言うのが定番... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.52 360°マルチカメラ撮影〜映り込みとの戦い

txt:岡英史 構成:編集部 360°撮影の依頼 ベースはGoPro HERO3を6台使用し、それを専用RIGに装着しステディカムを組み合わせた 2015... 続きを読む

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.49 リニューアルLIBEC ALLEXシリーズ登場!