PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 土持幸三 > [土持幸三の映像制作101]Vol.05 小規模撮影の心得〜割り切りの重要性

News

[土持幸三の映像制作101]Vol.05 小規模撮影の心得〜割り切りの重要性

2015-09-25 掲載

tsuchimochi101_top
txt:土持幸三 構成:編集部

機材とスタッフの仕事を知り、予算をやりくりするのは映像制作だけでなく、ほとんどの仕事がそうであると思う。さらにはデジタル時代の急激な機材の変化に対応しなければならないのも事実だ。

映像制作の規模は当然ながら予算によって決まる。スタッフ人件費や数、機材、撮影場所、俳優の選定、編集所の選定まで、すべて予算がからんでくる。出来上がった作品も大規模な劇場公開から単館での上映、テレビやWebのみでの公開など、予算で大きく変化する。特に予算に合わせた機材の選定が近年大きく変化してきてると思う。もちろん、面白い作品はどんなカメラで撮影しても面白い、という理屈はわかるが、最新の機材をどう使いこなすかも予算内で最上の作品をつくりだす大きな要素になることは否定できないと思う。

郷里で小規模撮影に望む

tsuchimochi101_05_001

先月の8月に急な仕事の依頼で、観光PRを兼ねた短編ドラマの撮影を種子島で行った。僕の実家が鹿児島市で、同窓会と映像ワークショップを開くために帰省したタイミングで撮影することになったのだが、種子島は残念ながら行ったことは無かった。

クライアントは種子島で新しい事業を始めているので、その紹介と故郷・種子島の観光PRになるような物語のある作品をつくってほしいとのことだった。公開はWebのみ。予算は決まっていたので、プロデューサーにホテルや渡航費の割引を種子島の観光協会を通じて行ってもらい、僕の方は種子島民話の本を買って読んだり、クライアントとの話をもとに大筋のストーリーを考えた。

tsuchimochi101_05_002

一番の問題は俳優とスタッフで、撮影はいつもお願いしている長田勇市撮影監督。奄美大島・沖縄でドキュメンタリー映画の撮影が終盤に差し掛かっていたタイミングで連絡して、快諾してもらった。スタッフは録音を加えて4人。現地でのサポートもあり。あとは俳優をどうするか。地方で撮影する低予算はココが一番痛い。

東京近郊であれば、無名でもよい俳優は多いので特に心配ないが、種子島まで連れて行くことを考えると、きつい。脚本も書く上で、登場人物の数を固定すると書きづらくなるので2~4人程度として書き始め、インターネットで観光協会が勧めている場所、ブログなどで紹介されている場所などの中から、ある程度よさそうなロケーションをピックアップして、そのロケーションの位置関係を整理した。俳優は鹿児島市のプロダクションで確保することとし、鹿児島市内で1日撮影し、プロデューサー・撮影監督の3人で種子島へ渡り、2日間、シネハンとロケハンを同時に行って脚本を完成させ、メールで俳優に手渡した。

tsuchimochi101_05_003

カメラはGH4とFZ1000を使い、風景を綺麗に撮影するために4K24pで撮影し、HD編集することにした。あと、カメラ周りではモニターを排除した。長田さんとの信頼関係もあるが、カメラに液晶がついているので、必要なら画角を確認できるので問題ない。モニターをつけないことで撮影部の負担は軽減した。モニターを運ぶ必要もない。

画角をある程度わかることは演出にも重要な事だと思う。実は、規模が大きな撮影の時も僕はあまりモニターを必要としない。俳優の演技を生で見た方が何倍も良く見えるからだ。画角は大学時代にスチルカメラに単焦点レンズをつけて画角の勉強を続けたことが、レンズを聞いただけで画角がわかるので、今でも非常に役に立っている。

録音は最悪アフレコすることも考えて、ワイヤレス3台とショットガンマイクを1つの4チャンネルで行う事にした。これを録音未経験の1人で扱う。

4チャンネルの録音が小さなポータブルレコーダーでできるようになったのは非常に大きいと思う。これにより登場人物3人はワイヤレスをつけっぱなしにできる。また、記録媒体がカメラ・録音ともSDカードで統一できるのも大きい。短編なので、4K撮影でもカメラ用に32GBのSDカードを4、5枚用意して使用し、使いまわしはしない。編集は素材をPCにコピーして納品まではバックアップとしてSDカードは保存しておく。小さく安価なSDカードであればこそできる事だと思う。もちろんRAWやLogで撮影となると変わってくると思うが、今回の撮影規模では、SDカードのまま保存する事がベストだった。

割り切り事でうまれた効果

tsuchimochi101_05_004

今回はプロデューサーとの綿密な打ち合わせと、撮影監督の長田さんの良い意味での機材面での割り切りと、種子島・鹿児島の方々の多大な協力のお陰で予算を上手く配分して、4人のスタッフだったが、良い作品ができあがったと思う。

再度協力してくださった方々に感謝したい。それにしても、種子島のロケーションは実に興味深かった。太古の森があると思えば、さとうきび畑、美しい砂浜、マングローブ湿原など、一つの島の中に撮影したい場所が多数あった。また是非撮影に行きたい場所だ。作品タイトルは「種子島ランデブー」。公開の際は是非見て欲しい。


WRITER PROFILE

土持幸三 1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。


[ Writer : 土持幸三 ]
[ DATE : 2015-09-25 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

tsuchimochi101_top

[土持幸三の映像制作101]Vol.16 学校から飛び出し、企画から編集までの壮大な映像授業

txt:土持幸三 構成:編集部 出演から編集まで行う壮大な映像授業 貸し出す前に再度カメラの使い方を確認 前回のコラムで書いた、僕が通う川崎市の小学校創立60... 続きを読む

tsuchimochi101_top

[土持幸三の映像制作101]Vol.15 小学生に映像制作を教えるということ

txt:土持幸三 構成:編集部 小学校での映像授業が今年も始まる 今年も映像授業が始まった 今年も川崎市の小学校での映像授業が始まった。学校によって内容や長さ... 続きを読む

tsuchimochi101_top

[土持幸三の映像制作101]Vol.14 映像での地域活性化を考える

txt:土持幸三 構成:編集部 情報発信日本一の街づくりを目指す行方市の映像作り 先日、茨城県行方(なめがた)市に行ってきた。行方市は専修大学と防災対応型エリア放送の番... 続きを読む

tsuchimochi101_top

[土持幸三の映像制作101]Vol.13 ロケハンの重要性

txt:土持幸三 構成:編集部 ロケハンの意味とは? ロケハンで奥へ奥へ 例年、川崎市の小学校での映像授業は秋から始まるのだが、今年は先月から月に一回程度、中学生も受... 続きを読む

tsuchimochi101_top

[土持幸三の映像制作101]Vol.12 機材変われども撮影の基本は変わらない

txt:土持幸三 構成:編集部 映像がネットで視聴できる時代 僕がロサンゼルスの大学で映画を学んでいた90年代後半は、8ミリや16ミリカメラを使って撮影をする流れの中に... 続きを読む

WRITER PROFILE

土持幸三 1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 土持幸三 > [土持幸三の映像制作101]Vol.05 小規模撮影の心得〜割り切りの重要性