PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [ライブ配信手帖]Vol.17 飛べないドローンOsmoの浅草低空飛行!(後編)

News

[ライブ配信手帖]Vol.17 飛べないドローンOsmoの浅草低空飛行!(後編)

2015-10-23 掲載

kawai_17_top

Osmoの醍醐味は擬似空撮にある!!

ドローンなしのドローンとも言える、ジンバル一体型4KカメラのOsmoを最初に見た人は「これは飛ばせる!」と感じただろう。私もそのひとりだ。ドローンは事故も多く、もはや都市部で飛ばすことは難しい。都市部でなくても人が多くいる場所で飛ばすことは不可能だ。しかし、Osmoは自撮り棒や一脚の先に装着すれば安全に人の頭上を擬似空撮することが出来る。編集作品の場合に空撮カットは5秒もあれば気持ち良く使えるだろう。そこで今回は浅草へ擬似空撮に行ってきた!

kawai_17_1060935 制御アプリはビデオカメラのようにゼブラも出せる

純正のオプションは強度に難がある!

Osmoには純正の延長ポールがある。これはスマホホルダーの部分のネジを使って取り付けるのだが、その下の部分が観光地で売っている自撮り棒みたいな強度で長さも不足していた。そこで今回は自分が持っている頑丈な自撮り棒にガムテープでぐるぐる巻きにして固定するという、原始的な方法をとってOsmoを固定した。長さは自撮り棒が90cmなので、だいたい自分の170cmの身長と合わせて2.5mから3mの低空飛行目線となっているはずだ。PolePodなどもっと長い一脚を使えばブラタモリ的に5m程度の擬似空撮目線は可能だろう。

kawai_17_6E0A9935 純正の延長ポールは重さで棒がしなってしまうくらい延長部が弱い kawai_17_1060960 手持ちの強固な延長棒を養生テープで固定。手を伸ばして歩くと3mの低空飛行ドローン風となる

スマホコントロールが肝になる!

こうしてOsmoを自撮り棒で持ち上げると、当然ながらスマホホルダーを本体につけていても見えないので意味がない。ひとりで撮る場合は、コントローラーとしてのスマホは左手で持ち、右手でOsmo付き自撮り棒というスタイルになる。制御アプリのDJI GOはカメラ映像にタップで露出補正、長押しでそのままカメラヘッドをコントロールすることが出来る。3mまで上がると消失点が画面の中心から上にはずれるので長押しドラッグで少し下に修正し、さらにタップで露出補正する。

kawai_17_4651 制御アプリはタップで露出補正してロック、黄色い×でオートに戻る

今回のテスト映像は機体の揺れや露出補正の効果がわかるように、編集せずにその試行錯誤プロセスをそのまま公開する。

※音声収録は内蔵マイクを使用

Osmoで上手く擬似空撮するなら能のすり足を習得すべし!

サンプル映像は浅草の雷門から仲見世に入り、浅草寺の手前でバッテリーが切れるまで撮っている。撮影モードは2K60fpsで内蔵マイクによる音声付き。最初の100mは試行錯誤だった。なにしろ仲見世は人が多い。自撮り棒を安定させて歩きながらスマホの画面を見つつ、人に当たらないように直進するのは意外にむずかしい。しかし100mを超えたあたりから人が少なくなり歩きやすくなってきた。2分30秒くらいから仲見世のアーケードが消失点に向かうアクセントとなり擬似空撮っぽくなっている。

ドローンと違い、音もしないので歩いている人もカメラを見ることはない。自撮り棒を持った観光客が歩いているだけと思うからだろう。ただし、歩行による上下動はジンバルでは吸収できないので、ベビーカーのような台車に一脚を固定するか、自らの歩き方をトレーニングして能のすり足のようにしていくなどの改善が必要だ。いずれにせよ人の密集する場所でまったく新しい感覚の擬似空撮が出来ることはわかった。

バッテリーは最低5本買ったほうがいい!

今回の試用機はバッテリーが1本しかついてこなかった。カタログ的には60分となっているが、これは連続撮影時間のことだろう。実際には電源を入れてアプリの設定を調整したり、リハーサル的なことをしたり、撮影したものを再生したりしている時間でバッテリーの大半を消費してしまう。特にジンバルの動きを止めてファイルを再生することが出来ない。ジンバルをハード的にロックすると警告音が鳴る。microSDカードを抜いてパソコンで見ればいいのだろうが、このあたりジンバルを止めて再生モードにするなどのファームアップを期待したい。外部給電するオプションが提供されていない段階ではバッテリー1個では調整、再生などしながらの撮影をしていると実際には撮影時間は15分程度の印象だった。Osmoを買う時はバッテリーは最低でも5本は買ったほうがいい。

kawai_17_1060974 外部マイク入力を使ったテストはまた別の記事で!

撮影済みファイルの再生によるバッテリー消費を抑えるために!

そこでいいアイデアを思いついたのでご紹介したい。Osmo本体のバッテリーを撮影の消費だけにして延命させるためには再生をいかにしないか?というのが重要になる。しかしジンバルを使った撮影というのは、撮影したファイルを再生して出来を細かくチェックしていくのが大切だ。

そこで活用したいのが制御アプリを使っているスマホだ。たとえばiPhoneを使っている場合、lightning経由でHDMIに変換しそれをレコーダーで録画する。これによってそのファイルを再生すればOsmo本体のバッテリーを消費させずにショットが上手くいっているかどうか確認できる。ちなみに制御アプリの画面は各種表示がのっており、これを消してクリアスルーさせることは出来ない。ここもファームウェアのアップで文字を非表示にできれば、若干のディレイはあるとしても、ライブ配信などでステディカムやスライダーの動きのようなカットをOsmoでインサートできて面白くなるだろう。

Osmoによる擬似空撮はドローン以上の可能性を感じる!!

今回は短時間でのテストだったが、ジンバル付き4KカメラOsmoによる擬似空撮には大きな可能性を感じた!これまで強力な手ぶれ補正を備えた家庭用ビデオカメラや超広角のアクションカメラなども使ってきたが、スマホで気軽に制御できるジンバルと超軽量の4Kカメラという組合せは、さすがドローンメーカーから出てきたカメラと唸らされた。これまで都市部だし飛ばすところもないしなぁ~とドローンブームを遠巻きに見ていた映像クリエイターこそ面白がって使えるのではないだろうか?

かくいう私も数時間触っただけでOsmoの面白さの虜である。帰りの銀座線でバッテリーの切れたOsmoを見ながら次はどこを擬似空撮しようかの妄想がはじまっていた。

kawai_17_1060962

次回はOsmoの制御アプリと外部音声マイク入力について詳しくレポートする予定だ。PROGEAR半蔵門ではOsmoの稼働実機も制御アプリのインストールされたiPhoneと共に展示してあるので興味ある人はぜひ手にとって触って欲しい!

OSMO 公式サイト:DJI
OSMO 購入サイト:ePROSHOP

WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


[ Writer : ヒマナイヌ ]
[ DATE : 2015-10-23 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

【お得なプラスワン】DJI Osmo ハンドヘルド ブラシレス ジンバルカメラ [SYSTEM5]
【お得なプラスワン】DJI Osmo ハンドヘルド ブラシレス ジンバルカメラ [SYSTEM5]
販売価格: ¥85,000(税込)
4K/30p動画の撮影に対応。強力な手ぶれ補正が行えるスタビライザーを搭載した、ハンドヘルド ブラシレス ジンバルカメラです。

関連のコラム一覧

kawai_23_top

[ライブ配信手帖]Vol.23 擬似空撮!都市でドローン風映像を撮影するには?〜DJI OsmoとZ-Axis

txt:川井拓也 構成:編集部 一脚で簡単に撮れるドローン風映像の擬似空撮は都市部にぴったり! 「どうも、川井拓也46歳です」 DJI Osmoの発売時にこれ... 続きを読む

kawai_22_top

[ライブ配信手帖]Vol.22 野外映像編集を実現するために〜Surface Pro 4とSSD

撮影したあとのデータを事務所や自宅に現場からどう安全に持ち帰るか? 収録メディアが大きなテープから、今や切手より小さいSDカードやmicroSDカードになってきました。撮影し... 続きを読む

kawai_21_top

[ライブ配信手帖]Vol.21 DJI Osmoで幕張メッセをウォークスルー!Inter BEEスペシャル!

IntetBEEで実戦投入!俺のOsmo ようやく個人的に入手しましたDJI Osmo!自撮りレポートの新時代を切り開くべく今日は外部マイクのテストであります!今日はオーディオテ... 続きを読む

kawai_20_top

[ライブ配信手帖]Vol.20 Roland V-1HD最速レビューその1〜果たしてV-1HDはどんなサイズ感なのか?

txt:川井拓也 構成:編集部 そのスケール感に刮目せよ!なんだこのコンパクトさは! マルチカメラ収録やライブ配信をやっているユーザーが「待ってました!」とおもわず声を出してし... 続きを読む

kawai_19_top

[ライブ配信手帖]Vol.18 ジンバル一体型4KカメラOsmoに外部マイクはどうだ?

Osmoの内蔵マイクと外部マイクの音の違いを聞いてみる! 今回は、音声部分についてテストしてみたい。Osmoはほとんどの人にとって擬似空撮や擬似ステディカム、擬似スライダー的... 続きを読む

WRITER PROFILE

ヒマナイヌ 頓知を駆使した創造企業


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > ヒマナイヌ > [ライブ配信手帖]Vol.17 飛べないドローンOsmoの浅草低空飛行!(後編)