PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 稲田出 > [OnGoing Re:View]Vol.16 Blackmagic Design製品案内 前編〜Blackmagic Micro Studio Camera …

News

[OnGoing Re:View]Vol.16 Blackmagic Design製品案内 前編〜Blackmagic Micro Studio Camera 4K

2016-09-27 掲載

txt:稲田出 構成:編集部

様々な用途に使用可能なBlackmagic Micro Studio Camera 4K

pov74_bmd_msc4k_07158 カメラ上部にはネジ穴が1つ

4K(UHD)撮影に対応した超小型カメラBlackmagic Micro Studio Camera 4Kは、昨年のNABで発表されたもので、すでにイベントや放送などで活用されている。このカメラは、超小型ということでドローンへの搭載や仕込みカメラなど、様々な用途に使用できるようになっており、4K出力に対応した6G-SDIと、HD出力に対応したHDMIのコネクターが装備されているほか、Dサブ15ピンのコネクターにオプションのケーブルを接続することで、電源供給やリファレンス入力、LANC、B4レンズコントロール、PTZコントロール、S.Busデジタルサーボの接続も可能となっている。

pov74_bmd_msc4k_07160 カメラ下部にはネジ穴が3つあり、リグやドローンなどに装着可能 pov74_bmd_msc4k_07202 15ピンコネクターにより、電源のほか各種コントロールなどが可能 pov74_bmd_msc4k_07198 オプションの15ピンDサブケーブル。電源供給やリファレンス入力、LANC、B4レンズコントロール、PTZコントロール、S.Busデジタルサーボの接続が可能

また、Blackmagic Studio Camera同様に、ATEM Production Studio 4KやBroadcast Studio 4Kと6G-SDIで接続することで、カメラの設定のほかカラーバランスやブラックレベル、ガンマ、レンズフォーカス、アイリス/ズームコントロールなどをATEMスイッチャー側からリモートコントロールすることができるようになっており、ATEMスイッチャーがCCUとして機能するようになっている。

小型レコーダーなどと組み合わせてスタンドアローンで使用できるほか、Blackmagic Studio CameraとATEMスイッチャーとの組み合わせでスポーツや音楽イベントなど、システムとしても運用可能なUHD対応のマルチパーパスカメラといえよう。

こうした多目的な使用を前提としたカメラの場合、運用状況によってレンズの選択の幅が広いことが望まれるが、Blackmagic Micro Studio Camera 4Kのレンズマウントはマイクロフォーサーズとなっており、スチルカメラ用の各種レンズが使用できるほか、マウントアダプターもサードパーティー各社からB4マウントやPLマウント、Cマウントなど様々なアダプターが発売されており、価格だけでなくかなり特殊な用途のレンズにも対応可能だ。

pov74_bmd_msc4k_07164 レンズマウントは汎用性の高いマイクロフォーサーズを採用している

Blackmagic Micro Studio Camera 4Kはレコーダー部を持たないので、レコーダーとしてVideo assist 4Kを組み合わせている。接続は当初HDMIで行っていたが、HDMIではHDの出力となってしまうので、後日6G-SDI接続用にケーブルを調達した。カメラ側の6G-SDIコネクターは、カメラが小型ということもあり、ミニBNCというあまり馴染みのないコネクターとなっている。とはいえ、カナレやベルデンから対応ケーブルが数千円で販売されており、それほど特殊というわけではない。

pov74_bmd_msc4k_07224 ビデオ出力コネクターはあまり馴染みのないミニBNCを採用している

カメラの各種設定はオンスクリーンで行うようになっているが、この表示はHDMIのみで6G-SDIからは設定画面は出力されないため、UHD撮影する場合の設定時にはHDMI接続したモニターが必要。もちろんATEMスイッチャーに接続する場合はATEM側で設定可能だ。ただしこの場合は、カメラ側の6G-SDI入力コネクターにもATEMと接続する必要がある。

今回運悪く借用期間中は台風の影響でほとんど晴れ間がない状態で、屋外ではほとんど撮影できなかったが、オリンパスの標準ズーム14-42mmを装着して近影と遠景の撮影を行ってみた。

pov74_bmd_msc4k_07190 オリンパスの標準ズーム14-42mmを装着 http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/09/pov74_BMD_MSC4K_396.jpg オリンパスの標準ズームによる遠景撮影
※画像をクリックすると拡大します
http://www.pronews.jp/pronewscore/wp-content/uploads/2016/09/pov74_BMD_MSC4K_161.jpg オリンパスの標準ズームによる近接撮影
※画像をクリックすると拡大します

撮影にあたってカメラ側の設定のAuto Exposureの項目をIris+Shutterにしている。レンズの絞り(アイリス)とシャッターで露出を合わせる設定である。ほかにもIrisのみ、Shutterのみなどの設定が可能だ。ホワイトバランスとフォーカスはマニュアル設定となる。

pov74_bmd_msc4k_07260 撮影にあたってカメラ側の設定のAuto Exposureの項目をIris+Shutterにした pov74_bmd_msc4k_07243 カメラのモニタリング設定。HDMIをオーバーレイにすることで設定画面が出力される

最近のスチルカメラはオートフォーカスが標準となっており、レンズのマニュアル操作でのフォーカス調節は非常にやりづらい。広角レンズを絞ってパンフォーカスで使用した方が良いようだ。この場合はAuto Exposureの項目をShutterにしておくと露出はオートで合わせることができるが、動きのある被写体の場合はちょっと不自然になるかもしれない。

マイクロフォーサーズマウントの利点は、サードパーティーが各種マウントアダプターを用意してあることともいえる。今回はCマウントアダプターを使ってシュノーケルカメラなどでよく使われるL型のレンズを装着して撮影してみた。Cマウントは顕微鏡や天体望遠鏡などでも変換アダプターがあるので、かなり汎用性があるマウントといえる。ただし、Cマウントのレンズの多くは2/3インチまでしかイメージサークルがなく、こうしたレンズで撮影すると周辺がけられるので、顕微鏡や天体望遠鏡ならばともかく、撮影レンズとしてCマウントレンズを使うのは難しいかもしれない。

pov74_bmd_msc4k_07231 Cマウントアダプターを使用しL型のレンズを装着 pov74_bmd_msc4k_780 L型レンズによるIC基盤の撮影 pov74_bmd_msc4k_399 L型レンズによるリモコンの撮影

Blackmagic Micro Studio Camera 4Kは、ドローンやリグに搭載して使用する以外にも、マクロ撮影や顕微鏡撮影などで動画を撮影するカメラとしても非常に有効だと思う。特に既にビデオカメラがCマウントで装着されているような場合では、Blackmagic Micro Studio Camera 4KとCマウントアダプター、HDまたはUHD対応のモニターを用意すれば簡単に挿げ替えることが可能だ。価格的にも非常にリーズナブルな選択となるだろう。こうした特殊な撮影ではHDまででUHDに対応したシステムはほとんどなく、存在していても非常に高価だったりするからだ。

動画の記録もVideo Assist 4Kならばモニターも兼ねて10万円ほどである。HDで良ければ同型のBlackmagic Micro Cinema Cameraという選択肢もあるだろう。Blackmagic Micro Cinema Cameraならばレコーダーも搭載しているので、レコーダーを用意する必要もない。

pov74_bmd_msc4k_07257 UHDのビデオフォーマットは4K30pに対応

ビデオ業界ではお天気カメラや顔出しカメラでよくマルチパーパスカメラが使われているが、レンズマウントはB4で、放送用のレンズを使うことが前提となっている。Blackmagic Micro Studio Camera 4Kは、こうした用途もカバーできるほか、レンズマウントがマイクロフォーサーズなので、アダプターを使用することで、スチルカメラ用のレンズのほか、顕微鏡や天体望遠鏡など様々な用途で使用することが可能だ。また、ATEMスイッチャーと組み合わせて各種イベント収録用の仕込みカメラシステムとしてや、電動雲台に搭載してロボットカメラ的な応用もできるだろう。


WRITER PROFILE

稲田出 映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。


[ Writer : 稲田出 ]
[ DATE : 2016-09-27 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[OnGoing Re:View]Vol.24 Panasonic AG-UX180 その広角の画に納得。今手にしたいカムコーダー

txt:猿田守一 構成:編集部 新たな業務用ハンドヘルド型カメラ登場 HD収録から徐々に4K収録の要望が増えつつある現在はまさに過渡期と言える。既に先輩格のAG... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.23 Blackmagic Design ATEM Television Studio HD

txt:井上晃 構成:編集部 ライブ・プロダクションに新たに3つの新製品 Blackmagic Designは日本時間の2月6日午前5時にプレス発表を行い、ライブ・プロ... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.22 ノウハウの詰まったカメラ~FS7 II

txt:猿田守一 構成:編集部 使いやすさを追求したFS7 II 先代のFS7が2014年10月に発売されてからおよそ2年少々経つが、Sonyよりさらなる使いやすさを追... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.21 ハードな環境でもカジュアルに使える頼もしい相棒~LUMIX DC-GH5

txt:松本敦 構成:編集部 発売前から話題沸騰の「GH5」の魅力に迫る 4K10bitでの内部収録や、フルHDでの180fpsなどの機能が盛り込まれたPanasoni... 続きを読む

[OnGoing Re:View]Vol.20 Sonyコンパクトライブスイッチャー「MCX-500」

txt:猿田守一 構成:編集部 コンパクトなライブスイッチャーMCX-500が登場! 筆者の知り合いの間で、業務レベルのスイッチャーとしてはPanasonicや... 続きを読む

WRITER PROFILE

稲田出 映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 稲田出 > [OnGoing Re:View]Vol.16 Blackmagic Design製品案内 前編〜Blackmagic Micro Studio Camera 4K