PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > オースミ ユーカ > [ココロカメラ]Vol.18 食べものの撮影〜シズルを求める旅〜

News

[ココロカメラ]Vol.18 食べものの撮影〜シズルを求める旅〜

2016-12-22 掲載

txt:オースミユーカ 構成:編集部

肉汁ジュワ~っ、湯気モワ~、そのシズルを求めて!

クリスマスシーズンにあわせて、チキンやステーキ、ロブスターなどのシズル撮影をした。料理も豪華なので、肉汁ジュワ~っとか、湯気モワ~とか、ロブスターがビヨ~ンとか、やってみたいことはいろいろある。

kokoro_18_3655 四谷のテストキッチンにて

料理は生ものなので、本番前の打合せや準備が大事。というわけで事前にテストキッチンで料理の確認を兼ねてお試し撮影をすることになった。フードスタイリストとカメラマンとともに、どうみえると美味しそうか、焼き方、切り方、みえ方、背景の美術や照明など、具体的な問題点を洗い出して相談する。湯気をたたせるためには、背景は暗めにしなくてはならないし、ハイスピードの速度も検証したい。本番と同じ材料を使っての撮影なので、テスト後には最高級の和牛ステーキなんかもサーブされ、打合せが少し華やかになる。

kokoro_18_3706 カメラはBlackmagic URSAを使用

撮影当日は、装飾も入って部屋はクリスマスパーティ風に飾り付けられた。ステーキは赤身の部分に少しでも火が通ってしまうとおいしそうにみえないので何度かいい焼き具合のもので再チャレンジしつつ、熱々の鉄板の上からソースをかけジュワ~と湯気がたつその瞬間をハイスピードで撮る。

kokoro_18_3703 ハウススタジオの片隅ではVEがリアルタイムで映像をチェック

ローストチキンは、美味しそうな照り具合を照明でさぐり、フードスタイリストがナイフをいれて肉汁たっぷりの断面をみせてくれる。が、そんなに想像どおりに肉汁など垂れてくれはしない…。そこはフードスタイリストの腕と技術のみせどころ。最終的には肉汁あふれる美味しそうな画が撮れた。

一筋縄ではいかない子役の食事シーン

今回の撮影はシズルと雰囲気がきちんと撮れていればOKだった。しかし、食事のシーンがある場合は、また違った大変さに悩まされる。先日は別の仕事で「子どもたちが給食を食べる」という設定のドラマを撮った。料理を食べながら会話をするという、よくみる当たり前のシーンだけれど、撮影はなかなか思うようにはいかない。

まずは本番と同じメニューを用意して事前に芝居のリハーサル。しかし第一の関門、子役の一人がちゃんと箸を持つことができない…。じゃがいもをつかんで口元に持ってくるタイミングで台詞を言う、などというお芝居をつけても、そのじゃがいもをお箸でとるのに一苦労してしまいNGになる。事前にこの状況を知っておけるだけで、子どもが持ちやすい箸の長さ、形状、滑り止めつきのものを選ぶなど、小さな気づかいを重ねた準備をしておくことができ、結果、撮影がスムーズになる。また、たいていは母親も一緒に現場に来ているので、撮影日までにお箸の練習をお願いすることもできた。

食事のシーンの本番がはじまると、第二の関門がやってきた。子どもたちはまだ抑制が聞かないので、テストも本番も待ち時間も、目の間にあるものをついつい食べてしまう。もちろんスタッフが食べることを阻止するが、すきあらば口に入れて「きゃ~きゃ~おいし~」などと喜んでいる。大人に囲まれて仕事をしてるけれど、やっぱり子どもなんだなあと微笑ましくみていると、テイクを重ねるうちに「おなかいっぱ~い。もうあと二口くらいしか入らな~い」などと言い出したりする(笑)。

第三の関門は、ごはんを食べながら台詞を言うということ。口に入れすぎて台詞がわかりづらくなりNGを重ねたり、食べる事に集中して台詞がでてこなかったり、無理して台詞を言って喉につっかえたり…。普段、大人同士の芝居だと、役者の技術でうまくカバーされているものが子役になったとたんに、とても難しい要求をしているんだなということがこちらにもわかる。「ごはんをおいしそうに食べながら、きちんと伝わるように決められた台詞を言う」なんてそりゃ、大人の私がやれって言われても難しい。

子どものお腹の具合を心配したり、芝居をつけたり、カメラマンに指示をだしたり、時間に追われたりしている私はどうやら撮影に白熱していたようだ。すべての撮影が終わって携帯をみると、たまたまとなりのスタジオで撮影をしていたレ・ロマネスクからメールが届いていた。「あいさつをしようとのぞいて何度か後ろから声をかけたんですが、忙しそうで。モニターをみながら『1カメは糸こんにゃくが垂れてるところと、落ちてるジャガイモのアップを撮って。3カメはもうすこしヨリを…』などと眉間に皺をよせて指示していたので、記念写真だけ撮って帰りました」と。

こんなドピンクな方が真後ろにいるのに全然気づかないで仕事に没頭する私…、はあ、食べものの撮影って大変。

kokoro_18_1 こんな風貌の人が真後ろで声をかけても聞こえないほど真面目に働いている(中央)。今回は4台のカメラのうち2台が女性カメラマン、技術スタッフを取り仕切るTD(テクニカルディレクター)や別線担当も女性

WRITER PROFILE

オースミ ユーカ 映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。


[ Writer : オースミ ユーカ ]
[ DATE : 2016-12-22 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[ココロカメラ]Vol.17 ひたすら考えること

txt:オースミユーカ 構成:編集部 〆切までアイデアを「考える」 Eテレ「で~きた」も4月からレギュラー化してはや半年。一年間の撮影も折り返し地点を過ぎた。収録を三日... 続きを読む

[ココロカメラ]Vol.16 しあわせな小道具制作〜神は細部に宿る

txt:オースミユーカ 構成:編集部 大人たちが真剣に遊んでみたら 子ども番組の演出で楽しいのは、美術や小道具をかんがえること。テレビの前の子どもたちを驚かせるために、... 続きを読む

[ココロカメラ]Vol.15 レ・ロマネスクPV撮影

txt:オースミユーカ 構成:編集部 時間やりくり珍道中 4年前に作ったEテレ「お伝と伝じろう」という番組が、春から4度目の再放送が決まった。月曜の朝から小学生向けにし... 続きを読む

[ココロカメラ]Vol.14 イメージの共有とは?〜絵コンテと割台本〜

txt:オースミユーカ 構成:編集部 Eテレ「で~きた」ができた! 春からの新番組Eテレ「で~きた」の収録第一回目が終わった。二日間、NHK局内のスタジオでの撮影だ。昨年パ... 続きを読む

[ココロカメラ]Vol.13 子役オーディションは悩ましい

txt:オースミユーカ 構成:編集部 子役のチェックポイント 子どもが主役の撮影仕事が続いている。毎回ドキドキするのは子役選び。たいていはオーディションで選ぶ事になるけ... 続きを読む

WRITER PROFILE

オースミ ユーカ 映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > オースミ ユーカ > [ココロカメラ]Vol.18 食べものの撮影〜シズルを求める旅〜