PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.76 LA SIGGRAPH〜CM制作における最新テクノロジー「カー・リグ」とは

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.76 LA SIGGRAPH〜CM制作における最新テクノロジー「カー・リグ」とは

2017-01-06 掲載

取材&写真:鍋 潤太郎
取材協力:Fran Zandonella/The Mill,LA ACM SIGGRAPH

はじめに

ここ明るく楽しいロサンゼルス地方には、ACM SIGGRAPHの地方分科会である「LA SIGGRAPH」というものが存在する。日本にもお馴染み「シーグラフ東京」があるが、そのLA版と言えばご理解頂ける事と思う。

LA SIGGRAPHでは毎月テーマを設定し、月例会を開催している。この月例会には誰でも参加でき、会員になって年会費$40.00を納めれば、毎月の月例会の参加費は無料となる。会員でなくても、会場入り口で参加費$20を支払えば入場する事が可能だ。この月例会だが実は、筆者はしばらくご無沙汰であった。なぜなら、最近は「ハリウッドネタ」の月例会が少なかったためである。今回その理由を主催者に尋ねてみると、こんな答えが返ってきた。

以前は会員数も1,300人規模と多く、新作映画のお披露目やVFXメーキング講演など、ハリウッドらしい華やかな内容が中心でした。しかし、2013年頃からカナダの補助金制度の影響で、ロサンゼルスの大手VFXスタジオの倒産や縮小、そして多くのCG/VFX従事者がバンクーバーに移住する等で近年は会員数が大幅に減少しました。

最近は、大学生や大学の研究者、NASAや航空宇宙産業等のエンジニア、そしてLAに残ったVFX関係者で構成されています。その関係で、月例会のテーマも学生さんや研修者が興味を持ちそうな内容を中心に、バランスを考えながら構成しています。

そんな中、12月の月例会は、久しぶりにVFX関連のテーマであった。LAでは少し元気を取り戻しつつある映画分野に加え、テレビコマーシャル分野のVFXは非常に活気があり、多くのCM作品のVFXがLAで制作されている。今回は、ロンドンに本社を構えるVFXスタジオThe Millのロサンゼルス・スタジオによる、テレビCM分野の最新テクノロジーの紹介であった。その模様をご紹介させて頂くことにしよう。

nabejun_76_2 大学のキャンパス内に建てられた案内。会場はコチラ♪

今回の会場はロサンゼルス国際空港にほど近い、美大Otis College of Art and Designであった。同大学は、LA SIGGRAPH月例会の会場としてよく使用される場所の1つだ。

LA SIGGRAPH 12月月例会

nabejun_76_an-evening-with-the-mill-blackbird02
■An Evening with The Mill BLACKBIRD

日時:12月8日(木)

会場:Otis College of Art and Design

概要:
今月はThe Millのチームが、フォトリアルなCGカーを作る為に開発した、世界発のカー・リグ「The Mill BLACKBIRD」の最新テクノロジーについて、その詳細をご紹介する。このBLACKBIRDは、最近カンヌ・ライオンズ・ゴールド・イノベーション賞を受賞しているという。

6:30-7:30 親睦会
6:30-7:00 LA SIGGRAPH会員優先入場
7:00-7:30 一般参加者入場
7:30-7:45 ごあいさつ
7:45-9:30 プレゼンテーション

nabejun_76_4 プレゼンターの顔ぶれ
写真左/ロバート・セシィ氏:The Mill/Creative Director,Head of 3D
中央/ピート・キング氏:The Mill/Executive Producer
右/タウフィーク・マーティン氏:The Mill/Technical Innovations Manager

冒頭では、まずLA SIGGRAPH代表のレオナルド・ダリー氏が挨拶。本日の運営メンバーおよび会場を提供してくれたOtisの紹介、そして今後予定している月例会のプランなどを説明した。

nabejun_76_5 冒頭で挨拶する、LA SIGGRAPH代表のレオナルド・ダリー氏

引き続き、LA SIGGRAPHの運営メンバーであり、The MillにてR&Dテクニカルディレクターを務めるフラン・ザンドネラ女史がパネリストを紹介し、質問を問いかけてパネラーがそれに答える形でのパネル・ディスカッションが行われた。以下は、その要約である。

――「The Mill BLACKBIRD」とは、どのようなものなのでしょうか?

BLACKBIRDは、車のコマーシャルを撮影する為の、実物大のカー・リグです。我々The Millと、米企業のJemFX、Performance Filmworksで共同開発しました。車長や車高を自由自在に変更可能で、どのような車種にも対応可能なように設計されています。もちろん、タイヤ&ホイールも自由に交換出来ます。撮影現場では、まずこのBLACKBIRDを撮影し、「ポスプロで丸ごとフルCGの車に差し替えてしまう」というのがコンセプトです。BLACKBIRDの上にはカメラが搭載されています。これで、HDRIやリフレクション用の360°映像が撮影出来ます。このカメラはKeslow Cameraとの共同開発です。

――BLACKBIRDは、どのような時に力を発揮しますか?

車の撮影には、様々な制約があります。しかし、BLACKBIRDを使って撮影し、後からフルCGの車に差し替える事で、さまざまな応用が効きます。車はポスプロで後から「足す」事になりますから、様々な面でフレキシブルなのです。

――開発時には、どのようなチャレンジが要求されましたか?

大変だったのは、全くのゼロからスタートした事でしょう。発想から実現まで足掛け2年を費やしました。その結果生まれたのは「車のパフォーマンス・キャプチャーが出来る」カー・リグです。これを「The Mill BLACKBIRD」と名づけました。

――どのようなプロセスを経て映像が出来るのでしょう?

まず、ヒーローカメラ(コマーシャルで使用する映像を撮影するカメラ)でBLACKBIRDを撮影します。この時、BLACKBIRDは上についている車載カメラで、360°の映像が撮影されます。これはフルCGの車を制作する際のリフレクション素材、ライティング用のHDRIとして使用します。この映像には車の揺れが入っていますので、後処理でスタビライズを掛けてスムーズにします。撮影機材やスタッフさんが映り込んでいる場合は、手作業でペイントアウトします。同時にBLACKBIRDは、撮影時にサスペンションの動きなどを数値として拾い出す事が出来ます。これが、車のパフォーマンス・キャプチャーが出来る利点で、このデータをCGで車を作る際に活用出来るのです。

――撮影に入る前に、BLACKBIRDのセットアップに要する時間は?

実際に映像化する車を実測し、その数値どおりにリグをセットアップします。この作業には大体2週間を要します。サイズは、フィアット500などの小型車から、4WDまで対応可能です。

――素人目には、撮影時に本物の車を撮影してしまった方が早いように思いますが(笑)、どんな時に効力がありますか?

いろいろ利点がありますが、特に「車の実物がまだ存在していない場合」に力を発揮します。例えばニューモデルのコマーシャルで、まだ該当車種が実在していない場合などが挙げられます。最終的にフルCGの車に置き換える事がコンセプトなので、後から部分的にパーツを変更したいとか、ディテールを足したいとか、多くの面で応用が効きます。

――ヒーローカメラから撮影した映像は、どのようにしてCGの車に置き換えるのでしょうか?

まずクリーン・プレートを起こします。これは、前後のフレームを使うなどの伝統的な手法でBLACKBIRDを画面から消し去ります。また、車載カメラから撮影した360°の映像を使ってマット・ペインティングする事も出来ます。CGカメラやCGカーは、伝統的なカメラ・トラッキングのツールを用いて、カメラのアニメーション、車のポジションやローテーションなどをトラッキングします。

――何本位のコマーシャル作品で使用されたのですか?

これまで、5~6本の作品で実際に使用されました。詳細はホームページに掲載されています。

――先ほど流れたサンプル映像に入っている土煙は、パーティクル等で足したのですか?

多くの場合、撮影時の土煙をそのまま使用出来ます。必要に応じて、後からCGで足す事も出来ます。

nabejun_76_6 パネル・ディスカッションの様子。左端が司会&進行のフラン・ザンドネラ女史
――BLACKBIRDは、その名のとおり、塗装が黒ですが、何か理由があるのでしょうか?

撮影時に周りへの影響が出ないという事が最大の理由です。例えば、赤だと、地面や周囲に赤い色が反射してしまいます。BLACKBIRDのコンセプトには、「ポスプロ作業を可能な限りミニマイズする」という事がありますので、色についても同様と言えるでしょう。

――BLACKBIRDはガソリン車?それとも電気自動車ですか?

電気自動車です。運転手は車の中央付近に搭乗します。最高速度は66.75マイル(時速106km)です。殆どの車のコマーシャルは、時速40~50マイルで撮影されますので、充分な速度と言えます。バッテリーの充電には6時間ほど掛かります。

――車載カメラは何台設置されているのでしょうか?カメラの解像度は?

カメラは4台搭載されています。これで360°をカバーします。カメラ1台の解像度は6Kです。撮影速度も24fps、48fps、96fpsに対応可能です。これでHDRIの動画を撮る事が出来るので、CGのライティングで活用できます。また、360°の撮影が可能なので、VRへの応用も可能と言えるでしょう。

――BLACKBIRDの今後の展望は?

撮影現場でのフィードバックをベースに、カメラやリグの開発を進め、時期バージョンに反映したいと考えています。また、車以外への応用や、VRなどのニーズにもフレキシブルに対応したいと思います。

――それではお時間です。今日はどうもありがとうございました。

…というプレゼンテーションであった。

おわりに

筆者の知る限り、ここまで気合の入ったカー・リグの開発は、大手VFXスタジオや映画プロジェクトでもあまり見たことがなく、大変興味深いプレゼンテーションであった。また、その着目点にも脱帽である。車のコマーシャルは予算が高いため、時間をかけてこのような開発を行っても、数本を裁けば採算が取れてしまうという証なのだろう。

フラン・ザンドネラ女史によれば、現在The Millのロサンゼルス・スタジオには、現在150人のクルーが勤務しているという。150人は中規模のVFXスタジオだが、昨今のロサンゼルスの現状で150人は大所帯と言えるだろう。それだけコマーシャル分野のVFXニーズが西海岸に残っている事は、嬉しい動向である。

参考:The Mill BLACKBIRDについて、更に詳しく知りたい方はコチラ

■プレゼンテーション映像

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2017-01-06 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.79 ハリウッドのVFX現場で生まれたプラグイン「skin work」発案者、山際一吉氏に聞く

取材&写真:鍋 潤太郎 画像:ハリウッドのチャイニーズ・シアター。「ハリウッド」を象徴する歴史的映画館である はじめに Adobe After Effectsのプラグ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.78 ~第15回VESアワード受賞式スペシャル・レポート~

取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 2017年2月7日(火)夜、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルにおいて、第15回VESアワード授賞式が華々しく開催された。エント... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.77 第89回アカデミー賞VFX部門のノミネート作品を決定する「BAKEOFF」が開催される

取材&写真:鍋 潤太郎 画像:ビバリーヒルズにある米国映画芸術科学アカデミーシアター はじめに 映画の賞レースのシーズン到来である。それに先立ち、1月7日土曜日夜、ア... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.75 ロサンゼルスのVFX&アニメーション・スタジオ視察最新事情

取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 2011年11月の本欄で「海外VFXスタジオ視察における注意点~気をつけたい日米文化&習慣の違い」というコラムを寄稿させて頂いた。同レ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.74 VES主催 映画「スター・トレック BEYOND」Q&Aセッション

会場はパラマウント・ピクチャーズ・スタジオ。このゲートはあまりにも有名だ 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 10月21日(金)、日本でも映画「スター・トレック BEY... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.76 LA SIGGRAPH〜CM制作における最新テクノロジー「カー・リグ」とは