PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の機材買ってみた]Vol.10 Leica SL編

News

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.10 Leica SL編

2017-02-21 掲載

1 2

APS-Cサイズ実写テスト

続いてAPS-Cサイズでの実写テストだ。条件は、完全外光遮光、LEDライト3灯でのドール撮影だ。F=4 ISO=100 1/50に、できる限り統一した。実は筆者はドール趣味者ではないので(なかったので?)かなり苦労したが、コツを掴むと非常に楽しいものであった。


■16mm撮影テスト(ライカ判換算24mm)
Canon EF16-35mm F2.8L II USM

16ミリだとCanon 16-35mmしか撮っていないが、その実力が良くわかる。明るく、これ一枚だけならまあ問題はないクオリティだ。商業大規模シネマは無理でも、それ以外なら商業撮影でも余裕でこなすだろう。電波に乗せたり強く圧縮を掛けたらわからないレベル。


■18mm撮影テスト(ライカ判換算27mm)
カールツアイス Distagon T* 3.5/18 ZE

ご覧の通り筆者の環境ではDistagonしか撮ってないが、発色が美しく破綻もない。本当に素晴らしいレンズだ。


■20mm撮影テスト(ライカ判換算30mm)
コシナ フォクトレンダーCOLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SLII N Aspherical

この画角ではカラースコパーしか撮ってないが、特長ははっきり出ている。新品なのに3万円前後で手に入れたレンズだが、充分な画作りを見せつけている。費用対効果が良い。


■24mm撮影テスト(ライカ判換算36mm)
Canon EF16-35mm F2.8L II USM Canon EF24-105mm F4L IS USM SAMYANG 35MM T1.5 Cine Canon ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.

ここから一気に競争が、と言いたいのだが、標準ズームレンズが圧倒的で言葉も出ない。SLのハイテク機能でレンズのカラープロファイルが自動で適用されているのも大きいが、それ以前にレンズそのものの描写力が全く違う。そんな中、案外SAMYANGが健闘しているのが面白い。回析やパープルフリンジなど光のイタズラもほとんど見られない。室内撮影には向いているレンズだ。

Canon 24-105mmはボケも変だし形も歪んでいるがまあしょうがない。動画用途のレンズではない。Canon 16-35mmは安定して使えている。Leica SL標準ズームに比べると一目で劣るが、単玉であるSAMYANGに迫っている。


■28mm撮影テスト(ライカ判換算43mm)
Canon EF16-35mm F2.8L II USM Canon EF24-105mm F4L IS USM ライカ エルマリート R 28mm F2.8 ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.

同メーカーでも案外画角の目盛りや内部信号と実際の画角が違うのだなあと実感できる焦点距離。とにかくLeica SL標準ズームの切れが目立つ。Leica Rマウント定番のR28は、こんなもんだったかなあ、という描写。もちろんCanonの2本のズームレンズよりは当然に綺麗なのだが。思い出補正か。この焦点距離でのCanonは2本のズームレンズの差が鮮明に残酷に出てしまっている。24-105は、全体に濁った感じにすら見える。Canonズームレンズにおいては価格ランク付けと性能が比例していることがよくわかる。


■35mm撮影テスト(ライカ判換算53mm)
Canon EF16-35mm F2.8L II USM Canon EF24-105mm F4L IS USM SIGMA 35mm F1.4 DG HSM ライカ バリオ・エルマリートSL F2.8-4/24-90mm ASPH.

いよいよ標準焦点距離。Canonズームレンズ2本の角度がちょっとずれてしまっている。NOVOFLEXマウンタの重量分を計算していなかったためで、大変申し訳ない。ここに来て、ようやくCanon 24-105がその実力を発揮し始めてほっとしている。細部を見てもまあ見られるレベルだ。だが16-35はさらにその上を行く。35mmはこのレンズの最広角の筈だが、やはり各社標準領域は気合いが入っていることがわかる。

驚くべきはSIGMA Art 35mm。価格を無視した凄まじい描写力だ。髪の毛や草花はもちろん、画面端の服の布地まで破綻がない。しかし、Leica SL標準ズームレンズはそのさらに上を行っているのがわかる。単玉と平気で渡り合うどころか圧倒する、本当に化け物だ。


■40mm撮影テスト(ライカ判換算61mm)
Canon EF24-105mm F4L IS USM ライカ バリオ・エルマリートSL F2.8-4/24-90mm ASPH.

Canon 24-105とLeica24-90の対決。もちろん価格から行っても当然に勝負にはならないのだが、両レンズの特長がはっきり出ている画角だ。24-105は恐らくこのあたりが最高の写りとなっていて、樽形の歪みはほぼ消えている。全体に濁った感じはまだ少しあるが、それもだいぶ抑えめだ。カメラのおまけに付いてきたズームとはいえ、さすが赤帯Lレンズというところだろう。

対するLeica SL標準ズームは、全く破綻がなく単玉と見まがうばかりだ。画面の端を見ても、全く歪みも妙なボケもない。色合いから見て自動での補正が様々入っていることが予想されるが、無理な引き延ばしによるピクセルの流れや色味の破綻がないところから、それがなくとも相当に綺麗なのではないかと思える。


■70mm撮影テスト(ライカ判換算106mm)
Canon EF24-105mm F4L IS USM ライカ バリオ・エルマリートSL F2.8-4/24-90mm ASPH.

再びCanon24-105とLeica24-90の対決。望遠領域に入り、またそれぞれの特長が見える。Canon 24-105は、やはりぼこぼこした歪みがあるのが画面右側の窓枠の描写からわかる。それに対してLeica標準ズームは、中央背景に右側に曲がったような歪みが出ているがなめらかな歪みだ。


■90ミリ撮影テスト(ライカ判換算137mm)
Canon EF24-105mm F4L IS USM ライカ バリオ・エルマリートSL F2.8-4/24-90mm ASPH.

Canon 24-105とLeica 24-90の最終対決。中央の窓の外からのランタンの光を草に透かした部分を見ると、Canon24-105はかなり汚いボケがあるのがわかる。それに対してLeica標準ズームの方のボケも綺麗ではないが、まあ許容できるレベルだ。人形の皮膚の質感描写がLeica標準ズームの方は細かな凹凸まで見て取れる。驚かされるのがこれが標準ズームの最望遠であると言うこと。とてもそうは思えない余裕のある解像感だ。

APS-Cサイズ、望遠テスト

続いて、望遠領域のテストを三脚の距離を変えて行った。条件は同じくAPS-Cサイズ、F=4 ISO=100 1/50。

■望遠70mm撮影テスト
(ライカ判換算106mm)
ライカ バリオ・エルマー R 70-210mm F4 SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

往年の直進ズーム名レンズと現代最も多用されているであろう望遠レンズの対決。さすがに細部の描写ではライカ R 70-210に分があるが、SIGMA 70-210もなかなか健闘している。やはりというか、パープルフリンジの抑制などでは圧倒していると言って良い。なんだかんだ言って、現代レンズは凄い。これでLeica SLで一発で素直に動いてくれるのであれば何の問題もないのだが。


■望遠90mmテスト(ライカ判換算137mm)
ライカ バリオ・エルマー R 70-210mm F4 SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM ライカ アポ・バリオ・エルマリートSL f2.8-4/90-280mm

前2本で良いなあ、と思ったところで標準長玉の恐ろしい画質に打ちのめされた。花の繊維や洋服の細かい毛羽までしっかりと解像している。注目すべきは黒いリボンの部分。R 70-210mmでは見事にパープルフリンジが出てしまっているのだが、SIGMA70-200ではそれが消えている。おお、現代技術スゴイ、と思ったところで標準望遠ズームSL f2.8-4/90-280mmのそのあたりを見ると。リボン内の繊維まではっきりと解像しているのに驚く。黒が近い色の黒と分離しているのは大したものだ。このレンズは人の目の解像力を超えているのではないだろうか。


■望遠200mmテスト(ライカ判換算304mm)
SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM ライカ アポ・バリオ・エルマリートSL f2.8-4/90-280mm

で。この二本の比較。もちろんSIGMA70-200はNOVOFLEXマウントアダプターの対応力の限界で実用と言うには難しい機嫌なのだが、それでもこの愛すべきリーズナブルな現代レンズの能力を見ておきたかったのだ。結果はもちろんライカの標準望遠ズームSL f2.8-4/90-280mmの圧勝。そんな事はわかっている。どこまで迫れるのかが大事だ。案外悪くないと思うのですよ、うん。

さて、個人の思いはさておいて注目すべきは髪の毛の表現。SIGMA70-200の方は髪の毛、特に後れ毛周りにゼラチンのような光の筒が出来てしまっている。もちろんライカSL F2.8-4/90-280mmにはそんなものはない。どこまでも写実的に世界を切り取っている。


■望遠210mmテスト(ライカ判換算320mm)
ライカ バリオ・エルマー R 70-210mm F4

ライカ バリオ・エルマー R 70-210mm F4の最望遠端の画像も載せておこう。こちらも髪の毛の後れ毛周りにゼラチンのような光の回析が見られる。オールドレンズだからしょうがない。しかし、オールドにしては相当に頑張ったと思う。細部はきちんと描写されているため、こういうコーティングが試される場面でなければ非常に使えると言って良いだろう。しかもなにしろ、体感的なあの直進ズームなのだ。


■望遠280mmテスト(ライカ判換算426mm)
ライカ アポ・バリオ・エルマリートSL F2.8-4/90-280mm

標準望遠ズームの最望遠。さすがにここまで来るとこのハイテクモンスターレンズもフリンジや回析が見られる。しかしそれにしても美麗だ。焦点より向こうでは色々な余分な現象の乱舞だが、焦点前後では大きな問題は起きてない。今回はF4縛りがある為実験していないが、もう少し絞れば望遠末端でも充分に使えると言って良いだろう。これで、ライカ判換算で426mmという超望遠だ。素直に拍手を送りたい。

フルHDと4Kの画角の差

さて、延々と静止画を見てきたわけだが、ここで動画を見てみよう。Leica SLはフルHDの場合にはライカ判という大判センサーのボケを生かしたセンサー全面読みだし(APS-Cサイズ指定の場合にはS35切り出し同寸)、4Kの場合にはS35mmの切り出しという仕様で映像を撮ることができる。

もちろん装着するレンズの都合を考えれば、我々映像屋はAPS-Cサイズを常用し、ボケなどを狙った効果としてスチルレンズを装着してライカ判でのフルセンサー撮影をすることになるだろう。しかし、現代では、Angenieux EZ-1/2のように、両センサーサイズ対応のレンズも出てきている。そこでライカ標準ズームレンズライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.を使って、実際に簡単に動画を撮ってみた。画角の違いなどを見て欲しい。

Leica SL標準ズーム4K/24p
Leica SL標準ズームHD60P

いかがだろうか。細かい質感などは横に置いても、ライカの絵そのものが動いているのがとても不思議な感覚ではなかろうか?特に4Kの方は、画角自体はライカらしくない望遠描写なのだが、一目でライカとわかる質感になっている。しかも画角が狭いため、かなりフォトジェニックに作り込める。この映像がこの小さなカメラ単体で撮れるというのは何とも嬉しい。

環境的に完成間近なLog撮影

さて、単体で、と書いたが実はLeica SLはHDMI 1.4を搭載しており、そこから4:2:2の10bit 4K映像を出力することが可能だ。そうなれば、RAWこそ積んでないものの、業務用動画機でもかなり高級機と同じ性能ということになる。PC側の進歩がまだまだ追いついていないためRAWでの長時間撮影があまり現実的ではない現状、非常に楽しみな機能だ。

ただ、筆者が試してみたところ、とりあえず収録自体はできるのだが、実はまだLeica SLのLogに対応したソフトウェアが無く、LUTもまだ提供されていない。素の外部収録映像でも10bitで圧倒的な映像ではあるのだが、折角近々Leicaから公式LUTの提供もあるという話も聞くので、もし出るのであればそれを待って続報したい。ただ、試しに撮ってみるとあまりに圧倒的な画が撮れるので、至急対応をして欲しいところだ。

ATOMOS SHOGUN INFERNO。これを使うことで、10bit Log撮影の世界が開ける(はず)!

さて、長々熱く語ってきたが、こうした夢のあるカメラが、このLeica SLだ。ライカSラインに続く、ライカ版カメラ初めての業務機だが、その性能は充分に卓越している。ライカ=高いという印象もあるが、その性能と比べれば決して高くはない(安くもないが…)。

また、今なら限定でLeica SLと標準ズーム(ライカ バリオ・エルマリートSL f2.8-4/24-90mm ASPH.)のセットで133万560円という驚異的なディスカウントもやっているのでこれを利用する手もある。業務カメラの価格を考えれば、決して敷居は高くない。是非、この素晴らしい描写の世界に触れて欲しい。

1 2

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2017-02-21 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.09 EOS-1D CとLexarCFカードを極寒実地テスト

カメラの性能、使いやすさ以上に押さえなければならないと言えば収録部分だ。私が自分の会社で先日購入した最新一眼レフ型4KシネカメラCanon Cinema EOS-1D Cの場合は、... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.08 Canon EOS-1D Cをゲット! 後編 〜ファーストインプレッション

カメラ界のユーロファイタータイフーン「Canon EOS-1D C」 EOS-1D Cは、世界唯一のレンズ交換式Logガンマ収録4Kカメラだ。その性能を手軽に持ち運べる上、ベース機... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.07 Canon EOS-1D Cをゲット! 前編 〜本格化する DSMCの世界

2012年12月26日。ついにCanon EOS-1D Cが発売された。もちろん、以前からこのカメラに注目して様々な記事も書いてきた筆者は、迷うことなくそのファーストロットを入手し... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.06 Blackmagic Cinema Cameraの周辺機器あれこれ

2012年8月末に発売されたものの、まだまだ限定出荷のBlackmagic Cinema Camera(BMCC)。今回は、本格出荷開始前に、その周辺機器について書き記してみようと... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.05 Blackmagic Cinema Cameraついに発売!

2012年8月末、ついにBlackmagic Cinema Camera(BMCC)が出荷開始された!今回は、早速入手したBMCCのファーストインプレッションをお届けしたい。 つい... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の機材買ってみた]Vol.10 Leica SL編