PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.78 ~第15回VESアワード受賞式スペシャル・レポート~

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.78 ~第15回VESアワード受賞式スペシャル・レポート~

2017-03-03 掲載

取材&写真:鍋 潤太郎

はじめに

2017年2月7日(火)夜、ロサンゼルスのビバリー・ヒルトン・ホテルにおいて、第15回VESアワード授賞式が華々しく開催された。エントランスにはレッドカーペットが敷かれ、報道陣がフラッシュを焚き、タキシードやドレスに身を包んだVFX業界関係者がリムジンで乗り付け、会場はハリウッドの映画賞にふさわしく華やかな雰囲気に包まれた。今回は、その模様を現地からスペシャル・リポートをお届けする。

VESとは

最初に、VESについてお馴染みでない読者の方の為に、VESとは?を簡単にご説明させて頂こう。VESは「Visual Effects Society」(米視覚効果協会)の略で、米監督協会、脚本家協会、俳優協会等と並ぶ、ハリウッドの映画ギルドの1つである。設立は97年で、今年で20周年を迎える。ハリウッドを中心とする映画&テレビ等の映像業界におけるVFX業界に従事するプロフェッショナル達で構成される「VFXのプロの、プロによる、プロの為の協会」である。

米国および33ケ国に約3,400人という会員数を誇る。もちろん日本からも加入出来、会員は年々増え続けており、文字通り世界最大規模のエフェクト業界のギルドである。会員になるには、5年以上の現場経験を有する事が条件とされる他、現役会員2名からの推薦状が必要とされる。そして、年2回行われる理事会の承認を経て、晴れてメンバーになる事が出来る。ちなみにこのVESは、日本では稀に「ベス」と誤読される事があるようだが、アルファベット3文字を「ヴィ・イー・エス」と呼ぶのが正式な呼び名である。

VESアワード授賞式とは

これがVESアワード名物の「月顔トロフィー」

VESアワード授賞式は、ハリウッドのアワード・シーズンである毎年2月に開催され「VFX界のアカデミー賞」とも呼ばれている。ここでは、世界中から応募されたVFX作品の中から映画、放送(ドラマ、コマーシャル)、アニメーション、ゲームなど、全24カテゴリーに及ぶ最優秀作品が、VES会員の投票によって選出される。そして授賞式では、各部門の受賞作品の発表及び表彰が行われる。受賞者には、VESアワード名物の「月顔トロフィー」が贈られる。

華やかな授賞式

今年で第15回目を数えるVESアワード受賞式。2003年2月にロサンゼルスのスカーボール・カルチュラル・センターで記念すべき第1回授賞式が開催され、それ以降はハリウッドのパラディアム・シアター(2004年第2回~2006年第4回)、ハリウッド&ハイランドのグランドボールルーム(2007年第5回~2008年第6回)、ハイアット・リージェンシー・センチュリープラザ・ホテル(2009年第7回~2011年第9回)と会場を移しながら開催され第10回目以降は、ここビバリー・ヒルトン・ホテルでの開催に落ち着いている。

ちなみに、この授賞式は事前にチケットを購入さえすれば「誰でも」入場する事が出来る。ただし、チケット代は1人450ドル(VES会員は会員価格225ドルで購入可能)と高額だ。しかし、ハリウッドの映画賞の華やかな授賞式に参加出来てディナーもついて、業界の著名人やハリウッドのセレブリティを間近で拝む事が出来るのだから、そのメリットは大きいと言えるだろう。

ビバリー・ヒルトン・ホテルはビバリーヒルズにあり、かのゴールデングローブ賞授賞式の会場としても有名な場所である。ビバリー・ヒルトン・ホテルのボール・ルームには特設ステージが設営され、1,000人以上の参加者が出席。ちなみに、チケットは昨年に引き続き今年も“SOLD OUT”だった。

授賞式の前にはディナーがサーブされ、各テーブルに給仕が料理を運んでくる。

受賞式の前には、本格的なディナーが楽しめる 食後にはデザートも

ディナーの後はデザートが出され、コーヒーを飲んで一服した頃、いよいよ授賞式が始まる。授賞式はVES代表のエリック・ロスの挨拶からスタート。

冒頭で挨拶するVES代表のエリック・ロス

司会は2011年以降、人気コメディ俳優のパットン・オズワルトが続投している。映画「LIFE!/ライフ」や、ピクサー作品「レミーのおいしいレストラン」のレミーの声などで有名なパットン・オズワルトは、今年も絶妙なトークで会場を盛り上げていた。

今年も司会はこの人。軽快なトークで場内を爆笑の渦に巻き込む、人気コメディ俳優パットン・オズワルト

今年の著名ゲスト

映画「モアナと伝説の海」のモアナの声を務めた女優のアウリイ・クラヴァーリョも、プレゼンターとして登場

VESアワード受賞式は毎回、VFX作品にゆかりのあるハリウッドのセレブが、賞のプレゼンターとして登場する事でも話題だ。今年は、

  • ギャレス・エドワーズ:「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」監督
  • タイカ・ワイティティ:「マイティ・ソー3」監督
  • アルバート・ヒューズ:「ザ・ウォーカー」監督
  • ジム・モリス:ピクサー・アニメーション・スタジオ社長
  • ドン・パーカー:Shotgun創設者・経営最高責任者
  • アウリィ・クラヴァーリョ:映画「モアナと伝説の海」モアナ役(声の出演)
  • ヤラ・シャヒディ:ドラマ「Black-ish」女優
  • ジェシカ・パーカー・ケネディ:ドラマ「Black Sails」女優
  • ブレントン・スウェイツ:映画「パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊」主演俳優

など、錚々たる顔ぶれのゲストがステージに登場した。

今年のハイライト

最優秀視覚効果賞[実写映画部門]に輝いた「ジャングル・ブック」のWeta Digitalチーム

さて、今年の受賞式の話題をさらったのは、何と言っても映画「ジャングル・ブック」とドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で、それぞれ5部門で圧勝。またイギリス王室御用達の百貨店チェーン、ジョン・ルイスがクリスマス・シーズンに打ったテレビCM「Boxer the Buster」も3部門で月顔トロフィーに輝いた。そして、ストップモーション・アニメーションを駆使した話題の映画「Kubo and the Two Strings」がディズニーやピクサー作品を抑えて、「最優秀視覚効果賞[アニメーション映画部門]」を受賞した。

HBOの人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」も5部門で受賞 映画「モアナと伝説の海」も2部門で受賞。画像は最優秀エフェクト&シュミレーション賞[アニメーション映画部門]を受賞した、Walt Disney Animation Studiosのエフェクト・チーム CM関連部門で圧倒的な強さを見せた「Boxer the Buster」のチーム

特別賞

「生涯功労賞という大変栄誉ある賞を頂きましたが、なんだか不思議な気分です。なぜなら、私は14歳の時に実家のガレージで映像を作り始めて、そのまま、今日まで来てしまったからです(笑)。今でも、仕事をしている時のワクワク感は、14歳の時と何ら変わりはありません」と、スピーチしたケン・ローストン

VESは毎年優れた功績を残した人物に特別賞を贈っており、その受賞セレモニーもハイライト・イベントとして行われた。今年は「スター・ウォーズ(1977)」でキャリアをスタートさせ「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に代表されるロバート・ゼメキス監督作品等のVFXスーパーバイザー、そしてVFXのパイオニアとして知られる、ケン・ローストンに生涯功労賞(Lifetime Achievement)が贈られた。

ビジョナリー賞(Visionary Award)を受賞した、マーベル・スタジオのヴィクトリア・アロンソ女史。「この業界は、女性の比率が、まだまだ少ないです。でも、昨年のシーグラフへ行った時に、女性トイレの前に出来た長い列を見て、それが少しだけ改善された事を肌で感じました。女性のみなさん、共に頑張りましょう。この後、プレス・ルームに集まって、みんなで一緒に写真を撮りましょう!」とスピーチ。

また、ヒット作品を連発するマーベル・スタジオのエグゼクティブ・バイスプレジデント、ヴィクトリア・アロンソ女史にビジョナリー賞(Visionary Award)が贈られた。ヴィクトリア・アロンソ女史は、SIGGRAPHのプロダクション・セッションにおけるパネラーとしても、毎年おなじみの存在である。

ヴィクトリア・アロンソ女史の上記の呼びかけで、プレス・ルームに集まった女性のみなさん♪

ちなみに、このビジョナリー賞は2011年に制定された賞で、先見的&革新的な功績を残したと認められる人物に贈られる。過去数年では「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督(2011)、「ライフ・オブ・パイ」のアン・リー監督(2012)、「ゼロ・グラビティ」のアルフォンソ・キュアロン監督(2014)、「スター・トレック」のJ・J・エイブラムス(2015)、そして昨年はシド・ミードが受賞している。

ハリウッドで活躍する日本人のノミネート

VESアワードの話題として外せないのがハリウッドで活躍している日本人4名のノミネートである。今年は、

最優秀背景賞[アニメーション映画部門]

「Kubo and the Two Strings」大波のエフェクトを担当
久保田孝氏 LAIKA/エフェクト・テクニカル・ディレクター

最優秀モデリング賞[実写/アニメーション部門]

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」スターデストロイヤーのモデリングを担当
折笠彰氏 ILM/リード・テクニカルディレクター

最優秀視覚効果賞[アニメーション映画部門]

「リトルプリンセス 星の王子様と私」
後藤尋子氏エグゼクティブ・プロデューサー

最優秀背景賞[テレビ番組/コマーシャル/リアルタイム部門]

「ゲーム・オブ・スローンズ/冬の狂風」モデリングを担当
松村智香氏 Image Engine/モデリング・アーティスト

以上4名がそれぞれノミネートを果たした。惜しくも受賞は逃したものの、世界的にも権威あるVESアワードでノミネートされた功績は非常に大きいと言えるだろう。

左から折笠彰氏(ILM/リード・テクニカルディレクター)、同じくスターデストロイヤーを担当したリード・モデラーのジェイ・マチャド氏 久保田孝氏(LAIKA/エフェクト・テクニカル・ディレクター)。奥様とご一緒に 左から「リトルプリンセス 星の王子様と私」ジェイミー・カレリー氏(ストップ・モーション・クリエイティブ・ディレクター)、マーク・オズボーン監督、後藤尋子氏(エグゼクティブ・プロデューサー) 松村智香氏(Image Engine/モデリング・アーティスト)、ご友人のマーティンシュ・クラメンス氏

日本からも、もっと応募を!

さて、今年も日本からの作品が1本もノミネートされなかったのが大変残念だ。過去には日本の作品がノミネートを果たしており、ノミネートのみならず、受賞を果たせる可能性も充分にあるのだ。来年のVESアワードでも、ぜひとも日本からの作品応募を期待したいものである。

VES公式サイト:http://www.visualeffectssociety.com/

第15回VESアワードの受賞作品一覧は下記のとおり(受賞作品名およびタイトルは原題のまま)。

最優秀視覚効果賞[実写映画部門]

(Outstanding Visual Effects in a Photoreal Feature)

The Jungle Book

最優秀助演視覚効果賞[実写映画部門]

(Outstanding Supporting Visual Effects in a Photoreal Feature)

Deepwater Horizon

最優秀視覚効果賞[アニメーション映画部門]

(Outstanding Visual Effects in an Animated Feature)

Kubo and the Two Strings

最優秀視覚効果賞[実写テレビドラマ部門]

(Outstanding Visual Effects in a Photoreal Episode)

Game of Thrones;”Battle of the Bastards”

最優秀助演視覚効果賞 [実写テレビドラマ部門]

(Outstanding Supporting Visual Effects in a Photoreal Episode)

Black Sails “XX”

最優秀視覚効果賞[リアルタイム部門]

(Outstanding Visual Effects in a Real-Time Project)

Uncharted 4

最優秀視覚効果賞[コマーシャル部門]

(Outstanding Visual Effects in a Commercial)

John Lewis;Buster the Boxer

最優秀視覚効果賞 [博展映像部門]

(Outstanding Visual Effects in a Special Venue Project)

Pirates of the Caribbean;Battle for the Sunken Treasure

最優秀キャラクター・アニメーション賞[実写映画部門]

(Outstanding Animated Performance in a Photoreal Feature)

The Jungle Book;King Louie

最優秀キャラクター・アニメーション賞[アニメーション映画部門]

(Outstanding Animated Performance in an Animated Feature)

Finding Dory;Hank

最優秀キャラクター・アニメーション賞[テレビ番組/リアルタイム部門]

(Outstanding Animated Performance in an Episode or Real-Time Project)

Game of Thrones;Battle of the Bastards;Drogon

最優秀キャラクター・アニメーション賞[コマーシャル部門]

(Outstanding Animated Performance in a Commercial)

John Lewis;Buster the Boxer

最優秀背景賞[実写映画部門]

(Outstanding Created Environment in a Photoreal Feature)

Doctor Strange;New York City

最優秀背景賞[アニメーション映画部門]

(Outstanding Created Environment in an Animated Feature)

Moana;Motunui Island

最優秀背景賞[テレビ番組/コマーシャル/リアルタイム部門]

(Outstanding Created Environment in an Episode, Commercial, or Real-Time Project)

Game of Thrones;Battle of the Bastards;Meereen City

最優秀デジタル撮影賞[実写部門]

(Outstanding Virtual Cinematography in a Photoreal Project)

The Jungle Book

最優秀モデリング賞[実写/アニメーション部門]

(Outstanding Models in a Photoreal or Animated Project)

Deepwater Horizon;Deepwater Horizon Rig

最優秀エフェクト&シュミレーション賞[実写映画部門]

(Outstanding Effects Simulations in a Photoreal Feature)

The Jungle Book;Nature Effects

最優秀エフェクト&シュミレーション賞[アニメーション映画部門]

(Outstanding Effects Simulations in an Animated Feature)

Moana

最優秀エフェクト&シュミレーション賞[ドラマ/コマーシャル/リアルタイム部門]

(Outstanding Effects Simulations in an Episode,Commercial,or Real-Time Project)

Game of Thrones;Battle of the Bastards;Meereen City

最優秀コンポジット賞[実写部門]

(Outstanding Compositing in a Photoreal Feature)

The Jungle Book

最優秀コンポジット賞[実写テレビドラマ部門]

(Outstanding Compositing in a Photoreal Episode)

Game of Thrones;Battle of the Bastards;Retaking Winterfell

最優秀コンポジット賞[実写コマーシャル部門]

(Outstanding Compositing in a Photoreal Commercial)

John Lewis;Buster the Boxer

最優秀視覚効果賞[学生作品部門]

(Outstanding Visual Effects in a Student Project)

Breaking Point


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2017-03-03 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.77 第89回アカデミー賞VFX部門のノミネート作品を決定する「BAKEOFF」が開催される

取材&写真:鍋 潤太郎 画像:ビバリーヒルズにある米国映画芸術科学アカデミーシアター はじめに 映画の賞レースのシーズン到来である。それに先立ち、1月7日土曜日夜、ア... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.76 LA SIGGRAPH〜CM制作における最新テクノロジー「カー・リグ」とは

取材&写真:鍋 潤太郎 取材協力:Fran Zandonella/The Mill,LA ACM SIGGRAPH はじめに ここ明るく楽しいロサンゼルス地方には、A... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.75 ロサンゼルスのVFX&アニメーション・スタジオ視察最新事情

取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 2011年11月の本欄で「海外VFXスタジオ視察における注意点~気をつけたい日米文化&習慣の違い」というコラムを寄稿させて頂いた。同レ... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.74 VES主催 映画「スター・トレック BEYOND」Q&Aセッション

会場はパラマウント・ピクチャーズ・スタジオ。このゲートはあまりにも有名だ 取材&写真:鍋 潤太郎 はじめに 10月21日(金)、日本でも映画「スター・トレック BEY... 続きを読む

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.73 スタートレック50周年で盛り上がる、秋のハリウッド

ハリウッドにある「エジプシャン・シアター」 取材/文:鍋 潤太郎 はじめに 2016年は「スター・トレック」が1966年にTV放送されてから50周年を迎える年だという... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.78 ~第15回VESアワード受賞式スペシャル・レポート~