PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 林和哉 > [デジタルシネマの歩き方]Vol.11 速報!GH5の真価を問う

News

[デジタルシネマの歩き方]Vol.11 速報!GH5の真価を問う

2017-04-11 掲載

txt:林和哉 構成:編集部

全部入りGH5の機能を試す

随分久しぶりの更新になってしまった。今回デジタルシネマの歩き方としては、いかにもなテーマ「Panasonic GH5の速報」という形で進行したいと思う。筆者的には、プロダクトの面白いものは即座に買ってしまうクセがあり、年末にはα6500を買い「S-Log2、S-Log3と選べるのは良し」と、それはもう猿のようにアレコレ撮影した。アレコレが基本公表出来ないものばかりで心苦しい。今回は時期的にプライベート撮影も沢山出来そうなので、作例付レポートも随時やっていきたいと思っている。

動画と静止画の両方について混在した特長だが、筆者として響いた、面白そうな機能をざっと上げてみると、

  • 動画撮影のスペックが内部記録で4K/60p(4:2:0)30p(4:2:2)
  • 有効画素数20.3Mを実現した、新開発のLive MOSセンサー
  • ローパスフィルターレス設計により獲得した、高解像性能によるリアルな描写力
  • ローリングシャッター現象の歪みを抑える、高速の処理性能
  • 高画質6K PHOTO、秒間60コマ高速連写4K PHOTO
  • フォーカスセレクト
  • フォーカス合成
  • UHS-II(U3)SDカード対応
  • メディアダブルスロット(SDカード)リレー、同時記録、振り分け記録の3モード
  • ボディ内手ブレ補正(B.I.S.)搭載
  • 225点マルチAF
  • 4:2:2 10bit出力対応HDMIモニタリングスルー
  • VFR(バリアブルフレームレート)
  • 動画記録中の撮影設定変更が可能
  • フォーカストランジション
  • 雑音参照マイク内蔵
  • 動画フォトスタイル&シネライクガンマ設定

といった具合。GH5、特製ラーメン全部入り、といった様相を呈している。今回は動画部の方たちが気になるであろう部分をいくつか検証したので、その辺りを報告する。

発熱問題

まったく問題なし。連続記録もカードが切れるまで不安なく動いていた。動画記録中もそうでないときも、静かな所で注意深く聞くとちょっとだけファンの音がする。音量は、負荷の掛かったときもそんなに変わらず。この熱対策はネジ1本に至るまでを放熱の道具とし、放熱を緻密に積み上げていった結果だという。執念の集大成なのだと思う。

サイズ

試しに初代と並べてみる。横綱級に大きく育っている。さらに筆者はバッテリーグリップを付けるのが好きなので付けてみた。

これはもう、マッチョ。これくらい大きい方が一瞬を狩り撮る気合いが入ろうというもの。例えるならCanonの60Dくらいのサイズ感。ふと、GH5はある意味、全部入りでなんでも挑戦できる位置を良い意味で抑えているな、と思った。

試しにα6500と比べてみよう。αシリーズが小型でフルサイズ、というコンセプトをキープしてハイエンドフルサイズ&APS-C一眼市場を切り開いていく、という狙いだとすると、放熱問題では筐体を小さく維持している分、随分とハンディのある勝負をしているαシリーズと捉えられなくもない。こうしてみると、結構な勝負をしているな、と思うこの頃。

縦グリップ優先

今回もUSBポートからの充電はできないようだ。なので、バッテリー運用の場合はバッテリーグリップがあると良い。カメラのバッテリー優先順位をバッテリーグリップ優先(デフォルト)にしておくと、下記のようになる。

バッテリーが赤(縦グリップ内のバッテリーが赤)

なくなる

本体バッテリーに切り替わる

縦グリップバッテリーを交換する

自動的に縦グリップのバッテリーに切り替わる

その間RECは止まらない。なんて便利な!ただし重大な注意事項がある。バッテリーグリップ優先でバッテリーグリップから本体バッテリーに切り替わらないうちにバッテリーグリップからバッテリーを抜くと、電源が落ちる。くれぐれもご注意を!

電子接点付EFマウント

METABONES Speed Booster XL0.64は現段階でNG。ファームウェアアップ待ち。KIPON EF-MFT AF(Ver.2.6)が使えた。

Canonの大三元レンズのEF16-35mm F2.8L II USM(フルサイズ換算。×2で32-70mm)、EF24-70mm F2.8L II USM(フルサイズ換算。×2で48-140mm)、EF70-200mm F2.8L IS II USM(フルサイズ換算。×2で140-400mm)はバッチリ駆動。ISも効いた。24-70mmは本体の手ぶれ補正機能により、相当手ぶれに強くなっている。特にスチルでは良い。望遠系の明るいズームレンズが欲しければ、これは使える。

フォーカルレデューサーがないので、動画でワイドが足りないが、それはEFレンズ以外を使えば良いわけで、16-5mmの換算32mm~は切れ味はさておき、動画撮影時から使える。筆者は常用遣いにOlympusのM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROを選んだ。

切れ味、コントラスト、色のり、どれを取っても秀逸。撮った絵は無条件に心を動かす、かなりの名玉。F4通しなのでそれをカバーする明るいレンズとしてこのKIPONを使い、24-70mmで換算50mmスタートとして使用していこうと思っている。まだ試せていないがフォーカルレデューサー付も期待がもてる。切れ味重視ではフォーカルレデューサーなし。動画において明るさと簡便さを求めたらフォーカルレデューサーありを使う。棲み分けていくと良いだろう。2種類買ってもメタボより安い……。

KIPON BAVEYES EF-MFT AF 0.7x。こちらも大三元レンズ、正しく稼働している。ただ、IS無しのレンズは、本体内の手ぶれ機能も動かない…… EF70-200mm IS USM IIのテレ端200mm(換算340mm)開放f2.0相当。周辺光量落ちがあるがなかなか楽しい。撮って出しで何もしていない

手ぶれ補正

これが良好。テスト撮影では遠景の岩に打ち付ける波を撮る、という方法でテスト。GH5のキットレンズの、LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.の望遠端である60mmを目安に、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 60mm、EF70-200mm F2.8L IS II USM 70mmとしてみた。果たして。

■M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

揺り戻しのセンシティブさがないので、安定した撮影が可能。びっくりするくらいの安定度。三脚に立てたのか、と思うくらい。手ぶれ補正を切ってみると、まぁまぁ良く揺れている。安定して撮りやすい重さ。しっくりくる。

■EF70-200mm F2.8L IS II USM

手ぶれ補正は、レンズ側も含めて効いている様子。重いからかM.ZUIKOよりは揺れてしまう。試しに200mmまで寄ってみると、しっかり抑えないとダメ。望遠端は動画として考えると、止めようと思っても三脚上の手ぶれ補正状態で、揺れ戻しのセンシティビティが強く勝手に動いている、良くある状態。手ぶれ補正を切ってみるとめちゃくちゃ揺れている。

ちなみに、レンズ側のISスイッチを切っても即座に変更されない。電源のオン・オフで切り替わる。レンズ側のAF・MFスイッチを切ってもうまく反映されない。また、この操作をすると撮影中に絞りが勝手に開放値に開いて戻る、という挙動が!本番で起こさないよう気をつけよう。

■LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S.

EF70-200mm F2.8L IS II USMと同じくらいの挙動。思ったよりも手ぶれ補正が効きすぎて、揺れ戻しが強い。動画撮影時は注意が必要。しかし、あまりの軽さに正直びっくりする。レングスもスナップ撮影には持って来いで、これ一本ポケットに入れておいて損はなし!

この中ではM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROが、使えるレングス、切れ味、F4という動画部には程よい絞りの通しレンズということで現状最強か。

6K PHOTOという名の6K MOVIE

これは面白い。H.265圧縮で、最高5184×3888ピクセルの6Kサイズで、30コマの静止画撮影が出来るという機能だが、実際にSDカードに記録されるのはMP4。重たいので中間コーデックに変換してあげるべきだが、動画です。これはさまざまなことに使えそうな機能だ。まずはざっと気になるところを試してみたい。またしばらく、台風の目になりそうだ。


WRITER PROFILE

林和哉 映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。


[ Writer : 林和哉 ]
[ DATE : 2017-04-11 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[デジタルシネマの歩き方]Vol.10 東映大泉撮影所「MA NEXT」

txt:林和哉 構成:編集部 東映大泉撮影所に新しいコンセプトのMA室が誕生! 2016年初旬、「映画の創られる街・大泉学園」に居を構える東映大泉撮影所に新しい... 続きを読む

[デジタルシネマの歩き方]Vol.09 UltraStudio 4K Extremeについて考える

txt:林和哉 構成:編集部 4Kビューイングの問題 4Kコンテンツが勃興することがほぼ確定な2016年。4Kビューイングの問題は非常に気になる所です。仕上げに関して、筆者... 続きを読む

[デジタルシネマの歩き方]Vol.08 4KのビデオI/Oインターフェースの考察

txt:林和哉 構成:編集部 4K編集に必要なモノ 4K編集のニーズが明らかに高まっていて、対応を謳った機材の発売、それを取り入れた編集室がどんどん立ち上がっています。... 続きを読む

[デジタルシネマの歩き方]Vol.07 平成仮面ライダーとLog収録、それを支えた魔法の箱

txt:林和哉 構成:編集部 今回は、デジタルシネマの歩き方というタイトルにふさわしい、映画関係のお話を少々。ある劇場映画とLog収録、それを支えたIS-miniのお話です。... 続きを読む

[デジタルシネマの歩き方]Vol.06 RED道の歩き方「若く猛ったドラゴンは、円熟して穏やかになった」

ALL PHOTO BY NAOJIRO YASUI 赤い衝撃!再び! DaVinci ResolveとBoris Continuumのお話の続きをするつもりだ... 続きを読む

WRITER PROFILE

林和哉 映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 林和哉 > [デジタルシネマの歩き方]Vol.11 速報!GH5の真価を問う