PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.66 FUJINON MK18-55mm T2.9ファーストレビュー

News

[岡英史のNewFinder]Vol.66 FUJINON MK18-55mm T2.9ファーストレビュー

2017-04-21 掲載

txt:岡英史 構成:編集部

レンズは資産

見た目以上にコンパクトで軽量なシネレンズだ

撮影における機材としてレンズは非常に大事である。光の入り口が良くなければその後のエンジンが幾ら良くてもそれを補正するのはまず無理だろう。業務用カメラと言えば一昔前はハンドヘルド系のデジが一般的でもちろんレンズは一体型が主だった。ショルダー系のカメラは2/3~1/3型でB4マウントの交換レンズがあったがそれは完全に撮影現場に合わせ、焦点距離の物を使うのが一般的だった。

その概念を破ったのはキヤノンCINEMA EOS だ。C300と言うのは間違いなく、このカメラの登場がただの撮影現場に併せた選択から撮影スタイルに併せたレンズ選びになって来た。勿論シネマの世界では当たり前の事だがブロードキャストの現場でレンズの特性を考えるようになったのは本当に今までの概念がひっくり返ったとも言って良い。

その当時は高価なシネレンズを扱える現場というのは中々予算的に厳しく、通常はスチルレンズを使うのが主流だったが、残念ながらスチルレンズでは構造上ズームワークは出来ない。それでもCanonのカメラとEFレンズの組合せならAFを効かせながらのレンズワークがなんとか出来る場面もあるが、Eマウントであるα7系のカメラだとそうは行かない。Gレンズでも同じ様な事が出来なくはないが、やはりその限界はある。

そんな中でミドルレンジでも手が届く様なシネマレンズが数本出てきた。CanonからはCN-E18-80mmと言う万能レンズの登場、更にSIGMAからもHigh Speed Zoom Line18-35mm/T2が登場、これでEFマウントのカメラはOKだが、α7等のEマウントレンズは?変換付けてと言うのもマウントがやや心配だ。そこで登場したのがFUJINON MKシリーズ。CP+で初お目見えし、筆者も実機を触ることが出来たがその感触は非常に良い物を感じることが出来た。Eマウントユーザーにはそのコンパクト軽量、しかも低価格と言うことでFacebookのタイムラインでも購入した方の開封式がちらほら見れるようになった。ダメ元でNAB期間中にデモ機を申請してみたら、予想より早くお借りすることが出来たので先ずはファーストインプレッションを届けたい。

RIGを組むと言うこと

シネレンズだけあってこの手のRIGには非常によく似合う

本当はα7系で組むと良いのかも知れないがこのレンズはS35センサー(又はAPS-Cサイズ)に併せてあるので、敢えて小型のミラーレスでの現場を想定しての組み込み。本当はα6500辺りで組み込みたい所だが、今回は手持ちのNEX-5Rで。今更感がする機材だが使い方によってはまだまだ現役で十分行けるカメラでもある。組合せ的にはEVFと外部レコーダー(SAMURAI BLADE)を組んでProres収録という想定。バランス的にも全く問題ない。このレンズならワンマンオペで行くはずなのでフォローフォーカスは左側のみの仕様。

簡単オープンロケを想定して使ってみたが中々感触はよい。EVFの見え方が明らかにマウント変換を付けたレンズよりもシャッキリと見えるのは、やはり専用マウントで剛性が良いからなのだろうか?カメラ自体をα6500に変えて外部収録をSHOGUNに変更すれば4K収録のAカメとしてそのまま使える感触がある。

ENGレンズとして

筆者的には此方の組合せがシックリ来る

CP+で持った時にこの軽さだと振り回してもマウントに負担は少ないはず?!と考えていたがまさににドンピシャ!このカメラもかなりニッチな部類のEA50。いまブライダルのメイン機材はこのカメラを使っているが、ENGからの移行ならこのカメラが一番使い易い(FS7は別)。意外とこのカメラのバランスやスコープがFS7にフィードバックされていることは知られてないがバランスは良い。

ワイド18mmとテレ50mm無茶をしなければこの1本でも現場はまわせる

今回もその読みでデジワイも組み付けた完全に大判センサーのENG仕様。この状態でショルダー部分にジャストフィット。このままサブ機でブライダルの現場に持ち込んでみたがフルマニュアルのレンズまわりはレンズワークが意のままに出来て非常に気持ちが良い。テレが55mmでやや物足りないが、EA50は最大2倍のデジタルエクステンダー使えるので36-100mm相当で使えるので先ずは問題なし。T2.9通しの明るいレンズはそれだけでも価値がある。そしてENGレンズとの一番の違いはシネレンズであると言うこと。これは使ってみないと表現し難いが中々良いトーンを出してくれた。

総評

販売価格42万円はミドル~ローレンジには決して安いとは言い切れないかも知れないが、この画を撮れるなら間違いなく安く感じるはず。シネレンズとは言え意外とクッキリとピンは取りやすいし、開放からしっかりと色も乗ってくる感じを受けた。何よりもこの価格でブリージングが殆ど感じられないのは企業努力をリスペクトしたい。今年のNABではこのレンズにFS5を組み合わせて取材をする予定なので、その様子は次号に書きたいと思う。


[岡英史のNewFinder FUJINONMK] 後編

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


[ Writer : 岡英史 ]
[ DATE : 2017-04-21 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[岡英史のNewFinder]Vol.68 Canon CINEMA EOS SYSTEM EOS C200

txt:岡英史 構成:編集部 型番を巡る考察 今までのスタイルと似ているようで、細かいところは全く違ったデザイン CINEMA EOSシリーズもこれで7機種目... 続きを読む

[岡英史のNewFinder]Vol.67 FUJINON MK18-55mm T2.9セカンドインプレッション~NAB取材編

txt:岡英史 構成:編集部 NAB前に手元に来たシネマレンズ FUJINON MKシリーズ すでにファーストインプレッションでその感触を書いたが、その時のセッティ... 続きを読む

[栁下隆之の一眼流映像制作のススメ]Vol.02 MKレンズの実力を試す〜FUJIFILM MK18-55mm T2.9 後編

txt:栁下隆之 構成:編集部 FUJINON MKレンズの強み さて、既にFUJINON MKレンズを購入して運用中という方も多い筈だと思いますが、このレンズ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
柳下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.66 FUJINON MK18-55mm T2.9ファーストレビュー