PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 栁下隆之 > [栁下隆之の一眼流映像制作のススメ]Vol.01 レンズに託された課題と悩み〜FUJIFILM MK18-55mm T2.9 前編

News

[栁下隆之の一眼流映像制作のススメ]Vol.01 レンズに託された課題と悩み〜FUJIFILM MK18-55mm T2.9 前編

2017-04-28 掲載

txt:栁下隆之 構成:編集部

4K画質の真価を問う、レンズに託された課題

まだまだだけどな?という声もチラホラ聞こえてきたりはするが、筆者的には4K解像度による撮影がほとんどとなってきた。もちろん、FHDでの完パケ案件が多いのだが、ポスト処理での融通性を考慮して、とりあえず4Kでということが多いというわけだ。だた、実際に4Kでの撮影を多くこなしていると、レンズによる描写の違いが如実に出てくる。

おおむね、写真用レンズは解像度に優れ、各収差の補正は良好なのだが、性能もマチマチなので事前のテストが欠かせないうえに、フォーカシング時の「ブリージング」や、ズーム時の「フォーカスシフト」に加え、最大の問題である「光軸ずれ」の発生など、動画用途としては不完全な物が多いのが実状である。

レンズ交換式大判センサーカメラを運用する多くのユーザーが、写真用レンズを流用している現状もあるが、その一方で、レンズメーカー自身が写真用レンズの光学系を流用したシネマレンズを数多くリリースし、ユーザーのニーズに応えはじめている。そういった現状でも、手頃な価格のシネマレンズの選択肢はまだまだ狭く、とりわけEマウントネイティブのレンズは数種しかないのが現状である。

Eマウントカメラを取り巻くレンズの悩み

取り回しの良さと機能面から、国内外問わず多くの現場でPXW-FS7シリーズが運用されている現状があるが、レンズに関しては写真用レンズの流用であることが多く、レンズ選択に苦労している様子をよく目にする。今回テストしたFUJIFILM MK18-55mm T2.9が開発された経緯は、まさにその現状に富士フイルムが出した回答だと言える。

完全新規設計の光学系を採用しているが、企画から製品化までは1年半ほどとのこと。これには製品企画が持ち上がった同時期に、業務用機器とコンシューマー機器の商品企画部が統合されたことで加速した現状もあるという。樹脂成形部品の外装による軽量化、18-55mmと50-135mmという2本の画角、Eマウントネイティブという3点からも、従来にはない意欲的な製品だということが受け取れる。

MKレンズについては、EマウントとXマウントが同時に発表されているが、Eマウント製品の企画があがったのちに、同社の4K動画撮影機能を搭載したXマウント一眼カメラ向けの製品企画があがったという。Eマウントありきでの製品企画という点で、かなりチャレンジングであったと感じたのは筆者だけではないはずだ。仮にこれがEFマウントで製品化されていたら、マウントアダプターを介してのレンズ装着となり、FS系やα系のカメラでの軽快な運用というわけには行かなかっただろう。

かつて、2つに分かれていた業務機とコンシューマー機の商品企画部が統合されてからは、社内のリソースを十分に活用できるようになり、MKシリーズのレンズのリリースは、正にその第一弾といえる製品だと聞いている。今後も同様の製品がリリースされて、Eマウントユーザーには嬉しい展開となるに違いない。

製品の特長

1本あたりの重量は1kgを切っており、18mmから135mmをカバーするために2本のレンズを持ち歩いても、合計で2kg以下だ。これはFS7をショルダースタイルで、FS5をハンドヘルドで運用している方たちにとっては大きなメリットだ。1本で高倍率ズームを望むユーザーもいると思うが、運用重量を軽くできる点と、高い光学性能を実現している点で、2本のレンズから必要な画角を選択できることは筆者的に大歓迎だ。

ファーストテストではα6500にリグを組んで装着してみたが、少し長めの写真用レンズほどの大きさで、バランスも丁度良い印象だった。FS系のカメラでは、リグを組まずに運用しても良いし、フォローフォーカス装着に15mmロッドのベースプレートと組み合わせても良いだろう。

フィルター系は82mmで、スクリューインの各種フィルターが装着可能。マットボックスを使わずともフィルターの装着が可能なため、一眼デジタルカメラでの運用にも都合が良い。これも企画担当者がこだわった点だという。

歪曲収差(=樽型歪み)を指摘する声も聞くが、そもそも従来のシネマレンズはそこに重きを置いて開発されていない。MKレンズも当然ながらシネマレンズとしての性能を追求しているので、焦点移動、画角変動(ブリージング)、光軸ずれの3点の抑制を優先しており、この点においては正にFUJINON CINE LENSクオリティを実現している。各リングは適度なトルク感で、滑らかにズームできることは写真用レンズにはない利点だ。

9枚羽根の円形絞りの美しいボケと、高い解像感はさすがという印象で、当然シネレンズならではの操作感は他に変えがたい心地よさがある。ほかのカットは都合によりお見せできないが、髪の毛の質感なども、非常に繊細な印象だった。

運用面の課題

初見で気がついた点として、フォーカス、ズーム、アイリスの指標の位置が挙げられる。レンズの左面水平位置に各指標がプリントされているので、カメラマンがファインダー越しに直視できない。さらに助手が付く場合には、右面に指標が何もないので、レンズ指標を打ち直すことになる。ピントリングには、幸いにもフィートとメートルの2つの指標があるので、どちらかを潰せば良いので運用方法次第で解決できる。この辺りはいくつかの仕様を検討したが、最終的に現在の仕様になったとのことなので、後はユーザーの運用ノウハウに委ねるということなのだろう。本格的なテストはこれからだが、予算感的にも手元に1本欲しいレンズというのが筆者の初感である。後編ではさらに深く掘り下げて行こうと思う。


[栁下隆之の一眼流映像制作のススメ FUJINONMK] 後編

WRITER PROFILE

栁下隆之 写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。


[ Writer : 栁下隆之 ]
[ DATE : 2017-04-28 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[岡英史のNewFinder]Vol.67 FUJINON MK18-55mm T2.9セカンドインプレッション~NAB取材編

txt:岡英史 構成:編集部 NAB前に手元に来たシネマレンズ FUJINON MKシリーズ すでにファーストインプレッションでその感触を書いたが、その時のセッティ... 続きを読む

[栁下隆之の一眼流映像制作のススメ]Vol.02 MKレンズの実力を試す〜FUJIFILM MK18-55mm T2.9 後編

txt:栁下隆之 構成:編集部 FUJINON MKレンズの強み さて、既にFUJINON MKレンズを購入して運用中という方も多い筈だと思いますが、このレンズ... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.32 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 後編

txt:江夏由洋 構成:編集部 FUJINON MKシリーズが捉える新しい時代 撮影風景。カメラマン2名、アシスタント2名の撮影チーム。スモールユニットが組めるのもMK... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.31 シネマレンズの概念を覆すFUJINON MKシリーズ 前編

txt:江夏由洋 構成:編集部 デジタルシネマワークフローの時代が変わる デジタルシネマの新しい形―MKレンズシリーズ。18-55mmと50-135mmの2本で全域... 続きを読む

[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.01 FUIJNONMKレンズ〜手持ちでシネレンズを使う時代がやってきた

txt:鈴木佑介 構成:編集部 手持ちでシネレンズを使う時代が来た 富士フイルムから、Eマウントで軽量なシネズームレンズが出ると聞いて、まず思いついたことがこれだ。一眼... 続きを読む

WRITER PROFILE

栁下隆之 写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
柳下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 栁下隆之 > [栁下隆之の一眼流映像制作のススメ]Vol.01 レンズに託された課題と悩み〜FUJIFILM MK18-55mm T2.9 前編