PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.76 すべてAdobe Premiere Proで制作した映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」トークセッション…

News

[Point of View]Vol.76 すべてAdobe Premiere Proで制作した映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」トークセッション開催

2017-05-23 掲載

アドビは5月15日、東京都港区のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場でAdobe Premiere Proによって全編編集された「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」(以下:ママダメ)のクリエイター向け試写会を開催。試写の上映前に、主演の中野裕太氏、谷内田彰久監督、アドビの映像製品担当古田正剛氏によるPremiere Proに関するトークセッションが行われた。

「ママダメ」は、本編の制作にもソーシャルメディアを積極的に活用したり、6Kで撮影をしてネイティブファイルを直接Premiere Proで編集するなど、作り方が独特で興味深い点が多い。今回の試写会はクリエイター向けに行われたもので、一般のトークセッションでは触れることのないそのあたりの映像制作の専門的な内容を中心に語られた。さっそくトークセッションに内容を紹介しよう。

主演俳優の中野裕太氏自身が本編の編集、グレーディング、音までの工程を手がける

主演でモギサン役のほか、本編の編集、グレーディング、音までの工程を担当した中野裕太氏

「ママダメ」は、Facebookを通じて出会った男女の物語。Facebook上で大きな話題になった実話を新潮社が2014年11月に書籍として発売。こちらが映画の原作となっている。映画は国内では5月27日、台湾では6月16日より公開予定。

今回の3人の対談の中でもっとも驚いたのは、主演俳優の中野裕太氏自身が編集者と一緒に本編の編集、グレーディング、音までの工程をが直接作業を行ったという話だ。これには会場全体も驚き、古田氏も「主演ですよね」と問いただした。しかし、中野氏はけっして編集の素人ではない。長編は始めてというものの、自らショートフィルムを撮ったり、監督の経験はあるという。さらに「ママダメ」の作り方は独特で、編集試写数は50回、試写会は全国5個所で500名もの試写の機会を実施し、アンケートに答えてくれた意見を取り込んで再編集するという仕組みを取り入れている。この再編集の作業も中野氏が行ったという。

中野氏:僕が編集をして出来上がったものを監督に見てもらって、「これはいいね」とか「こうしたほうがいいんじゃない」という意見を返してもらって進めていきました。また、今回の映画はソーシャルシネマです。試写会みたいなものを50回以上開催しまして、1,500人ぐらいのコメントをもらいました。その意見を全て編集に落とし込んでいく作業も僕が行いました。

アドビ映像製品担当の古田正剛氏がファシリテーションを行った

主演女優のジェン・マンシューの編集結果に周囲は驚き

トークセッションはスクリーンの前で行われた

谷内田監督の話で一番面白かったのは、主演女優でリンちゃん役のジェン・マンシューも本編の編集に参加したしたというエピソードだ。きっかけは、中野氏たちの編集結果をマンシューに観せたところ、気に入ってもらえなかった。そこで、マンシューは来日した際に23TBある全映像素材を持ち帰り、土壇場にも関わらず自分一人で編集し、「どうだ」といわんばかりに仕上げてきたという。マンシューの編集は女性目線の心を打たれるもので周囲を驚かせたという。それもそのはずで、「マンシューは映画監督もやっている」と中野氏。これには古田氏も「凄いですね」と驚き、谷内田監督は「現場に監督が3人いたようなもんです」と笑って答えた。

中野氏:冒頭の30分だけですが、僕らは凄く悩みました。編集には相当時間をかけたけれども、どうしても行き着けない何かがありました。一度、1時間30分に仕上げたのですが、「面白いけれども80点」という話になりました。残りの20点がどうしても埋まらなかったのです。そんな時にマンシューが編集をしてくれました。そこに20点を補完する答えはありました。

カラーコレクションもカメラマンがやる予定であったが、中野氏が色調も含めてほぼすべて行ったという。監督の狙う色は理解済みで、長くやり取りをしているのでお互いあえて確認をしなくても「こういう色がほしいんでしょう?俺もそれはそうだと思う」という意思の疎通はできているという。これには古田氏も「普通の監督と主演俳優を超えている」とコメント。中野氏は、Premiere Proのカラーコレクションの使い勝手についても解説した。

中野氏:カラーコレクションは、Premiere ProにHSLセカンダリが搭載されたこともあり、全て作業をしました。作品にフィルターをかけたり、LUTの設定があったいするわけではありませんでしたので、今回は細かく設定しました。露光量を0.1レベルで調整して、細かくコントラスト、ハイライトを調整して、そこから足りないところをHSLセカンダリなどを使い、最後カラーホイールやカーブで調整していきました。

「テーマ」や「本物であること」を大事にしたい

監督の谷内田彰久氏

「ママダメ」の撮影に使用したカメラはREDのEPIC DRAGONで、撮影サイズは6K HDの5568×3132。大半がこの6K素材で撮影が行われた。ネイティブ素材はダウンコンバートしたりアップコンバートすることなく、6Kの素材のままグレーディングを行なったという。
最後に古田氏は、谷内田監督と中野氏から会場の参加者にもっとも伝えたいことを語ってもらって、トークセッションをまとめた。

谷内田監督:皆さん、ツールは持っている状態だと思います。あとは、アイデアだけだと思います。何かを作るうえで「こんな映像を作りたい」というアイデアは辞めたほうがいいと思います。それよりもテーマです。失わないものをきちんと最初に作って、こんな映像だと伝わる、という連鎖をきちんと生まないといけないと思います。

中野氏:どこがプロとアマチュアの境界線になるのかというと、「本物か?」「本物じゃないか?」です。どこまで人間的な部分に突っ込んでやっているのか?人が触れれないぐらい心の奥底にどんだけ触れれるのか?というところになってきます。僕はお芝居としても追及したいし、映像をクリエイトする上でもそういうところが一番ジャッチメントになってくるのではないかなと思います。

■ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。
劇場公開日:国内では5月27日、台湾では6月16日より公開。監督:谷内田彰久/脚本:野村伸一/音楽: 常田大希/原作:モギサン・モギ奥さん
© mamadame production committee

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


[ Writer : 編集部 ]
[ DATE : 2017-05-23 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[Point of View]Vol.77 アドビのプリンシパルカラーサイエンティスト、ラース・ボルグ氏にHDRの今後の動向を聞く

アドビのプリンシパルカラーサイエンティストのラース・ボルグ氏 色のエキスパートボルグ氏にHDRを訊く 2017年6月1日~2日に東京・千代田の秋葉原UDXで行われたAf... 続きを読む

[Point of View]Vol.75 移動式プロジェクションシステムでミュージックビデオ撮影

txt:奥本 宏幸 構成:編集部 難易度高めのリクエストに応えるために! 花粉症の歌を作ったので、女の子主演でマスクにプロジェクションマッピングをするミュージックビ... 続きを読む

[Point of View]Vol.74 今が買い!2017年コンパクトスイッチャー対決

txt:小寺信良 構成:編集部 今あるコンパクトビデオスイッチャー総比べ 去る2017年3月13日、プロ用ツールの販売でお馴染みPROGEAR半蔵門にて、「コンパクトビ... 続きを読む

[Point of View]Vol.73 タケナカが創り出す月光に漂う海の世界〜新江ノ島水族館「ナイトワンダーアクアリウム2016~月光に漂う水族館~」

txt:岩沢卓(バッタネイション) 構成:編集部 えのすい×タケナカが表現する“相模湾”とは? 相模湾ゾーン/岩礁水槽「魚たちとの夢がはじまる」 7月16日か... 続きを読む

[Inter BEE 2015]4Kミュージックビデオ、水曜日のカンパネラ「マッチ売りの少女」の制作秘話を訊く

txt:高岡謙太郎 構成:編集部 撮影:林佑樹 4K画質で完成した水曜日のカンパネラ「マッチ売りの少女」ができるまで ミュージックビデオとしては希少な4K画質で完成した、水曜日... 続きを読む

WRITER PROFILE

編集部 PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
柳下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 編集部 > [Point of View]Vol.76 すべてAdobe Premiere Proで制作した映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど」トークセッション開催