PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 稲田出 > [ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 ソニーPMW-320

News

[ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 ソニーPMW-320

2010-07-19 掲載

1 2

小型ビデオカメラは民生機並みのサイクルとバリエーションで次々と新製品が発売され、肩乗せタイプのカメラの領域までもカバーしつつある。特に業務用のカメラは小型ビデオカメラの普及が著しくほとんどの撮影を小型ビデオカメラでこなしてしまっているのが現状ともいえる。

そうはいってもマルチカメラ収録やスタジオ仕様での運用、様々な撮影シーンに対応できる周辺機器など肩乗せタイプのカメラでなくては対応できない領域も依然として存在する。

DSC_0622.JPG

ソニーでは、業務用の肩乗せカメラとしていくつかの製品がラインナップしているが、EXシリーズの新製品として1/2型の撮像素子を採用したPMW-320を発売する。外観上は先に発売になった2/3型撮像素子を採用したPMW-350とそっくりだが、仕様を比べてみると中身はPMW-EX1RやEX3と同等と見ることができる。イメージとしてはPMW-EX1RをPMW-350の筐体に組み込んだモデルといったところだろうか。

価格的にはPMW-EX3(1,029,000円)とPMW-350(PMW-350L: 2,079,000円、PMW-350K:2,310,000円)の間と思われるが、この価格帯のソニーの肩乗せタイプカメラのラインナップには、1/2型のCCDを採用したXDCAM HDカムコーダーPDW-F335(PDW-F335L: 1,659,000円、PDW-F335K:2,236,500円)がある。ただし、記録媒体がメモリーではなくディスクなのでいわゆるファイルベースでの運用が難しいのと撮像素子が1440×1080になっていることに注意したい。

機能・特徴

PMW-320は、NAB2010でHDカメラアダプターXDCA-55やHDカメラエクステンションユニットXDCU-50などと共に発表になったカメラで、PMW-320にオプションの50ピンインターフェースCBK-CE01基板を内蔵し、XDCA-55やXDCU-50を組み合わせることで、映像信号や電源のほかインカム、タリー、リターンビデオ、ゲンロック、リモートコントロール等に対応し、スタジオ仕様として運用することができる。本格的なスタジオ運用ができるカメラが少なくなった現在では貴重な存在といえよう。

ちなみに上位機種であるPMW-350も同様にスタジオスタジオ仕様とすることができるほか、PMW-EX3用のHDカメラアダプターXDCA-53もNAB2010で発表となっている。両者の主な違いはカメラとHDカメラアダプターとの接続方法で、PMW-320/350はケーブルレスで、PMW-EX3はSDI、ゲンロック、リモート、電源の4本を接続する必要がある。カメラを取材用とスタジオ仕様とで頻繁に使い回しするような場合はPMW-320/350のほうは運用性が良いと言えるだろう。なお、いずれもカメラエクステンションユニットとHDカメラアダプター間のケーブルは最大100mまで延長することが可能だ。

来年から本格的に地デジ放送が始まるということもあり、新たに発売されるカメラはHD対応の物となっている。そうはいっても現状では業務用途におけるDVD納品もまだ当分は続くだろう。もちろん、HDで記録してもワークフローの何処かでSDに変換すれば済むことではあるが、手持ちのシステムの都合やワークフロー上始めからSDで記録したほうが有利なこともある。そうした現状を反映してか、PMW-350ではオプション対応だったDVCAMフォーマットでの記録がPMW-320では標準対応になっている。 ただし、DVCAMフォーマットで収録したクリップを含むメディアは、PMW-EX3やPMW-EX30、PMW- EX1では認識できないので、これらの機材と混在運用する場合は注意が必要であろう。

lens320.jpg

DSC_0643.JPG PMW-320Kの付属レンズはオートフォーカス機能搭載のフジノン製16倍ズームレンズ

PMW-EX3の付属レンズが14倍に対し、レンズとセットになっているPMW-320Kにはオートフォーカス機能が搭載されたフジノン製の16倍ズームレンズが付属している。いずれも広角側の画角は同じなので、望遠側に倍率を増やしたものといえよう。 そのほか、スロットインデジタルワイヤレス、自動レンズ色収差補正、ハイパーガンマ、4チャンネルオーディオ、キャッシュレック、シーンファイルなどに対応しているのはPMW-350と同じだ。

1 2

WRITER PROFILE

稲田出 映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。


[ Writer : 稲田出 ]
[ DATE : 2010-07-19 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[新・ファイルベース収録カメラ最新案内]Vol.01 カメラ新時代のキヤノンの回答が浮かび上がるXF105

新時代に向けてキヤノンが送り出す異彩を放つカメラとは? カメラメーカーがこぞってビデオを扱い始めた80年代、メーカーは、VHSやベータのデッキを電機メーカーからOEM供給していた... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 ソニーNEX-VG10レビュー

変わりゆくカメラの仕様と分類 デジタル一眼による動画撮影は、最近のトレンドとなっているが、そもそもの始まりは、DOFアダプターであったり、RED ONEだったといえよう。これらは、... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 キヤノンXF300/305開発者が語る

ファイルベース収録カメラシリーズとして、今回は、実際にXF300/305を開発者に話を聞く事が出来た。前回、前々回と合わせて読んでいただければ幸いだ。 XF300/305はど... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]番外編 ~メリット、デメリットとAVCHD運用の実態~

AVCHDの存在をどう考えるか?訊いてみた AVCHDロゴ。AVCHD(Advanced Video Codec High Definition)は2006年5月にパナソ... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 キヤノンXF305によるクロマキー合成トライアル

前回のキヤノンXF305によるレビューを行いたい。今回は、クロマキー合成だ。 ビデオ画像を合成する方法としては色をキーにしたクロマキーと輝度をキーにしたルミナンスキーがあるが、いず... 続きを読む

WRITER PROFILE

稲田出 映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 稲田出 > [ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 ソニーPMW-320