PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.42 Libec ALLEX S KIT登場!最強のパーソナルスライダーシステム!

News

[岡英史のNewFinder]Vol.42 Libec ALLEX S KIT登場!最強のパーソナルスライダーシステム!

2014-07-29 掲載

Libec 第三ステージ突入!

NF_vol42_01.jpg

Libec(平和精機工業)は、三脚メーカーとしてはもうかなり歴史のある会社だ。日本の評価だけではなく、RSシリーズの誕生と併せて、世界でも大きく評価が変わり、高性能三脚メーカーへと変貌を遂げた。普通の三脚メーカーから「カメラを乗せる全ての機材」と新しい方向へシフトしたのは、従来のJIBアームから更に進化した電動リモコンヘッドのREMO30が登場してからだろう。その頃から「まだまだウチは走りますよ!」と力強い言葉をいただいたが、今回はスライダーという分野まで進出を遂げた。三脚やペデスタルもかなり前から生産してきた同社の今回の試みは非常に大きい。

三脚+スライダー=「ALLEX」

NF_vol42_04.jpg この8個のBB兼レールローラーがALLEX Sの最大の特徴

安価なスライダーというのは今までも沢山販売されている。ほとんどがノーマルで使うには非常に駄目な製品が多いのだがALLEX Sは最大荷重を15kgと設定、これはENGカメラも問題なく載るレベルだ。

今までの軽量スライダーのメリットは軽量で安価、デメリットはしっかりメンテナンスをやっても動作不良が多い事。このデメリットはBB(ボールベアリング)に起因する事が多い。筆者のコラムでも過去にBBのメンテナンスとチューニングについても書いたことがある。これはスライダー自身の絶対的な想定荷重が少ないため、BB自体もかなり低性能な物が使われている。しかも想定荷重が低いためにどんなにチューニングしてもその荷重を越えると全く動きが悪くなってしまう。

NF_vol42_03.jpg

ご存じの方も多いがBBに関しては日本製が群を抜いて高い品質。中には非接触型のリニアBBもある位だ。スライディングの胆となるBBが日本製以外では既に問題外、後は荷重に対して何処まで影響が出ないか、つまり配置と大きさである。

NF_vol42_05.jpg 耐荷重(カウンターバランス)は3kg

ALLEXはふんだんにBBを使い、点面圧を逃がし耐荷重と動きの良さを実現している。また今までのスライダーは如何にBBが滑らかに動くかに重点を置いてある。筆者のBBチューニングも風が吹けば動くレベルまでにフリクションを削るのだが、ALLEXの場合はスライディングだけではなくそこから更にパン又はチルトの動きを総合的に考えている為、BB自体に独自のグリースを封入しドラッグ感を出している。その粘りが丁度、ALLEX Hと同期出来るのでスライドしながらのパンが非常に気持ちよく簡単に出来る。

NF_vol42_06.jpg プレートはRSPと同じサイド脱着

スライダーが大きく取り上げられているALLEXだが、実は雲台+脚も素晴らしい。耐荷重自体は小型カメラやDSLRを標準にしているのにも係わらず3kgと言う数字になっている。これだけの重さが在ればNX3やC300程度の重さにも十分耐えられそうだが流石にそう言うわけにはいかない。どんな雲台でも同じ事が言えるが最大耐荷重と言うのはあくまでも理論値で在る事が多い。このグラフを見て貰えば解るが重心位置によってその数値はかなり変わってくる。

NF_vol42_ALLEX_chart.jpg

一般的なカメラの重心位置的に見ると約75mm付近、それをこのグラフに当てはめると2kg強、重心位置の高いC100やDSLR系だと2kgを切る荷重と言うのが解るだろう。この辺はよく考えて載せるカメラを決めた方が良い。筆者的に言えばXF205はベストマッチのカメラとして推したい。このバランス内に収まっている限りALLEXは本番でいきなり使ってもGOODバランスを持ったスライディングシステムと言える。

更に軽量な雲台と言うところも見逃せない。とにかく軽い。はじめて手に取ったとき、このヘッドに耐荷重が3kgあるとは思えないほどだった。ザハトラーのACEシリーズも軽量だがそのヘッドよりも確実に軽い。この軽さを再現する為には転倒等での破損が気になるが、ボディは非金属製となる。

担当者によると「蹴り倒して破壊実験をしたが問題なかった」との事。まぁこれは冗談にしても通常の転倒程度で壊れる事はないだろう。また組み合わされる脚も軽量で剛性感の弱い脚に見えるが、組み立て加工精度を従来よりかなり上げる事で耐荷重性能が上がっているという。大体RS-250の脚と同程度の強度を得る事が出来たとの事だった。

NF_vol42_08.jpg 今回サンプルで使用した2台のカメラ。写真左のNEX-5をベースに大口径レンズをセットして約2.1kg。写真右のEOS 7Dベース、レンズは35mm f1.4、5inchモニターをセットして約3kg。この仕様だと7Dはカウンターバランス的には推奨外となる。

様々な可能性

NF_vol42_09.jpg ヘッドを2個組み合わせた簡易JIB的な動きもOK

ALLEXの組み合わせとして、ヘッド2つでラディカルな使用方法は各展示会でも紹介されている。二次元的な動きしかできないスライディングシステムにもう1つ支点を組み合わせる事で三次元的な動き、簡易JIB的な動きも表現する事が出来る。単純に支点として組み込むなら同じシリーズの雲台でも良いが、より滑らかな動きを求めるなら荷重を考えるべきだろう。つまりスライダーだけならカメラの重さだけを気にすれば良い。

NF_vol42_11.jpg

もう1つ組み合わせるなら、カメラ+雲台+スライダー本体の重さも加味すべきだ。今回はカメラ本体に同じものを使うので、雲台とスライダーに重さを追加し(1.3kg+1.8kg)、合計で約5.5kgなのでRS-450ヘッドを組み合わせた。RS-450の最小荷重は重心50mmで6kgチョイなので数字的にはオーバーしているが、この組み合わせで重心位置は軽く200mmを越える。こうなるとRS-450のカウンターバランスで当にど真ん中になる。スライダーには70mmハーフボールが付いているのでそれを外せば小ネジ・大ネジ合計3ヶ所あるので適切な場所で取り付ければ良いだろう。

NF_vol42_12.jpg 何と中型のENGカメラをスライダーに搭載可能

スライダー自体の耐荷重は15kgある。コレは平置きでの曲がり剛性の事だそうで、実際に手にして見ると確かに剛性感は高い。試しにENGカメラを乗せたところ平置きは元より、脚の上に設置したスライダーでも剛性不足の不安はない。もちろんスライド部分の再調整とドラッグは最強にする必要があるが、このコンパクトなスライダーの上でENGが移動していく感覚は実に面白い。ただし、質量的にはかなり大きくなっているので、それなりのカメラワークが出来る事が前提となる。

総評

NF_vol42_13.jpg Libecの雲台は底面がフラットな物が数多くあった NF_vol42_14.jpg メーカーは違うが、マンフロットの雲台アダプター325Nを使用すれば、各種雲台がフラットベースに変更できる

性能もコストパフォーマンスも高いALLEX。流石に三脚メーカーが作ったシステムだ。全てが高次元で綺麗にまとまり、このシステムを機材車に積んでおけば現場での活躍は大きいだろう。

NF_vol42_15.jpgチルト角はこの通り(90°から-80°)
※画像をクリックすると拡大します
NF_vol42_16.jpg

しかしながら、個人的に気になる部分を上げておこう。まずはスライダーの長さ。約800mmでもよいが、ワンマンで扱うにはやはりこの半分の400mmレールも欲しい所。400mmなら常時三脚にも邪魔になる事はないし、例に出したようにENGカメラにも組み込めるなら、チョット画角を代えると言う意味でその効果は大きいはず。

NF_vol42_18.jpg 写真のヘッドはH40(耐荷重4kg)。これ位のカウンターバランスを持っていると尚良い

もう一つは雲台の耐荷重。3kg在れば小型カメラやDSLRも搭載できるが特に今時のDSLR系ならピント確認用の小型モニターやフィルターを差し込む為のマットボックスは、必需品。この場合どうしても3kgと言う耐荷重は物足りなくなる。せめて4kgの耐荷重があれば、上に載せるカメラの選択肢は非常に大きくなる。両方とも技術的には大して難しく無いはず。オプション扱いでショートレールや耐荷重4kgのスプリング交換など対応して貰えると嬉しい所だ。

更にRSシリーズのヘッドがこのスライダーシステムにボルトオンで使えるようなフラットベース化も出来ると更に良い。この辺は是非サンプルでも構わないのでInterBEEでの出品を切に願いたい。


WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


[ Writer : 岡英史 ]
[ DATE : 2014-07-29 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.56 待望のバージョンアップ!EDIUS Pro 8の可能性

txt:岡英史 構成:編集部 EDIUSって何?〜思えば長く使って来たなー 今回のイチオシ機能、プライマリーカラーコレクション ※画像をクリックすると拡大します ... 続きを読む

NewFindertitle_cp2016_top

[岡英史のNewFinder]Vol.55 元祖業務用ハンディカム4Kの回答 Sony PXW-Z150

txt:岡英史 構成:編集部 映像に関わる人間がCP+2016を楽しむ方法 Sony PXW-Z150 国内における映像の祭典がInterBEEなら、CP+は... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.54 「OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II」m4/3ミラーレスはムービーカメラとしてイケるのか?

txt:岡英史 構成:編集部 あけましておめでとうございます 昨年はIBCを境に色々なカメラ、特にミドルレンジには頭を悩ませるラインナップが登場した。もはやミドルレンジでも... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.53 使って初めて分かる”赤いヤツ”の衝撃!〜Panasonic AG-DVX200ミドルレンジ的レビュー

txt:岡英史 構成:編集部 赤いヤツの衝撃 本年NAB2015で初めて見た時にこの「赤(クリムゾンレッド)」は中々衝撃的な色だった。それまではカメラ=黒と言うのが定番... 続きを読む

NewFindertitle_top

[岡英史のNewFinder]Vol.52 360°マルチカメラ撮影〜映り込みとの戦い

txt:岡英史 構成:編集部 360°撮影の依頼 ベースはGoPro HERO3を6台使用し、それを専用RIGに装着しステディカムを組み合わせた 2015... 続きを読む

WRITER PROFILE

岡英史 バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 岡英史 > [岡英史のNewFinder]Vol.42 Libec ALLEX S KIT登場!最強のパーソナルスライダーシステム!