PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 山本久之 > [DaVinci Resolve短期集中講座]Vol.01 クイックスタートガイド

News

[DaVinci Resolve短期集中講座]Vol.01 クイックスタートガイド

2010-11-11 掲載

1 2 3

はじめに

yamaqdv01.jpg

Mac版DaVinci Resolveは、それまでの高価なシステムでしか使えなかったハイエンド・カラーグレーディングシステムを、制作者が簡単に手の届くところに近づけました。その反面、この安価になったツールをどのように活かしていくかの具体策は、まだほとんど語られていません。そこで、短期集中連載ということで、6回にわたってDaVinci Resolveのクイックスタートガイドから、有効なワークフローへの導入など、制作現場ですぐに活用できる技術情報の提供を目指します。

DaVinciという製品は、1980年代から使われている老舗のカラーコレクションシステムです。当時はフィルム素材をテレシネという工程を経て、ビデオテープにトランスコードすることが、ハイエンドの映像制作になっていました。時代は経過して、ここ数年でフィルムの撮影件数も激減して、それに変わって登場したデジタルカメラでの撮影が急激に広まってきました。フィルムとともにカラーコレクションも衰退するかといえば、結果的にはさらにニーズが拡大しているといえます。

デジタルカメラはRED ONEのようなRAWデータで記録するものや、ARRI AlexaのようなLogモードの記録など、ビデオカメラとは異なったアプローチで映像を記録します。記録直後に素材を単純にプレイバックしただけでは、最適な色表現ができないという原理的な仕組みがあります。これが今になってカラーコレクションが必要になっている背景です。

さらに今後は、現場での色調整の不備を補うためのカラーコレクションから、素材の質感をさらに引き出すためのカラーグレーディングへのニーズも広まるでしょう。またDaVinci ResolveがMac版をリリースして誰の手にも届くものになった事実は、この先のワークフローに大きな影響を与えるでしょう。

第1回はクイックスタートガイドです。概要は何となく理解しているので、とにかくすぐに使ってみたいといったニーズを満たすために、DaVinci Resolve本来の多機能にはあえて深く触れずに、プロジェクトを完結させることを目標に解説します。

ハードウエア・コンフィグ

yamqdv02.jpg

どんなMacを用意すればインストールできるかは、BlackmagicDesign社Webサイトにコンフィグガイドがアップされています。対応しているMacの機種やバージョン、必要なハードウエアが細かく解説されています。またDaVinci Resolveソフトウエアのバージョンによっても必要条件が変更されるので、まずはこちらに目を通されることをお勧めします。

インストール可能なMacは、Mac ProとMacBook Proだけです。現状ではiMacは未サポートです。Mac Proは2008年モデルは限定的な対応で、できれば2009年か2010年モデルがお勧めです。MacBook Proは2009年以降のモデルが使用可能です。

Mac Proは本格的なDaVinci Resolveの運用で使うことができます。MacBook Proはクリップのフルモーション再生ができないので、フレーム単位での作業に限定されます。コンパクトな筐体を活かした撮影現場でのグレーディング作業には、こちらの方が適しているケースもあるでしょう。

yamaqdav0103.jpg

Mac Proでは、PCI Expressバスへのハードウエアインストールがセットアップの肝です。4つあるバスは、Slot1と2が16レーンのバススピードで、Slot3と4が4レーンです。バンド幅を必要とするグラフィックスカードは16レーンを使います。グラフィックスはレンダリング用のGPUと、ディスプレイを接続するためのGUIの2枚が必要です。GPU用にはNVIDIA社製のFX 4800かGTX 285が使用可能ですが、現在市場で入手可能なのはFX 4800だけのようです。

GTX 285は生産終了されているので、流通在庫限りの状況です。GUI用のグラフィックスはNVIDIA社のGeForce GT 120だけがサポート対象機種です。FX 4800をSlot1へ、GT 120をSlot2にインストールします。ビデオ入出力やモニター出力が必要な場合にはDeckLinkが使用可能ですが、現在対応しているのはDeckLink 3D+/3/3Dだけです。BlackmagicDesign社の製品でもこれ以外のものは未サポートですので注意が必要です。

yamaqdivchart1.jpg

この状態ではPCI Expressバスの残りは1スロットだけになります。このたったひとつが必要に応じて取り合いになるでしょう。外部ストレージを接続するのであれば、eSATAカードやFibreChannelを使うことになるでしょうし、REDのR3Dを軽快に使うのであればREDRocketをインストールすることになります。Macの場合はバスは限られていますので、あらかじめインストール計画は入念に立ててください。

ストレージは外部接続でない場合は、Mac Proの内部HDDベイを利用できます。SAT接続のベイが4つありますので、1本をMac OS Xのためのシステムディスクとして使えば、残りの3つを使ってRAID0でストライピングすることができます。3.5インチ2TBディスクを用意すれば、フォーマット後約6TBの容量が実現できます。さらにバンド幅を持たせたいのであれば、Mac Proの5インチベイも利用できます。通常は2台目のDVDドライブ増設のために空いているので、ここにシステムディスクを専用マウンターを使ってインストールすることで、3.5インチSATAベイ4つを使ってRAID0ボリュームを構築できます。

yamaqdivchart2.jpg

メモリの構成はコンフィグガイドに明確に指定されています。6GB、12GB、24GBが強く推奨されています。これ以外のメモリ容量の場合には高いパフォーマンスが得られないケースがあると説明されています。

これらのハードウエアのインストールが完了すれば、購入時に付属するUSB接続のドングルを差し込んでソフトウエアをインストールします。インストーラは一般的なアプリケーション同様に、簡単な操作で完了します。再起動後には早くもDaVinci Resolveが起動可能になっているはずです。FAQとして挙げられているインストール直後の問題には2点あります。

/Libraryディレクトリへの書き込み権限がなかった場合には、構成ファイルがインストール完了できず起動できなくなることがあります。この/Libraryへの書き込み権限を確認してみてください。もう一つのよくある問題はMacBook Proで起こります。2010年モデルでは、省エネルギー設定の中に、自動的にグラフィックスのパフォーマンスを切り替える機能があります。これは必ず無効にしなければなりません。

yamqdav0104.png
1 2 3

WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


[ Writer : 山本久之 ]
[ DATE : 2010-11-11 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[DaVinci Resolve短期集中講座]Vol.06 編集からのワークフロー

短期集中連載も今回が最終回。DaVinci Resolveの機能紹介に主眼においてトピックスを紹介してきましたが、実際に他のワークフローノードからResolveにどのようにしてや... 続きを読む

[DaVinci Resolve短期集中講座]Vol.05 小さな機能を補足

多機能なDaVinci Resolve これまで4回に渡ってDaVinci Resolveの使い方を解説してきました。基本的な機能を使えるようになるのが目的でしたが、そのためにあ... 続きを読む

[DaVinci Resolve短期集中講座]Vol.04 ノード、トラッキング、ダイナミクス

はじめに 前回までの解説では、クイックスタートを経て基本的なカラー調整の方法を概観し、DaVinci Resolveの持っている強力なコンフォーム機能を利用できるようになったのでは... 続きを読む

[DaVinci Resolve短期集中講座]Vol.03 多彩なコンフォーム機能

ワークフローは多種多彩 DaVinci Resolveはカラーグレーディングツールですが、今日のデジタルワークフローでは、撮影した素材をDaVinci Resolveに取り込んでグ... 続きを読む

[DaVinci Resolve短期集中講座]Vol.02 プライマリ、セカンダリでグレーディング

カラグレ、カラコレ DaVinci Resolveは、映像コンテンツの色調整に特化したツールです。映像の色なんて現場できちんとホワイトバランスを取っていれば、ポスト作業での... 続きを読む

WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 山本久之 > [DaVinci Resolve短期集中講座]Vol.01 クイックスタートガイド