PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 山本久之 > [Do it]今求められるDIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)とは?

News

[Do it]今求められるDIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)とは?

2012-01-25 掲載

なぜDITなのか?

DIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)は、デジタルワークフローで撮影から編集までの間の映像技術を担当するスタッフです。デジタルカメラで撮影したオリジナル収録マザーの管理、オフライン編集で使用するムービーファイルの作成、簡易的なカラーコレクションなど、多岐にわたります。さらに、撮影前にどのようにワークフローを構築するかのプランニングも担当します。ビデオ撮影では、CCU(カメラ・コントロール・ユニット)を操作して、映像のホワイトバランスを調整する通称VE(ビデオ・エンジニア)がDITの職種に近い存在です。

しかし、両者の大きな違いはVEがビデオ信号を扱っていたのに対して、DITはメディア・ファイルを扱います。また、VEが波形モニターを使っていたのに対して、DITはヒストグラムも道具に加えます。VEとDITの職域は近くても、ビデオ技術に加えてファイルベースの技術を習得する必要があります。

ファイルベースワークフローの登場で、映像記録がビデオテープからファイルになりました。これにより、パソコンさえあれば誰でも「操作」することはできます。そんな手軽さから専門のエンジニアではなく、制作部のアシスタントが軽い気持ちで操作していることもあります。撮影済みの35mmネガフィルムと同じように大切なものであるにもかかわらず、あまりにも軽く扱われてきたことが、これまであまり問題視されていませんでした。

このように撮影済みデータを誰がどのように管理するかは、意外にも明確にスタッフ間で示されてきていませんでした。時には撮影助手が撮影の合間を縫って担当したり、制作部の若手がやることもあります。またVEがこれまでのCCUを操作する代わりに、ファイル管理のために現場に駆り出されることもあります。

現場でのファイル管理や技術サポートは、いったい誰がやるべきなのでしょうか。それに対する答えがDITだと私は考えています。海外ではすでにDITが定着していて、ディットと呼ばれることもあります。日本でもDITが定着すれば、これまで明確化していなかった現場において、安心したファイルベースワークフローが定着するでしょう。

DITが持つべき知識

ビデオエンジニアが持っていた映像技術に加えて、DITは動画ファイルの特徴、画像処理、編集ソフトとの連携、色調整、オーディオ技術などが必要になります。さらにコンピュータの中で大半が処理されるため、Linuxコマンドを使ったコマンドラインインターフェースの使い方も基礎的なところは抑えておきたいものです。さらに、現場に行く前の打合せではワークフローのプランニングにも関わることがあるので、ポストプロダクションでどんなワークフローが進められているかも知っておくべきです。

  • 基礎的なNTSC映像技術
  • コーデックの基礎知識
  • 動画の圧縮技術
  • RAW/Logデータの使い方
  • 主要カメラの特徴
  • カラーコレクション技術
  • オーディオファイルの扱い方と映像との連携
  • コマンドライン主要アプリケーションの使い方
  • 実践的なワークフローの計画

これらが最低限DITならば備えておきたい技術的な知識です。DITはソフトウエアやハードウエアを上手に使いこなすユーザーなのです。メーカーで製品を設計製品化するような一部分に特化した知識よりも、幅広く必要最小限の知識レベルをクリアしていればいいのです。映像技術のスペシャリストではありますが、その中の各ジャンルに関してはゼネラリストでいいのです。

また、ファイルベースのワークフローは毎月ごとに新製品が登場し、その中で使われる映像フォーマットもどんどん新しいタイプが登場します。そのため、常に自分に合った最新の情報源を持っていなければなりません。インターネットの情報を正確に分析して、たくさんの不確定な情報から正確で自分の体に吸収すべきものだけを取捨選択できるリテラシーも必要です。そのためには、インターネットの情報源だけでは不十分で、人間同士の横のつながりが情報の正確性を高めるのです。

まったく新しい職種

映像業界は映画やテレビ番組を作ることを中心に、それを取り巻くかたちで関係するスタッフが多岐にわたります。映画の最後で流れるスタッフロールを見れば一目瞭然で、関わっている人数も多いですがその職種も数多くあります。DI~デジタル・インターミディエイトが広がると、それまでのフィルム独自の職種からビデオの技術も映画に取り入れられるようになっていきます。

DITは最近生まれたばかりの新しい職種です。まだ日本では明確な仕事内容も認知されず、その存在すらほとんどの関係者も知らないでしょう。新しいことを始めるのは何事もパワーが必要です。しかし、その手間や時間を惜しまないのなら、きっと数年後にはその成果が見えてくるでしょう。DITは文字通りそんな Do it! を積極的に進めたいあなたにふさわしい仕事です。


WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


[ Writer : 山本久之 ]
[ DATE : 2012-01-25 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

WRITER PROFILE

山本久之 映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
柳下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 山本久之 > [Do it]今求められるDIT(デジタル・イメージング・テクニシャン)とは?