PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 猪蔵 > [CES2010レポート]NXCAM、気になる幾つかの事

News

[CES2010レポート]NXCAM、気になる幾つかの事

2010-01-07 掲載

SDとAVCHDを組み込んだソニーの戦略にシュプレヒコール!

Inter BEEで参考出展されたソニーの新しいライナップ「NXCAM」HXR-NX5Jが2010年1月7日正式発表となった。同時に本日より販売が開始される。

nxcammisen.jpg
こちらは、本日7日(日本時間)に発表されたHDR-AX2000。ロゴ以外ほぼ外観は変わらない

CESでは、民生用のライナップHDR-AX2000も発表された。これからの時代を示唆する新しいカムコーダーの登場ともいえる。NXCAMは、HVR-Z5Jとそっくりなフォルム。Z5Jの発売時も民生用ラインナップを設けたのは記憶に新しいが、今回もその戦略で展開されるようだ。 レンズ、カメラ部撮像素子はほぼ同じであるが、記録フォーマットがHDVからAVCHDに変更になるとともに、記録媒体がテープから半導体記録に変わっている。フラッシュメモリーユニット併用でHYBRIDでの記録、1,920×1,080 フルHD記録が可能となり、高効率な運用がきる。また、リニアPCMサポート、HD-SDI端子も加わえた豊富な端子群を持つなど、見た目は似てるが、中身は当然まったく別物だ。 また、当初発表された記録媒体のメモリースティックPROデュオだけでなく、SDカードにも対応することになった。フラッシュメモリーユニットを含めるとこれでNXCAMは、トリプルメモリー対応ということになる。NXCAMシリーズは、AVCHDフォーマットの業務用機器のファミリーネームとして位置づけている。まさしくソニーの新しい顔となるだろう。

3つのメモリーに対応したNXCAMの真価は?

NXCAM001.jpg

気になる記録メディアは、メモリースティックPROデュオのほか、CESでの発表に合わせて、SDカードも使用できる様に追加された。またオプションでフラッシュメモリーユニットが用意される。メモリースティックとSDカードのスロットは2基を装備。片方が記録できなくなったらもう1つのほうに記録を移行するリレー記録に対応するほか、メモリースティック及びSDカードにとフラッシュメモリーユニットに同時に記録が可能。1系統の記録が不安な人はバックアップという使い方にも対応できる。

フラッシュメモリーユニットは、容量が128Gバイト。ワンタッチでNXCAMカムコーダーへ装着でき、カメラとワンパッケージでの運用が可能。オプションではあるが必携したい。またUSBバスパワー対応で単独でPCとUSB接続ができる。単なるミラーリング記録だけでなく、メモリーとユニットの同時記録も可能となっており、HD+HDまたはHD+SDの組み合わせで、バックアップ・ハイブリッドオペレーションを実現できる。ビデオ出力は、HD/SD-SDI、HDMI、アナログコンポーネント、アナログコンポジット。ただし常にすべての端子から出力されているわけでなく、選択する方式だ。例外としてHD/SD-SDIとHDMIの同時出力が可能だが、片方に情報表示モード、もう一方は情報表示なしという選択はできない。したがって、HD/SD-SDIを情報表示なしで本線に使い、HDMIをモニターに接続して情報表示させるといった使い方は残念ながらできない。

NXCAMに将来のカムコーダーのカタチを垣間見た!

記録フォーマットはAVCHDだが、転送レートは最大24Mbpsで1920×1080(60i/24p/30p)と1280×720(60p)の収録に対応、音声はリニアPCM またはドルビーデジタル2chで収録可能だ。ただし9Mbps以下の記録モードでは、1440×1080/60iのみの記録となる。撮影オプションとして、ハイスピードカメラのような撮影も可能になった。ちなみにSDの記録フォーマットは、DVDと同じMPEG 2 LognGOPを採用しており、オーサリングソフトへエンコードなしで受け渡しすることができる。

NXCAM005.jpg
タッチパネルで操作も直観的にできるのはうれしいところ。

タッチパネルによる操作も可能で、かなりソフトウェアの出来が良い(さらなる検証と詳細を近日中アップ予定!)。また、このサイズのカムコーダーとしては、初めてSDI出力に対応したほか、GPSユニット搭載により屋外の撮影の際に位置情報も同時に記録できる。NXCAM専用ソフトとして、NXCAMで記録されたファイルの取り込みや閲覧、整理ができるContent Management Utilityが用意されている。これにより、HD(ACVHD)やSD(MPEG2 LongGOP)で記録されたファイルをサムネイル表示して閲覧したり、複数のメモリー間でリレー記録されたファイルの結合などを行うことができる。また、メモリーのファイルフォーマットがFAT32のため、2GBで分断されたクリップの結合も可能だ。なお、HXR-NX5Jには、GPSが搭載されており、映像ファイルと一緒に位置情報も記録されるが、メタデータの情報表示ができるようになっており、Content Management UtilityのメニューにはGPSのデーターを元に撮影位置の地図をインターネット上から読み込む機能も持っている。このメタデータの扱いなどが次世代のカムコーダーでは大きな意味を持つといえるだろう。

気になる希望小売価格は、税込で60万9千円。Web系の動画のコンテンツ制作など、完全なノンリニアベースを実現したいユーザーに最適なカムコーダーといえるだろう。

HXR-NX5Jの主な仕様
撮像素子 1/3型 “Exmor”3CMOSセンサー
レンズ “G Lens”20倍(光学)29.5mm~590mm (35mm換算)
記録フォーマット HDモード:AVCHD、音声:リニアPCM 2ch もしくはDolby Digital 2ch
SDモード:MPEG-2 PS、音声:Dolby Digital 2ch
記録レート HD画質:AVCHD 最大24Mbps
SD画質:MPEG-2 PS 約9Mbps
記録媒体 “メモリースティックPROデュオ”(別売)(2スロット、リレー記録可能)、フラッシュメモリーユニット、SDHC対応SDカードメモリー
主な出力端子 HD/SD-SDI OUT、HDMI OUT、COMPONENT OUT
主な入出力端子 USB端子、TC LINK IN/OUT端子、リモート端子
[CES2010]SONYがUstreamでプレスカンファレンスを生中継? ◀●▶[CES2010]展示会初日の熱い出来事

WRITER PROFILE

猪蔵 いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。


[ Writer : 猪蔵 ]
[ DATE : 2010-01-07 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

【生産完了】SONY HXR-NX5J NXCAMカムコーダー [SYSTEM5]
【生産完了】SONY HXR-NX5J NXCAMカムコーダー [SYSTEM5]
販売価格: ¥409,428(税込)
生産完了です。ご愛顧ありがとうございました。
SONY HXR-FMU128 フラッシュメモリーユニット [SYSTEM5]
SONY HXR-FMU128 フラッシュメモリーユニット [SYSTEM5]
販売価格: ¥64,800(税込)
適合カメラと一体化運用することでハイブリッド収録が可能な大容量128GBのフラッシュメモリーユニットです。

関連のコラム一覧

koderaXAVC_top

[小寺信良のいまさら聞けないXAVC入門]4K世代の映像フォーマットXAVCを知る

XAVC誕生の経緯 2012年、4K収録を可能にしたシネマカメラPMW-F55が登場した。そのとき同時に発表されたのが、ソニーが4K世代の映像フォーマットとして位置づけたXA... 続きを読む

[DigitalGang!]Shoot.08 満を持して登場。次世代のデジタルシネマカメラ SONY PMW-F55/F5の魅力

積み重なった技術が凝縮されたカメラ、PMW-F55/F5 今年のInter BEEのキーワードはやはりデジタルシネマだったと思う。デジタルシネマはいわゆるポストHDの行く先であり、... 続きを読む

[Point of View]Vol.27 新領域のハンディカム遂に登場!NEX-VG10の魅力

噂のNEX-VG10、本日公開! すでに今月の14日に米国で発表になり、話題になっているNEX-VG10が国内でも正式発表となった。NEX-VG10は、コンシューマー向けのビデオカ... 続きを読む

[ファイルベース収録カメラ最新案内]特別編 NXCAM(HXR-NX5J)を再検証!

2月特集[ファイルベース収録カメラ最新案内]では、各社のカメラを紹介してファイルベースについて考えた。もう一つ紹介したいカメラを追加したい。それが、NXCAM(HXR-NX5J)... 続きを読む

[GDC2010 レポート]プラットフォーマーからの基調講演がない稀な年

GDC開催。プラットフォーマーからの基調講演がない稀な年 会場のMoscone Convension Center シド・メイヤー氏の講演が今年のGDCの... 続きを読む

WRITER PROFILE

猪蔵 いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 猪蔵 > [CES2010レポート]NXCAM、気になる幾つかの事