PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.09 70mmプリント上映でよみがえる感動

News

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.09 70mmプリント上映でよみがえる感動

2011-04-08 掲載

撮影:山下 奈津子

知る人ぞ知る映画の殿堂で開催されるマニアの集い

皆さんは、ハリウッドにある映画館『エジプシャン・シアター』をご存知だろうか。ハリウッドの映画館と言えば『チャイニーズ・シアター』が観光名所としても世界的に有名だが、このエジプシャン・シアターも1922年築の由緒ある映画館である。

現在は一般の劇場公開用ではなく、アート系シアターとして過去の名作、日本を含む外国作品の上映、そして不定期で特定のテーマに沿ったイベント等を開催しており、ハリウッドの映画ファンの間では有名な存在でもある。詳細はコチラ。さて、そんなエジプシャン・シアターにおいて、3月24(木)~27(日)までの4日間、映画「スタートレック」シリーズの1作目から6作目までを大スクリーンで一挙に上映するというマニア垂涎のイベントが開催された。

  • 『スタートレック (Star Trek: The Motion Picture)』(1979)
  • 『スタートレックII カーンの逆襲 (Star Trek II: The Wrath of Khan) 』(1982)
  • 『スタートレックIII ミスター・スポックを探せ! (Star Trek III: The Search for Spock) 』 (1984)
  • 『スタートレックIV 故郷への長い道 (Star Trek IV: The Voyage Home) 』(1986)
  • 『スタートレックV 新たなる未知へ (Star Trek V: The Final Frontier) 』 (1989)
  • 『スタートレックVI 未知の世界(Star Trek VI: The Undiscovered Country) 』(1991)

しかも、70mmプリントによる上映である。

映画館の大スクリーンと大音響で鑑賞出来る喜び

近年のデジタル・プロジェクターの台頭により、ロサンゼルスで70mm映写機を持つ映画館は減少したが、ここエジプシャンには健在だ。さて、筆者は仕事の合間を縫って『カーンの逆襲』『ミスター・スポックを探せ!』『未知の世界』の3本を鑑賞する事が出来た。テレビやDVDでは何度も観たこれらの作品を、映画館の大スクリーンと大音響で鑑賞出来る事は特別の感慨があった。また、このイベントには連日『スタートレック』ゆかりのスペシャル・ゲストが登場。『カーンの逆襲』25(金)ではスールー艦長でお馴染みの俳優ジョージ・タケイが、『未知の世界』27(日)では監督のニコラス・メイヤー(「カーンの逆襲」「未知の世界」を監督)が登場し、それぞれの心境やあまり知られてない制作秘話等を披露し、ファンを喜ばせた。

下記に、筆者の意訳により、その模様を抜粋してご紹介しよう。

nabetakei.JPG
ジョージ・タケイ氏(右)

私は、これまでに何百回となく『スタートレックII カーンの逆襲』を観ています。しかし今回の鑑賞では、特別な思いがありました。ご存知のように先日、東日本で大規模な地震が起こりました。震災の被害は多大で、沢山の尊い命が奪われました。そして、被害を受けた福島の原子力発電所の動向を、世界中が固唾を飲んで見守っているのは、皆さんもご存知の通りです。『カーンの逆襲』のクライマックスで、スポック(レナード・ニモイ)が身を挺して原子炉を開け、エンタープライズ号のエネルギーを復活させるシーンがありましたが、今日、私の中ではスポックの姿が原子力発電所で復旧にあたっているであろう方々の姿と重なり、これまで感じた事の無かった、特別な気持ちが込み上げてきました。その意味では、大変感傷的な気持ちで今日の上映を観ました。1日も早い被災地の復興を祈っています。

nabenicolas.JPG
ニコラス・メイヤー監督(右)

実は『スタートレックVI 未知の世界』が企画された当時、その滑り出しはスムースとは言えませんでした。私は当初、制作費として$30million(注:$1=100円で換算すると30億円相当)を見積もりました。$20millionは主要クルー&キャストへ行き、$5millionが制作費やbelow the line(売り上げに応じた印税を受け取れない、現場クルーやポストプロダクション等)へ、そしてVFXには$5millionを考えていたのです。これに対してパラマウント映画のCEOだったフランク・マンキューソが我々に提示して来たのは$25millionでした。当時、$5millionの減額は大きく、VFXの予算を削って映画の完成度を落とす事はどうしても避けたかった。そこで、私は$30millionを確保する為、マンキューソを説得しなければならなかったのです。しかし説得は失敗に終わり、マンキューソは「この映画の企画はキャンセルする」という残念な結論を出しました。当時私はロンドンに住んでいて、このプロジェクトの為、家族と共にLAに長期滞在していたましたが、映画そのものがキャンセルになってしまったので、ロンドンへ帰る準備を始めました。

しかしその直後、マンキューソがパラマウントのCEOを退く事が正式決定し、社内情勢が変わり始めました。こうして再び制作にGOサインが掛かり、この映画は日の目を見る事になったのです。ストーリーのデベロップメントも難航しました。シリーズの生みの親であるジーン・ロッデンベリーは、私が出したアイデアを全く気に入りませんでした。最初の打ち合わせは、会議室でロッデンベリーのチームと、私のチームが机を挟んでにらみ合い、かなり険悪なムードの中で行われました。しかし不幸にも、この映画の制作途中にロッデンベリーが亡くなり、結果的には私やレナード・ニモイのアイデアが多く採用される事になったのです。米ソの冷戦終結等、当時の時代背景がストーリーに盛り込まれ、オリジナル・シリーズの出演者がエンドロールでサインを入れる演出を加え、亡くなったロッデンベリーへのトリビュートの意も込めて、この映画は完成したのです。

…と、以上のような貴重なイベントであった。

ハリウッドでは、時々このような「一生もの」の価値があるイベントに参加する事が出来る。そういう機会がゴロゴロ転がっているのも、映画のお膝元の街ならではと言えるかもしれない。


WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


[ Writer : 鍋潤太郎 ]
[ DATE : 2011-04-08 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

nabejunTOP_71

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.71 SIGGRAPH2016 エレクトロニック・シアターレポート

SIGGRAPH2016の会場となったアナハイム・コンベンション・センター 取材/文:鍋 潤太郎 はじめに 我々VFX屋がSIGGRAPHに行ったら、とりあえず外せな... 続きを読む

nabejunTOP_70

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.70 SIGGRAPH2016の見どころ

今年のSIGGRAPHの会場となるアナハイム・コンベンション・センター(SIGGRAPH2013にて筆者撮影) 取材/文:鍋 潤太郎 はじめに 夏と言えばSIGGRA... 続きを読む

2016_05_nabejun_69_B_top

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.69 やや復活の兆し?アメリカ西海岸のVFX業界最新事情

アメリカ西海岸の夕日(筆者撮影) 取材/文:鍋 潤太郎 はじめに 本欄でも何度かレポートさせて頂いたように、カナダのブリテッシュ・コロンビア州(バンクーバー)、オンタ... 続きを読む

NABA_vol61_top

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.68 中級者向け:ハリウッドのVFXスタジオにおけるパイプラインとは〜パイプライン開発者 レイ・ウェイン氏に聞く

アメリカの地下駐車場の配管パイプ。プロダクションにおけるパイプラインを彷彿させる… ※画像と記事は直接関係ありません(イメージです) 取材/文:鍋 潤太郎 はじめに 昨... 続きを読む

nabejunTOP_201603

[鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.67 第14回VESアワード受賞式 スペシャル・レポート

取材・撮影:鍋 潤太郎 はじめに 今年で14回を迎えるVESアワード。プログラムも豪華だ 2月2日(火)夜、米ビバリーヒルズのビバリー・ヒルトン・ホテルにおい... 続きを読む

WRITER PROFILE

鍋潤太郎 ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 鍋潤太郎 > [鍋潤太郎のハリウッドVFX最前線]Vol.09 70mmプリント上映でよみがえる感動