PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 山下香欧 > [Report Now!]4Kコンテンツと放送のトップランナーが一堂。全国で唯一のイベント「とくしま4Kフォーラム」

News

[Report Now!]4Kコンテンツと放送のトップランナーが一堂。全国で唯一のイベント「とくしま4Kフォーラム」

2014-06-26 掲載

会場となったアスティとくしま。伝統の本藍染を印象付ける藍色を背景にデザインされたロゴの旗がなびく

4K / 8K映像に関する技術やサービスが一堂に会するイベント

6月15日から20日までの5日間、4K / 8K映像に関する技術やサービスが一堂に会するイベント「とくしま4Kフォーラム2014」が開催された。開催場所は徳島市山城町の多目的コンベンション施設“アスティとくしま”。徳島県は昨年9月に神山町で4K映像の制作や伝送実験に取り組む、株式会社えんがわが先導して開催された「全国4K祭 2013 in Kamiyama」により映像関連事業者から一目置かれた。今回は昨年の規模を拡大するために実行委員会を設け、運営側と県が中心となって開催された。総務省、衛星放送協会、日本ケーブルテレビ連盟、NHK徳島放送局や四国放送が後援。

140626_Tokushima4K_01.jpg 昨年の9月、神山町で開催された「全国4K祭」

イベント開催期間では、18日から20日がプロ向けメインイベント。3つの会議室で放送、通信、放送機器メーカー各社による特別講演が3日間で40近いセッションが終日開かれ、4K映像や4K撮影カメラについてのワークショップが実施された。展示スペースでは、東芝、パナソニック、ソニーなど12社が出展し、4Kテレビや4K放送に至るまでの最新機器・技術を紹介した。

気になる展示内容は…?

140626_Tokushima4K_NexTVF_2.jpg エントランスホールには、次世代放送システムとして日本ケーブル連盟とNexTV-FによるChannel4K受信デモが行われた。NexTV-F側では衛星伝送で、シャープAQUOS 4Kレコーダー(TU-UD1000)が受信し、パナソニック4K対応ビエラに表示 140626_Tokushima4K_tokushimaCATV.jpg テレビとくしま側では光IP経由でのデモ
写真左:東芝4KレグザにHUMAX製の試作機STB「HMX-4KJP」経由でChannel4K番組を再生
写真右:テレビとくしまが用意したパナソニックAX-800に試作機STB経由でChannel4K番組を再生。またChannel4K放送時間外では、YouTubeの4Kコンテンツストリームを再生し、徳島ならではの高速ネットワークをアピール
140626_Tokushima4K_hybridcastNHK.jpg 140626_Tokushima4K_NHK_databroadcast02.jpg

ホワイエには、NHK徳島からハイブリッドキャストとデータ放送についても紹介。東京とは違う地方のコンテンツとデータ情報が体験できて興味深い。

140626_Tokushima4K_NHK8Kschedule.jpg

FIFAワールドカップ開催期間中ということもあり、NHKが実施している8K中継パブリックビューイングが会場内で実現した。300インチスクリーンに21チャンネルサラウンドの8Kシアターには80席が用意されていた。15日の日本×コートジボワール戦、17日のアメリカ×ガーナ戦、20日の日本×ギリシャ戦が8K映像でライブ中継された。

生中継時間以外も日本戦の録画のほか、NHKが8Kカメラで撮影した阿波踊りや紅白歌合戦が上映された。ワールドカップ会期中での8Kライブシアターは全国で4か所だけ。東京、大阪、横浜の大都市に並んで今回のイベント会場が選ばれた。

140626_Tokushima4K_BSAT.jpg 140626_Tokushima4K_BSAT2.jpg 写真提供:とくしま4Kフォーラム実行委員会
20日には、B-SATから車載型地球局が到着。4K / 8K放送方式の実験試験局としての免許を取得している

4K実践トップランナーからの講演

140626_Tokushima4K_tokushima_Kamon.jpg

基調講演には、徳島県の飯泉知事をトップバッターに、総務省情報流通行政局の南官房審議官が登壇。そして、次世代放送推進フォーラムの元橋事務局長や日本ケーブル連盟審議役の岡村氏、日本デジタル配信の執行役員安田専務、ジュピターテレコムの田口執行役員からの特別講演。

4K事業推進をしているNTTぷらら、KDDI、NTT西、ケイ・オプティコムなどの通信事業者から、スカパーJSAT、WOWOW、放送衛星システム、ジャパンケーブルキャスト、中讃ケーブルビジョン、テレビ鳴門、ケーブルテレビ徳島、NHK、日本テレビ、TBS、関西テレビといった放送事業者に、アーカイブスの実践を行っている京都大学、東京現像所、プラットイーズ&えんがわ、そして10社近いメーカーからセッションが繰り広げられた。

140626_Tokushima4K_TokushimaGoverner.jpg

メインイベント初日の基調講演では、とくしま4Kフォーラム実行委員会の会長でもある徳島県知事の飯泉嘉門氏が関連産業の集積の背景について説明。徳島県は3年前の地上波デジタル放送移行時、約7割の世帯が近畿地方からの電波を受信できなくなる問題に直面している。その対策として県などが276億円を投じてケーブルテレビ兼用の光ファイバー網を敷設した。

この「ピンチをチャンスに!」した結果、ケーブルテレビの普及率は現在、徳島が東京を越して全国トップ(88.9%)である(平成25年12月末総務省調べ)。インターネット速度では東京の5~20倍の速度が実現する。この県内全域に広がる光通信網といった立地環境の優位性を挙げて「4Kの実証実験は徳島で」と、4K実証実験事業を開始。年内には、4Kコンテンツ制作のプログラムを開始し、産学官共同で人材育成にも力を入れていくという。

■スカパーJSAT
140626_Tokushima4K_SPTV_baseball.jpg 140626_Tokushima4K_mcr.jpg

4Kスポーツ中継をいかに現在と同じ手法とワークフローで行えるか。積み重ねてきた実地検証のトライアンドエラーを惜しみなく開示。また世界でもこれほど完備されたところはないだろうと自負する4Kマスターコントロールも今回写真公開された。

■日本テレビ
140626_Tokushima4K_NTV2.jpg 140626_Tokushima4K_NTV1.jpg

2013年に東京国立博物館で開催された「特別展 京都」で上映した「龍安寺・石庭の四季」の4Kパノラマ映像制作から、プロ野球4K中継の実験の経験をもとに4K環境でのライブスポーツ番組制作における課題などを発表。4Kパノラマの収録では、キヤノンのC500を4台使い、RAWで収録。

既存の編集ソフトウェアを駆使し、グレーディングからパノラマ合成を施した。実際にその場にいるような体験をしてもらうために実物大のスクリーン(620インチ)に10K×2Kの映像を投影したという。後者のトピックでは、カメラワークといった演出面から、確立していない記録形式、記録メディアのコスト問題などが上がった。編集の取り扱いやすさ、最終的な放送コーデックを総合的に検討するとXAVCは有力な選択肢であるという。

■NTTぷらら
140626_Tokushima4K_NTTPlala_sumo.jpg 140626_Tokushima4K_NTTPlala4.jpg

4K VODトライアルの取り組みとして、システムワークフローから“下町ボブスレー大田区の挑戦”といった評価検証コンテンツの収録、制作内容を紹介。セッション会場に準備された4Kテレビにて、評価検証コンテンツを再生した。

■日本ケーブルテレビ連盟四国支部 / 中讃テレビ
140626_Tokushima4K_shikokuJCTA.jpg 140626_Tokushima4K_CVC4K.jpg

日本ケーブルテレビ連盟四国支部と中讃ケーブルビジョン(中讃テレビ)における4K試験放送の取り組みについて進捗を発表。ゆめタウン丸亀(香川県)にて6月2日から4K試験放送のパブリックビューイングを実施するまでのシステム構築や実地設置の説明があった。

5月末に4K試験放送の受信用機材が到着。専用回線を敷き、短期間で現地調整しなければならなく、STBとの受信調整では苦戦したようだった。会場で体験した一般の方々からは、やはり4Kという言葉は聞き覚えあるものの、実際に何かということについては十分な認識がある状態ではないことが分かったという。

■ケイ・オプティコム
140626_Tokushima4K_KOPT2.jpg 140626_Tokushima4K_KOPT3.jpg

昨年秋、ケイ・オプティコムがスポンサーとなっている大阪マラソンで実施した、世界初の4K / HEVCライブ伝送のワークフローをはじめ、4K対応技術のテーマを挙げてCATVにおける次世代サービスの方向性を検討。また韓国放送機器展示会(KOBA)に見られた4K放送にまつわる動向を紹介した。

展示ギャラリー

140626_Tokushima4K_booth.jpg ローカル局からの取材が入っていた
■東芝
140626_Tokushima4K_regza.jpg 140626_Tokushima4K_toshiba-gamma.jpg

家庭用4Kテレビを他社に先駆けて提案したのは東芝だ。今回、4K画質品質を追及した最新の4KレグザZ9Xシリーズを展示。自社開発のLEDバックライトモジュールを採用し、BT.2020の色域をも考慮した。

開発段階でイマジカの協力を得たという、マスター画質を目指した「モニターD93」「モニターD65」モードは貴重だ。4Kアップコンバート「レグザエンジンCEVO 4K」が発揮するBlu-ray向けの「4KマスターBD」そして4Kネイティブ映像入力に対応する「4Kネイティブ」モードが加わっている。

■パナソニック
140626_Tokushima4K_panasonic.jpg

ルミックスGH4から出力した4Kストリームを直接再生。4K試験放送で採用されているSTBを介して、自社で収録したソチオリンピック開幕式などの4Kコンテンツを再生していた。

■富士通&PFU
140626_Tokushima4K_fujitsu_FPU.jpg 両社で4K中継放送の伝送システムを紹介

PFUは、非圧縮4K映像を10GpsのIPネットワーク伝送できるQoolTornado QG70の実機を展示。QG70はスカパーJSATによる4K生中継放送実験でも採用されている。富士通は今春のNABで展示した、4Kソフトウェアシュミレーション(HEVC符号化)のデモを行った。HEVC(10bit,4:2:2)@25Mbpsでモニターに再生。現在はソフトウェアベースだが、2015年中にはSoCでリアルタイム処理するエンコーダー製品となる予定。

■グラスバレー
140626_Tokushima4K_GVG.jpg

4K / XAVC編集対応のEDIUS Pro 7を搭載した編集システムを展示。DaVinci Resolve側とEDL連携がとれ、最大3レイヤーの4Kリアルタイム編集が実現する。

■Harmonic / HUMAX
140626_Tokushima4K_harmonic.jpg 140626_Tokushima4K_humax.jpg

Harmonic社のProMedia Xpressでの4K60p / HEVCストリーミング(@20Mbps)品質を披露。自社コンテンツをHEVC main@5.0でエンコード(8bit,4:2:0)。ViXSのXcode 6400チップセット搭載のデコーダーを介して再生。HUMAX(代理店SCSK)からは現在J:COMの4K試験放送でも採用されているSTB「HMX-4KJP」をショーケース展示。会場では、エントランスホールにて行われているChannel4K受信デモでも使用されていた。


WRITER PROFILE

山下香欧 米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。


[ Writer : 山下香欧 ]
[ DATE : 2014-06-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

KANSAI2016_top

[Report Now!]第1回関西放送機器展〜関西初の総合的な放送機器展を往く!

txt:岡英史 構成:編集部 関西地区初の大規模放送機器展とは? 日本全国では、結構な数の放送機器イベントが行われている。おなじみのInterBEEやQBE... 続きを読む

ASTRO2016show_top3

[Report NOW!]アストロデザインプライベートショー2016〜HDRやIP対応製品から8K放送に向けた製品までを一斉展示

txt:稲田出 構成:編集部 4K/8K製品の宝庫、アストロデザインプライベートショーが今年も開催! 6月16、17日の2日間、東京・大田区南雪谷にあるアストロデザイン... 続きを読む

NHKtech2016_top

[Report Now!]NHK技研公開2016〜進化する放送技術を体感

スーパーハイビジョン試験放送開始直前、最新の放送技術を展示 5月26~29日までの4日間、東京・世田谷区砧の放送技術研究所おいて「進化が続く放送技術をご体感ください」をテーマ... 続きを読む

NHK2016_top

[Report Now!]NHK第45回番組技術展〜8Kなど現場から生まれる技術や取り組みを紹介

放送現場で開発・活躍する最新の放送機材や取り組みが紹介される番組技術展 2016年2月7日(日)~9日(火)の3日間、東京・渋谷のNHK放送センターにおいて、全国の放送現場で開発... 続きを読む

siggraphAsia2015_top

[SIGGRAPH ASIA 2015] 神戸で開催されたSIGGRAPH ASIA 2015を振り返る

神戸国際展示場レジストレーション会場txt:安藤幸央 構成:編集部 第8回目となるSIGGRAPHのアジア版、神戸で開催 SIGGRAPHは世界最大のコンピュータグラフィックス... 続きを読む

WRITER PROFILE

山下香欧 米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 山下香欧 > [Report Now!]4Kコンテンツと放送のトップランナーが一堂。全国で唯一のイベント「とくしま4Kフォーラム」