PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の機材買ってみた]Vol.06 Blackmagic Cinema Cameraの周辺機器あれこれ

News

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.06 Blackmagic Cinema Cameraの周辺機器あれこれ

2012-10-26 掲載

1 2 3

2012年8月末に発売されたものの、まだまだ限定出荷のBlackmagic Cinema Camera(BMCC)。今回は、本格出荷開始前に、その周辺機器について書き記してみようと思う。ちなみにこのコーナーの定番で、ここでご紹介する機材は基本的に著者の自腹である。

シンプルなBMCC

Blackmagic Cinema Cameraの特徴は、とにかく安価なシネカメラ、というところである。シネカメラとは、本来フィルムによる映画向けカメラのことを指すが、デジタル時代においては、1フレームごとばらばらの連番ファイルでの収録を行うカメラのことを指すと思っていればほぼ間違いない。映画とは活動写真であり、その本質は時系列に連続した静止画なのだ。それに対してビデオカメラとは動きを捉えることをメインにしているカメラで、デジタル時代においては動画ファイルを収録するものだ。動画ファイルとは事なり、連番ファイルシーケンスでは1フレーム内に音以外の全ての要素が完結しているため、合成やカラーグレーディングをおこなっても画質があまり低下せず、また、マスクも切りやすく、非常に優れた可変性を維持している。特にRAWやLogガンマなどのHDR機能を持ったファイルでは、後処理の余地が非常に大きい。これが、映画のフィルムと全く同じ構造なので、これらを指してデジタルフィルム、と呼ぶ。

なお、余談だが、映画向けのカメラは日本の現場ではキャメラと呼ばれることが多く、これはキネ・カメラの略だ。本稿ではビデオ系の読者が多いと思われるために一般的でないキャメラという言葉は使わず、シネカメラというデジタル用語の方を用いさせて頂く。

さて。前後のフレームを使って圧縮の出来るビデオカメラとは事なり、1フレーム内に全てのデータが完結しなければいけないシネカメラはどうしても高価になりがちなのだが、BMCCはそれを258,000円という驚異的な低価格に抑えたのが特徴だ。しかし、その犠牲は小さくは無い。最低限撮影に必要なもの以外はありとあらゆる機能を削ってあり、カメラ単独で撮影に挑むのはかなり無理がある。あくまでもBMCCはコアパーツであり、それに様々な周辺機器を組み合わせて各人の必要なワークフローに合わせて行くのが正しい姿なのだ。しかし、昔の16mmフィルムカメラなどはまさに同じような最低限の機能しかもっていないのが普通であったから全く問題ないだろう。BMCCは、現代版の16mmフィルムカメラとでも言うべき存在なのだ。

基本周辺機器

以前の記事にも書いたが、BMCCを最低限撮影可能状態にするための基本周辺機器は下記のものを使っている。

必需品
  • SSD Kingston 240GB SSDNow V+200 (SVP200S3/240G)
  • 長時間撮影用SSD Sandisk Extreme 480GB (SDSSDX-480G-G25)
  • SSD処理用 Apple Mac Book Pro Retina 15インチ
  • 標準レンズ SIGMA 10-20mm F3.5 EX DC HSM
  • 望遠レンズ SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM
  • 外部マイク オーディオテクニカ AT9940
  • マスターヘッドフォン YAMAHA RH5MA

SSDは、240GBのものは収録しっぱなしの保存兼用の使い捨てメディアとして日々買い足し、高価な480GBのものは2枚だけ購入し、中身をコピーしては消去して使っている。収録時には、240GBのSSDに対して、RAWで25分程度の撮影が可能だ。コピー時間は、USB3.0の最速環境でも240GBで40分、480GBで約1時間半。バックアップを考えれば日々この2倍の時間がかかると言うことになる。

コスト的な理想を言えば日々SSDはコピーして空にして次の撮影に流用して行くのが良いのだが、実収録時間の2倍というこの長大なコピー時間を考えると手間や人件費的には現実的では無い。特に240GBの方はコピーは中身のチェックも兼ねて作業RAIDへのバックアップコピーのみ1回行い、SSDのデータはそのまま保管してマスターディスクとして運用するしか無いだろう。なお、SSDはカメラ本体でフォーマットすることが出来ない。事前にMacでフォーマットする必要がある。Windowsユーザーは、Macフォーマットをする為のソフトを別途導入する必要があるから要注意。

レンズは、私はコストを考えてSIGMAのものを使っている。まあ、私がLeicaファンで、Leicaのレンズを一手に引き受けているといわれるSIGMAの味付けが好みだというのも大きい。注意点は、BMCCの公称2.3倍、実質2.4倍のフルサイズ比焦点倍率で、相当に望遠寄りになってしまう点だ。10-20mmの超広角ズームでも24-48mm程度相当の標準レンズに、24-70mmの広角ズームが62-168mm程度相当の望遠レンズに化けるので気をつけたい。なお、単玉を複数取りそろえることは、このカメラのコンパクトだという最良の特徴を殺してしまうので、私は避けている。もちろんシネカメラでは光学ズームは基本的に使い道がないので、ズームレンズを焦点距離固定で使う形だ。現状で48mm相当と62mm相当の間が切れてしまっているが、前述の通りの単玉感覚で使うため、あまり気にせずに使っている。

また、マイクに関してだが、BMCCの内蔵マイクはなぜかレンズの下という確実に手が当たる場所に着いているので使い物にならない。アフレコ用の当て音収録と割りきってくれということなのだと思うが、同録をカメラ本体でする場合、必ず外部マイクは必要だ。

とりあえず上記のものだけでも撮影できるが、その撮影時間は1時間を切るし、屋外にも出られない。やはり、ここは外部バッテリーとNDフィルタも必需品に加えるべきだろう。

準必需品
  • 外部バッテリー NEP BL-F1170M x2
  • バッテリー連結昇圧機 NEP ブラックマジックシネマカメラ対応プレート
  • NDフィルタ Kenko ND8

上記の中で唯一、NEPのバッテリー連結昇圧プレートは市販品では無く特注品になってしまうが、これは私がこのプレートを注文したSYSTEM5で定番品としての取り扱いがあるので「手塚がBMCCで使っているのと同じもの」といって注文すれば非常にスムーズだろう。上記のBL-F1170M2連発で、大体5時間弱程度の撮影が可能になる。公表されてはいないが、実測から計算すると、BMCCの消費電力は大体30Wというところなのだろう。NDは、定番のND8がとりあえずは必須だ。私は、写真用の薄手のNDを厚紙で挟んで10センチ角フィルタにして使っている。

otaku_vol6_01.jpg 基本周辺機器を現場で組み上げて行くところ。今のところ、動作チェックも兼ねて大体10分程度。シンプルだ。SSDがカメラ本体でフォーマットできないので要注意
1 2 3

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


[ Writer : 手塚一佳 ]
[ DATE : 2012-10-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.10 Leica SL編

txt:手塚一佳 構成:編集部 スチルカメラの金字塔「Leica SL」 RED Digital Cinema創始者ジム・ジャナードが提唱した、デジタルカメラにおけるス... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.09 EOS-1D CとLexarCFカードを極寒実地テスト

カメラの性能、使いやすさ以上に押さえなければならないと言えば収録部分だ。私が自分の会社で先日購入した最新一眼レフ型4KシネカメラCanon Cinema EOS-1D Cの場合は、... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.08 Canon EOS-1D Cをゲット! 後編 〜ファーストインプレッション

カメラ界のユーロファイタータイフーン「Canon EOS-1D C」 EOS-1D Cは、世界唯一のレンズ交換式Logガンマ収録4Kカメラだ。その性能を手軽に持ち運べる上、ベース機... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.07 Canon EOS-1D Cをゲット! 前編 〜本格化する DSMCの世界

2012年12月26日。ついにCanon EOS-1D Cが発売された。もちろん、以前からこのカメラに注目して様々な記事も書いてきた筆者は、迷うことなくそのファーストロットを入手し... 続きを読む

[オタク社長の機材買ってみた]Vol.05 Blackmagic Cinema Cameraついに発売!

2012年8月末、ついにBlackmagic Cinema Camera(BMCC)が出荷開始された!今回は、早速入手したBMCCのファーストインプレッションをお届けしたい。 つい... 続きを読む

WRITER PROFILE

手塚一佳 CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
柳下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 手塚一佳 > [オタク社長の機材買ってみた]Vol.06 Blackmagic Cinema Cameraの周辺機器あれこれ