PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 林永子 > [スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.14 質実剛健ELECROTNIKが紡ぐ映像の世界とは?

News

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.14 質実剛健ELECROTNIKが紡ぐ映像の世界とは?

2010-08-26 掲載

暑い!!!暑い!!!暑い!!!

雲1つない晴天の夏の日、じりじりと肌を焦がす太陽光線に勝負を挑みたい衝動に駆られ、わざわざベランダにMacを持ち出して仕事する私のチャレンジングスピリットは異常気象の成せる技でしょうか?

それはさておき先日、映像系のセミナーで司会をして参りました。主賓はこのコラムでも何度も紹介している映像クリエイター、ELECROTNIK。 After Effectsの使用事例を紹介する講師としてELECROTNIKさんが招かれ、彼らのご指名で(自慢)ナビゲーターとしての大役を仰せつかり、大変光栄な気持でご一緒させて頂いた次第です。その際、過去作品より時系列で紹介してまいりましたが、  と、いうわけで今回もアーティストにフォーカスします!

まずは、初めて作ったMV。2001年のm-flo「PRISM」。

m-flo「PRISM」

グラフィックデザインからキャリアを始めた2人が、3DCGを手がけるようになった理由は「その時いちばん新しい表現が3DCGだったから」。シンプルかつ明解。当時は所属していた制作会社にある、UNIXの3DCG機材と人材を駆使して作品を作られたそうです。

次第に興味は実写へと移り、STATION IDやCM、MVなど、あらゆる媒体で実験的かつハイクオリティーな映像表現を試みるようになります。

HIFANA 「hifana.com」

NIKE×横浜マリノス

口ロロ「GOLDEN KING」MV

MVでは、実写とCGとモーショングラフィックスとアニメーションを分け隔てなく取り入れた、リアルとファンタジーを渾然一体とさせる世界感を表現。美術を手動で移動させつつ、箱庭と人物ショットを合成して不思議なパース感をつけた画と並べてみたりと、遊び心のある技が炸裂しております。

ego-wrappin’ 「天国と白いピエロ」

RIZE 「Live or Die」

RIZE「KAMI」

nagako222.jpg http://www.youtube.com/watch?v=eq9UwLj8eAk (埋め込み無効)

怒濤の合成によるハイテンションなモーショングラフィックスもお手のもの。

UZUMAKI feat.JESSE(RIZE)「 RUSH」

羅志祥 & 倖田來未 – Twinkle

(こちらは台湾放映バージョンですので、字幕などは作品の1部ではありません)

また、力強いパフォーマンスのパッションを信じた、実写のみのアツい作品も手がけています。ELECROTNIKさん曰く「引き算」を意識した作品です。

iLL / r.o.c.k.

DOPING PANDA – majestic trancer feat.VERBAL(m-flo)]

そして最後は近作2点。まずは、アスキーアートとモーショングラフィックスを融合させた超ハイセンスなビジュアルから演奏シーンへなだれ込むこの作品。こちらはティーザーですので演奏シーンのみですが、全編見たい方はHIFANA「24H」を買ってね。

HIFANA「甘いメロディー feat. TWIGY -teaser-」

そして最後はDREAMS COME TRUEの出演するポカリスエットのCM。こちらも、ポップながらもエッジの効いたエキスがあちらこちらに出ております。

ポカリスエットCM|ドリ×ポカリ篇

こうして見てみると、本当に様々な、というか、ありとあらゆる方法論にがちんこ勝負を挑んで来た偉大なる歴史が紐解かれますね。どのような手法を用いても、圧倒的に優れているのは「音感に呼応するビジュアルの表現力」。カメラワークや手動で動かす美術、合成で動かす素材、パフォーマーの動作によって産まれる時空間のグルーブを自由自在に操っている。今後はELECROTNIKさんのことを「時空間の猛獣使い」と形容したいと思います。

セミナー自体は、技術より演出をメインに行ったため、技術的な内容を聞きたい参加者におかれましては不満を感じたことと存じます。ただし「ソフトや機材はあくまでもツール、新しいものを試したいという理由では作品を作る動機にはならず、あくまでも素晴らしい表現に挑むためにそれらツールを使うのだ」というELECROTNIKさんの日頃の姿勢をくみ、演出面・表現の主旨をメインにお届けしたことは大正解であると、手前味噌ではありますが、考えておる次第でっす!

ELECROTNIKのさらなる活躍、心から!お祈りして申し上げております!


WRITER PROFILE

林永子 2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」


[ Writer : 林永子 ]
[ DATE : 2010-08-26 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.27 永子が愛した音楽映像たち…Best5

ちょっとだけ寂しいお知らせ! PRONEWSにおける我が異色コラムもついに最終回!ご愛読頂いたみなさま、誠に誠に誠にありがとうございました!私は本年で映像に特化したライター活動10... 続きを読む

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.26 2011年の映像シーンはInteractive and Primitive

あっという間に12月! もういくつ寝るとお正月! 1年を締めくくる時節に乗じて2011年を振り返ってみれば最低最凶! 12月もとっとと終われ! 厄災への愚痴はさておき、今年の映像シ... 続きを読む

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.25 日本最高峰のクリエティブオフィス、キャビアの新しい仲間たち

日本の広告映像界を牽引する映像作家集団とは? 高級食材キャビアの最高峰ブランドといえば、ロシア産ベルーガ。パンに「ええっ!」っと驚く量のベルーガを乗せてコップにがっつり注いだウォト... 続きを読む

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.24 祝・スナック永子6周年で垣間みる映像の未来

スナック永子がついに6周年を迎えました!感謝感激!今回はAR三兄弟の全面協力のもと、「こんな人と仕事がしたい」「こんなクリエイターを探している」「結婚したい」「恋がしたい」「融資し... 続きを読む

[スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.23 重鎮リプチンスキーへのオマージュを味わえ!

夏休み真っただ中、相も変わらず家でだらだらビール飲みながら読書、筋トレ、映像鑑賞に励む独身界の最優秀残念賞こと、ママ永子だよ!おっはよー!という訳で、今月もお気に入り映像をまとめて... 続きを読む

WRITER PROFILE

林永子 2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
鈴木佑介
日本大学芸術学部 映画学科"演技"コース卒の映像作家。 専門分野は「人を描く」事 。 広告の仕事と個人ブランドでのウェディングがメイン。 セミナー講師・映像コンサルタントとしても活動中。
柳下隆之
写真家アシスタント、現像所勤務を経て、撮影機材全般を扱う輸入販売代理店で17年余り勤務の後に、撮影業界に転身。一眼カメラによる撮影を得意し、代理店時代に手がけたSteadicamや、スタビライザー系の撮影が大好物。
奥本宏幸
大阪を拠点にしているフリーランスの映像ディレクター。演出・編集・モーショングラフィックをバランス良くこなす。フィンランドサウナが好きです。
井上晃
映像制作会社「有限会社マキシメデイア」代表、制作プロデューサー&キャメラマン。Facebookグループ「ATEM Tech Labo」、「Grass Valley EDIUS ユーザーグループ」を主催して、ATEMやEDIUSの布教に、日々勤しんでおるでよ。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、短編時代劇の自主映画制作を経て、現在は、映像を通じて人と人をつなぐことをテーマに様々な映像制作に取り組んでいる
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 林永子 > [スナック永子の勝手にMonthly Video Awards!]Vol.14 質実剛健ELECROTNIKが紡ぐ映像の世界とは?