[raitank fountain extra]Shoot.02 raitank的 EOS C300インプレッション

ホーム  >  コラム  >  raitank  >  [raitank fountain extra]Shoot.02 raitank的 EOS C300インプレッション

Column

[raitank fountain extra]Shoot.02 raitank的 EOS C300インプレッション

2012-01-20 掲載

[raitank fountain extra]Shoot.02 raitank的 EOS C300インプレッション

Cinema EOSだもの。映画撮らなくっちゃ!

前回の「テスト篇」の続きです。テストを通じて特性と実際に出てくる絵に親しんだら、やっぱり実地で撮影してみないことには、カメラのポテンシャルはわかりません。そしてC300はその名も"Cinema EOS"です。Cinemaを撮ってナンボでしょう?

...というわけで、raitank blog読者の中から、"その道の達人"系の方々1ダースほどにお声がけし、即席「raitank組」を結成。カントク(兼・録音部)を務めさせて頂くことになったボクは、12月、1月の仕事をすべてキャンセルし、raitank blogの更新をストップし、年末・年始の諸行事もすべて返上して、今日まで全力疾走で駆け抜けて参りました!

raitankS_01.jpg

それはもう過酷かつ壮絶なプロジェクトで、この1ヶ月の間のバックステージ話だけで軽くご飯3杯はいただける濃厚さですが、そこはそれ、本稿はあくまでC300のインプレッションですので、舞台裏のエピソードに関しては、また稿を改めて別の機会にご報告させて頂くこととして、さっそく現場での使用感からレポートしていきましょう。

映像を撮ることに特化したカタチと機能

raitankS_02.jpg

1回目のレポートをお読みくださった皆さんは薄々、『どうやら"一眼派"のraitankは、諸手を挙げてC300マンセー!というわけではなさそうだぞ?』と思われたかと思いますが(そしてそれは半分以上正しいのですが)、実際に現場に持ち出したC300は、さすがに使い易さ抜群!でした。

「ワンプッシュ・ホワイトバランス」、「内蔵NDフィルター」、「オーディオ音量メーター」、「ウェーブフォーム・モニター」、「ゼブラ」、「輪郭強調表示機能」、「プログラマブルボタン」、「ファントム電源対応XLR端子」などなど、要はビデオカメラとして当たり前の機能が当たり前にそこにあるという安心感。本来、写真を撮るために作られたEOSで、"無理して"動画を撮るのとは、やはり大違いです。

そして、一眼レフに加えビデオカメラの世界でも定評があるCanon製品であることによる、どこまでも安定した動作。実はこのデモ機にはバッテリーが1本しか付属していませんでしたが、XF300などと共通のBP-955であるということで、ロケ撮影に備え、SYSTEM5様のご厚意により、新品を2本ご用立ていただきました。でも、超絶に寒い冬の浜辺での撮影でも、バッテリーの保ちは公称値よりもむしろ長いくらいで、終日撮影して3本のバッテリーがすべて空になることはありませんでした。

raitankS_03.jpg

その他の動作に関しても同様。発売前のデモ機とはいえ、まったく安定していて微塵も揺るぎません。メカニカルな、あるいはプログラム上のトラブル、不具合、不安定動作は一切なし。システムの再起動も不要でしたし、記録漏れ等のトラブルも皆無。それはもう鉄壁の安心感!でした。...実は今回C300でロケ撮影に出かけてみて初めて、常日頃の一眼での動画撮影によって自分がいかに不断の緊張を強いられているか!?を逆に思い知らされた次第です(笑)。

Cinema EOSの"初号機"として...

raitankS_04.jpg

では、C300はもうこれで完成されているのか!?と言えば、そこはやはりかつてない新しい形態をまとった初号機です。今回、撮影監督をお願いした金居さん、岩永さんらから、幾つか改良していただきたいポイントの指摘を受けましたので、ご報告しておきましょう。

raitankS_05.jpg

1.内蔵ファンがうるさい

C300はボディ内にファンを内蔵しています。これが結構な音を出すのでした。きちんと計測はしていませんが、静かな室内での撮影ではきっと録音部さんに叱られるレベル。そして本番撮影時に、これを一時的に停める機能等が見当たりません。ビューファーの接眼部を伸ばすと音漏れが激しくなるので、外部モニターが使用できる場合は、ビューファーは常にボディに収めた状態で使う必要がありそうです。

2.ビューファーがイマイチ

C300のビューファーは「0.52型/155.5万ドット」というスペックを誇ります。これは、モニターユニットに搭載されている「4.0型/123万ドット」の外部液晶モニタよりも高精細...の筈なのに、実際の見え方がどうも芳しくありません。フォーカスの山も把握しづらいし、視度調節ダイヤルはすぐ回ってしまうし。ビューファー、液晶モニターともに既存のXF300/305と同等のようですが、こちらのビューファーはどうなのでしょうね?ちょっと気になりました。

3.録画開始/停止ボタンは電子式シャッターではダメ

C300には一眼レフカメラのそれを思わせるハンドグリップが付属しています。この、"ビデオに一眼レフのグリップ"という構造は、思いのほか握りやすくて大いに気に入ったのですが、シャッターまで一眼レフ同等の電子式というのはどうなの?という声がありました。シャッター動作によるブレ低減効果がある電子シャッターも、映像の撮影時にはハッキリとしたクリック感がなく、感触だけでは録画が開始されたのか?止まったのか?がわからないのです。特に撮影時のモニタにグラフィック表示を出すことを嫌う場合、いちいちタリーランプ等を確認しないと動作状態がわからないのは問題ですね。

4.内蔵マイクが欲しかった

C300からは内蔵マイクが省略されており、本体だけでは音声の収録ができません。いわゆるダブルシステムで音声と映像を別録りする場合、もちろんスレートとタイムコードで...というのが正道なのでしょう。でも、PluralEyes等の自動シンク・ソフトを使ってボタン一発で同期を終えるワークフローも一般的です。こうしたソフトによる同期作業では、映像付帯のガイド音声が必要です。音質は関係ないので、それこそEOSと同等の内蔵マイクがあれば、本体重量をなるべく軽くしたいステディカム撮影時等にも、マイクホルダーなしでガイド音声が録音できるのに、と残念でした。

MPEG Long GOP@50Mbitデータの編集

raitankS_06.jpg

正月明け3日、4日と二日間に渡って早朝から夜まで続いたraitank組の強行ロケ撮影。どうにか香盤表上の全20シーンを取りこぼしなくすべて撮り終えたところで、最終データの総容量は、なんと!たったの37GB。さすがはLong GOP@50Mbitですね。同じ分量の映像を、ハックしたGH2のイントラパッチ等で撮影していたら、容量はざっと3倍は必要だったに違いありません(笑)。

持ち帰ったデータは不測の事態に備えて、すべて「ディスクイメージ」で保存した上で、今回はFinal Cut Pro上から、XF300用のプラグイン(C300用に非ず)経由でProRes422に変換しました。ですが、C300(及びXF300/305)の映像データはMPEG-2 Long GOPの映像をSMPTE準拠の汎用MXFコンテナに収めただけだそうで、わざわざProResに変換することもなさそうです。むしろ、プラグイン・オプションに用意されている「ネイティブ」形式を選択してラッピング変更のみ実行して読み込んだ方が、画質は同等のままデータ容量の増加を防げるようです。

raitankS_07.jpg

また前回のレポートで、この読み込み時にガンマシフトが起こることをご報告しましたが、その後、正式にC300に対応したユーティリティ・ディスクを入手することができました。このディスクから最新版のFCP用読み込みプラグインと、MXFデータの管理ソフトCanon XF Utilityを使って、もう一度データを検分してみたところ...

raitankS_08.jpg

やはりガンマシフトは起こるようです。Final Cut Proに読み込んだデータは、Canon XF Utility上で見るオリジナルより若干レンジが強制的に広げられ、コントラストが上がる感じがします(上写真参照)。ただし、前回のレポート作成時にはこの純正ビューワーソフトがなかったので、C300の静止画記録機能で保存したJPEG画像と読み込んだ動画を比較して、その差に愕然としたのですが、今回は大した差は出ませんでした。...実はこれがCanonさん推奨のMXFファイルの見え方なのだとしたら、プラグインで読み込んだままで問題ないということになります。

Canon LOGとグレーディング

raitankS_09.jpg

今回の撮影は、もちろん全篇Canon LOGで行いました。前回もザッと検証した通り、C300と共に登場したCanon LOGの映像は、いわゆるLOG映像として見た場合、ほんの少しハイとローを広げるだけでそのまま使えてしまいそうなほど、最初からかなり"立って"います。ですが、せっかくの4:2:2データです。単純な色合わせをするだけなんてもったいない。積極的に色をコントロールしてみましょう。

...と意気込んで臨んだグレーディング耐性の所見ですが、これはハッキリ申しまして、16-bit深度の色空間で処理できるApple Color、あるいは同32-bitで処理できるDaVinci Resolveのようなソフト上で行ってください。今やRed Giant Software社のColorista2やMagicBulletシリーズをはじめ、編集ソフト上で直接使えるグレーディング・ソフトやプラグインが山ほどありますが、やはり8-bit(=たったの256階調)の壁は厳然として存在することがよくわかりました!

いくらC300がフルHD解像度に最適化された画素配列を持つ新しいセンサーから、階調豊かな4:2:2信号を読み出しているといっても、記録されるデータは8-bitです。潰れてしまった暗部を持ち上げてもディテールは出てきませんし、飛んでしまった明部を下げても階調は蘇りません。ましてや上記の通り、一口に「8-bit」と云っても機器やソフト間で完全な互換性はないようです。そんなあやふやな(?)8-bit色空間内で動作している編集ソフト上で色をいじるなど、もってのほか!と心得るべきでしょう(もったいないです)。

raitankS_10.jpg

逆に、Apple Color(16-bit色空間上)でいじった時には、C300のデータはかなり快適です。黒と白をピンダウンした上でカーブの上げ下げを行う場合など、かなり極端な補整をかけても最終出力が荒れることはまずありませんでした。このあたり、余裕ある色深度での作業では、さすがに4:2:2収録ならではの余裕が如実に感じられました。

C300テスト・ムービー「ぱられる」完成

というわけで、C300と過ごした二週間のあいだに学んだこと、感じたことを長々と書き連ねてきましたが、最後に今回のインプレッション企画の最終成果物であるテスト・ムービーをご覧ください。題して、「ぱられる」です。

できる限り「HD」をオンにして、また全画面表示にてご視聴ください。あるいは後述の通り、ご自分のPCにムービーデータをダウンロードしてから、全画面表示にしてご覧ください。

C300テスト・ムービー「ぱられる」はCreative Commonsライセンスの下、オリジナルデータを開放しています。HDでの再生がガタつく場合、もしくはフルHDデータをつぶさに確認されたい場合は、埋め込み元であるVimeoのページより、オリジナル映像データをダウンロードしてお楽しみください。

▶ Vimeo : raitank "Parallel"
http://vimeo.com/34751772

また、上記のようなWeb視聴用にエンコードされたものではなく、C300から撮って出しの「MXFデータ」各30秒ほど×3篇を、同じくCreative Commonsライセンスにて、別途、検証用にご用意しています。上記と同じく、該当のVimeoページからご自由にダウンロードしてグレーディングのテスト等にご活用ください。

MXFデータのアップロードでは、Vimeo様の仕様で音声と映像の同期がズレてしまうようです。悪しからずご了承ください。

▶ Vimeo : "Parallel" Original MXF Footage-1
http://vimeo.com/35198347

▶ Vimeo : "Parallel" Original MXF Footage-2
http://vimeo.com/35199052

▶ Vimeo : "Parallel" Original MXF Footage-3
http://vimeo.com/35199691

最後に。このオモシロイ機会をボクに与えてくださったPRONEWS様に感謝します。また、ボクのひょんな思いつきから年末年始の気ぜわしくも平和であった筈の日常をすべて返上し、正月三日から寒風吹きすさぶ葉山の浜辺に引っ張り出されてしまった「raitank組」ボランティアの皆さん。本当にどうもすみません。そして、本当にどうもありがとうございました。皆さんの伊達と酔狂のおかげで、2012年は年明けから希有で楽しい出だしとなりました。できますれば、ぜひまた次の...(ry)

「PARALLEL」raitank組:Bonze : Ichiro Anabuki | Gent : Uoken | Special Appearance : Eriko Sugawara | Producer : Yuichi Hori | DP & Steadicam Operation : Akihiro Kanai | Assistant Camera : Hiroshi Iwanaga | Gaffer : Chikashi Ichinose | Grip : Hiroaki Kurosawa | 3D Modelling & VFX : Yuji Yoshikai | Title Calligraphy : Eririn | Title Design & Animation : Takashi Ueda | Still Photo : Reika Matsubayashi | Advisor : Kazunori Murabayashi | Written, Directed and Edited : raitank


前編はこちら [EOS C300インプレッション]


[ Writer : raitank ]
[ DATE : 2012-01-20 ]
[ TAG : raitank fountain ]

関連のコラム一覧

[raitank fountain]Vol.09 Netflix製作「House of Cards」に見る21世紀的TV視聴スタイル

[raitank fountain]Vol.09 Netflix製作「House of Cards」に見る21世紀的TV視聴スタイル

前回、[raitank fountain]Vol.08では、僕らのお茶の間に「4K TVが要らない理由」について考察しました。今回はその続き... ではないんですが、またぞろ海の向 .... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.08 3D TVの終焉と4K TVの胸騒ぎ

[raitank fountain]Vol.08 3D TVの終焉と4K TVの胸騒ぎ

CESで3Dテレビが公式にオワコンに 例年同様、年明け早々にラスベガスで開催された2013 International CES(世界最大の家電見本市)。会場の様子は、ココPRONE .... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流

[raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流

ご縁があって、昨年の12月から今年1月の前半にかけてScarlet-Xと、Epic-M Monochrome、2台のREDをお借りする機会を得ました。今回のお借り出しのメインは、 .... 続きを読む

[raitank fountain extra]Shoot.06 片手で気軽に4K撮影 JVC GY-HMQ10:Vol.2

[raitank fountain extra]Shoot.06 片手で気軽に4K撮影 JVC GY-HMQ10:Vol.2

...というわけでVol.1では、オリジナリティとバイタリティに溢れたJVCの皆さんが、いかにして世にもレア!かつエコ!な4Kシステムを思いつき、カタチにされたかについて、じっくり .... 続きを読む

[raitank fountain extra]Shoot.05 片手で気軽に4K撮影 JVC GY-HMQ10:Vol.1

[raitank fountain extra]Shoot.05 片手で気軽に4K撮影 JVC GY-HMQ10:Vol.1

今年は次から次へと魅惑的なカメラがデビューし続けています。ことに動画一眼からENGタイプまで、各社揃ってラージセンサー搭載カメラの充実ぶりは、いやもう目を見張らんばかり。スペックを .... 続きを読む

[raitank fountain extra]Shoot.04 動画カメラとして見る Nikon D4,D800:Vol.2

[raitank fountain extra]Shoot.04 動画カメラとして見る Nikon D4,D800:Vol.2

というわけで、Vol.1ではD4、D800の開発に関わられたニコン社員の皆さんから伺った貴重なお話をご紹介しました。ボクはこの座談会の前後にD4とD800をお借り出しさせて頂き、デ .... 続きを読む

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。3年前、出来心でトルコの handy-35(現・edelkrone)製 DoFアダプターに手を出し、被写界深度表現にヤラれる。以降、あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学するも、国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するraitank blog開設に至る。
raitank blog:www.raitank.jp


Writer

編集部(166)
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏(55)
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良(39)
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポートする動画連載。
raitank(15)
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし(71)
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史(43)
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋(43)
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳(81)
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之(26)
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎(47)
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二(25)
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央(28)
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎(5)
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ(17)
頓知を駆使した創造企業
猿田守一(6)
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古(5)
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏(3)
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵(6)
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ(1)
未来シネマ/ディレクター。元IMAGICAのテクニカル・ディレクター。ハリウッドに駐在し、大型映像のVFXを手がける
金田浩樹(1)
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab(5)
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出(43)
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチールカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧(10)
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜(73)
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久(5)
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子(27)
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博(7)
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ(2)
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一(17)
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博(5)
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美(5)
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport(10)
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs(8)
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

ホーム  >  コラム  >  [raitank fountain extra]Shoot.02 raitank的 EOS C300インプレッション