PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain extra]Shoot.03 動画カメラとして見る Nikon D4,D800:Vol.1

News

[raitank fountain extra]Shoot.03 動画カメラとして見る Nikon D4,D800:Vol.1

2012-07-11 掲載

1 2

2008年9月に登場した史上初のHD動画収録機能付きデジタル一眼は、実はEOS 5D MarkIIではなく、Nikon D90であったことはご存知でしょうか。一眼動画は、物理的にはニコンのカメラから始まったのです。ただ、ニコンの一眼で撮れる動画は、なぜか?永らく「AVI Motion JPEG@720p24fps」固定だったので、幾人かの強者(つわもの)チャレンジャーを除けば、基本的に皆さっさとEOSに流れていきました。

D90(左)D7000(右)

その後、SONYさんやPanasonicさんが順当に参入し、ご存知の通り、一躍「ラージセンサー・カメラ市場」が活況を呈するようになります。…が、ニコンさんは相変わらずのマイペース。昨年ようやっとD7000が登場し、フルHD(1080p)での収録ができるようにはなったものの、正直、二年ほど周回遅れの印象。基本的に『ニコンは一眼動画に注力したくないメーカーなんだな』という認識が定着していたと思います。

と・こ・ろ・が。そんなニコンさんが今年1月にスペックを公開したD4、D800には、みんな腰を抜かさんばかりに驚かされる羽目になりました。

『ヘッドフォン端子、あります!』
『音声レベルメーター、表示できます!』
『一粒で3回おいしいクロップ録画モード、あります!』
『4:2:2クリーン出力、できます!』
…って、どこの次元からやって来た優等生ですかっ!?(笑)

D4(左)D800(右)

突如、彗星の如く登場したD4、D800。そのスペックを見て感じたのは、D4こそ、いわゆる “HDSLRの頂点” として君臨するモデルになるのでは?という予感でした。どちらも35mmフルサイズ・センサー機とはいえ、3,600万画素という超高密度センサーを備えるD800とは違い、D4の全く欲張っていない1,620万画素センサーのほうが「圧倒的に暗さに強い」であろうことは想像に難くありません。

また、FX(フルサイズ:x1)、DXクロップ(x1.5)というD800に用意されている二つのクロップ撮影モードに加え、D4には更に一段上のフルHDクロップ(x2.7)モードが用意されており、つまり1本のレンズで3回おいしい!点もすこぶる好印象。

そこで、早々とPRONEWSさんにお願いして、2月にD4をしばらくお借りしてテストをさせて頂きました。

んん?ですが、事前の想像に反してテスト結果は芳しくありません(詳しくは、Vol.2にて)。異変は、FXフルサイズ・モード、DX x1.5クロップ・モードでの収録中、ピントの山がまったく掴めず、「あれ〜?」と首を傾げたところから始まりました。どこにピントを合わせても、ボヤッとしていて解像感がないのです。持ち帰ったデータを等倍で確認しても、印象、変わらず。海外のニコン派の友人などは「Oh、なんか優しい描写やね〜」などと言ってくれたりもしましたが、やっぱり、なんかヘンです。だって、センサー中央部をフルHD画角で切り出して収録するフルHDクロップ(x2.7)モードの絵は、それはそれは気持ち良く解像しているのでした。

…じゃ、D4で動画撮る時はフルHDクロップ・モードで撮れば? って、それは本末転倒も甚だしい。

なぜ、こんなことが起こるのか? なにか使い方が間違っているのか?いやコレはやっぱりダウンサンプリングのやり方に、どこか間違いがあるんじゃ?…と、悶々と出口の見えない疑問を抱え込んでしまい、いつまで経ってもレビューが書けません。これでは埒があかない。

そこで、PRONEWSさんに頼んで、ニコンのご担当の皆さんにお引き合わせ頂いたのでした。

ROUND 1:D4、D800、気になるポイントを一問一答

  • 日時:5月14日
  • 於:ニコンイメージングジャパン
  • ご協力:高橋和敬氏(左)、吉松栄二氏(中央)、寶珠山秀雄氏(右)
03_nikon_1.jpg

ダウンサンプリング方式について

寶珠山秀雄氏(以下、寶珠山氏):D4の収録動画に関し、FXとDXモードでは「解像感が低い」というお話を頂きました。まずは動画収録に関する全般的な制約として、FXモード、DXモードの画角は3:2、1920×1080クロップは16:9と、画面の収録アスペクトが異なります。そして、センサーが感じた16.2Mの絵は、最終収録画素数である1920×1080=約2Mサイズまで画素を減らさなければなりません。その「減らし方」には幾つかの方式がありまして、D4とD800では異なる方法を採っています。

具体的には、D4はどちらかというと高感度のときの画質を重視した画素の作り方を、D800のほうは解像感を重視した画素の作り方をしています。この志向性の違いで、それぞれのカメラが記録する動画の特性に違いが出ます。

04_mr_houshuyama.jpg

raitank:メーカーは自社カメラの画素の作り方を断固として明かしてくれませんが(笑)、センサー信号の画素の減らし方、いわゆるダウンサンプリングの方法は、主に「ラインスキップ」、「ビニング」、「画素混合」の3つに集約されるのでは?

そして、エイリアシングやモアレのないキレイな動画は、なんといっても「画素混合」が一番!ということが知られています。ならば全社とも「画素混合」を採用してくれれば何も問題ない筈なのに、なぜか?現在市場に出ている一眼あるいはノンフレックス・カメラのほとんどが、「ラインスキップ」か「ビニング」の二択です。僕の知る限り、敢えて「画素混合」を採用しているのは、実質、某社のアレしかありません(笑)。これは一体なぜなのでしょうか?

寶珠山氏:いくつか理由がありますが、一番大きな理由は、私たちは動画ではなく「写真」のメーカーである、ということです。きれいな動画のために!と画素混合方式を採用すると、別の、写真のために必要な特性を犠牲にしなければなりません。

半導体の画素ピッチの限られたスペースの中に、色々な回路を埋め込まなければならない。画素を混合するには混合するための「回路」が必要ですが、それは写真の画質向上には関係 がありません。ということは、その回路を埋め込むためには、写真の画質を良くするのに必要な別の回路を削らなければならないという事になります。

画素ピッチは決まっており、半導体の中に埋め込むことができる回路の絶対量も決まっており、それを何のためにどう割り振るか?という問題に直面するのです。最終的にどんな回路 を、どんな方式を採用するかは、各カメラの味付けと、メーカーとしてのポリシーの違いが大きく出るところなのだと思います。

HDMI経由の4:2:2出力について

raitank:僕がテストさせて頂いた時には、HDMI端子から出ていた筈の4:2:2信号が外部機器で認識されませんでした。その後、調べてみると、本体内の「メモリカードスロットを2つとも空にしなければならない」という話を聞きましたが…。

吉松栄二氏(以下、吉松氏):その話はどこで聞かれたのでしょう? 実際には、カードスロットの中身のあり/なしは、外部4:2:2収録とは全く関係がありません。なにか違う操作と絡んで、誤解されているのではないかと思うのですが。

05_mr_yoshimatsu.jpg

raitank:え?カードスロットを空にする必要はないのですか。 この情報は海の向こうの動画系フォーラムに、しかも何人もの方がそれぞれの言葉でアドバイスしています。僕はテストの後でこの情報を知りました。そして「な〜んだ、僕はカードを入れたままだったので4:2:2信号が出ていなかったのか」と判断していたのですが…。そういう事実はないのですね?

吉松氏:ええ、実は私もそういう噂を耳にしてはいたのですが、実際はカードのあり / なしと4:2:2出力はまったく関係がありません。カードが入ったままの状態でも、HDMI端子からはちゃんとクリーンな4:2:2信号が出力されています。

リップシンクがずれる問題について

raitank:リップシンクのずれについては如何でしょうか?これも海外のフォーラムで2つ、3つレポートが挙がっていましたが。

吉松氏:こちらは私たちも把握している問題です。手をパンパン叩く絵を撮ると、叩く前に音が出てしまっている(笑)。微妙なズレではあるものの、一度気になるとものすごく気になります…。本件につきましてはもう修正の目処は立っていますので、できるだけ早めにファームウェア・アップデートの形で対応させていただきたいと考えています。

今後の動画に関する展開について

raitank:ニコンさんは今後、動画についてはどのような姿勢で取り組まれるおつもりでしょう?

寶珠山氏:正直、動画に関しては、どういう仕様にしたらお客さんに受け入れられるのか?いまいち自信がないところもあります。ただ、多くのお客様が写真だけでなく動画に関しても期待を寄せておられることは存じあげております。極力良いものを出していきたい。弊社には現在、動画専用カメラがありません。そういうカメラを開発する部門・部署もございません。これは同業他社さんに対する弱点であると同時に、社内調整の手間がかからないという意味では、逆に強みにもなると思っています。他部署に遠慮や配慮をしたり、機能の出し惜しみをする必要がありませんから…。

raitank:…なるほど。某社の競合機種とは違い、D800ですでにクリーンな4:2:2信号出力まで実現されてしまわれた秘密は、そういうことでしたか(笑)。

06_nikon_2.jpg

吉松氏:開発前のリサーチでも多くの方がHDMIからクリーンな4:2:2信号が出ることを希望されていることがわかり、「コレは絶対にやらないといけないな!」と考えていました。

寶珠山氏:ただし、会社のスタンスとして、ニコンはなにを差し置いても、まず写真のメーカーなのです。動画のために静止画に関する何かを犠牲にするというコンセンサスは、社内的に出しにくい。ですので方向としては、できうる限り静止画を犠牲にすることなく、動画系の性能をどんどん上げていく、ということになるかと思います。

24Mbpsというビットレート

raitank:今回、D4、D800を試させて頂いて、大いに気に入りました。特にD800は現在の品薄状態が解消したら、たぶん自分でも買ってしまうと思います。ただ、敢えて一つだけ気になる事を指摘させて頂ければ、24Mbpsというビットレートでしょうか。これはいかにも低すぎます。より高画質なデータが必要なら外部レコーダーで4:2:2出力を収録してね!という話かも知れませんが、一眼動画の大切な要件として「機動性」というファクターもあります。カメラに外部モニタをつけて外部レコーダーをつけて… ということになったら、結局、大きなビデオカメラと変わらなくなってしまいます。

寶珠山氏:ただ、こう言ってはナンですが、D4、D800に搭載しているH.264は、かなりハイスペックな仕様になっています。私どものベンチマークでは、ビットレート数値の倍ぐらいの効率を確認しています。

07_mr_takahashi.jpg

高橋和敬氏(以下、高橋氏):ビットレートの数値だけを単体で抜き出されますと、たしかに低く感じられることとは思いますが、エンコードの方式等の中身は他社様とは若干違います。同等ビットレートの他社製カメラと見比べていただくと、明らかに画質が上であることをご確認いただけると思いますので、その辺りはまた詳しく検証して頂ければ幸いです。

(以上、05/14/2012@ニコンイメージングジャパン)

まだまだROUND 2へ続きます!

1 2

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


[ Writer : raitank ]
[ DATE : 2012-07-11 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

raitankfountain_vol10_title

[raitank fountain]Vol.10 raitank式DJI Osmo RAW(Zenmuse X5R+Osmo)レビュー

txt:raitank 構成:編集部 イントロダクション ドローン撮影用に開発されたM43マウント搭載・小型4Kカメラ「Zenmuse X5R」を「Osmoハンドル」と... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.09 Netflix製作「House of Cards」に見る21世紀的TV視聴スタイル

前回、[raitank fountain]Vol.08では、僕らのお茶の間に「4K TVが要らない理由」について考察しました。今回はその続き... ではないんですが、またぞろ海の向... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.08 3D TVの終焉と4K TVの胸騒ぎ

CESで3Dテレビが公式にオワコンに 例年同様、年明け早々にラスベガスで開催された2013 International CES(世界最大の家電見本市)。会場の様子は、ココPRONE... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流

ご縁があって、昨年の12月から今年1月の前半にかけてScarlet-Xと、Epic-M Monochrome、2台のREDをお借りする機会を得ました。今回のお借り出しのメインは、... 続きを読む

[raitank fountain extra]Shoot.06 片手で気軽に4K撮影 JVC GY-HMQ10:Vol.2

...というわけでVol.1では、オリジナリティとバイタリティに溢れたJVCの皆さんが、いかにして世にもレア!かつエコ!な4Kシステムを思いつき、カタチにされたかについて、じっくり... 続きを読む

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain extra]Shoot.03 動画カメラとして見る Nikon D4,D800:Vol.1