PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain extra]Shoot.04 動画カメラとして見る Nikon D4,D800:Vol.2

News

[raitank fountain extra]Shoot.04 動画カメラとして見る Nikon D4,D800:Vol.2

2012-08-14 掲載

1 2

というわけで、Vol.1ではD4、D800の開発に関わられたニコン社員の皆さんから伺った貴重なお話をご紹介しました。ボクはこの座談会の前後にD4とD800をお借り出しさせて頂き、デジタル一眼史上初の快挙である「3つのクロップモード」や「クリーン4:2:2出力」に感激しておりましたが、Vol.2では実践編として、D4、D800でそれぞれ行ったテスト撮影の結果を、拙い作例を交えてご紹介させて頂ければと思います。

D4 対 5D2、GH2

01_5D2_D4_GH2.jpg

ボクが普段仕事で使っている5D2、GH2は、どちらも “吊しの状態” からはほど遠い改造マシンです。5D2にはSamuel Hurtado氏作の「flaat」というピクチャースタイルをインストールしており、また、Mosaic Engineering社製の外付けローパス・フィルター「VAF-5D2」を内蔵してモアレを防いでいます。

Mosaic Engineering : VAF-5D2 Optical Anti-Aliasing Filter
Similaar : Flaat Picture Style for Canon DSLRs
Similaar : Flaat Picture Control for Nikon DSLRs

※ ニコン一眼用の「flaatピクチャーコントロール」もリリースされています。ダイナミックレンジ10ストップを実現する「10」がEOSの「CineStyle」と同等、11ストップの「11」が開発者であるSamuel Hurtado氏のお勧めとなっています。特にD800には「11p」が最適だそうです。

いっぽう、GH2はbkmcwd氏作の3GOPパッチ「GOP3ZILLA_V2.0」でハックし、軽く100Mbpsを越えるビットレートで信号を記録しています。

PERSONAL VIEW : GH2 Settings Vault, most popular settings in one place

対するD4は、せいぜいピクチャーコントロールで素材性重視の「ニュートラル」を選び、調整パラメーターを以下に設定しただけの、ほぼ標準設定です。

    輪郭強調 > 1
  コントラスト > -2
     明るさ > 0
色の濃さ(彩度) > -1
 色合い(色相) > 0

…と、三つ巴の試し撮りの体裁をとってはいますが、使用したレンズからセンサーサイズまで違いますので、せいぜい “傾向を計る目安” 程度の意味しかありませんことを言明しておきます。また、基本、データはカメラ出しのままですが、GH2のデータのみ編集時に色被りを緩和しています。

使用レンズ:
  • D4  AF-S Nikkor 24-70mm f/2.8G ED
  • 5D2 EF24-70mm f/2.8L USM
  • GH2 Nokton 25mm f/0.95
02_EdgeSharpening.jpg

ココでちょっとしたワンポイントですが、D4に限らず、ニコンのカメラでは「輪郭強調」を最下限値である「0」に設定すると、輪郭強調効果を “完全に切る” ことができます(キヤノンEOSでは、最下限値でも「最弱」で輪郭強調がかかっていて、これを切ることはできません)。従来、一眼動画では、「ラインスキップ」によるダウンサンプリングと「H.264コーデック」による圧縮でアラが出ないよう、「輪郭強調はオフ」が定石とされてきました。ですが、設計時の方針として動画の解像感を追求していないD4(Vol.1を参照)では、敢えて「輪郭強調」をもう少し上げて、メリハリを出しても良かったのかも知れません。…と、いまさらちょっと後悔。

D4、3つのクロップモード

D4にはFX(フルフレーム・センサー範囲)、DX(APS-Cセンサー範囲)、そしてフルHD(1920x1080範囲)という3つのクロップモードが用意されています。近来これほど画期的な撮影機能が他にあったでしょうか?

03_Crop_DX.jpg

もちろん、クロップ撮影モード自体に関して云えば、たとえばGH2にはもう二年も前から「Exテレコン」という、センサー中央部切り抜き撮影モードが搭載されていました。ですが、D4はフルサイズ・センサー機ならばこそ、フルHD切り抜き(x2.7倍)の上にさらにAPS-Cサイズ(x1.5倍)のクロップモードを追加できました(このモードでさえマイクロフォーサーズ・センサーよりも撮像範囲が広い!)。これにより、たとえば標準的な24-70mm f/2.8のズームが、広角24mmから望遠190mmまでのニッパチズームに変身してしまうというのですから、まさに快挙です!

…Vol.1で触れられているように、D4の “味付け” が解像感重視ではなかったために、FX、DXモードでのイメージが今ひとつキリッとしないのが本当に惜しいです。

04_Crop_FullHD.jpg

それから。ココで、あえて苦言を二つ。

苦言その1:どうして同じフルフレーム・センサー機であるD800にはFXとDXの二つのクロップモードしか用意して下さらなかったのでしょうか?(もしもこれが自社製品ラインナップ内のランク付けのためだったとしたら、「あぁニコンよ、お前もか…」とガックリ肩を落とすほかありません)

苦言その2:FXとDXは「撮影メニュー → 撮像範囲」で切り替え、FX、DXからフルHDクロップへは「動画の設定 → 画像サイズ/フレームレート」で切り替えというのが解りづらく、また面倒です。クロップ撮影の切り替えはメニューではなく専用のボタンやノブで切り替えても良いくらい画期的な機能ですから、せめてファンクションボタンひとつに集約して使い分けできるようにはならないでしょうか?

1 2

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


[ Writer : raitank ]
[ DATE : 2012-08-14 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

raitankfountain_vol10_title

[raitank fountain]Vol.10 raitank式DJI Osmo RAW(Zenmuse X5R+Osmo)レビュー

txt:raitank 構成:編集部 イントロダクション ドローン撮影用に開発されたM43マウント搭載・小型4Kカメラ「Zenmuse X5R」を「Osmoハンドル」と... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.09 Netflix製作「House of Cards」に見る21世紀的TV視聴スタイル

前回、[raitank fountain]Vol.08では、僕らのお茶の間に「4K TVが要らない理由」について考察しました。今回はその続き... ではないんですが、またぞろ海の向... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.08 3D TVの終焉と4K TVの胸騒ぎ

CESで3Dテレビが公式にオワコンに 例年同様、年明け早々にラスベガスで開催された2013 International CES(世界最大の家電見本市)。会場の様子は、ココPRONE... 続きを読む

[raitank fountain]Vol.07 モノクロームの潮流

ご縁があって、昨年の12月から今年1月の前半にかけてScarlet-Xと、Epic-M Monochrome、2台のREDをお借りする機会を得ました。今回のお借り出しのメインは、... 続きを読む

[raitank fountain extra]Shoot.06 片手で気軽に4K撮影 JVC GY-HMQ10:Vol.2

...というわけでVol.1では、オリジナリティとバイタリティに溢れたJVCの皆さんが、いかにして世にもレア!かつエコ!な4Kシステムを思いつき、カタチにされたかについて、じっくり... 続きを読む

WRITER PROFILE

raitank アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > raitank > [raitank fountain extra]Shoot.04 動画カメラとして見る Nikon D4,D800:Vol.2