PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江口靖二 > [DIGITAL SIGNAGE EXPO 2014]Google参入とwebOSでデジタルサイネージはマルチスクリーンにシフトする

News

[DIGITAL SIGNAGE EXPO 2014]Google参入とwebOSでデジタルサイネージはマルチスクリーンにシフトする

2014-02-14 掲載

Digital Signage EXPO 2014(DSE)が今年もラスベガスで2月11日から13日(現地時間)で開催中だ。DSEは世界最大規模のデジタルサイネージの展示会である。今年は一見すると今までと変わりがなく、あまり目新しさがないように見えるのだが、実は注目するべき新たな展開があったのでレポートしたい。

GoogleがChromeboxでデジタルサイネージに参入

DSE2014_05816.jpg Chromeboxを利用したデジタルサイネージのデモは、インテルのパビリオンブースの中で行われた

一つめの注目ポイントは、GoogleがChromeboxを使ったデジタルサイネージに参入することを発表したことだ。Chromeboxは日本ではまだ馴染みのないChrome OSで動作するSTBである。会場ではASUS製のChromeboxで一般的な片方向のサイネージと、タッチパネルによるKIOSKのデモを行った。CMSはHTML5のWEBベースである。

DSE2014_05812.jpgASUS製のChromeboxは179ドル

ASUSのChromeboxは179ドルで、サイネージのためのCMSは年間で1ボックス165ドルである。今後はデルとHPからも発売される。また説明員によると、近日中に発表されるHDMI端子がついたスティックタイプSTBである「Chromecast」の次期バージョンにも対応するという。

DSE2014_05814.jpg CMS画面。年間利用料は165ドル

ChromeはPCとテレビにすでに対応しており、今回のサイネージ対応によって異なるシーンにおける、様々なデバイスに対応できる環境が構築可能。このことは非常に大きな意味を持っている。既存のサイネージ単独のシステムにとってはインパクトがかなりあると思われる。

LGはwebOSでマルチスクリーンに対応

DSE2014_05850.jpg webOS for Signageのデモ

もう一つは、LGがCESで発表したwebOSを搭載したテレビで動作する「webOS for Signage」を展示したことだ。webOS搭載テレビ上でサイネージアプリを動かすことで、外部のメディアプレヤー機器が不要になる。一般的なサイネージの利用シーンでは必要十分な機能を持っている。webOSはもともとPDAであるPalm用に開発された軽いOSであり、HPが引き取ってwebOSとしてオープンソース化していたもの。これをスマートテレビにLGが導入し、サクサク動くスマートテレビとして注目されていた。

DSE2014_05852.jpg webOS for Signageの特徴紹介

HTML5とCSS、JavaScriptでHTML5ベースのアプリを作成すると、デジタルサイネージ、Android、iOSなどの機器に対してもコンテンツ配信が可能になる。SDKも公開されるので、様々なアプリを作成してサイネージだけではないマルチスクリーン対応の映像によるミュニケーションが可能になる。

ChromeboxもwebOSも、これからますますデジタルサイネージが汎用的なものになり、マルチスクリーンに対応できるようになる方向性を示したものだ。デジタルサイネージを単体だけで利用する時代はまもなく終わりになるかもしれない。

4Kディスプレイは思ったほど出ていない

サイネージの4K化の進展状況もレポートしたい。ディスプレイ系ではLGとサムスンがCESと同様の展示を行ったが、明確に業務用をうたった製品はなかった。また日本のメーカーはマルチ画面を除いて、4K以上の解像度を展示やアピールしている会社はなかった。

■LG
DSE2014_05830.jpg 左から98インチ、105インチ21:9湾曲、105インチフラットパネルは全て4K。ブース入り口に設置

LGはCESで出品した98インチ、105インチ21:9の湾曲とフラットパネルの4Kディスプレイを展示した。これら製品は98インチを除いてカテゴリー的には業務用ではない。画質はいうまでもなくこれまでのHDサイネージをはるかに凌駕している。湾曲ディスプレイがサイネージにおいてアドバンテージがあるわけではないと思われる。

■サムスン
DSE2014_05823.jpg 85インチ4Kディスプレイ

サムスンは85インチの4Kディスプレイを展示。LGと比較すると4Kシフトが鮮明ではないのが特徴だった。

■PLANNER
DSE2014_05888.jpg こちらは平置きのデモ

PLANNERは85インチの4K、32点タッチパネルディスプレイを壁掛けと平置きで展示。どちらも反応速度が非常に速い。

■CHRISTIE
DSE2014_05904.jpgCHRISTIEの84インチ4K

CHRISTIEは84インチの4Kディスプレイを出展。さすがにとても上品かつ高画質な映像だ。


4Kプレイヤー関連

現時点でサイネージを4K化する際の課題は、実はプレイヤーである。多くはPCに高性能のグラフィックボードを挿すか、REDの4Kプレイヤー「REDRAY」を利用するケースが多い。今回は2社から4Kプレイヤーの展示があった。

■Brightsign
DSE2014_05898.jpg Brightsignの4Kプレイヤーのデモ

Brightsignの4KプレイヤーはH.265、4K60p、HDMI2.0に対応している。画質に関してはデモに使われているコンテンツが評価には向かないものであることと、表示ディスプレイが安価なもののために評価ができない。

DSE2014_05900.jpg 本体はお馴染みの青色
■AXIOMTEK
DSE2014_05811.jpg AXIOTEKの4Kプレイヤー

台湾のAXIOMTEKも4K対応プレイヤーを展示。こちらは4K30pに対応。

■パナソニック
DSE2014_05766.jpg パナソニックのトランスコーダーLSI PH1-Pro4搭載のサンプルボード

4Kプレイヤー用のトランスコーダーLSI「ProXstream PH1-Pro4」とボードを出展。同LSIは日本未発売のソニーの4Kプレイヤー「FMP-X1」にも搭載されているということで実績もある。デモでは試作ボードに実装させて4K30pを表示させていた。このLSI自体は以前からあるものだが、今回はデジタルサイネージ市場での4Kニーズの高まりを受けての出展のようだ。

DSE2014_05762.jpg WiGigを使って動画コンテンツをKIOSKから高速ダウンロード。KIOSKから端末の上に付いているのがUSB接続の通信ユニット。スマートフォン側は本体裏側にある

またパナソニックは、新世代の高速Wi-Fi規格であるWiGig(802.11ad)を利用した高速ファイル伝送のデモを行った。WiGigは60GHz帯を利用して最大6Gでの伝送が可能とされるが、伝送距離が現時点では10mと制約がある。デモではKIOSK端末で映画などのコンテンツを購入し、手元のスマートフォンにWiGig経由でダウンロードをさせた。

総括

DSEは昨年くらいから完全にサイネージ機器展になっている。前回まではNABやCESと同じラスベガスコンベンションセンター(LVCC)のホールの一部を使って開催していたが、今回からSANDSに移動した。出展規模に大きな変化はない。ChromeやwebOSがサイネージに利用されることで、これまでのような業務用の映像配信システムからクラウドの構成要素であり、デジタルマーケティングコミュニケーションの一部となる方向性に向かうのであろう。デジタルサイネージは大きな転換期を迎えることになるに違いない。


WRITER PROFILE

江口靖二 江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。


[ Writer : 江口靖二 ]
[ DATE : 2014-02-14 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

KANSAI2016_top

[Report Now!]第1回関西放送機器展〜関西初の総合的な放送機器展を往く!

txt:岡英史 構成:編集部 関西地区初の大規模放送機器展とは? 日本全国では、結構な数の放送機器イベントが行われている。おなじみのInterBEEやQBE... 続きを読む

ASTRO2016show_top3

[Report NOW!]アストロデザインプライベートショー2016〜HDRやIP対応製品から8K放送に向けた製品までを一斉展示

txt:稲田出 構成:編集部 4K/8K製品の宝庫、アストロデザインプライベートショーが今年も開催! 6月16、17日の2日間、東京・大田区南雪谷にあるアストロデザイン... 続きを読む

NHKtech2016_top

[Report Now!]NHK技研公開2016〜進化する放送技術を体感

スーパーハイビジョン試験放送開始直前、最新の放送技術を展示 5月26~29日までの4日間、東京・世田谷区砧の放送技術研究所おいて「進化が続く放送技術をご体感ください」をテーマ... 続きを読む

NHK2016_top

[Report Now!]NHK第45回番組技術展〜8Kなど現場から生まれる技術や取り組みを紹介

放送現場で開発・活躍する最新の放送機材や取り組みが紹介される番組技術展 2016年2月7日(日)~9日(火)の3日間、東京・渋谷のNHK放送センターにおいて、全国の放送現場で開発... 続きを読む

siggraphAsia2015_top

[SIGGRAPH ASIA 2015] 神戸で開催されたSIGGRAPH ASIA 2015を振り返る

神戸国際展示場レジストレーション会場txt:安藤幸央 構成:編集部 第8回目となるSIGGRAPHのアジア版、神戸で開催 SIGGRAPHは世界最大のコンピュータグラフィックス... 続きを読む

WRITER PROFILE

江口靖二 江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江口靖二 > [DIGITAL SIGNAGE EXPO 2014]Google参入とwebOSでデジタルサイネージはマルチスクリーンにシフトする