PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江口靖二 > [江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.06 地味に進化を続けていたソウルのデジタルサイネージ最新事情2014

News

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.06 地味に進化を続けていたソウルのデジタルサイネージ最新事情2014

2014-03-21 掲載

ds2014_06_01.jpgイオン幕張新都心店の透明LCDを搭載した冷蔵庫
※クリックすると拡大します

4年ぶりのソウル。当時、ソウルは、デジタルサイネージが世界一進んでいると言ってもいい状態であったが、その後はどうなっているのか。新しい試みと、当時話題になった事例がその後どうなっているのか、ソウルのデジタルサイネージ最新事情をレポートする。

今回一番目についたのは透明液晶ディスプレイである。Digital Signage EXPOなどの展示会ではよく目にするのだが、日本国内ではいまのところイオン幕張新都心店の冷蔵庫にあるものくらいしか導入事例はない。写真のように透明度も発色もいまひとつだ。


ds2014_06_03.jpg コルトンボックスの表面に透明液晶が設置されているのがわかる

ソウルの地下鉄のホームやコンコースにあるのが透明LCDを4面組み合わせたものだ。もともとコルトンボックス形式の広告スペースの表面に透明LCDを設置したもののようで、背面が蛍光灯と思われる内照灯で明るく光っている。全体の輝度も良好だ。発色も自然で、正直に言うと最初は透明LCDであることに気が付かなかった。

「WikiTree」という、韓国でメジャーなSNSニュースサービスへリンクするためのQRコードが貼られ、NFCもある。実際にアクセスしてもサイトに飛ぶだけで、現時点では特に連動はしていないようだ。

ds2014_06_02.jpg 輝度も解像度も発色もまずまずだ

現在はテスト運用中のようであるが、現在表示されているコンテンツは透明LCDの特性を活かしたものではない。透明LCDは向こう側が透けて見えるのが特徴であるので、このボックス状の中に何かリアルなモノがあり、それと映像を重ね合わせて見ることで効果を増し、インパクトを与えることができるものだ。ただし、映像は何パターンも変えて表示できるが、リアルなモノはすぐに変えることはできない。イオンの冷蔵庫のように、特定商品の販促で利用する場合はいいが、このソウルの設置例の場合は、1社買い切りで同じモノに重ねあわせられる映像をパターン化することになるのだろうが、それでビジネスとして成立するのかも気になるところだ。

ds2014_06_04.jpg 地下鉄のホームドア横に設置された事例。この場所の視認性は非常に高い

こちらは地下鉄のホームドア部分に設置された事例。ソウルの地下鉄はほとんどの駅にホームドアが設置されており、かつ、それは天井までつながって、ガラスで覆われている。東京メトロの南北線と同じタイプである。そのためにドアとドアの間のスペースが広告媒体になっていて、その一部がデジタルサイネージ化されている。今回見たものはLGの65インチディスプレイが設置されている。この場所の視認性は極めて高く、多くの人が電車を待つ間の時間にディスプレイを眺めていた。

ds2014_06_06.jpg フラットデザインに変更されたメディアポール ds2014_06_08.jpg 車道側から見たメディアポール

ソウルのデジタルサイネージといえば、カンナムにある「メディアポール」が有名なのでご存じの方も多いだろう。メディアポールは2009年にカンナムの交差点から南北に伸びる通りに、全部で22基の殿長のようにそびえ立ち、設置されている。歩道面の下部はタッチパネルになっていて様々な情報を得ることができ、上部は超縦長に配列されたディスプレイによる広告媒体である。車道側はビデオアート的な作品が表示されている。2009年春の設置当初は非常に注目を集め、筆者も設置後すぐに現地に行ってみたが、確かに多くの人が操作しているのが印象的であった。その後2010年にも再度訪れたが、この時はだいぶ利用者も減っているのが気になっていた。

ds2014_06_07.jpg ロードしたまま動かないものが続出

そして今回、メディアポールのあるカンナムを再訪したわけだが、ディスプレイとソフトウェアが新しくなっていた。GUIはフラットデザインに変更されている。早速操作してみようとすると、タッチパネルが反応しない。全部で22基もあるので次に移動すると、今度はカメラを起動してみるとロードしたままで動かなくなってしまった。以降次から次へと移動して試したところが、どれも何らかの動作不良が続いて、11本目まで行ってもまともに動かないのでさすがに諦めた。たまたまそうだったのかもしれないが、非常に残念な結果であった。

ds2014_06_09.jpg 設置場所は地下鉄のホームドア横

同じくカンナムの地下には、昨年秋に新設された大規模なデジタルサイネージがある。カンナム駅の地下鉄2号線と新盆唐(シンブンダン)線の間の地下通路部分の長い通路に、37本の柱にディスプレイを縦設置で各4面、合計148面が設置されている。ディスプレイは46インチとタッチパネルは60インチのものがあり、3つのエリアに分けて利用されている。タッチパネルタイプのものは写真撮影してメール送信が可能だ。駅におけるこうした設置スタイルは日本のJ・ADビジョンなどと同じで、駅の柱のスタンダードと言っても良いだろう。

ds2014_06_jpg 「KORAILのバナー型のタッチパネルサイネージ」

新しいタイプの駅サイネージとしては韓国の国鉄にあたるKORAILが導入した事例はユニークである。タッチパネル式であるが、やはり縦設置のディスプレイの上部には16:9の動画が流れ、その下部には5つのバナーが並んでいる。それぞれをタッチすると、WEBと同様にそれぞれのクライアントが用意したWEBページに遷移するのである。まさにWEBバナーと同じ構造である。このように駅に設置した場合に、どれくらいタッチされるものなのか興味深い事例である。デジタルではない屋外広告では、これに似たバナーはいくらでもあったわけで、そういう点では媒体として成立するものだろうか。筐体自体のサイドが青く光っているのも珍しい。

ds2014_06_10.jpg 販売商品はこちら。だいたいキオスクに近いが、洗剤類なども販売されている

2011年のカンヌライオンズで韓国初のグランプリを獲った「ホームプラス」の地下鉄でのバーチャルショップも遅ればせながら見てきた。仕組みは簡単で、駅に設置されたパネル(デジタルではない)に商品とQRコードまたはバーコードが書かれており、スマホの専用アプリで読み取ると価格がわかり、購入することができる。配送は超特急というわけでもないようで、通常の宅配便と同じようだ。

韓国での報道によると、一日平均6万2000人が利用し、2013年1~7月までの売上高は193億ウォンで、前年同期比200%だという(出典:biznmedia.com)。しかしながら、今回設置場所である2箇所とも見てきたが、筆者が見ている間に購入しようとした人は皆無であった。この数字は正直疑わしいとしても、こうした物販とデジタルサイネージについてこの事例はいろいろ示唆に富んでいる。

ds2014_06_12.jpg こちらの設置場所は地下鉄の改札外の通路
ds2014_06_11.jpgアプリ画面。カップ麺は700ウォン=約66円で聞いてみると安いのだそうだ

まずは設置場所の問題。どこに設置したら買いやすくなるのか、同時にどういう商品ならこういった販売スタイルがふさわしいのかだ。今回見た事例では、扱い商品はバラエティに富んでいて、なかにはポータブルガスコンロなどというものもあって、どういう視点で販売商品が選ばれているのか、首を傾げたくなるものもあった。

仮に購買欲求と上手くマッチングしたとして、次の課題は価格表示がなく、アプリで確認したいとわからない点だ。表示がディスプレイであれば価格変動も含めて表示を変えることができるが、現状では印刷されたパネルである。横にはプロモーション用のビデオが流されていたが、画面上にパネルと同じ映像が表示されてもディスプレイ解像度がHDで、表示されるコードが小さ過ぎるのか、スマホのカメラでコードを判別して読み取ることができなかった。


ds2014_06_14.jpg プロモーション用の動画サイネージ

このサービスは価格を全面に打ち出しているわけではない。もちろん、最初からここが最安ということがわかっているのであれば話は別である。そして商品受け取りは自宅への配送である。すごく急いでいるような場合には適さない。

ホームプラスのこのモデルそのままでは、ビジネスとして日本で成立するとは思えないが、いくつかのポイントをきちんと整理していけば、可能性がなくはないと思われる。少なくとも価格がはっきりしていることは必要だろうし、コード類を読みこませるのであれば、ディスプレイの解像度は4Kが必須ではないだろうか。

自販機大国の日本であるので、場所と商品を検討すれば、究極の無店舗販売となり得る。ネットショッピングと異なり、もともとは購入の意思がない人に気づきを与えることができるかどうかである。楽天あたりなら十分可能な気がする。

ds2014_06_13.jpg もう一箇所の販売商品

4年ぶりにソウルを訪れて、ソウルのデジタルサイネージは最先端とは言えないまでも、面白い試みがとても多い。透明LCDを積極的に導入しており、バーチャルストアにも果敢に挑戦している。なんといっても近くて食べ物もおいしいのだから、数年おきに定点観測的に足を運ぶ必要があるだろう。


WRITER PROFILE

江口靖二 江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。


[ Writer : 江口靖二 ]
[ DATE : 2014-03-21 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

ds2016_26_topjpg

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.26 お手軽系のデジタルサイネージのオーナーを訪ねて日間賀島に行ってみた

txt:江口靖二 構成:編集部 活躍する小規模デジタルサイネージシステム 一般店舗などの店頭で、安価で手軽に使えるデジタルサイネージを多く見かける。しかし、本格的な普及... 続きを読む

ds2016_25_top

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.25 ニューヨーク市の街角サイネージ「LinkNYC」

txt:江口靖二 構成:編集部 ニューヨークの街角に設置された新しいデジタルサイネージ端末「LinkNYC」とは? ニューヨークのLinkNYC ニューヨーク... 続きを読む

ds2016_24_top

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.24 設置場所や利用目的が広がるデジタルサイネージ

txt:江口靖二 構成:編集部 様々な場所で利用されるデジタルサイネージ デジタルサイネージは広告や販促、館内案内や時刻表以外にも、様々な場所で利用されている。これらは... 続きを読む

ds2015_23_top

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.23 世界の案内サイネージを巡ってみてわかったこと

txt:江口靖二 構成:編集部 昨年後半から、国内外にある相当数の案内サイネージを見てきた。2020年に向けて、また国策とも言える外国人観光客向けにこれから数年で相当数の案内... 続きを読む

ds2015_22_top

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.22 「デジタルサイネージ ピクタソン」とその先に目指すもの

txt:江口靖二 構成:編集部 サイネージを巡るハッカソン 街中のディスプレイがデジタルサイネージであること、特にタッチパネルなどで操作ができるものについては、そもそも操作でき... 続きを読む

WRITER PROFILE

江口靖二 江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江口靖二 > [江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.06 地味に進化を続けていたソウルのデジタルサイネージ最新事情2014