PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江口靖二 > [江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.08 4Kサイネージの事例と今後

News

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.08 4Kサイネージの事例と今後

2014-05-13 掲載

国内外において、常設の単体ディスプレイによる4Kサイネージの事例はまだ非常に少ない。現時点で把握できているのは以下の3カ所で、うち日本国内は1カ所のみである。これらの事例と、今後の4Kサイネージについて考えてみる。

4Kサイネージの事例

世界初の4Kサイネージ
ds2014_08_01.jpg ラスベガス空港の4Kサイネージ

世界初の常設4Kデジタルサイネージは、2013年2月にラスベガスのマッカラン空港のDターミナルに設置されたものだ。LGの84インチディスプレイを上下に2台設置している。上段はターミナル1とターミナル3に向かうためのトラムの乗り場が常に表示されている。下段はLGのプロモーション映像が表示されている。1日に3万2000人が通過するこの場所には、もともと奥にサムスンの100面マルチ(解像度は不明)があり、それへの対抗という意味あいで、全体がLGのスポンサードで提供されているLGの自社媒体であると思われる。

ds2014_08_02.jpg LGのUltra HDのロゴ

実は筆者はこのサイネージが設置された直後に、この前を通過している。しかしその時には、今まで何もなかった場所になんかあるなあ、くらいにしか思わなかった。その後これが世界初の4Kサイネージだと知り、今年のCESで再訪した時に撮影したのがこの写真である。

設置されているのが空港の巨大な空間の中であるので、84インチ2台であったとしても空間に圧倒されて正直目立たない。ましてや解像度まで目が行かない。この事例は4Kのサイネージとしてはやや残念なものである。やはり超高精細であることを活かして、人々の視線に入って、その美しさが認識されるか、あるいはこの場所の例で行くと、後ろの100面マルチに4K解像度で表示するなどと言った工夫がほしいところだ。

デルタ航空 スカイクラブラウンジ
ds2014_08_03.jpg シアトルのデルタ航空のスカイクラブに設置された4Kサイネージ

全米に20カ所あるデルタ航空の上級会員向けのラウンジ、スカイクラブラウンジに4Kサイネージが導入されている。こちらのディスプレイもLGの84インチで、システムインテグレーションはRMG Networksが担当した。写真は2014年4月にシアトルのラウンジで撮影したもの。フライトインフォメーションと世界各地の観光プロモーション映像がフルHDからのアップスケーリングで流されている。デルタ航空では今後、様々な利用方法を検討していくとしている。

ds2014_08_04.jpg こちらもLGの84インチ4Kディスプレイ

実はこちらも、2月に筆者はこのラウンジを訪れているのだが、4Kであることには全く気が付かなかった。その時はソチオリンピックの映像が流れており、それを見たことは鮮明に覚えているのだが、それ以上は何も思わなかった。ちょうど4Kのサイネージに関する調べ物をしていた際に、この事例がそれだということを知り、4月のNABでの渡米時に撮影したのがこの写真である。こちらは先程のラスベガスの事例とは異なり、ディスプレイは同じLGではあるが、LGの持ち込み媒体ではない。そのためにどこにも4Kに関する紹介はない。

アップスケーリングであるので、確かに言われてみれば84インチの大画面でHDを表示させるのに比べたら鮮明であると思うが、普通はそこには気が付かないだろう。

日本国内の事例

筆者は残念ながら現場を確認していないが、日本国内では北海道帯広市幸福町の「幸福駅」再生プロジェクトにおいて、各種情報を4K配信する地域情報マルチウィンドウシステム「Happy Windows」を提供しているようである。おそらく常設の4Kサイネージとしては日本最初の事例であるが、65インチの民生テレビに4分割表示でHD素材が表示されているので厳密には4Kサイネージとは言えないかもしれない。

4Kサイネージを活かすためには

これらの事例は、どちらも4Kサイネージの特性を活かし切れているとは言えない。本来4Kサイネージでは、その解像度の高さを活かした表示が可能になる。これをコンテンツに置き換えた場合に、「綺麗である」ということと「くっきり見える」という2つの点に関して、それぞれその優位性を発揮しやすいコンテンツの方向性がある。

綺麗である、高品位であるということ

これまでのHDよりもより美しく、より綺麗に見えるということで、利用の可能性が広がるケースが考えられる。例えば化粧品や宝石貴金属、ファッション、自動車等、本物の質感をそのまま伝えたい、あるいは本物以上に伝えたいというニーズが非常に強い。実際に、たとえばある化粧品会社の場合、印刷によるポスターや、内照式の屋外広告には出稿しているが、これまでのところデジタルサイネージには出稿していない。これは印刷物に比較するとフルHDでは解像度が足りないためだと思われる。これが4Kになれば印刷物に匹敵したクオリティを達成できるので、動画の効果と合わせて利用が進むものと期待される。

くっきり見える、高精細であるということ

一方で、高精細であることによって細かい文字が読めたり、同時に大量の情報を表示することも可能になる。デジタルサイネージにおいては、一般的にはある程度の距離から視認されることが多いが、館内案内版であるとか、株価ボード、各種管制センターのように見る側に同時に大量の情報を一覧したいニーズがある場合に、4Kデジタルサイネージの表現力は非常に有効である。

マルチディスプレイで4K以上の世界へ

これまではディスプレイ単体の事例を見てきたが、複数のディスプレイを利用したマルチディスプレイによる事例の方が数としては圧倒的に多い。マルチの場合は、ディスプレイの設置形状はロケーションによってさまざまで、縦横の解像度もロケーションごとに異なる。

ds2014_08_05.jpg 幅17メートルにも及ぶ巨大な映像

写真は羽田空港の国際線ターミナルの増床にともなって、出国後のエリアに設置された横12面、縦3面の36面マルチだ。解像度は16,320×2,304で、ドットバイドットで表示される。言うなれば16Kサイネージである。カメラセンサーによって映像がインタラクティブに反応する。

この場所はちょうど動く歩道に乗って通過する人がほとんどで、視線に対してディスプレイは真横にある。そのため視認されにくく、せっかくのインタラクティブ性もわかりにくい。とは言え17メートル近い巨大なディスプレイによる高精細映像は圧巻である。この時も最初筆者は動く歩道に乗って通りすぎてしまったので、わざわざ戻って撮影した。今後はこのシステムとロケーションと設置状況に合わせたコンテンツを考えていくことが重要だろう。


WRITER PROFILE

江口靖二 江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。


[ Writer : 江口靖二 ]
[ DATE : 2014-05-13 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

ds2016_25_top

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.25 ニューヨーク市の街角サイネージ「LinkNYC」

txt:江口靖二 構成:編集部 ニューヨークの街角に設置された新しいデジタルサイネージ端末「LinkNYC」とは? ニューヨークのLinkNYC ニューヨーク... 続きを読む

ds2016_24_top

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.24 設置場所や利用目的が広がるデジタルサイネージ

txt:江口靖二 構成:編集部 様々な場所で利用されるデジタルサイネージ デジタルサイネージは広告や販促、館内案内や時刻表以外にも、様々な場所で利用されている。これらは... 続きを読む

ds2015_23_top

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.23 世界の案内サイネージを巡ってみてわかったこと

txt:江口靖二 構成:編集部 昨年後半から、国内外にある相当数の案内サイネージを見てきた。2020年に向けて、また国策とも言える外国人観光客向けにこれから数年で相当数の案内... 続きを読む

ds2015_22_top

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.22 「デジタルサイネージ ピクタソン」とその先に目指すもの

txt:江口靖二 構成:編集部 サイネージを巡るハッカソン 街中のディスプレイがデジタルサイネージであること、特にタッチパネルなどで操作ができるものについては、そもそも操作でき... 続きを読む

ds2015_21_top

[江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.21 ソーシャルスクリーン化するSNSとデジタルサイネージ

txt:江口靖二 構成:編集部 デジタルサイネージは、家以外の場所に設置されたディスプレイやプロジェクターに対して、広告、販促、インフォメーションを表示するメディアのことだ。... 続きを読む

WRITER PROFILE

江口靖二 江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江口靖二 > [江口靖二のデジタルサイネージ時評]Vol.08 4Kサイネージの事例と今後