PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.15 4Kタイムラプス撮影のススメ その1

News

[DigitalGang!]Shoot.15 4Kタイムラプス撮影のススメ その1

2013-08-23 掲載

デジタル一眼レフカメラでタイムラプス撮影

※画質設定を[オリジナル]で4K再生可能

最近「タイムラプス」撮影がにわかに流行っている。いわゆるデジタル一眼レフカメラなどを使用して、連写したスチル画像を動画素材として使う撮影だ。例えばタイムラプス撮影で1秒間に一枚の間隔で撮影した写真素材を、通常の一秒間30フレームの動画として扱うと、30倍の「早送り映像」になるということだ。もちろん早送り映像という説明だけではその価値が分かりづらいかもしれないが、雲の動きや星の動き、あるいは花の成長などといった30倍にして初めて面白さが伝わる現象は世の中にたくさんある。

DG_TL01_001.jpg デジタル一眼レフカメラでタイムラプス撮影。三脚の使用は必須だ

そういった早送りの世界こそがタイムラプスの醍醐味である。今回は2回に渡って、このタイムラプス映像について記事にしたいと思う。執筆にあたり自然を中心に3台のデジタル一眼レフカメラを使ってタイムラプス撮影に挑んだ。使用したカメラはCanon EOS 5D MarkIIを2台とNikon D700を1台。ちなみに5Dには本体にタイムラプスの機能が搭載されていないため、別途タイマーリモートコントローラーが必要となる。

DG_TL01_002-1.jpg 5D MarkIIを使う場合はタイマーリモートコントローラーが必要。写真はTC-80N3

デジタル一眼レフカメラがもつ3つのアドバンテージ

DG_TL01_003.JPG 星を捉えるには長時間の露光が必要。今回は動画使用なので10秒で撮影
※画像をクリックすると拡大します

このタイムラプス撮影をデジタル一眼レフカメラで行うと、いくつかの利点が挙げられる。まずは「長時間露光が行える」ということだ。通常のビデオカメラの中でもタイムラプスで撮影できる機能を持つものもあるが、どれもシャッタースピードは最大で1秒程度のものがほとんどだ。デジタル一眼レフカメラを使えば、事実上露光時間は何秒でも問題はない。例えば夜空の星をキレイに撮影するにはやはり10秒程度のシャッタースピードは欲しいところだ。天の川などのごく微妙な光を映像にしようとするならば、デジタル一眼レフカメラでしか捉えることができない。

DG_TL01_004.jpg 各スチルデータのサイズと4Kの関係

そして2番目に「4Kで制作できる」ことが挙げられる。例えばCanon EOS 5D MarkIIでは一枚の画像サイズが5616×3744もある。今回はNikon D700も使用したのだが、そのサイズは4256×2832だ。一回り小さいとはいえ、いわゆるデジタル一眼レフの画像の大きさは4K映像の大きさよりも解像度は大きい。これを映像にするとなると、十分に4K映像を制作できるというメリットを活かすことができるのだ。最終的に画角を16:9やDCI4Kの17:9にすることが想定されるため上下にクロッピングが生じてしまうが、その大きさはすでに4Kのサイズをカバーしている。

DG_TL01_005.png 現像設定の画面。RAWで記録すれば撮影後に様々な調整を行える
※画像をクリックすると拡大します

3番目に「RAW」で収録できることだ。RAWで記録できるということは、多くの情報を収録することができる。色温度や露出、ノイズリダクションなど、多くの修正をポストプロダクションで行えるのは大きい。特に夜から朝にかけての移り変わりを演出したいときなど、時間とともに適正露出が変わる場合はRAW収録を行うことで多少の露出を修正可能だ。更にRAW&JPEGを同時に記録することもできるため、現場での確認やオフライン用としてJPEGを使うこともできるというのがデジタル一眼レフならではの特徴と言えるだろう。但しシャッター間隔が1秒などの短いストロークで撮影をする場合は、記録メディアのスピードが求められることがあるので、その際はSanDiskなどのスピードの速いカードを使うといいだろう。私はSanDiskのExtremeやExtreme Proなどを使っている。

DG_TL01_006.jpg SanDiskのCFカード。メディアは信頼性が一番

RAWで撮影するメリットを活かす

DG_TL01_007.png RAWで撮影した写真のJPEGと調整後のRAWの比較。RAWで撮影すればいろいろと安心だ
※画像をクリックすると拡大します

JPEGでタイムラプスを撮影する人も多くいること思う。もちろん間違いではないし、ファイルの大きさが5倍ほど違うRAWとJPEGのデータサイズを考えるとJPEGの方が撮影枚数が多く確保できることや編集やアーカイブが楽であることは事実だ。しかしRAWで撮影すれば、撮影後に色温度や露出を編集できることだけでなく、ノイズリダクションやレンズ補正などの現像設定がとても細かく行えるので非常にありがたい。しかもAfter Effectsなどで編集する場合、撮影のシーケンスごとで一気に現像できるため、そこまで作業は煩雑にはならず、できる限りRAWで撮影することを強くお勧めする。もちろんデータサイズの管理には注意が必要だ。一枚あたり25MB弱あるRAWで撮影するとなると、16GBのカードに500枚程度しか撮影ができない。30fpsの映像を制作するのであれば、動画に変換すると17秒だ。つまり1カットで16GB一枚を使用する感覚で収録を行うことになる。一日に何カットも撮影する場合はメモリカードの用意が必要で、今回は3台の撮影となったため、随時HDDにバックアップ&インジェストを行い、現場でCFカードをフォーマットし再使用する方法で収録を行った。

DG_TL01_008.jpg 現場でパソコンがあると便利だ。今回は山中での長い撮影だったため、VマウントバッテリーからMacBook Proに給電した

ちなみにタイムラプスの撮影は10分~3時間はかかる。撮影がいったん始まると、時間を持て余すことなる。バックアップや仮編集などの時間は十分にあるため、パソコンを持っていくといろいろ便利だ。今回はバックアップをしたり、撮影の確認をしたりするためにMacBook Proを一台現場に持っていった。

ポイントは「どれくらいのスピードにするか」

タイムラプス撮影を始める時には、まず撮影する事象を「何倍の速さで映像化」するかを決めて簡単な計算を行う必要がある。最終的に決める項目は2つだ。それがシャッタースピード(露出設定)とシャッター間隔だ。当然シャッタースピードはシャッター間隔よりも短くなくてはいけないし、CFカードなどに記録するための時間も確保しなければいけない。つまりシャッタースピード<シャッター間隔という関係が成り立つ。また先ほど述べたように16GBのCFカードには500枚程度しかRAWは記録できないため、30秒以上の映像にしたいときは32GBや64GBといったカードを用意する必要がある。今回の撮影では32GBのカードを多用した。

例えば雲の映像をタイムラプスで撮影することを仮定する。雲には流れの早い雲と遅い雲があるが、大体30倍~60倍のスピードにすると塩梅のいい動画になるため、シャッター間隔は1秒~2秒ということになる。シャッタースピードは当然1秒以内で十分だ。また星の動きを捉えようとすると、星は一時間に約15度動くことからシャッター間隔は10秒~20秒がいいだろう。シャッタースピードは10秒をお勧めする。星が若干動いてしまうが、どのみち最終的には動画で使用するため完全に点の形で捉える必要はない。それよりもISOを下げることでノイズの少ない撮影をすることを心がけたい。16GBのカードを使用する場合、流れの遅い雲の撮影でシャッター間隔2秒、つまり1000秒の撮影となる。約16分の収録時間だ。星の場合は15秒のシャッター間隔で約2時間かかることになり、星は30度動く計算になる。ちなみに下記の映像は、シャッター間隔2秒で撮影した雲の映像と、4秒で撮影した雲の映像、そしてシャッター間隔15秒で撮影した星の映像だ。露出の設定なども併せて記しておいたので参考にしてほしい。

ソフトウエアを使って賢く撮影

DG_TL01_009.jpg 結露で使えなくなったスチル素材。ピンボケのような画になっている

ちなみに今回は長野県での撮影にチャレンジした。特に白馬での撮影は山中となり、機材の運搬は大変だった。また夏とはいえ、標高2000mを超える場所では夜の気温が0度付近になるためバッテリーの消耗が非常に速い。交換用のバッテリーは常にいくつか用意しておく方がいいだろう。大体1500回のシャッターでバッテリー1つ、といった感じだ。それと気温の低い場所ではレンズの結露などにも注意したい。

DG_TL01_010.jpg EOS Utilityでタイムラプスの設定などいろいろ行える。また撮影したデータがそのままパソコンに転送されるので、リアルタイムで素材を確認・現像できる

今回の撮影でいくつかのカットが撮影中の結露で使えない素材となってしまった。撮影時間が長いタイムラプスは一度撮影が始まるとレンズなどには触れることができないため、カイロなどでレンズを温めておけば、結露は防げる。それと撮影された写真を随時確認したいのであれば、USBなどでPCと接続しEOS UtilityなどといったソフトウエアでそのままHDDに取り込んでしまうのも手だ。シャッター間隔が5秒以上という制約があるものの、万が一の撮影の失敗をその場で発見することができるだけでなく、タイマーとしても使え、更にはバッチ処理で現像も可能という一石何鳥にでもなる。実にオススメだ。機材を持ち込めて、電源などにアクセスできる場所であればこういったソフトウエアを使った撮影方法が一番効率的かもしれない。フィールドであっても工夫次第で実現可能だ。

撮影中の露出調整はなるべく避ける

ちなみに撮影中にシャッタースピードや絞りの値を変えることをする人もいるようだが、私はオススメしない。RAWで撮影する場合、撮影した素材の露出プラスマイナス1.5Stopの3Stopであれば全く問題なく調整可能だ。例えば夜から朝にかけての撮影でなるべく多くの情報を捉えたいのであれば、最初から2Stop程度アンダーで撮影を開始して、最終的に2Stopオーバーまでに収められれば同じ露出で撮影できてしっかりと情報を収められる。最終的な露出の変化はポストプロダクションで行えばいいため、撮影中における設定の変更はなるべく避けた方がいいだろう。動画にした際に突然画が明るくなったり、暗くなったりするのは特別な演出意図がない限り、使えるシーケンスにはならない。

次回はスライダーを使った撮影テクニックと、After Effectsを使った実践的な編集方法について触れることにする。乞うご期待!


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2013-08-23 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.29 DJI Osmo+Zenmuse X5R〜DJIが切り開く世界を探る

txt:江夏由洋 構成:編集部 昨年10月、DJIは同社の空撮用ジンバルカメラZenmuse Xシリーズをハンドヘルドでオペレーション可能にする「Osmo」をリリースした。ミ... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kの最大の課題―フォーカス 4K撮影をする際にカメラマンにとって一番問題になるのは、フォーカスだ。特に4Kの撮影となればその解像度... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.27 Adobeが描く無限の未来

txt:江夏由洋 構成:編集部 メジャーアップデートを果たしたAdobe Creative Cloud 先日六本木のEXシアターで行われたAdobe CC 2015... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.26 SHOGUNを使った次世代の4K撮影を考える

SHOGUNとFS7&α7Sで4K収録 先日バージョン6.2にアップデートされたATOMOS社のSHOGUN。4Kからのダウンコン機能やLUTをかけてモニタリングできる機... 続きを読む

DG-extra_MANNShow_top

[DigitalGang!]Extra Shoot.03 NAMM Showって知ってますか?音と映像の関係を見る

アメリカ・アナハイムで毎年開催されるNAMM Show。1月なのに気温は20度! とっても熱い!NAMM Show! とにかく広い会場。熱気であふれております 映... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.15 4Kタイムラプス撮影のススメ その1