PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.16 4Kタイムラプス撮影のススメ その2

News

[DigitalGang!]Shoot.16 4Kタイムラプス撮影のススメ その2

2013-09-27 掲載

「RAW」で撮影できることこそ、タイムラプスの強み

DG_TL02_001.jpg 記録設定はRAW&JPEGがいいだろう。ちなみにノイズリダクションなどの処理はポストで行う

前回は4Kタイムラプスを撮影する際の具体的な話を記したが、後半となる今回は編集の話に進みたいと思う。Canon EOS 5D MarkIIとNikon D700の2台を使って撮影を行ったのだが、前回私がこだわった点は「RAW」で撮影することであった。その理由として、色温度はもちろんのこと、ノイズリダクションやレンズ補正といった様々な補正を編集時に行えるほか、8bitのJPEGにしてしまうとポストプロダクションにおける色補正にも少々の限界があるからであった。もちろんRAWはデータ量が重いため、容量やビットレートに対して相応のCFカードを用意しなければいけなかったり、インジェストやバックアップにも時間がかかったりしてしまうのだが、より「高画質」な4Kタイムラプス映像を手にするための選択肢を確実に得ることができる。実際、記録は「RAW+JPEG」で行い、あくまでもJPEGはパソコンですぐに映像を確認・再生させて、オフライン編集するためのプロキシとして使用した。RAWとJPEGで記録する場合、ファイル名が全く同じになるのでそのあたりの扱いは非常に楽だ。ちなみにRAWのままだと、パソコンにおけるリアルタイムの再生はどんな強力なPCであれ不可能であるといっていい。RAW、JPEGのメリット・デメリットを知りつつ効率的なワークフローを組むのがいいだろう。

After Effectsは最高の編集ツール

DG_TL02_002.PNG 連番を読み込む際は「Camera Raw シーケンス」にチェックをいれて、最初のフレームを選択すればOK
※画像をクリックすると拡大します

それでは編集のワークフローをここで紹介する。私が使うのはAfter Effectsだ。After Effectsは32bitFloatのRGBで演算を行えるコンポジットソフトウエアのため、スチルのRAWデータの情報を余すことなく使い切ることができる。もちろん解像度フリーなので、5D MarkIIのように5616×3744ピクセルという大きなキャンバスであってもドットバイドットで編集が可能だ。当然色補正のプラグインの数も豊富だし、最終書き出しのフォーマットも、配信先の仕様に柔軟に合わせられる。そしてRAWのデータをそのままネイティブで読み込めるというのが素晴らしい点だ。

DG_TL02_003.PNG 現像設定。一枚目さえ設定すれば、あとのファイルには自動的に適応される
※画像をクリックすると拡大します

まずインジェストの際には必ずカットごとにフォルダーを作成し、一つのフォルダーには一つのシーンのRAWとJPEGのデータだけが入っているようにする(もちろんRAWだけでもOK)。撮影の写真素材は数字の連番になっているため、これらを動画の連番ファイルとして扱えるということになるわけだ。基本的な作業は全く難しくない。After Effectsを立ち上げる際のスタートアップスクリーンでは「閉じる」をクリックし、コンポジションを作る前に素材をそろえる作業を行う。プロジェクトパネルをダブルクリックし「ファイルの読み込み」を行い、シーンの連番ファイルの一番最初のRAWファイルを選択し、シーケンスオプションの「Camera Raw シーケンス」のチェックを入れて「読み込み」をクリック。そうするとRAWの現像設定のパネルが現れる。これはCanonであってもNikonであっても同じだ。このRAWの現像設定はあくまでもメタデータの設定となるため、編集中どのタイミングでも変更・編集が可能だ。最初のフレームの設定が、同一シーンの全ての連番データにも自動的に反映されるという点が、今回のRAWデータの編集を実現している大きなポイントである。

フレームレートの設定を忘れずに

DG_TL02_004.PNG予測フレームレートを必ず設定する。このパネルの「詳細オプション」でいつでも現像設定が行える
※画像をクリックすると拡大します

また一度OKを押して設定を終了しても、プロジェクトパネルの素材を右クリックし、「フッテージを変換」から「メイン」で表示されるパネルの左下にある「詳細オプション」で、いつでもこの現像設定を呼び出すことができる。そして必ずやっておかなければいけないことが、全ての素材において、このパネル内にあるフレームレートの「予測フレームレート」を必ず29.97または、23.976に設定することだ。連番の場合ジャスト30や24となっている場合が多いので、ここの数字は読み込みと同時タイミングで再設定しておくように心がけたい。Windowsの場合、このパネルの表示はCtrl+Alt+Gというショートカットが割り当てられているのだが、頻繁に使うため覚えておくと便利だろう。タイムラプスは、すでにリアルタイム性を失っているため、少しでも尺を稼ぐのであれば23.976で設定するのがお勧めだが、スムーズな動きを狙うのであれば29.97というのも賢い選択だ。私は極力29.97でスムーズな動きの表現を演出するようにしている。


現像設定はシンプルに~各エフェクトはAfter Effectsで

DG_TL02_005.PNG 色温度と露出の設定。ヒストグラムを見ながら行えば間違いはない。スポイトツールでホワイトバランスを一発で設定できる
※画像をクリックすると拡大します

ちなみに現像設定で調整するメインのパラメータはズバリ3つだ。まずは「色温度」。必ずしも撮影時の色温度に合わせる必要はなく、画面を見ながら自分の納得するところを決めるのがいい。星空などの場合は3000Kぐらいが個人的には好きだ。また現像パネル左上のスポイトツールを使えば、ワンクリックで画面上にある白点を白として定義させることもできる。そして次に調整するのが「露光量」、つまり露出だ。大切なのは時間経過による露出の変化も念頭に入れて設定することで、例えば夜から夜明けなどの時間の経過を見せたいときは、中間画像でジャストな露出を右上のヒストグラムを見ながら合わせる。どうしても動画の中で露出を動かしたいときは、After Effectsプラグインの「露出」でリニアに値を動かすと自然な露出調整を行える。

DG_TL02_006.PNG ノイズ軽減も簡単に行える。効果はてきめんに表れるが、かけすぎに注意だ
※画像をクリックすると拡大します

そして最後に行うのが「ノイズ軽減」だ。これはあくまでも高いISOでの撮影時などでノイズが生じている場合に調整する。輝度とカラーの2方向からノイズ調整を行えるのだが、拡大表示をさせながらノイズを減らす作業を行うといい。あまりかけすぎると、ディティールを失っていくのでシャープとの掛け合いで上手に調整するといいだろう。

DG_TL02_007.PNG 他の色補正などはAfter Effects内蔵のエフェクトを使用するほうが、編集が楽だ
※画像をクリックすると拡大します

現像パネルではコントラストやRGBカーブといった様々な調整も行えるのだが、そういったパラメータはAfter Effects内のエフェクトで処理するほうが操作しやすいのでここでは敢えて行わない。明らかに直した方がいい色補正などは施してもいいのだが、連番ファイルの「一枚目」しか現像設定で確認が行えないのと、微調整の度に現像パネルを表示させることになるので、普段使い慣れた色調整のツールでRAWデータを編集するほうが作業を効率的に進められる。

4Kで制作できる、スチルデータの可能性

DG_TL02_008.PNG Ultra HDのサイズでも5D MarkIIの解像度は非常に大きい。余裕の大きさだ。16:9のアスペクト比を撮影時には心がけよう
※画像をクリックすると拡大します

現像を終えると、動画の連番ファイルとしてRAWデータがプロジェクトファイルに配置される。シーケンスファイルを右クリックし「複数アイテムから新規コンポジション」を選べば、RAWの解像度に最適化されたコンポジションが簡単に作成できる。あとは通常のAfter Effectsと同様の作業でトーンカーブや各種色補正、加工、テロップ入れなどを行えばよい。注意点としては2つ。まずはプロジェクトのbit深度を32bitFloatに設定しておくこと。プロジェクト設定パネルで色深度のプルダウンを32bit/チャンネル(浮動小数点)にすればOKだ。もう一つ、4Kシーケンスを作成する際は、改めて3840×2160のコンポジションにRAW連番のコンポジションをネスト化させる必要があるということだ。RAW連番の方が解像度が高いのと、アスペクト比が異なるため、リサイズ&上下のクロップが必要となる。撮影の際に「16:9」を意識したフレーミングのことを少し触れたが、縦方向の情報に関しては、結構な領域を捨てることなるため注意が必要ということが分かってもらえるだろう。もちろん4096×2160の4Kの場合も同じだ。

RAWをネイティブのまま編集を行っているので、パソコン上での描画はかなり負担がかかる。基本的には1/4解像度で作業を行うことになると思うが、ノイズ軽減などの処理をしていると更に時間がかかる。1/4解像度であっても3秒~4秒は描画にかかることもあるため少し編集にはストレスを感じるかもしれないため、どうしてもという場合はTIFFやDPXなどの連番で一度中間ファイルを作るというのも手だろう。

ゴミ処理はLightroomのスポット修正~TIFFを中間コーデックで使用

DG_TL02_009.pngスポット修正は使いやすい。簡単にゴミや鳥、虫などを除去できる
※画像をクリックすると拡大します

ちなみに雲などのタイムラプス撮影をしていると予期せぬトラブルが生じることがある。それが「鳥や虫」だ。ランダムな動きでフレームインしてくる鳥は、タイムラプス撮影ではレンズのゴミのような映像の原因となってしまう。これに関しては手で一つ一つ消していく作業をするしかないのだが、画像の修正は同じくAdobeのLightroomで行うといいだろう。Lightroomの「スポット修正」を使えば、比較的簡単に消すことができるので、何枚も作業をする際はオススメだ。RAWデータをネイティブで直接修正できることが非常に便利で、After Effectsに修正を反映したデータを使用する場合は、16bit TIFFなどの中間コーデックに書き出す必要がある。


 DG_TL02_009_before.jpgスポット修正前
※画像をクリックすると拡大します
 DG_TL02_009_after.jpgスポット修正後
※画像をクリックすると拡大します

最適な4Kの配信先は現状としてYouTubeか

DG_TL02_010.PNG 書き出しの設定。H.264なら一発で4K配信が可能だ。YouTubeを活用しよう
※画像をクリックすると拡大します

最終的な4Kへの書き出しはH.264が現状として効率がいい。4096×2160であれば23.976fpsまで、3840×2160であれば29.97fpsまで出力できる。ビットレートは100MB/sあたりであれば問題ないだろう。また書き出したファイルをそのままYouTubeにアップロードできるので、簡単に4K映像の配信が行えるということだ。レンダリング時間こそはかかるもの、ワークフローさえ固まれば実に安定した4Kタイムラプス制作をAfter Effectsとともに行うことが可能だ。

スライダーを使ったタイムラプス撮影

DG_TL02_011.jpg スライド撮影の様子。2本の三脚で両端を固定すれば、安定した撮影ができる DG_TL02_012.jpg VARAVONのSLIDECAMとTimelapse Controller。コストパフォーマンスがいい

話はそれるが、今回スライダーを使った撮影も行った。撮影機材はVARAVON社のSLIDECAMにTimelapse Controllerを併用した。Timelapseで使用するスライダーは、特殊なモーターを搭載していることが多く、設定した時間間隔でシャッターを切り、その後設定した距離動くように設計されている。たとえば1mあるスライダーでカメラを右から左に動かすとして、30分の事象を10秒のタイムラプスとして収めると仮定しよう。10秒ということは300枚のスチルデータが必要で、スライダーに載せられたカメラは、6秒間隔で約3mm動けばOKということになる。このようなスライダーに載せられたカメラで撮影した素材を動画にすると、見事にレールの動きを再現させられるという仕組みだ。

4Kタイムラプスのスライダー映像

最近はこういったスライダーが割と多く発売されており、パンチルトのコントロールができるものや、設定の方法がシンプルなものなど、いろいろある。タイムラプスでカメラを動かしたい場合などは、こういったスライダーを活用することで作品がよりダイナミックになるだろう。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2013-09-27 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.30 新時代のフォーマットX-OCNに思う。AXS-R7/X-OCNが捉える美しい世界

txt:江夏由洋 構成:編集部 新しく発売された4KレコーダーAXS-R7とX-OCN PMW-F55のレコーダーとして新しく発売されたAXS-R7。RAWのみなら... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.29 DJI Osmo+Zenmuse X5R〜DJIが切り開く世界を探る

txt:江夏由洋 構成:編集部 昨年10月、DJIは同社の空撮用ジンバルカメラZenmuse Xシリーズをハンドヘルドでオペレーション可能にする「Osmo」をリリースした。ミ... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kの最大の課題―フォーカス 4K撮影をする際にカメラマンにとって一番問題になるのは、フォーカスだ。特に4Kの撮影となればその解像度... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.27 Adobeが描く無限の未来

txt:江夏由洋 構成:編集部 メジャーアップデートを果たしたAdobe Creative Cloud 先日六本木のEXシアターで行われたAdobe CC 2015... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.26 SHOGUNを使った次世代の4K撮影を考える

SHOGUNとFS7&α7Sで4K収録 先日バージョン6.2にアップデートされたATOMOS社のSHOGUN。4Kからのダウンコン機能やLUTをかけてモニタリングできる機... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.16 4Kタイムラプス撮影のススメ その2