PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.20 4K映像編集を快適にするマシン構築

News

[DigitalGang!]Shoot.20 4K映像編集を快適にするマシン構築

2014-03-11 掲載

4K映像編集のマシンとは?

DG_vol20_01.jpg先月リリースとなったBlackmagic Production Camera 4K。価格もさることながら、捉える画像の美しさに注目が集まる

いよいよ4K映像制作の時代が、広くスタートしたと言っていいだろう。各社から4Kカメラも次々と発売になり、その価格も従来のハイエンドのカメラとは比較にならないほどお手頃になった。昨日発売になったBlackmagic Production Camera 4Kにいたっては、カラーグレーディングツールの「DaVinci Resolve」が同梱されて、その実売価格は30万円を切るという恐ろしいことになっている。当然4Kの波は、2020年の東京オリンピック開催などのご時世にも押されて、かなりのスピードでコンシューマーレベルまで到達しており、各家電量販店においても4Kテレビが1インチ1万円以下の価格で次々と販売されるまでになった。我々映像制作に携わる人間は、どんどんと拡大する4Kマーケットを舞台に、新たなる「作戦」をワークフローで立てなければいけなくなるだろう。


HDの映像制作がようやくガツガツとできるようになったのに…次は4K!か!と少々落胆する人も多いはずだ。もちろん私自身も4Kのワークフローにはいつも頭を痛めている。2008年に初めてRED ONEで4Kの撮影をしたときは、1時間の素材をDPX連番にするだけで2日間ほどのレンダリング時間を要した。「4K恐ろしい!」というあのころの体験は今でも忘れない。もちろん時代が進むにつれ、大分4K編集の様相も大幅に進化した。しかし、いざ「4Kを受け止める」ための環境作りとなると気合を入れなければならない。

というわけで、この度の記事では今回新たにセットアップする4K編集マシンの中身を紹介していきたいと思う。ここでは「パソコン周辺機材というのは生き物のようで、あっという間にその価値や組み合わせなどが変わってしまう」ということを前提に進めたい。数多くの自作パソコンの先輩を見習いつつ、今の時代に即した一台を目指すことにした。もちろん時同じくして新しいMac Proが発売になり、このタイミングで…Windowsか…と思われる方も多いと思われるが、そのあたりは大目に見て頂ければ幸いだ。

DG_vol20_02.jpg 4KはHDの4倍の解像度があるだけでなく、素材自体のデータ量も大きくなっているため編集環境は慎重に構築する必要がある
※画像をクリックすると拡大します

筐体は鉄板HP Z820で間違いなし

まずWindows 7のマシンとなると、やはりHP Z820シリーズがその代表的なマシンである。今回はこのZ820をベースにいろいろといじることにした。Z820は世界的にも映像制作のワークステーションとして絶大な信頼を得ており、独自の設計や美しい筐体もその魅力だ。Z820というと高価なマシンという印象も強いが、いろいろとオプションを自分で選べるので、予算にあった自分だけの一台を作れるというのも特徴だ。CPUはXeonシリーズから選べるのだが、今回はコストパフォーマンスも兼ねて、6コアCPUを2つ積んだカスタマイズマシンをベースにした。実際に、CPUはスペックを求めると一気に値段が上がってしまう部分だ。ここはデュアルCPUにこだわることとして、周波数が2.6GHzのXeon E5-2630 v2を2基搭載させた。ハイパースレッドも併せると24コアとなるので、それなりのスピードが出ることを期待しつつ、予算はSSDやグラフィックカードに回した。ちなみにメモリは48GBを積んだ。

DG_vol20_03.jpg 筐体はHP Z820。最強の設計仕様で、映像編集マシンとしては「間違いのない」一台だ DG_vol20_04.jpg Z820の中身。全てスクリューレスで組みあがった芸術品のような筐体だ DG_vol20_05.jpg CPUはXeonのE5を2台。水冷

SSDを活用―システムにはデータセンター用を

まずはシステムを入れるディスクだが、やはりアプリケーションなどの立ち上がりスピードなども考慮してSSDを採用。SSDにはいろいろなタイプがあるが、やはりここではデータセンター用のものを選ぶべきだろう。正直SSDに関しては様々な相性や性能があるため、少々の出費をしてでもここはIntelのDCシリーズで安心・安全を得ておくことがいいと思う。今回はIntel DC S3500シリーズの480GBを使った。

ここでZ820の内蔵ディスクにSSDを使うためのコツを記しておく。Z820はそもそも「スクリューレス構造」を採用しているため、PCIやディスクの交換などには一切のネジやドライバーを必要としない。これがZ820の素晴らしい所なのだが、内部のHDDをSSDに換装するときはHDDのSATA端子の位置がそのまま使用できる2.5インチの変換マウンタが必要になる。ここでは「裸族のインナー」を使用すると、2.5インチのディスクを3.5インチのHDDのSATA端子の位置を確保しつつ変換でき、Z820のスロットにそのまま入れられる。スロットの数は4つあるので、今回はスロット1にシステムのSSDを使用し、スロット2・3には3TBのディスクを2台(RAID 0)、そしてスロット4にはAfter EffectsとPremiere Proのディスクキャッシュ用のSSDを挿入した。

DG_vol20_06.jpg 裸族のインナーを使って、2.5インチSSDを3.5インチに変換する必要がある

データフィールドにはニアラインにHDDを

ここでスロット2・3のHDDは2台のソフトウエアRAIDを組み、作業用のデータストレージ環境を整えた。4Kの編集には、膨大な素材データを受け止めなければいけないのでさすがにSSDでは十分なディスク容量を確保できない。私が関わる4Kのプロジェクトとして、1TBを超えるものがほとんどなのでHDDでデータフィールドを構築するのがいいだろう。但し、それなりのスピードも確保したいということと、安全面も担保させたいため今回は2台のRAID 0とした。もちろん使用するディスクにはニアライン用のものを使った。ニアラインとは、バックアップなどのデータ格納用のオフラインと、サーバーなどの24時間365日アクセスのあるオンラインの中間に位置付けされているもので、一日8時間程度の作業を毎日行うことを想定として設計されているものだ。つまりは我々のような映像制作者が使用するディスクとしては、データの損傷などから守れる用途として都合のいいものだと言える。ニアラインディスクは「エンタープライズ」とも言われるのだが、今回はHGSTのUltrastarシリーズ、7K4000 /3TBを使った。2台RAID 0でもWriteスピード、Readスピードともに300MB/sほどになるため、6TBの大容量と併せて大変都合のいい環境が整えられる。

DG_vol20_07.jpg Ultrastar 7K4000シリーズの3TB。ニアラインとしても定評のある一台だ

After Effectsのキャッシュには高速のSSD

またAfter EffectsやPremiere Proのキャッシュ用SSDは安全面よりもスピード重視なため、今回はいわゆる「赤箱」といわれるTOSHIBAのOEMでもあるCFD社のSSDを使用。256GBでも2万円程度の高いコストパフォーマンスを持つ一台だ。スピードもRead/Writeともに500MB/s付近を確保できるのでこれも心強い。

そして今回は特別に5インチベイを使用して、この赤箱を2台使ってRAID 0を組んだ。これは4Kの完成品を再生させるための場所として特別に作った場所だ。赤箱2台のRAID 0でディスクスピードはRead/Writeともに800MB/s付近だ。DPX連番は再生が難しいものの、QuickTime ProResやXAVCの30fpsであれば全く問題はないはずだ。

つまり今回は4つのディスクを作った。
(1)OSとアプリケーション Intel DC S3500 480GB
(2)作業用データスペース HSGT Ultrastar 7K4000 3TB×2
(3)After Effects/Premiere Proディスクキャシュ CFD 赤箱256GB
(4)4K再生用スペース CFD 赤箱 256GB×2

DG_vol20_08_2.png DG_vol20_08_3.png
(2)~(3)のディスクのスピード結果。注目はUltrastarの2台RAIDのスピードが300MB/sを超えていることだ

さらに5インチベイにはBlu-rayドライブに加えて、3.5インチのディスクをベアで抜き差しできるスロットをアーカイブコピー用に搭載させた。作業スペースで終了したプロジェクトをどんどんバックアップとしてコピーする必要があるため、SATAでの接続は必須だ。フロントにスロットがあると非常に便利で、効率もいい。

グラフィックには新鋭NVIDIA GeForce 780 Ti

そして次にPCI機器だ。もちろんグラフィックカードは強力なものを投入したい。ハイエンドであればやはりNVIDIAのQuadro K6000と言いたいところだが、さすがに60万円ほどするカードには手が出ない。ここで注目したいのがNVIDIAのGeForce 780 Tiだ。そもそも私が使う4Kの編集プラットフォームはAdobe Creative Cloudで、Premiere ProやAfter Effectsなどで大きな力となるのがCUDA処理だ。K6000の場合CUDAの並列処理コア数は2880だ。一方で一つ下のラインアップであるK5000になるとコア数が1536に下がる。ところがゲーマー用に開発されたGeForceシリーズは、その高いコストパフォーマンスに注目が集まるのだが、今年リリースされた780 TiにはK6000と同様の2880のコアが搭載されており、価格も8万円台と、かなりのコストパフォーマンスを狙うことが可能になった。もちろん12GBのメモリを誇るK6000に対して3GBの容量ではあるものの、Premiere Proで動画再生エンジンとなるMercury Playback Engineの4Kパフォーマンスを狙うのであれば、相当な期待をかけることができるだろう。

DG_vol20_09.jpg 今最も注目を集めていると言ってもいいだろう、GeForce 780 Ti。スペック通りのパワフルなパフォーマンスを期待したい

但しGeForceシリーズは結構な消費電力なので、注意が必要だ。150W程度の消費電力であるK5000に比べて780 Tiは250Wもの電源を確保しなければならない。筐体の電源も理想として800W以上必要で、さらにはAUXの電源として6pinと8pinの2本が必須となる。Z820の場合デフォルトで6pinの電源が3本用意されているので、変換ケーブルなどを利用して8pinの接続を行う必要がある。6pin2本から8pinに変換できるケーブルがASUSなどの780 Tiには付属しているようなので、上手く利用するといい。ちなみに今回はELSAのカードを使用したのだが、変換ケーブルは同梱されておらず結構手こずった。ちなみにZ820の電源容量は1125Wで変換効率も90%以上を誇る優れものだ。基本的に電源不足というのは全く心配ない。

DG_vol20_10.jpg PCI ExpressのAUX電源。6pin2本を8pinに変換するケーブル

出力はBlackmagic DeckLink 4K Extreme

そして今回は4K出力としてBlackmagic DesignのDeckLink 4K Extremeを使った。この場合UltraHDの30fpsまでを再生可能で、現状の作業はほぼこれで問題ない。もちろん将来的にはDCI4Kの60fpsといったことまで守備範囲を広げる必要があるかもしれないが、いまのところ再生パネルも含めて現実的なスペックはUltraHD30fpsで十分だろう。しかもDeckLinkを使えば、HDMI一本で4Kを送出することができる。これもコストパフォーマンスが非常に高い一枚だ。

DG_vol20_11.jpg 4K出力としては最もコストパフォーマンスの高いカードといっていいだろう。DeckLink 4K Extreme。UltraHD 30fpsまでいける

4KモニターはDellの24インチが注目

4Kモニターには昨年末に発売になったDellの24インチ4KモニターUP2414Qを導入した。このパネルの魅力は、24インチという小さい画面内にUltraHD(3840×2160)の解像度を確保し、視野角170度以上の非光沢IPSパネルを採用していることだ。色の再現性も素晴らしく、AdobeRGBを99%、そしてsRGBを100%カバーしたハイエンドともいえるスペックを誇っている。自社のHPでも「卓越した色彩精度」と謳うほど、自信作のようだ。DisplayPortとHDMIを入力可能で、DeckLink 4K ExtremeとHDMI一本で繋ぐことができる。これは非常に便利だ。パソコンモニターとしては、あらゆるものが小さく細かく表示されるので、ちょっと使用に不向きだが、4K映像のモニタリングとしては最高の一台といえよう。なんといっても価格が10万円を切っているというのも嬉しい。

DG_vol20_12.jpg Premiere ProのMercury Playback Engineが4K編集の根幹を支えることになる。CUDAを最大限生かしたシステム構築を目指したい DG_vol20_13.jpg 3月には28インチ型も発売になるDellの4Kモニターだが、24インチタイプはIPSを使用し、60fpsまで対応している。また色再現性もかなり高く、4Kのモニタリングとしては最適だ。かなりの細かい設定を行えるのがすごい

Adobe Creative CloudでCUDAを最大限に活かす

これでハードウェアの設定は終了だ。あとは実際に4Kの映像を走らせてみることにしよう。前回の記事でも書いたが、4Kのワークフローを支えるプラットフォームはAdobe Creative Cloudで決まりだ。After EffectsとPremiere Proの黄金の連携は4K制作には大きな成果をもたらしてくれる。そしてPremiere ProのMercury Playback EngineがCUDAコアを最大限使ってくれるため、快適な編集環境を実現できるというわけだ。早速Blackmagic Production Camera 4Kで撮影した4KのQuickTime ProRes HQの素材をPremiere Pro上のタイムラインで走らせてみた。驚いたことに、なんとノーレンダリングでフル解像度の4K素材が4Kモニタリングしながらリアルタイムで走るのだ!!しかも4K素材はHDDのRAIDフィールドに入っているもので、ProResの威力もさることながら、4Kをモニタリングしながらリアルタイムでネイティブ編集できるというのは、少々感動ものである。確かにそれなりのコストはかかるものの、4Kの編集環境はかなり現実的なものであるということを実感できた。


WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


[ Writer : 江夏由洋 ]
[ DATE : 2014-03-11 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.28 EOS C300 Mark II〜4Kフォーカス機能の新たな時代へ〜

txt:江夏由洋 構成:編集部 4Kの最大の課題―フォーカス 4K撮影をする際にカメラマンにとって一番問題になるのは、フォーカスだ。特に4Kの撮影となればその解像度... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.27 Adobeが描く無限の未来

txt:江夏由洋 構成:編集部 メジャーアップデートを果たしたAdobe Creative Cloud 先日六本木のEXシアターで行われたAdobe CC 2015... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.26 SHOGUNを使った次世代の4K撮影を考える

SHOGUNとFS7&α7Sで4K収録 先日バージョン6.2にアップデートされたATOMOS社のSHOGUN。4Kからのダウンコン機能やLUTをかけてモニタリングできる機... 続きを読む

DG-extra_MANNShow_top

[DigitalGang!]Extra Shoot.03 NAMM Showって知ってますか?音と映像の関係を見る

アメリカ・アナハイムで毎年開催されるNAMM Show。1月なのに気温は20度! とっても熱い!NAMM Show! とにかく広い会場。熱気であふれております 映... 続きを読む

newDG_top

[DigitalGang!]Shoot.25 アナモフィックレンズが熱い!

最新機材がつなげる「ビデオ」と「シネマ」の世界 最近の映像のトレンドはズバリ、大判センサーによるデジタル撮影だ。科学技術が進歩するのと併せて、カメラのセンサーサイズはどんどんと大... 続きを読む

WRITER PROFILE

江夏由洋 兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 江夏由洋 > [DigitalGang!]Shoot.20 4K映像編集を快適にするマシン構築