PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > コラム > 石川幸宏 > [石川幸宏のコラムーチョ]Vol.17 3Dコンテンツ普及の要〜2D-3D変換作業の実態とは

News

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.17 3Dコンテンツ普及の要〜2D-3D変換作業の実態とは

2011-09-30 掲載

3D映画制作に必要な2D-3D変換作業の実態

新たな3D映画ブームの火付け役となった映画「アバター」の成功から早2年。以来、映画業界はハリウッドを中心に3D化へ一気に突き進んでおり、日本のシネコンでも必ず何かしらの3D作品が掛かっている状況だ。またTVの3D対応コンテンツも更なる普及が望まれている。

しかしステレオスコピック3Dの製作現場はそんなに簡単ではない。ここに来て3Dリグの普及や二眼式一体型カメラもようやく出て来たが、さすがに作品全編を3D撮影するというのは、技術的にも時間的にも、そして何より逼迫したいまの経済状況では製作予算的にも非常に難儀である。また既に公開されている3D作品のうち、そのほとんどが2D-3D変換によって作られた3D映像部分を基本として制作されている。

日本でも昨年公開の「THE LAST MESSEGE 海猿 3D」や「バトルロワイヤル 3D」は、全編が元の2D映像から3D映像を擬似的に作り出した作品であったし、それは海外でも同じ。現況の撮影環境を考えても100%3Dカメラで撮影するというのは現実的ではなく、今後の3D市場の活性化を促す上で通常の2Dから3Dへの変換技術は不可欠だ。

優秀なクロマキーソフトやAdobe After Effectsなどの合成ソフトウェアにより、かなり向上した3D変換作業の環境はあるが、しかしまだまだ2D-3D変換作業には多くの手間と時間がかかっている。前後のレイヤー別にコンバージェンスのズレ幅を補正するため、膨大な工数のマスク抜き作業が必要とされ、それらはすべて人海戦術による作業が発生しているからだ。現に昨年末に公開された「ハリーポッター」シリーズ最終作のパート1が3D化を予告したものの実現が見送りになった理由は、公開までにその膨大な2D-3D変換作業にプロダクション側の作業が追いつかなかった、というのが事の真相のようである。

現在、2D-3D変換は大きく2つの方法がある。1つは2D映像から手作業によるマット抜きで3D映像を生成する方法。元の映像からAdobe After Effectsなどで左右それぞれのレイヤー情報を切り出し、ここから距離情報(デプス)を割り当てて、左右のデータとして合成していくもので、現行の大半の2D-3D変換作業には用いられている方法。もう一つは2D-3D変換専用のコンバーター、例えば日本ビクター(JVCケンウッド)の「IF-2D3D1」などを使用する場合である。

前者のマット切り出し方法は精密な3D映像を作る事ができるが、それには膨大な作業量と時間がかかるため、2時間の作品をすべて行うとなれば、とてつもない時間と費用がかかってくる。後者は、ある程度の自動変換はできるものの、自動で生成できるデータ状態には限界があり、平面画像を前後に並べただけのカキワリ効果になってしまうなど演出の自由度が低い。また取り出したデータの深度位置を調整するには、もう一度それらのデータを手作業で修正する、といった余計な手間が掛かってしまう。

2D-3D変換の効率化ソフト「RayBrid ADDepth」誕生

ReyBridADDepth_00.jpg

こうした諸問題を解決できる、2D-3D変換専用の新たなソフトウエアとして今夏に登場したのが「RayBrid ADDepth(レイブリッド・アデプス)」だ。「RayBrid」という名前を聞いて、おや?と思う方もいるだろう。そう、2008年のInterBEE会場に突然登場し、グリーンバック/ブルーバックが無くても、複数の動的対象物を検知して一括マスク抜きで全てのアルファチャンネルの自動生成ができるシステム「RayBrid [Matte Maker(マットメーカー)]、[Quietude(クワイエチュード)]」を発表して大きな注目を浴びた、あのエム・ソフト社の新製品、つまり純国産のソフトウェアなのである。

その後「RayBrid」のテクノロジーは、劇場映画を始めとするハイエンド映像プロダクションから注目を集め、多くの劇場映画で使われているが、その中で2D-3D変換に苦悩する現場の声を聞いた技術者が、今度は「RayBrid「の技術を3D映像に活かせるように、2D映像から3D映像を一切のマット切りを行わずに半自動生成可能にする開発を進めてきたものだ。

「RayBrid ADDepth」は、二眼カメラでの撮影が必要だったステレオスコピック3D映像を、普通の1眼レンズで撮影された2次元映像から半自動的に生成できる。さらに従来の2D-3D変換作業では、2D映像からオブジェクトの切り出しやCGシミュレーションによる奥行き情報の生成が不可欠だったが、この「RayBrid ADDepth」では、一切のマット切りを行わずに短時間の作業で2D-3D変換が可能になる。これらの生成映像はADDepthが提供する独自アルゴリズム(特許出願中)から算出される。

ReyBridADDepth_01.jpg

「RayBrid ADDepth」は、また対象となる映像の中で、どこが一番手前(または奥)にあるかという、人間の目による認識情報を、手動に寄るマーカー(ADDepthではポールと呼ぶ)指定するだけで、人間の目で感じるのとほぼ同じ奥行き感を生成でき、演出の狙いや合成によって、3D映像内の特定部分に手を入れたい場合でも意図した編集が可能だ。それぞれのオブジェクトの深度に関する各パラメータも詳細な調整が可能。暗部の前後関係など見分けにくい部分でも3Dモニターで立体感を目視しながらの編集ができる。さらに「RayBrid ADDepth」からデプスマップが出力でき、プラグイン的な使用方法で、Adobe After Effectsなどの一般ツールにもデプス情報を持って行き、編集することも可能だ。

3Dリグなど使用した3D撮影では、視差調整などにどうしても時間がかかり、ロケ現場での撮影時間が長くなるなど、まだまだ現実的な諸問題は多い。しかしこの「RayBrid ADDepth」を利用すれば、通常のポストプロダクション作業によって3Dステレオ映像に短時間で変換できるため、メインの3D撮影以外は2Dで撮影して後に「RayBrid ADDepth」によって変換を行えば、従来どおりの撮影スケジュールがキープされるなど、制作フローをこれまで通りに進行できるなどのメリットも生まれる。

「RayBrid ADDepth」は、現行では高価なターンキーシステム販売となるが、サービスやメンテナンスの面においても純国産であり、運用面での安心感もある。今後この可能性が浸透すれば、ソフトウェア単体での製品販売/提供も考えられる。過去作品等の3Dコンテンツ化にも行かせる等、今後の発展が楽しみな国産テクノロジーに今後も注目したい。


WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


[ Writer : 石川幸宏 ]
[ DATE : 2011-09-30 ]
[ TAG : ]

関連のコラム一覧

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.20 4K Ready!ソニー民生用4Kプロジェクター発売とその意味とは?

今年のInterBEE会場で最も目を惹いたキーワードは「4K」だ。昨年までの3Dに代わって、今年はどのブースでも4K、8Kといった文字が踊っていたのは、個人的にも非常に気になった。... 続きを読む

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.19 CINEMA EOS その誕生を見る -ハリウッドで発表イベントを独占取材-

"11月3日、キヤノンがハリウッドにて歴史的発表を行う!" 9月中旬にこのアナウンスが出されて以降、業界関係にも詳細な情報は一切提示されず、世間では様々な憶測を呼んでいたが、いよい... 続きを読む

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.18 悩ましいデジタル映像アーカイブの世界に光明は見えるか?LTOvs光ディスク

LTOvs光ディスクの戦いの幕が開いた? ファイルベースによる映像データの運用時代に本格突入し、どのジャンルでも一番の問題になっているのは映像データの保存/アーカイブの問題だろう。... 続きを読む

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.16 サイネージメディアとしても注目のプロジェクション・マッピングの夕べ

日本でもプロジェクション・マッピング協会が発足 8月4日〜7日で神奈川県逗子市の逗子小学校、逗子文化プラザ等の施設があるエリアで開催された「ZUSHI MEDIA ART FEST... 続きを読む

[石川幸宏のコラムーチョ]Vol.15 ソウルの映像機材展、KOBA2011に行ってみた!

" To the New Media, Beyond Digital ! " KOBA2011 6月14~17日 江南 COEX 日本よりも映画作りが盛んで、ドラマコンテンツはいま... 続きを読む

WRITER PROFILE

石川幸宏 映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。


Writer

編集部
PRONEWS編集部による新製品レビューやイベントレポートを中心にお届けします。
石川幸宏
映像専門雑誌DVJ編集長を経て、リアルイベントを中心とした「DVJ BUZZ TV」編成局長として活躍中。
小寺信良
業界で噂の新製品を、AV WatchやITmediaのコラムでもおなじみの小寺信良氏がレポート。
raitank
アートディレクター。あまたの海外ソースを読み漁ってHDSLRを独学。国内と海外の情報流通の温度差にモーレツな疑問を感じ、最新の情報を自ら日本語で発信するblogを運営中。
ふるいちやすし
自身で脚本、監督、撮影から編集、音楽までもこなすマルチプレーヤー。
岡英史
バイクレース及びF3レース参戦など、映像とはかけ離れた経歴を持つ異色ビデオカメラマン
江夏由洋
兄弟で株式会社マリモレコーズを設立し、ノンリニアにおける映像技術、映像制作を中心に、最新技術を取り入れたワークフローを提案している。
手塚一佳
CGムービー制作、ネットワークゲーム制作を得意とするデジタルデザイン会社アイラ・ラボラトリの代表取締役。
山本久之
映像エンジニア。フリーランスで映像設備のシステムインテグレーションと、ノンリニア編集に携わる。
鍋潤太郎
ロサンゼルスを拠点とするVFXジャーナリスト。
江口靖二
江口靖二事務所主宰。現在デジタルサイネージコンソーシアム常務理事などを兼務。
安藤幸央
無類のデジタルガジェット好きである筆者が、SIGGRAPH ASIAやCESなど海外の注目イベントを紹介。
高野光太郎
Cosaelu株式会社 代表取締役 / 映像ディレクター ミュージックビデオ、番組オープニングタイトル、CM、劇場映画、全てをデスクトップで制作。
ヒマナイヌ
頓知を駆使した創造企業
オースミ ユーカ
映像ディレクター。企画、脚本から演出までジャンルを問わず活動。
林和哉
映像プロデューサー/ディレクター。入口から出口まで全てのポジションを守備範囲にしている。最新技術が好物で、各種セミナー活動も豊富。
土持幸三
1970年生。鹿児島県出身。俳優を経て渡米。LA市立大卒業・加州立大学ではスピルバーグと同期卒業。帰国後、映画・ドラマの脚本・監督を担当。川崎の小学校で映像講師も務める。
茂出木謙太朗
株式会社キッズプレート代表。「楽しいInternetコンテンツ」をテーマに活動。現在VRの可能性をまさぐり中。CG-ARTS協会会員
猿田守一
企業用ビデオ、CM、ブライダル、各種ステージ記録など撮影から編集まで地域に根ざした映像制作活動やCATV局などへの技術協力なども行っている。
松本敦
映像クリエイター。企業VPからスポーツイベント撮影まで幅広く手がける。アクションカムやドローンなどの特殊ガジェット好き。
黒田伴比古
報道・ドキュメンタリーエディターでありながら、放送機器に造詣が深く、放送局のシステム構築などにも携わるマルチプレーヤー。
ヒラタモトヨシ
ファッションとテクノロジーを繋ぎイノヴェーションを生み出す事をライフワークとし、WEB/ライブメディア/高精細映像表現を追求。
須藤高宏
東京・国分寺市に於いて録音スタジオ「マイクロサウンド」を運営し各種録音編集に携わる傍ら最近では各種イベント配信音声を担当。
猪蔵
いつも腹ペコ。世の中の面白いことを常に探っている在野の雑誌編集者。
ベン マツナガ
未来シネマ/ディレクター。ハリウッドでの大型映像制作、映画「血族」のプロデュースを経て、現在は、映像を通じて人と人をつなげるドキュメンタリー作りに没頭している
金田浩樹
映画・テレビの映像制作を中心に、USTやニコ生等、ライブメディア各分野を横断して活動中。ジャンルや固定概念にとらわれない構成力と発想に定評あり。
ViewingLab
未来の映像体験を考える有志の研究会。映画配給会社、映像作家、TV局員と会員は多岐に渡る
稲田出
映像専門雑誌編集者を経てPRONEWSに寄稿中。スチルカメラから動画までカメラと名のつくものであればなんでも乗りこなす。
山下香欧
米国ベンチャー企業のコンサルタントやフリーランスライターとして、業界出版雑誌に市場動向やイベントのレポートを投稿。
萩原正喜
米国コロラド州から、米国のデジタル放送事情からコロラドの日常まで多岐に渡るコラムをお届けします。
坪井昭久
映像ディレクター。代表作はDNP(大日本印刷)コンセプト映像、よしもとディレクターズ100など。3D映像のノンリニア編集講師などを勤める。
林永子
2005年よりサロンイベント「スナック永子」を開催。通称「永子ママ」
岡田智博
クリエイティブクラスター代表。メディアアートと先端デザインを用いたコンテンツ開発を手がけるスーパー裏方。
しらいあきひこ
カメラメーカー、ゲーム開発などの経験を持つ工学博士が最先端のVR技術を紹介。
秋山謙一
映像業界紙記者、CG雑誌デスクを経て、2001年からフリージャーナリストとして活動中。
今間俊博
アナログ時代の事例を通じ、教育関連の最新動向を探る。
伊藤裕美
オフィスH(あっしゅ)代表。下北沢トリウッドでアニメーション特集上映を毎年主催している。
UserReport
業界で話題の商品を実際に使ってみてどう感じたかを、各方面の様々な方々にレポートしていただきました。
System5 Labs
SYSTEM5スタッフが販売会社ならではの視点で執筆します。

トップ > コラム > 石川幸宏 > [石川幸宏のコラムーチョ]Vol.17 3Dコンテンツ普及の要〜2D-3D変換作業の実態とは