PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 米国アナログ停波実施日、大きな混乱がなかった、とFCC発表

News

米国アナログ停波実施日、大きな混乱がなかった、とFCC発表

2009-06-15 掲載

米国時間6月12日、米国ではついにアナログ停波が実施された。これで米テレビ局970余りが完全にデジタル放送に移行したことになる。翌日には、米連邦通信委員会(FCC)から視聴者への対応の様子が報告され、「大きな混乱はなかった」としている。

FCCによると、コールセンターには当日、31万7450件もの問い合わせがあった。8日から当日までは約70万件。内容としては、30%がアナログ-デジタル変換器の動作に関するもので、電話の指示に従い再度デジタル放送波をスキャンすることで解決している、という。

FCCは4000人態勢で問い合わせに対応。問い合わせが最も多かった都市はシカゴで、ダラス・フォートワース、ニューヨーク、フィラデルフィア、バルティモアがそれに続いた。サポートコールがつながるまでの待ち時間は平均4.6分で、対応に要した時間は問い合わせ1件あたり平均8.4分だったという。また、FCCがデジタル移行に関する情報を提供しているWebサイト「DTV.gov」では、5月の月間ページ・ビューが250万ページ強だったが、6月12日は310万ページを超えていたことも分った。

FCCではラストスパート週には、デジタル放送受信の準備ができていない家庭に向けて早急な対応を呼びかける告知を行っていた。FCC会長代理のマイケル・コップス氏は、「停波当日、FCCスタッフのチームが技術的な課題によく対応したことには満足している。しかしまだやるべきことはたくさんある。移行は1日で終わる話ではない」と述べている。


[ Category : ]
[ DATE : 2009-06-15 ]
[ TAG : ]

関連する記事

リーダー電子、スマホで操作するデジタル放送シグナルレベルメーター「LF 10」を発売

リーダー電子株式会社は、日本国内における地上波、CATV、BS、110°CSデジタル放送に対応したチャンネル信号測定装置“シグナルレベルメーター”「LF 10」を2013年12月2... 続きを読む

総務省、福島原発事故規制地域の帰還世帯に地デジチューナーを無償給付の支援開始

総務省は11月20日、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い避難している世帯が避難前の自宅に帰還する際、簡易な地上デジタルテレビ放送対応チューナーを無償給付等の支援措置を行うことを... 続きを読む

ヨーズマー、南相馬市においてエリア放送サービス「南相馬チャンネル」を提供開始

株式会社ヨーズマーは、福島県南相馬市および南相馬市と友好関係にある富山県南砺市より依頼を受け、地上デジタル放送の応用技術を利用した南相馬市内向け放送サービス「南相馬チャンネル」を、... 続きを読む

総務省、「デジアナ変換」を実施するケーブルテレビ事業者を発表

総務省は11月1日に、国の補助金を活用して「デジアナ変換サービス」を実施する事業者99事業者(162施設)を発表した。来年7月24日までには、ケーブルテレビに加入している2450万... 続きを読む

リーダー電子、地上デジタル放送の測定機能を備えたシグナルレベルメーターを発表

リーダー電子株式会社は、地上デジタル放送のレベル、BER、C/N測定機能とBSデジタル放送のレベル測定機能を備えた、シグナルレベルメーターLF 5を発表した。 LF 5は、新規にデ... 続きを読む

トップ > ニュース > 米国アナログ停波実施日、大きな混乱がなかった、とFCC発表