PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > [SIGGRAPH2010]KAIT白井研究室の「Scritter」プロジェクトからの論文が採択

News

[SIGGRAPH2010]KAIT白井研究室の「Scritter」プロジェクトからの論文が採択

2010-07-16 掲載

米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されるコンピューターグラフィックスの展示会「SIGGRAPH 2010」において、神奈川工科大学(KAIT)の 白井暁彦研究室が研究を進めている、「Scritter」プロジェクトの関連投稿「A New “Multiplex Content” Displaying System Compatible with Current 3D Projection Technology」が採択、「Poster」セクションなどで展示発表される。

「Scritter」プロジェクトでは、3D立体映像システムと互換性を持った、多重映像コンテンツ提示方式について研究が行われている。題材にある「マルチプレックス・コンテント・ディスプレイシステム」は、3D技術を基にした、コンテンツの多重化を可能にするシステム。複数の画像を1つのスクリーンに多重化することが可能である。

3D眼鏡と同様の技術で、例えば特殊な眼鏡を装着すれば、映画の多言語字幕表示が可能となる。映画鑑賞者がそれぞれ違う言語字幕を表示する眼鏡をかけることで、多国籍の人たちが1つのスクリーンで同じ映画を観賞できる。3D技術との互換性により、特別な修正などを必要とせず3Dプラットフォームに実装できるという。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-07-16 ]
[ TAG : ]

関連する記事

国際3D協会日本部会、「3D University Japan 2013」開催

国際3D協会日本部会 (International 3D Society Japan Committee:I3DS-J) は、11月20日から2日間、 秋葉原UDXシアターにてアワ... 続きを読む

裸眼NEO3DOタブレットとGoPro 3Dのコラボレーション

米NEO3DO社から7月初旬に発売になった、8インチの裸眼3Dディスプレイ・タブレット「NEO3DO」はハイスペックのCPU/GPUを搭載しながらも価格が399ドルな上、ユーザビリ... 続きを読む

新しい裸眼3D対応タブレットNEO3DOが今春に290ドルで登場

CES2013では、Gadmei社ブースで新しいAndroid4.0搭載の裸眼3Dタブレットモデル「T863」(1280x768)や「E8-3D」(1280x800)がお目見えした... 続きを読む

ディズニー、ARRI/フラウンホーファー研究所と3D映画製作用トリフォーカルカメラシステムを開発中

トリフォーカルカメラシステムに実装されているIndiecam社のマイクロカメラ ウォルトディズニースタジオがArri Groupおよびフラウンホーファーハインリッヒ・ヘルツ研究所と... 続きを読む

Dimenco、アルティメイト・フルHD裸眼3DテクノロジーNablaを発表。2Dとハイブリッド

オランダDimencoはCES2013にて、独自のレンズ設計と画像処理および、鮮明な画像と広視角を実現する「Clear View」技術を組み合わせた、2Dと裸眼3DともフルHD解像... 続きを読む

トップ > ニュース > [SIGGRAPH2010]KAIT白井研究室の「Scritter」プロジェクトからの論文が採択