PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ITTOCAN、デジタルサイネージ向けの独自開発インタラクティブ映像センシング/描画エンジン「REACT」の提供を開始

News

ITTOCAN、デジタルサイネージ向けの独自開発インタラクティブ映像センシング/描画エンジン「REACT」の提供を開始

2010-11-30 掲載

株式会社ITTOCANは、デジタルサイネージにインタラクティブな映像表現を可能とする、独自開発のインタラクティブ映像センシング/描画エンジン「REACT」の提供を開始した。

 

「REACT」は、カメラなど映像入力装置からの画像をリアルタイムに解析し、人物の不規則な動きやアウトラインを抽出することで、インタラクティブなグラフィックス表示を可能にするリアルタイムの描画エンジン。デジタルサイネージシステム「SCALA」をプラットフォームにして、空間演出のために設置されるマルチ画面、街頭ビジョンや公共施設などの電子広告モニタなど、さまざまなロケーションのモニタレイアウトに合わせて、その場所の環境や人の動線などを考慮した、都度変化するインタラクティブな映像で空間を演出できるとしている。

ロケーションに合わせて表示モニタをレイアウトし、複数のカメラと再生用PCをネットワークに接続するだけで設置環境にマッチしたシステムを構築することができ、カメラ画像から解析した人物などの動きに反応したグラフィックスは、アンビエントなグラフィックエレメントやデジタルフォト、企業ロゴや製品のイメージなど、デジタル素材ファイルを差し替えるだけで簡単に行え、空間を演出するためのビデオインスタレーションや広告デジタルサインなど、幅広い用途に柔軟に対応できるという。

またITTOCANは現在、株式会社エフエム東京SCALA株式会社と3社で、福岡ユビキタス特区で行われているマルチメディア放送実験において、放送波を使ったデジタルサイネージ向けの配信実験を行っているという。SCALAシステムが持つIPマルチキャスト配信テクノロジーをIPDC(インターネット・プロトコル・データキャスト)と組み合わせることで、放送波を使ったデジタルサイネージコンテンツの配信をSCALAシステムの持つコンテンツ配信/管理と表現力豊かなコンテンツ表示機能を損なうことなく実現できることを、実証するもの。


[ Category : ]
[ DATE : 2010-11-30 ]
[ TAG : ]

関連する記事

saineji0706

デジタルサイネージコンソーシアム、デジタルサイネージの共通ピクトグラム開発イベントを開催

一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアムは、デジタルサイネージの共通ピクトグラム(案内用図記号)の開発イベント「デジタルサイネージ ピクタソン」を2015年8月2日に東京・赤坂... 続きを読む

4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測

今月初めに開催されたCESでは70以上も新しい4K UHDテレビが登場しており、UHDパネルにおける市場拡大の見通しは明らかだ。米リサーチ会社のHISテクノロジーでは、広告や情報提... 続きを読む

ヒビノ、渋谷ヒカリエにリング状フルカラーLEDディスプレイ「ChromaLED 6B」を納入

ヒビノ株式会社は、4月26日に開業した渋谷駅直結の高層複合施設「渋谷ヒカリエ」に、同社製のLEDディスプレイシステム「ChromaLED 6B」を納入したと発表した。ChromaL... 続きを読む

ACUBE、PCベースのデジタルサイネージプレイヤー「ACUBE Pallavec Signage N191G1」を発売

株式会社エーキューブは、APU(AMD製のGPUとCPUを統合させたAccelerated Processing Unit)を搭載したデジタルサイネージプレイヤーの発売を開始した。... 続きを読む

NGC、カタログスタンド型デジタルサイネージシステム2製品を発売

株式会社エヌジーシー(以下NGC)は、カタログスタンド型デジタルサイネージシステム「InteractiveInfoDisplay(40型液晶版・9ポケット)」および「Interac... 続きを読む

トップ > ニュース > ITTOCAN、デジタルサイネージ向けの独自開発インタラクティブ映像センシング/描画エンジン「REACT」の提供を開始