PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニーから次世代4K CineAltaがモジュールタイプで新登場、EOS C500、EPIC/ SCARLETの対抗機種

News

ソニーから次世代4K CineAltaがモジュールタイプで新登場、EOS C500、EPIC/ SCARLETの対抗機種

2012-10-31 掲載

米ソニー・エレクトロニクスは10月30日(現地時間)、4K対応の次世代シネマカメラ「PMW-F5」と「PMW-F55」を発表した。昨年発売されたデジタルシネマカムコーダー「PMW-F3」の後継機にPMW-F5、そしてPMW-F55はその上位系に位置づけられるようだ。

PMW-F5は、ネイティブに2Kまで対応(4K収録にはオプションのRAWポータブルレコーダーが必要)。対して上位機種のPMW-F55 は、グローバルシャッターやワイドレンジのカラーガンマ、ネイティブに4Kまで対応する。両機種とも、最新の4096×2160スーパー35mmサイズCMOSイメージセンサー(総画素数11.6Mピクセル)を実装し、最新コーデックのXAVC MPEG-4 AVC/H.264をはじめ、SRMASTERフォーマット(1920×1080、MPEG4 SStP)、XDCAM 50Mbps 4:2:2といったマルチコーデックに対応する。2基のSxS PRO+スロットを実装しており、パラレルでマルチコーデック記録ができるという。また、同リリースするAXS-R5 RAWポータブルレコーダーを本体にドッカブル接続すれば、内部記録と同時にRAWファイルとして記録できるほか、PMW-F55であれば240コマ/秒まで、またPMW-F5であれば120コマ/秒までのスロー映像の記録が可能となる。

本体と共に新しい6本セットのT.2.0単焦点PLレンズも揃う。レンジは20/25/35/50/85/135mmだ。ソニーPLマウントを採用しており、Angénieux、ARRI、 Canon、Carl Zeiss、Cooke、FUJIFILMやLeicaレンズに対応できるほか、FZマウントを装着してスチルカメラレンズ(Canon EF、Canon FD、Nikon DX、Nikon G、Leica M、2/3インチ B4)も実装可能となる。またFZマウントでソニー製のオートフォーカス・サーボズームレンズ(SCL-Z18X140)も実装できる。

新しい単焦点PLレンズ

さらに、OLED/LCDビューファインダーや、PCやMacとダイレクトに接続できる、2K/4K RAWファイルを記録する新AXSMアクセスメモリシステム(メモリーカードは512GB)を発表している。OLED/LCDビューファインダーは有機ELであるDVF-EL100 OLED(1280×720)、LCDにDVF-L350(3.5インチ:1920×1080)があり、リグに装着せずに使える。

PMW-F5とPMW-F55の出荷時期は2013年2月を予定、価格は正式には発表されていないが、PMW-F5本体で22,000〜25,000ドル、ポータブルレコーダーが19,000ドル程度とされている。また日本での発売についてもまだ発表されていない。

価格帯といえば、RED DIGITAL CINEMAの創立者であるジム・ジャナード氏が先週、製造ラインでのコスト削減が可能なことを理由にEPICカメラの価格を下げることをブログで示唆している。またキヤノンでも10月末より4KシネマカメラEOS C500シリーズを順次発売するとしている。価格はオープンだが、230万円前後での販売が予想されている。

ハンドルとビューファインダー部分が本体と分かれているモジュラーシステムになっているのは現行からの大きな改良点だ ハンドルとビューファインダー部分が本体と分かれているモジュラーシステムになっているのは現行からの大きな改良点だ

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2012-10-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

SONY PMW-F55 CineAlta 4Kカメラ [SYSTEM5]
SONY PMW-F55 CineAlta 4Kカメラ [SYSTEM5]
販売価格: ¥2,723,544(税込)
4K Super35mm CMOSイメージセンサー搭載。 マルチフォーマットと240fps HFRで多彩なコンテンツ制作に対応するCineAlta 4Kカメラです。
SONY PMW-F5 CineAlta 4Kカメラ [SYSTEM5]
SONY PMW-F5 CineAlta 4Kカメラ [SYSTEM5]
販売価格: ¥1,445,040(税込)
4K Super35mm CMOSイメージセンサー搭載。 マルチフォーマットで多彩なコンテンツ制作に対応するCineAlta 4Kカメラです。

関連する記事

ソニー、2017映像制作機器 新商品内見会を開催。インスタントHDRワークフローや各種新製品のデモを公開

ソニーは、6月7日~8日、東京品川のソニー本社で2017映像制作機器 新商品内見会を開催した。今年4月にラスベガスで開催されたNAB2017に出展した機材やシステムを中心に、ソニー... 続きを読む

ソニー、フルフレーム36x24mmセンサー採用の次世代CineAltaカメラ開発を明らかに

デジタル画像技術を映画製作に取り入れた革新的カメラとして知られるソニーのCineAltaブランドカメラ。米ソニーはCine Gear Expoにて、アスペクトに依存しないフルフレー... 続きを読む

韓国で“4K(UHD)地上波放送”開始

韓国の地上波3社は、2017年5月31日午前5時から首都圏地域で地上波による超高画質(UHD:Ultra High Definition=4K)の本放送を開始した。UHD放送は、現... 続きを読む

ソニー、デジタル一眼カメラ「α9」のプロフェッショナル向け撮影体験会を開催

バスケットの撮影を通じてα9のブラックアウトフリーやAFの性能を体験する ソニーは、5月24日に東京都江東区のスポーツ施設で同社のソニー・イメージング・プロ・サポート会員を対... 続きを読む

ソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規模ライブ収録の実例」を開催

ソニービジネスソリューション株式会社は、2017年6月2日にコンパクトライブスイッチャ―「MCX-500」をテーマにしたソニープロフェッショナルセミナー「MCX-500を使った小規... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニーから次世代4K CineAltaがモジュールタイプで新登場、EOS C500、EPIC/ SCARLETの対抗機種