PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニーから次世代4K CineAltaがモジュールタイプで新登場、EOS C500、EPIC/ SCARLETの対抗機種

News

ソニーから次世代4K CineAltaがモジュールタイプで新登場、EOS C500、EPIC/ SCARLETの対抗機種

2012-10-31 掲載

米ソニー・エレクトロニクスは10月30日(現地時間)、4K対応の次世代シネマカメラ「PMW-F5」と「PMW-F55」を発表した。昨年発売されたデジタルシネマカムコーダー「PMW-F3」の後継機にPMW-F5、そしてPMW-F55はその上位系に位置づけられるようだ。

PMW-F5は、ネイティブに2Kまで対応(4K収録にはオプションのRAWポータブルレコーダーが必要)。対して上位機種のPMW-F55 は、グローバルシャッターやワイドレンジのカラーガンマ、ネイティブに4Kまで対応する。両機種とも、最新の4096×2160スーパー35mmサイズCMOSイメージセンサー(総画素数11.6Mピクセル)を実装し、最新コーデックのXAVC MPEG-4 AVC/H.264をはじめ、SRMASTERフォーマット(1920×1080、MPEG4 SStP)、XDCAM 50Mbps 4:2:2といったマルチコーデックに対応する。2基のSxS PRO+スロットを実装しており、パラレルでマルチコーデック記録ができるという。また、同リリースするAXS-R5 RAWポータブルレコーダーを本体にドッカブル接続すれば、内部記録と同時にRAWファイルとして記録できるほか、PMW-F55であれば240コマ/秒まで、またPMW-F5であれば120コマ/秒までのスロー映像の記録が可能となる。

本体と共に新しい6本セットのT.2.0単焦点PLレンズも揃う。レンジは20/25/35/50/85/135mmだ。ソニーPLマウントを採用しており、Angénieux、ARRI、 Canon、Carl Zeiss、Cooke、FUJIFILMやLeicaレンズに対応できるほか、FZマウントを装着してスチルカメラレンズ(Canon EF、Canon FD、Nikon DX、Nikon G、Leica M、2/3インチ B4)も実装可能となる。またFZマウントでソニー製のオートフォーカス・サーボズームレンズ(SCL-Z18X140)も実装できる。

新しい単焦点PLレンズ

さらに、OLED/LCDビューファインダーや、PCやMacとダイレクトに接続できる、2K/4K RAWファイルを記録する新AXSMアクセスメモリシステム(メモリーカードは512GB)を発表している。OLED/LCDビューファインダーは有機ELであるDVF-EL100 OLED(1280×720)、LCDにDVF-L350(3.5インチ:1920×1080)があり、リグに装着せずに使える。

PMW-F5とPMW-F55の出荷時期は2013年2月を予定、価格は正式には発表されていないが、PMW-F5本体で22,000〜25,000ドル、ポータブルレコーダーが19,000ドル程度とされている。また日本での発売についてもまだ発表されていない。

価格帯といえば、RED DIGITAL CINEMAの創立者であるジム・ジャナード氏が先週、製造ラインでのコスト削減が可能なことを理由にEPICカメラの価格を下げることをブログで示唆している。またキヤノンでも10月末より4KシネマカメラEOS C500シリーズを順次発売するとしている。価格はオープンだが、230万円前後での販売が予想されている。

ハンドルとビューファインダー部分が本体と分かれているモジュラーシステムになっているのは現行からの大きな改良点だ ハンドルとビューファインダー部分が本体と分かれているモジュラーシステムになっているのは現行からの大きな改良点だ

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2012-10-31 ]
[ TAG : ]

この記事に関連する商品

SONY PMW-F55 CineAlta 4Kカメラ [SYSTEM5]
SONY PMW-F55 CineAlta 4Kカメラ [SYSTEM5]
販売価格: ¥2,723,544(税込)
4K Super35mm CMOSイメージセンサー搭載。 マルチフォーマットと240fps HFRで多彩なコンテンツ制作に対応するCineAlta 4Kカメラです。
SONY PMW-F5 CineAlta 4Kカメラ [SYSTEM5]
SONY PMW-F5 CineAlta 4Kカメラ [SYSTEM5]
販売価格: ¥1,445,040(税込)
4K Super35mm CMOSイメージセンサー搭載。 マルチフォーマットで多彩なコンテンツ制作に対応するCineAlta 4Kカメラです。

関連する記事

160722_sony_lens_top

ソニー、35mmフルサイズ対応のαシリーズ用EマウントレンズPlanar T* FE 50mm F1.4 ZA「SEL50F14Z」を発売

ソニーは、同社のレンズ交換式デジタル一眼カメラα用Eマウントレンズとして、50mmの大口径標準単焦点レンズPlanar T* FE 50mm F1.4 ZA「SEL50F14Z」を... 続きを読む

120709_nhk2

NHK、リオ五輪にて4Kライブストリーミング&VODを実験実施

NHKは、8月5日から始まるリオデジャネイロ夏季オリンピックにて、「リオオリンピックの実験的な4Kネット配信」を実施する。スーパーハイビジョン試験放送する競技中継の一部を4Kに変換... 続きを読む

160707_main_top

ケーブル4K、ケーブル初の4K中継放送を8月に実施

ケーブルチャンネルの「ケーブル4K」は、8月11日と15日に初の4K中継放送を実施する。ケーブル4Kは、一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟が主体となって、全国のケーブル局が制作した... 続きを読む

160706_too_PrVR--View_top

Too、九州放送機器展にて「Adobe Premiere Pro最新アップデート」セミナーを開催

株式会社Tooは、来る7月22日(金)に福岡国際センターで開催される「九州放送機器展2016」にて「Adobe Premiere Pro最新アップデート-4K/8KからVRまで」セ... 続きを読む

160620_Sony_FDR-X3000_HDR-AS300_top

ソニー、空間光学手ブレ補正を採用したアクションカム「FDR-X3000」「HDR-AS300」を発売。4K/ハイスピード撮影時も手ブレ補正が有効に

写真左:HDモデル「HDR-AS300」、写真右:4Kモデル「FDR-X3000」 ソニーは、カメラ本体をヘルメットや、自転車などの様々な場所に取り付けてスポーツシーンやアウ... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニーから次世代4K CineAltaがモジュールタイプで新登場、EOS C500、EPIC/ SCARLETの対抗機種