PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > GoPro用軽量ハンドヘルド・スタビライザーがキックスターターで話題に。3軸ジンバル、モーター駆動で激スポーツ撮影でも安定水平

News

GoPro用軽量ハンドヘルド・スタビライザーがキックスターターで話題に。3軸ジンバル、モーター駆動で激スポーツ撮影でも安定水平

2013-09-20 掲載

このキックスターターに現れたGoPro向けのスタビライザーSTABiLGOは、米Freefly Systems社のフルデジタルカメラジンバル「MōVI」からのインスピレーションだったという。MōVIはDSLR・シネマカメラ向けで、価格は三ケタだ。そこで、もっと手頃な価格でGoPro向けにと、ニューヨーカーのシネマトグラファー2名が、プロジェクトとしてキックスターターに立ち上げた。1人はMTVでテクニカルプロデューサーを務めている。

STABiLGOの紹介ビデオ&テストシューティング

キックスターターのキャンペーン前に9か月間ほど開発期間が費やされた。資金募集の目的は、中国で量産するためだ。キックスターターでデビューした数週間で、STABiLGOの勝利を認める6グループから連絡があったという。

STABiLGOは、ジャイロセンサーが付いた、電動モーターが32ビットのFMCU(Flash Micro Controller Unit)で制御される。ジンバル雲台プレートはカーボン素材を採用。

GoPro装着時でも総重量が700g以下と、片手で十分持っていられる重さだ。設定は難しくなく、通常の雲台にとりつけるようにカメラを取り付けて重心(COG:X:27.5mm、Y:11.5mm、Z:35.5mm)が設定されれば準備完了だ。カメラバランスを整え、電源を入れれば、後はカメラで収録するだけ。稼働時間は、フル充電で90分だという。ピッチ角(前後傾き)180度、ロール(左右傾き)270度になっている。安定速度は、ロール/ピッチとも、180度/秒。

STABiLGOのサイドバイサイドテスト

キックスターターでのキャンペーンは終了している。キックスターターで先行予約したバイヤーにはベータ版を来月には順次出荷するとしている。正式版は来年3月に発売、価格は699ドルを予定している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-09-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

ゼンハイザー、GoPro HERO4用マイク「MKE 2 elements」を発売

ゼンハイザージャパン株式会社は、GoPro HERO4用マイク「MKE 2 elements」を2017年6月15日より発売開始する。希望小売価格はオープン、市場想定価格は税別24... 続きを読む

アクションカメラ初、4K60pを実現する「YI 4K+」が登場

GoProに取って代わろうとするアクションカメラのラインアップが増え続けている中、YI Technologyより、GoPro HERO5 Blackの4K30pを凌ぐ4K60p対応... 続きを読む

GoPro、サブスクリプションサービス「GoPro Plus」の国内サービスを開始

GoProは、同社のサブスクリプションサービス「GoPro Plus」の日本国内でのサービス提供を開始した。 GoPro Plusは、GoPro HERO5を電源に接... 続きを読む

Timecode Systems、GoPro専用タイムコード同期アクセサリー「SyncBac PRO」の国内出荷開始

株式会社アスクは、同社が取り扱うTimecode Systems社のGoPro専用タイムコード同期アクセサリー「SyncBac PRO」の日本国内出荷を2017年1月18日より開始... 続きを読む

GoPro HERO4/5対応スタビライザーKarma Grip、クリスマス商戦に向け発売開始

GoProは、HEROカメラ向けのハンドヘルドスタビライザーKarma Gripを発売した。Karmaドローンとバンドルになっていた、グリップハンドルとスタビライザーを、HERO4... 続きを読む

トップ > ニュース > GoPro用軽量ハンドヘルド・スタビライザーがキックスターターで話題に。3軸ジンバル、モーター駆動で激スポーツ撮影でも安定水平