PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Netflixの4Kサービス計画。次シーズンの“ハウス・オブ・カード 野望の階段”で市場突き動かす

News

Netflixの4Kサービス計画。次シーズンの“ハウス・オブ・カード 野望の階段”で市場突き動かす

2013-12-24 掲載

映像ストリーミング配信事業社のNetflixは、ネットドラマ史上初のエミー賞を獲得した「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の次シーズンを、4KスマートTVで視聴できるサービスを始動する。

新年早々に米ラスベガスで開催されるCES2014にて発表する予定だという。現時点では、Netflix視聴ができるマイクロソフトやソニーからの新ゲームコンソールはHDMI1.4対応なため、4K UHDTVにはネイティブ4K再生ができない。よって同社は、4KスマートTVのメーカーと共に計画を進めており、新しく登場する4KスマートTVにアプリを搭載するようだ。事実、今年のCESではサムスンとタイアップし、サムスンの85インチ4Kディスプレイにコンテンツを提供していた。このコンテンツは丁度、Netflixが帯域対品質を検証していた際に利用していた“El Fuente”の一部だった。

ハウス・オブ・カードはNetflix自身が製作しているオリジナル番組。オリジナルは元々RED EPICで撮影されている。以前から4Kマスター、エンコードすれば4Kストリーミングが可能という体制となっていた。ネイル・ハントCPO(チーフプロダクトオフィサー)によると、シーズン2では、デビッド•フィンチャー監督と綿密に取り組み、撮影から編集まですべて4K環境で制作しているという。

シーズン2は米国で2月14日から放送開始の予定。来年にも登場の期待がある4K/HEVC映像再生対応チップセットSnapdragon 805搭載のスマートフォンで早くも視聴できる可能性がでてきた。

ハウス・オブ・カードは日本でも、スマートフォン放送局NOTTVにて放送している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-12-24 ]
[ TAG : ]

関連する記事

Netflix、「リラックマ」初のコマ撮りアニメーションシリーズを全世界190カ国へ独占配信

© 2017 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved. Netflix株式会社、サンエックス株式会社、株式会社ティー・ワイ・オーのド... 続きを読む

Netflixの米国加入者数、ついにケーブルテレビ超え

ストリーミングサービスNetflixの加入者数が、米国のケーブルテレビ加入者数をついに超えた。米国のケーブルテレビの市場動向を追跡している統計ポータルStatistaによると、20... 続きを読む

韓国で“4K(UHD)地上波放送”開始

韓国の地上波3社は、2017年5月31日午前5時から首都圏地域で地上波による超高画質(UHD:Ultra High Definition=4K)の本放送を開始した。UHD放送は、現... 続きを読む

[NAB2017]NASA、史上初・宇宙からライブで4K映像を伝送。NABライブビューイングを成功

1,700社以上の出展社に103,000人という昨年よりも多い来場者数を記録した今年のNABshowでは、放送業界において超高解像度映像の魅力を引き出す技術や、これらに対応できる次... 続きを読む

[NAB2017]日立国際電気アメリカ、NABにてHD-HDRのメリットをアピール

Hitachi Kokusai Electric America(日立国際電気アメリカ)はNAB2017にて、HDR技術の取り組みをアピールする(セントラルホール/C4309)。 ... 続きを読む

トップ > ニュース > Netflixの4Kサービス計画。次シーズンの“ハウス・オブ・カード 野望の階段”で市場突き動かす