PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Netflixの4Kサービス計画。次シーズンの“ハウス・オブ・カード 野望の階段”で市場突き動かす

News

Netflixの4Kサービス計画。次シーズンの“ハウス・オブ・カード 野望の階段”で市場突き動かす

2013-12-24 掲載

映像ストリーミング配信事業社のNetflixは、ネットドラマ史上初のエミー賞を獲得した「ハウス・オブ・カード 野望の階段」の次シーズンを、4KスマートTVで視聴できるサービスを始動する。

新年早々に米ラスベガスで開催されるCES2014にて発表する予定だという。現時点では、Netflix視聴ができるマイクロソフトやソニーからの新ゲームコンソールはHDMI1.4対応なため、4K UHDTVにはネイティブ4K再生ができない。よって同社は、4KスマートTVのメーカーと共に計画を進めており、新しく登場する4KスマートTVにアプリを搭載するようだ。事実、今年のCESではサムスンとタイアップし、サムスンの85インチ4Kディスプレイにコンテンツを提供していた。このコンテンツは丁度、Netflixが帯域対品質を検証していた際に利用していた“El Fuente”の一部だった。

ハウス・オブ・カードはNetflix自身が製作しているオリジナル番組。オリジナルは元々RED EPICで撮影されている。以前から4Kマスター、エンコードすれば4Kストリーミングが可能という体制となっていた。ネイル・ハントCPO(チーフプロダクトオフィサー)によると、シーズン2では、デビッド•フィンチャー監督と綿密に取り組み、撮影から編集まですべて4K環境で制作しているという。

シーズン2は米国で2月14日から放送開始の予定。来年にも登場の期待がある4K/HEVC映像再生対応チップセットSnapdragon 805搭載のスマートフォンで早くも視聴できる可能性がでてきた。

ハウス・オブ・カードは日本でも、スマートフォン放送局NOTTVにて放送している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2013-12-24 ]
[ TAG : ]

関連する記事

[NAB2017]日立国際電気アメリカ、NABにてHD-HDRのメリットをアピール

Hitachi Kokusai Electric America(日立国際電気アメリカ)はNAB2017にて、HDR技術の取り組みをアピールする(セントラルホール/C4309)。 ... 続きを読む

4K HDR放送を前提に制作したドキュメンタリー番組「通学路」がスカパー!4K 総合チャンネルで放送開始

ランプ株式会社が制作した4Kドキュメンタリー番組「通学路」が2017年1月21日22:00より、スカパー!4K 総合にて放送される。 予告編。4K視聴も可能 「通学... 続きを読む

[CES2017]LG電子、新4K HDR+USB-C対応モニターをCESで公開。DCI-P3色域を95%カバーでデジタルシネマ制作環境にも

LG電子は、1月5日から米ラスベガスで開催される家電展示会「CES2017」にて、新しい汎用4K HDRテレビ「32UD99」を初披露する(ブースNo.11100)。 32U... 続きを読む

YouTube、4Kライブストリーミングに対応。4Kインターネットテレビ、Chromecast Ultraで新たな視聴体験

YouTubeは11月30日に、360°VRを含めて4K解像度でライブストリーミングが行えることを公式ブログにて発表した。12月1日には、ゲームアワード2016のイベントにて、初4... 続きを読む

Netflix、コンテンツダウンロード機能が追加。オフラインでも視聴可能に

NetflixもAmazonプライムビデオに続いて、コンテンツをダウンロードしてオフラインで視聴できる機能が追加された。iOS、Android OSモバイル用アプリを最新版にアップ... 続きを読む

トップ > ニュース > Netflixの4Kサービス計画。次シーズンの“ハウス・オブ・カード 野望の階段”で市場突き動かす