PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 米Apple、高速カメラシャッター機能アプリ「SnappyCam」開発のSnappyLabsを買収

News

米Apple、高速カメラシャッター機能アプリ「SnappyCam」開発のSnappyLabsを買収

2014-01-06 掲載

米Appleが、スマートフォンなどのモバイル端末向けカメラアプリケーションを開発しているSnappyLabsを買収したことが米国報道により明らかになった。

SnappyLabsはオーストラリアで「SnappyCam」というiOS用のカメラアプリケーションを開発していた新興企業。

この買収についてTechCrunchが最初にニュースとして取り上げ、続いてRe/Code、USA Todayなどが確認した。Appleによる買収の目的や金額は明らかになっていない。

SnappyLabsは、メルボルン大学で電気工学の博士号を取得したJohn Papandriopoulos氏が1人で運営していた。SnappyCamは1ドルで販売されていたアプリではあるが、端末の最大解像度で毎秒20~30枚の写真が撮影できることで高い評判を得ており、事実、世界9カ国で有料アプリの1位になった実績を持っている。画像のアスペクト比を変更する機能や、タイムラプス、最大6倍の高速ロスレス・ズーム機能なども備えている。

Appleは今後、SnappyLabsの技術をiPhoneやiPad、そして年内リリースと噂されているウェアラブルデバイスのカメラ機能に活用していくことは想像つくが、詳細的な声明は出されていない。Appleは昨年において、非公開ながら11社の企業を買収しており、2010年での4社、ジョブズ氏がCEOであった最後の年2011年での2社から比べて、技術収得を外に委ねている感がある。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-01-06 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160804_3LrTV_signin_screen_top

アドビ、Apple TV app向けのLightroomをリリース

アドビは、写真編集ソフトウェアLightroomのApple TV用アプリ(無料)をリリースした。AppleTVを介してテレビディスプレイで写真データをスライドショーしながら、各写... 続きを読む

150903_appleTV_top

Apple、オリジナルコンテンツの野望。OTTサービスへ勝算のカギ

米Appleが独自の映像コンテンツ配信サービスを始めるにあたり、オリジナル番組制作に向けて動き始めたと、ブルームバーグが関係筋の話として報じた。来週のApple TVやiPhone... 続きを読む

150603_AR_TOP1

Appleによる世界有数AR会社買収の意味。次世代iOSでAR世界に一歩前進

市場がVR(仮想化技術)に目を向けているところ、AppleはAR(拡張現実)の世界を広げようとしている。長年研究を重ねてきているAR関連の技術を実用化にする時期と見ているようだ。 ... 続きを読む

150310_HBO-Now_L_top

HBO Nowが4月から開始。新たな番供による独自SVODサービス

今まで有料テレビに加入しないと視聴できなかったHBOチャンネルのコンテンツが、この春から単独のVODサービスとしてマルチデバイスで観られるようになる。独自番組制作を行う番組提供事業... 続きを読む

150115_iphone-camera_top02

Appleのウェアラブルカメラ市場投入の可能性。アクションカメラ市場も揺るがす

Appleは、アクションカメラ市場に参入かと思わせる新しい特許を取得したことが明らかになった。これは最初にPatently Appleが公にレポートした。本件はAppleが2012... 続きを読む

トップ > ニュース > 米Apple、高速カメラシャッター機能アプリ「SnappyCam」開発のSnappyLabsを買収