PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測

News

4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測

2014-01-20 掲載

今月初めに開催されたCESでは70以上も新しい4K UHDテレビが登場しており、UHDパネルにおける市場拡大の見通しは明らかだ。米リサーチ会社のHISテクノロジーでは、広告や情報提供を展開するデジタルサイネージ市場においても著しく発展すると見込んでいる。昨年、米ラスベガスのマッカラン国際空港に初めて4Kデジタルサイネージが公共の場に登場した。これはLG電子製の84型4K UHDディスプレイだ。そのあとにデルタ航空が搭乗ラウンジに4K UHDディスプレイを採用、デジタルウォールペーパーとしてアップスケールしたコンテンツを再生している。

140120_data_4K.jpg

HISでは、今年のデジタルサイネージにおけるUHDパネルの出荷台数を約14万5千台と見込んでいる。これは昨年比590%というとてつもない数字になり、昨年の期待以下だったスロースタートを覆すかのようだ。そして4年後にはその数字が65万台以上になるという。尚、LCD TV向けのUHDパネルの全体出荷台数としては今年(2014年)が1000万台、2018年では4000万台との予測を出した。

4K UHDデジタルサイネージを実現する技術として、米ジェスチャーテック・システムズでは、4Kタッチパネルをマルチアレイに組める技術を開発した。また4Kコンテンツをデジタルサイネージ向けに再生するプレイヤーには、米ナノテック・エンターテインメントのNuvola NP-1をはじめ、台湾NexcomのNDiS M533 OPSやQNAPのiS-2840デジタルサイネージ・プレイヤーが登場している。4K UHDパネルの価格は、中国テレビメーカー勢が挙って低価格で打ち出してきている。

4K UHD TVおよび4Kコンテンツを浸透させるための技術を含めて、4Kコンテンツの再利用的にもコンシューマー市場はサイネージ事業に多いに影響してくる。またUHDパネルの単価が下がる傾向も見えていることから、デジタルサイネージのようにコストに敏感な業界でも、今後の市場の成長と展開が期待される。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-01-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

120709_nhk2

NHK、リオ五輪にて4Kライブストリーミング&VODを実験実施

NHKは、8月5日から始まるリオデジャネイロ夏季オリンピックにて、「リオオリンピックの実験的な4Kネット配信」を実施する。スーパーハイビジョン試験放送する競技中継の一部を4Kに変換... 続きを読む

160707_main_top

ケーブル4K、ケーブル初の4K中継放送を8月に実施

ケーブルチャンネルの「ケーブル4K」は、8月11日と15日に初の4K中継放送を実施する。ケーブル4Kは、一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟が主体となって、全国のケーブル局が制作した... 続きを読む

160706_too_PrVR--View_top

Too、九州放送機器展にて「Adobe Premiere Pro最新アップデート」セミナーを開催

株式会社Tooは、来る7月22日(金)に福岡国際センターで開催される「九州放送機器展2016」にて「Adobe Premiere Pro最新アップデート-4K/8KからVRまで」セ... 続きを読む

160617_nhk_top

NHKエンジニアリングシステム、4K/8K衛星放送運用規定セミナー開催

NHKエンジニアリングシステム(NES)は、4K/8K衛星放送の運用規定にフォーカスしたセミナーを7月21日(木)に開催する。NESでは過去にも「4K/8Kの衛星放送方式の規格」や... 続きを読む

160617_Sys5_ds_top

システムファイブ、「デジタルサイネージソリューションセミナー」を開催

株式会社システムファイブは、2016年6月23日(木)に、「デジタルサイネージソリューションセミナー 」を開催する。会場は東京・半蔵門のPROGEAR半蔵門セミナールーム。企画協力... 続きを読む

トップ > ニュース > 4Kディスプレイ、デジタルサイネージ市場で昨年比590%の伸び予測