PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 韓国の地上波放送局、4K地上波放送開始時期を繰り上げ提案。2015年12月に本放送へ

News

韓国の地上波放送局、4K地上波放送開始時期を繰り上げ提案。2015年12月に本放送へ

2014-01-20 掲載

放送通信委員会のヤンムンソク常任委員

韓国の地上波放送局KBSが、来年12月末から地上波超高画質(UHD=4K)放送を実施するという計画を出した。

KBS、韓国デジタルコンテンツ協会、韓国デジタルポリシー研究所が、ソウルのプレスセンターで共同主催した「UHDテレビ活性化のための700MHz周波数活用案」と題したセミナーにて、KBS技術研究所のイム・ジュンゴン・チーム長は「6月に地上波でのUHDテレビ放送開始のための標準化作業を終え、2015年末には本放送を実施する」という内容の「短期推進ロードマップ」を公開した。

このロードマップによれば、KBS、MBC、SBSなど地上波放送局が今年5月から12月まで、4Kテレビ放送をリアルタイムSFN(単一周波数ネットワーク)方式で実験放送する予定だ。また年末までに4Kテレビ放送技術基準を定め、制作および編集施設の構築を完了し、コンテンツを制作する。

地上波放送局は2012年からそれぞれUHD TVフィールドテストを実施するなどUHD TV放送を準備してきた。昨年11月には、今後10年間で1兆1000億ウォンをUHD TV設備投資に使用し、7兆ウォンをコンテンツに投資するという「国民幸福700プラン」も発表している。

イム・チーム長は「4Kテレビ放送を準備してきた地上波3社は国民幸福700プランを誠実に実行する」とした上で、これら下半期でのリアルタイム実験放送を経て、来年12月に本放送を実施するためにも、700MHzの帯域を放送に割り当てなければならないと主張した。KBSは受信料の引き上げ案を放送通信委員会に提出し、公的責務の拡大計画にUHD TV制作システム構築、UHD TV放送システムの研究開発などを提示した。

この700MHz帯域を巡って、韓国放送通信委員会(放通委)のヤンムンソク常任委員は、4K放送を早期に導入しようと、700MHzの周波数帯域のうち、残りの周波数帯域を地上波放送用に指定するための議論を始めるべきだと主張している。

ヤンムンソク常任委員は1月14日に果川政府庁舎で記者会見を開き、「米国で開かれた国際家電見本市(CES)を見学してみると、UHDのエコシステムを満たせない場合、国内の家電企業が世界TV市場で主導権を維持する容易ではないことを確認した」とし、続いて「地上波UHD放送の実施のためにUHD地上波放送の標準化作業を早急に推進するための議論を直ちに開始することを提案する」と強調した。

地上波UHD早期導入を公開提案した理由について

  • 世界のTV市場は現在、UHD TVに焦点を当てている
  • ソニーは既にゲームや映画などの4Kコンテンツを持っているという点
  • サムスン、LG電子など国内TVメーカーも4Kコンテンツの確保に注力している

ことを挙げている。

続いてヤンムンソク常任委員は、未来創造科学部と国務調整室に地上波UHD放送を実施するために、700MHzの周波数帯域のうち、残りの周波数帯域を早急に地上波放送用に指定するための議論を開始することを提案した。

現在の地上波の場合、デジタルへの転換に残る700MHz帯をUHD放送の周波数であると主張しているが、その周波数帯域は、通信用に使うのが適しているという意見が対立しており、結論が出ていない状態だ。こうした中、放送通信社の主務省庁である放送通信委員会の常任委員が地上波UHD放送の早期導入を取り上げて出ることによってUHD放送のために700MHz帯を活用しなければならないという主張が勢いに乗る見通しだ。

ヤンムンソク常任委員は、「今回のCESで感じたのは、一言で『危機』と『チャンス』だった」とし、「日本の家電業界を代表するソニーを見て衝撃的だった。ソニーは、他の家電社が持っていない4K UHDエコシステムを備えて市場を圧倒する。ソニーの強い自信を見て危機意識を感じた」と話した。

そして「UHD TVのエコシステムを構築するための地上波放送局が安定的にUHDコンテンツを生成できるように標準化と周波数の早期割り当てが急がれる」と強調し、「地上波UHD TV早期実用化を介して4Kの意味が『For Korea』になる時代を期待する」と付け加えた。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-01-20 ]
[ TAG : ]

関連する記事

161021_top_3

総務省発表、4K/8K実用放送業務の認定申請の受付結果。キー局BS、衛星事業者10社が申請

総務省は10月19日、BS・東経110°CSによる4K/8K実用放送の業務の認定申請の受付結果を発表した。 今回、10者(社)から認定申請があり、東経110°CSによる4K試... 続きを読む

161020_vyu_top

Vyu360 4K 360°アクションカメラ、速攻資金調達達成。クリスマスシーズン前に299ドルで発売へ

米Vyu360がキックスターターで資金調達を開始したのは10月17日。それから24時間経たない内に目標額を達成し、商品化する全方位4Kアクションカメラ「Vyu360 4K VR 3... 続きを読む

161014_photo_10_top2

HDRテレビの出荷台数、2016年に430万台へ成長

SDR/HDRのグローバル4Kテレビ出荷。出典:IHSマークイット 米大手調査会社IHS Markit(IHSマークイット)が発表した報告書によると、2016年のHDRテレビ... 続きを読む

160929_nhk_top

NHK、4K/8Kスーパーハイビジョンケーブルテレビ用小型受信装置を開発

小型受信装置の外観 NHKは、KDDI株式会社、株式会社ジュピターテレコム(J:COM)、日本デジタル配信株式会社と共同で、4K/8K放送をケーブルテレビ経由で見るための小型... 続きを読む

160923_metele1_top

メ~テレ、「メ~テレ秋まつり2016」会場でハイブリッドキャストによる4Kライブ配信デモを実施。機動性高い4Kライブ制作システムを採用

メ~テレ(名古屋テレビ放送)は9月24日と25日、名古屋市中区の久屋大通公園一帯で開催する「メ~テレ秋まつり2016」において、4Kライブ制作およびハイブリッドキャストを使用した4... 続きを読む

トップ > ニュース > 韓国の地上波放送局、4K地上波放送開始時期を繰り上げ提案。2015年12月に本放送へ