PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > Folded Space、12ビット色深度対応の映像処理アルゴリズムを開発。HDRデジタルシネマを高精細ディスプレイに表現

News

Folded Space、12ビット色深度対応の映像処理アルゴリズムを開発。HDRデジタルシネマを高精細ディスプレイに表現

2014-01-24 掲載

米Folded Spaceでは、Blu-rayディスクに収められた映画コンテンツを、ハイダイナミックレンジ(HDR)の色深度に対応するディスプレイに再生するための映像処理アルゴリズムを開発した。DCE(ディープカラーエンコーディング)と呼ばれる符号化および復号化(デコード)アルゴリズムでは、12ビットカラーを持つオリジナルコンテンツの高精細色を保ちながら、8ビット対応のBlu-rayディスク用に高速に処理する。DCEデコーダーを搭載した最新のディスプレイやBlu-rayプレイヤーモデルでは、12ビットの元画像と同等の色域を再現できるようになるという。

今年のCESでは、オリジナルコンテンツのHDRカラースペースを表現できる4K/UHDディスプレイが揃ってきた。プロダクション側としても、Blu-rayディスクそして次世代の4K/UHDデータに対応できるメディアが登場すれば、一般家庭に次世代のデジタル映像が提供可能な環境が期待できる。

12ビットカラーを持つコンテンツをストリームするとなれば、かなりの広帯域とビットレートが必要だが、DCEであれば従来の配信環境を大幅に変えることなく、わずかな帯域幅を追加するだけで処理できるという。

Folded Spaceでは、今回開発したエンコード・アルゴリズムをソフトウェアパートナーに無償で提供し、デコード側はディスプレイメーカーやプレイヤーメーカーにライセンスを提供していくとしている。

Folded Spaceは、デジタルプロジェクターやホームシアター業界で認知されている、アナモフィックレンズのブランドPanamorph社の開発部門。Blu-rayディスクに収まっているウルトラワイドモードの映画コンテンツは通常、再生すると黒いレターボックスがついてしまうが、Folded Spaceでは高精細ディスプレイにウルトラワイド版をそのまま再生できるよう、オリジナルコンテンツの解像度を33%拡張して再生できるエンコード技術(マルチフォーマットエンコーディング、MFE)を開発している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-01-24 ]
[ TAG : ]

関連する記事

151009_PanasonicDIGA_top

パナソニック、Ultra HDブルーレイ再生対応BDレコーダーを11月13日より発売。DIGAプレミアムモデル、4K60p HDR映像を美しく再現

パナソニックは、2015年10月7日(水)~10日(土)に幕張メッセにて開催中のIT・エレクトロニクス先進技術の展示会「CEATEC JAPAN 2015」開催に合わせ、4K対応の... 続きを読む

150807_UHD-blueray_top

Ultra HD Blu-ray、8月24日からライセンス供給開始。IFAにてメーカーからの対応製品に期待

ブルーレイディスクアソシエーション(BDA)15年8月24日からUltra HD Blu-ray(UHD BD)のライセンス提供を開始することを発表した。 間に合えば、9月の... 続きを読む

JVC、業務用ブルーレイディスク&HDDレコーダー「SR‐HD1700」を発売

株式会社JVCケンウッドは、業務用ブルーレイディスク&HDDレコーダー「SR‐HD1700」の出荷を開始した。希望小売価格はオープンで、市場想定価格は税抜20万円前後。 SR‐HD... 続きを読む

3D技術関連市場の成長:3D放送は縮小、3Dブルーレイは倍増に

米市場調査会社IHS iSuppliによると、世界規模での3D技術関連市場は増幅している。特に3D映画が世界的に浸透し、対応劇場のスクリーン数は、3年前の9000から現在4万300... 続きを読む

ソニー、Blu-rayディスク技術を応用した細胞分析装置セルソーターを発売

ソニー株式会社は、細胞を光学的に分析する細胞分析装置「フローサイトメーター」の自社開発第一号機として、セルソーター「SH800」を2012年秋より受注開始することを発表した。SH8... 続きを読む

トップ > ニュース > Folded Space、12ビット色深度対応の映像処理アルゴリズムを開発。HDRデジタルシネマを高精細ディスプレイに表現