PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > 韓国地上波3局、700MHz帯での4K実験放送を4月から実施。スポーツ中継を視野に、足踏み揃えて4K放送実現へ

News

韓国地上波3局、700MHz帯での4K実験放送を4月から実施。スポーツ中継を視野に、足踏み揃えて4K放送実現へ

2014-03-17 掲載

韓国では4K放送に向けて、国内コンテンツの80%以上を保有している地上波局も揃って始動した。

未来創造科学部(未来部)が、KBS、MBC、SBSの地上波放送事業社それぞれに700MHz帯の周波数を活用した地上波UHD(=4K)実験局を許可したことを受け、3局は早ければ4月から今年末まで、首都圏でUHD実験放送に行う。これにより、3局は自社網の環境に合わせてUHD実験局システムを構築し、単一周波数網(SFN:Single Frequency Network)、4K/60pリアルタイムエンコードなど、様々な技術検証を実施する。

実験局は、科学や技術の進歩のための実験に専用で使われる無線局を意味する。電波法の規定第20条2項に基づき、将来部長官が1年の範囲内で許可することができる。各地上波は700MHz帯周波数で割り当てられた周波数幅を活用し、DVB-T2で実験放送を実施する。

各放送局の実験放送のロードマップも具体的だ。KBSとSBSは、既存の送信サイトや新規サイトを活用して、地上波UHDのSFN実装検証を実施。SBSは53番チャンネル(704MHz〜710MHz)を割り当てられた。MBCは今回52番チャンネル(698MHz〜704MHz)を割り当てられ、1つのチャネルを介して固定UHDと移動HDを同時に送信する内容を検討している。また、この地上波UHD実験放送を機に、新しい社屋の最新インフラを積極的に導引する考えだ。実際にMBCは4Kによる番組コンテンツ制作にも莫大な投資を惜しまないでいる。

昨年までに2フェーズにてUHD実験放送を無事に終えたKBSは、既に冠岳山に続き、南山にもUHD送信機を備えており、今回KBSは比較的高い帯域である66番チャンネル(782MHz〜788MHz)を割り当てられて本格的な実用化直前の段階に突入する。

実は現在、700MHz帯の使用は、放送分野のほか、公共、通信分野でも周波数需要を提起しているため、未来部と放送通信委員会が共同で構成された研究班を通じて、多角的な側面から総合的な検討と議論が交わされている。未来部は昨年の放送産業発展総合計画に基づいて策定した“モバイル広開土プラン2.0”と電波振興基本計画で、事実上700MHz帯の周波数を通信事業者に割り当て、方針を明らかにしている。同時に有料放送中心のUHD戦略も公にしていることで、地上波UHD推進への意欲が弱まっている感があった。そんな中、地上波4局(KBS、MBC、SBS、EBS)は昨年11月、700MHz帯の周波数を活用方案に対する単一案「国民の幸せの700プラン」を打ち出し、地上波局がUHD放送へと移行するためにも700MHz帯は放送でも使用できるよう唱えている。

伝送方式は、一度決定すると10年以上は仕様が変わらない。国民生活への影響が大きいだけに、未来部では地上波UHD導入政策決定および周波数の確保の状況とそれに伴う導入スケジュール等を勘案して慎重に決定するという説明だ。また今回の実験局の許可については、SFNテストなど地上波UHD関連の様々な技術検証のためのもので、700MHz余裕帯域の使用の決定は、今回の実験局の許可とは別の問題だと説明している。しかし現実的に地上波放送局がUHD放送を開始するためには、700MHz帯の周波数を割り当ててもらうしか方法がないと見なされている。

地上波局は、今年に実施される世界的スポーツイベントをUHD放送で実験する方向で進めている。ブラジルのワールドカップ(SBS、6月)と仁川(インチョン)アジア大会(KBS・MBC、9月)などのスポーツイベント時において4K中継放送実験を計画している。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-03-17 ]
[ TAG : ]

関連する記事

150313_mainVisual1_top

韓国ケーブル業界、HDR対応の次世代UHD放送技術「Next 4K」を初公開。ケーブルTV発足20周年記念祭を開催、4月からUHD放送が24時間体制に

韓国ケーブルTV放送協会は、ケーブルTV発足20周年を祝った「행복나눔 방송축제(幸せ分かち合い放送祭り)」を3月12日に東大門デザインプラザで開幕し、さまざまな新技術が適用された... 続きを読む

140807_UHD-TV-Percentage-Share-Of-Total-LCD-TV-Market_top

今年のUHD TV世界市場規模は1450万台以上

市場調査会社IHSテクノロジーの最新報告によると、UHD TV(=4Kテレビ)の今年の全世界市場規模は昨年から10倍ほどに成長し、出荷台数は1450万台に達する見込みだという。 ... 続きを読む

Avid、ホワイトペーパー「Avid高解像度ワークフロー」を公開

Avidは、4Kの現状や様々な問題、現在のポスト/放送ワークフローに高解像度ファイルベースメディアを組み込むことの利点、同社製品による効率的なワークフロー提案などをまとめたホワイト... 続きを読む

韓国IPTVのOlleh TV、4K対応セット・トップ・ボックスを開発

韓国テレコムKT傘下のIPTV事業者であるOlleh TVは、UHD(4K)映像が視聴できるテレビ用セット・トップ・ボックス(STB)を開発した。国内の有料放送業界では初。 Oll... 続きを読む

ウィーン国立オペラ座、世界初の4K/HEVCライブストリーミング放送とパブリックビューイング

世界屈指の歌劇場であるウィーン国立歌劇場(ウィーン国立オペラ座)が世界初となる4K/HEVCライブストリーミング放送を実施する。 2014年5月7日19時(日本時間で... 続きを読む

トップ > ニュース > 韓国地上波3局、700MHz帯での4K実験放送を4月から実施。スポーツ中継を視野に、足踏み揃えて4K放送実現へ