PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ブラジル衛星放送業者、FIFA&ソニーと提携、4K伝送をワールドカップで実施

News

ブラジル衛星放送業者、FIFA&ソニーと提携、4K伝送をワールドカップで実施

2014-04-28 掲載

ラテンアメリカ最大級の衛星放送業者であるGlobosat(グロボサット)は、6月12日(現地時間)からブラジルで開催される「2014 FIFAワールドカップ」にて、試験的に4K伝送を実施する。リオデジャネイロのマラカナ・スタジアムで行われる試合を、FIFAおよびソニー社と提携し、グロボサットの4K中継車に、FPU、そして現場に揃う12台のソニーF55カメラを使用する。実施日については明らかになっていない。グロボサットはこの中継車をSporTVチャンネルのHD放送でも使用する予定。グロボサットは昨年のリオのカーニバルの放送で4K放送実験を実施している。

今後、有料TVオペレーターNetセルビソスやスカイ・ブラジルなどとタイアップし、加入者がこの4K試験放送を受信できるよう、専用デコーダー(セットトップボックス)を用意していかなればならないとしている。

ソニーではまた、ファイナル戦を含む3試合を4Kで収録したものを編集してFIFAのコンテンツとする。会場に4K施設を構築、テレジェニック社の4K設備を搭載した中継車を利用し、プロダクション側ではクオンティル社の編集機も利用する。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-04-28 ]
[ TAG : ]

関連する記事

エクスプローラ、H.265/HEVC対応の4K映像伝送システムを発売

株式会社PALTEKのグループ会社で、映像技術をコアに映像伝送システムを展開している株式会社エクスプローラは、H.265/HEVCに対応したエンコーダ・デコーダからなる映像伝送シス... 続きを読む

SMPTE2022-6、SDI 12G対応のUHD QC&監視システムPHABRIX Qxシリーズ。世界初・リアルタイム12G-SDI物理層分析やHDR/WCGツール搭載

今月中旬に開催された「ケーブル技術ショー2017」にて、武蔵エスアイ株式会社が出展した製品の1つ、英PHABRIX社製「Qxシリーズ」を紹介する。 Qxシリーズは、2015年... 続きを読む

4K映像に特化した映画祭「4K徳島国際映画祭2017」開催決定!作品応募もスタート

株式会社プラットイーズは、とくしま4Kフォーラム実行委員会の一員として「4K徳島国際映画祭2017」を2017年11月25~26日に開催する。募集期間は2017年9月20日本映画祭... 続きを読む

シンクレイヤ、4K対応AndroidベースTVボックス、AI搭載UHD IPホームメディアハブを参考出展

シンクレイヤ株式会社は、7月20日から2日間、東京国際フォーラムで開催された「ケーブル技術ショー2017」に出展した。同社ブースではR-PON(Redundant-PON)を10G... 続きを読む

韓国で“4K(UHD)地上波放送”開始

韓国の地上波3社は、2017年5月31日午前5時から首都圏地域で地上波による超高画質(UHD:Ultra High Definition=4K)の本放送を開始した。UHD放送は、現... 続きを読む

トップ > ニュース > ブラジル衛星放送業者、FIFA&ソニーと提携、4K伝送をワールドカップで実施