PRONEWS

  • imgABOUT
  • imgTWI
  • imgFB
  • imgYTU

トップ > ニュース > ソニーコリア、国内4Kコンテンツ制作活性化に向けてMBCと業務提携

News

ソニーコリア、国内4Kコンテンツ制作活性化に向けてMBCと業務提携

2014-05-02 掲載

文化放送デジタル本部長の金星根氏(左)とソニー株式会社プロフェッショナル・ソリューション部門社長の野田圭一氏(右)

ソニーコリアは、韓国地上波放送局の文化放送(MBC)と4Kコンテンツ制作活性化のための業務協力および共同プロジェクトの覚書(MOU)を締結したことを明らかにした。

今回の協約に基づき、ソニーは2014年9月に仁川(インチョン)で開かれる第17回仁川アジア競技大会においてMBCが行う4K実験放送用にPMW-F55カメラからMVS-7000Xスイッチャー、PWS-4400サーバ、PVM-X300モニターなど、4K対応ライブプロダクション機器の技術支援をする。MBCでも、4Kシステムを構築する際にソニーコリアとの緊密な業務協力を進める計画だ。

MBCを含む韓国地上波放送局では2014年4月から、それぞれ700MHz帯でのUHD実験放送を進めてきており、今回割り当てられた52番チャンネル(698MHz〜704MHz)において、1固定UHDと移動HDを同時に送信する内容を検討している。

今回の仁川アジア競技大会を皮切りに、国内ではスポーツイベントをはじめとする様々な4Kコンテンツの撮影と製作が活性化すると予測されている。ソニーコリアの関係者は「ソニーは独歩的な技術力と多様な4Kコンテンツ制作のノウハウを元に、最適なソリューションと技術サポートを提供していく」としている。

(山下香欧)


[ Category : ]
[ DATE : 2014-05-02 ]
[ TAG : ]

関連する記事

160620_Sony_FDR-X3000_HDR-AS300_top

ソニー、空間光学手ブレ補正を採用したアクションカム「FDR-X3000」「HDR-AS300」を発売。4K/ハイスピード撮影時も手ブレ補正が有効に

写真左:HDモデル「HDR-AS300」、写真右:4Kモデル「FDR-X3000」 ソニーは、カメラ本体をヘルメットや、自転車などの様々な場所に取り付けてスポーツシーンやアウ... 続きを読む

160617_nhk_top

NHKエンジニアリングシステム、4K/8K衛星放送運用規定セミナー開催

NHKエンジニアリングシステム(NES)は、4K/8K衛星放送の運用規定にフォーカスしたセミナーを7月21日(木)に開催する。NESでは過去にも「4K/8Kの衛星放送方式の規格」や... 続きを読む

160617_sonyexhibition_top

ソニー、「2016映像制作機器 新製品内見会」を開催。「4K」「HDR」「IP」対応の製品群が勢揃い

ソニーは、6月16日(木)および17日(金)の2日間、東京・品川の同社大会議場にてNAB2016に出展した新製品の内見会「2016映像制作機器 新製品内見会」を開催した。 同... 続きを読む

160615_xjive-4k-proplus_top

伊藤忠ケーブルシステム、ProRes 422 HQ、DNxHR HQXデコード対応のXJiveシリーズ新モデル「4K UHD XJive Player PRO+」を発売

伊藤忠ケーブルシステム株式会社は、同社が取り扱うターボシステムズ株式会社の「4K UHD XJive」シリーズの新モデルとして「4K UHD XJive Player PRO+」を... 続きを読む

160610_2015NBA-Finals_top

ソニー、新4Kハイスピードカメラ「HDC-4800」、NBAファイナルズで正式中継デビュー

「HDC-4300」昨年時のNBAファイナルズにて NBA(全米バスケットボール協会)プレーオフの最後を飾る、チャンピオンシップトーナメントNBAファイナルズが6月2日から始... 続きを読む

トップ > ニュース > ソニーコリア、国内4Kコンテンツ制作活性化に向けてMBCと業務提携